0番目の事件簿

0番目の事件簿
あらすじ・内容
世紀の大発見!
人気ミステリ作家11人の“デビュー前”原稿!!

破天荒な本、他に類のない面白い本。
――有栖川有栖

粗削りで瑕だらけ。しかしながら作家本来の資質や志向性がくっきり。
――綾辻行人

人気作家のアマチュア時代作品を無修正で大公開!
作家志望者、ミステリファン必読の“前代未聞”本!!
「お客さん、この機会を逃すと二度と読めない作品ばかりですよ」

《収録作品》
有栖川有栖「蒼ざめた星」
……同志社大学推理小説研究会時代に執筆した江神シリーズ作品 
    
法月綸太郎「殺人パントマイム」
……京都大学推理小説研究会時代に執筆した犯人当て

霧舎巧「都筑道夫を読んだ男」
……駒澤大学推理小説同好会会誌に収録された作品

我孫子武丸「フィギュア・フォー」
……京都大学推理小説研究会時代に執筆した犯人当て

霞流一「ゴルゴダの密室」
……ワセダミステリクラブ時代に執筆したデイリースポーツ懸賞付き犯人当て

高田崇史「バカスヴィル家の犬」
……中学時代に執筆した作品

西澤保彦「虫とり」
……SF同人誌<HAL>に収録された作品

初野晴「14」
…… 第38回オール讀物推理小説新人賞に応募した初投稿作品
        
村崎友「富望荘で人が死ぬのだ」
……大学時代のミステリークラブ機関紙に収録された作品

汀こるもの「Judgment」
……追手門学院大学文芸部の卒業記念誌に収録された作品

綾辻行人「遠すぎる風景」
……京都大学推理小説研究会時代に執筆した『人形館の殺人』原型作品

あらすじ・内容をもっと見る
386ページ
804登録

0番目の事件簿はこんな本です

0番目の事件簿を読んだ人はこんな本も読んでいます


0番目の事件簿の感想・レビュー(407)

ミステリー作家さん達の、デビュー前の原稿を集めた一冊です。これは結構な羞恥プレ・・・いえ、かなり興味深かったです。まだ作家になる前の原稿という事で、作品というには・・・というものから、きちんと短編小説の形を成しているものまで。作品の後についている短いエッセイも面白いです。学生時代の犯人当ての原稿を寄稿している方もいるので、自分で考えてみるのもまた一興かと思います。
★1 - コメント(0) - 2016年12月18日

ミステリ作家のデビュー前の作品と解説のエッセイ集。有栖川有栖「蒼ざめた星」が目当て。学生アリスの話で、犯人当てゲームのために書かれたものらしいが、謎は解けず。付属のエッセイはどれもおもしろかった。この企画を引き受けた理由、作品の弁明、学生時代の話、デビューまでの過程など。ミステリへの愛が伝わってきて、心が踊る。
★3 - コメント(0) - 2016年11月20日

ミステリ作家11人のデビュー前の作品が収録されています。デビュー前の作品を世に出すのに躊躇った方という方もいましたが、読者側としては貴重なものを読めて嬉しかったです。それに、すべての作品が本当にデビュー前なのかと疑うぐらい面白かったです。本書を読んで、法月さんとこるものさんが気になったので、他の作品も読んでみたいと思います。
★3 - コメント(0) - 2016年11月2日

11人のミステリ作家さんの、デビュー前の(多くは学生時代に執筆)作品を集めたアンソロジー。執筆当時の状況を振り返ったエッセイ付き♪(明らかな誤字脱字、誤用以外は直してないという、まさに「生」状態(笑)) 大学のミステリ研究会などの機関紙に掲載された作品も多く、荒削りな描写もありますが、どの作品も面白く読めました♪
★2 - コメント(0) - 2016年10月26日

11人の作家が書いたデビュー前の作品を集めたアンソロジー。アマチュア時代の作品とはいえ、どの作品もきちんと形になっており、充分に面白かった。皆さん、凄い。現在との比較や今に通じる部分を知れるのも楽しみどころの一つだったので、デビュー後の作品をある程度読んでおけば良かった。これから読もう。初野晴「14」複数の視線に追われる恐怖が、とても好き。有栖川有栖「蒼ざめた星」学生アリスの雰囲気が既にあって、無性に嬉しい。綾辻行人「遠すぎる風景」人形館の原型。元祖を読める機会なんて他にはきっと無い。嬉しかった。
★27 - コメント(1) - 2016年10月21日

作家デビュー前の作品を集めた、この本でしか読む事の出来ないアンソロジーです。有栖川氏や法月氏、綾辻氏に汀こるもの氏と、11人の作品からなる。決して力不足の作品ではないが、犯人は推理しやすい丁度良いと言える。現在活躍している名探偵や関係者が登場している作品も在り、なんとも嬉しくなってくる。そして驚いた事に綾辻氏の作品は、なんとアノ館シリーズのアノ作品の原型ではないか。作品が完成する迄の過程を、覗き観る事が出来た様で、たいへん興味深い。作品毎に作者のコメント彼等の人生が語れており、一読の価値在るアンソロジー。
★64 - コメント(6) - 2016年10月18日

ミステリアンソロかと思いきや、デビュー前の習作集ということで、なかなかに思い切った企画だなぁ、と。うん?って思いながら読んでいたものもあるし、好きだなぁ、って思ったお話もある。初野さんの世界観が、やっぱり好きだな。
★1 - コメント(0) - 2016年10月10日

何人かは、初読みの方でした。 他の作品も読んでみたいと思ったりと、意外な収穫もあり良かったです。
- コメント(0) - 2016年9月14日

有栖川さんと綾辻さん目的で読みました。…が、全員面白くてびっくりしました。これでデビュー前とは恐ろしい(しかも書いてるのは大体二十歳前後)。どの話にもきちんとオチがつけられていて「上手いなあ」と思いました。『14』、『遠すぎる風景』綾辻さんのことはanotherで知ったのでそれが代表作だと思ってましたが違うんですね。感覚的には小学生の時に書いた作文を見せる感じなのでしょうか、すごい苦行ですね…。でもやっぱり本文よりもそのあとにある作者さんたちのコメント(?)が面白いですね。思うことはみんな同じなのだと。
★7 - コメント(0) - 2016年8月6日

ミステリ作家のアマチュア時代作品集。作家を目指す人向け?とか書いてあるけど「14」なんてただの素人読者の私でも面白かった。それぞれに「らしさ」が表れてるが、自選の弁を読むとそのルーツが少しわかる気がしてくる。
- コメント(0) - 2016年5月30日

 未熟な感じ全然しないのだけれど!?  となり市の図書館で発見しました! 読みたかった『14』が読めました。初野先生の作品はマイノリティがテーマなのかなぁって思ってたのですがこれはそんな感じはしませんでした。  それぞれの作者さんのあとがきというかエッセイというか……作品の後に書かれているのが良かったです。
- コメント(0) - 2016年5月1日

ミステリ作家のプロデビュー前の作品を集めたアンソロジ。どれも確かに出来は良いというほどではないけど、どの人も既にその人の色が出ていて好きな作家の作品はやはり良く見える。
★1 - コメント(0) - 2016年2月22日

各作家のデビュー前の作品集。大学のミステリー同好会での発表作品が多く、作品のあとに載せられているエッセイを読み、私もこんな大学生活を送りたかったと思った。
- コメント(0) - 2016年2月7日

「14」が面白かった。途中でやめられず(短編だけど)ドキドキしながら読んだ。片目が白目の少女とか、ビジュアル的にインパクトありすぎる!
★3 - コメント(0) - 2016年1月17日

2−2016
- コメント(0) - 2016年1月1日

アマチュア時代の習作を無修正のまま収録した破天荒なアンソロジー。本格ミステリーファンとそれぞれの作家のファン、そしてミステリーを書きたいと思っている人にとっては興味深いと思うけど、いずれも当てはまらない人にはお勧めできません。
★6 - コメント(0) - 2015年10月1日

デビュー前のほぼ無修正作品&エッセイのアンソロジー本。読みづらい部分は確かにあったけど、それでもこれだけ書けるのはわたしみたいな凡人とはやっぱり違うなと思った(笑)今活躍してる名探偵たちをこの頃から書かれてる方が多くてちょっとびっくり!初野さんの「14」が面白かった。綾辻さんの「遠すぎる風景(人形館の原型)」だけは人形館が未読なので読みたい気持ちを抑え読まずに読了。いやーみなさんがエッセイでこの羞恥プレイに悶えてておもしろかったです(笑)
★11 - コメント(0) - 2015年9月27日

著名なミステリ作家たちの、デビュー前の作品集。大学のミステリ研の会誌に書かれたものが多いせいか、さて、犯人は誰でしょう的な、「なぞなぞ」解きが多くて、作品としては、正直、面白くなかった。
- コメント(0) - 2015年9月25日

作家・学生ともにアリスシリーズを読み終わってしまって寂しかったので、学生アリスシリーズの原型が掲載されているこちらを。EMCの皆に再会できました。人気作家のデビュー以前の作をまとめたこの本、もちろん小説としてのレベルは低いですが、半分エッセイと思って読めて楽しい。作家の皆様が「羞恥プレイ」「黒歴史」と悶えているのもにやけてしまいます。
★5 - コメント(0) - 2015年9月18日

各作家たちの、デビュー以前の作品。興味深いのは、デビュー後のレギュラー探偵がしっかりそのまま出ているのが案外多いこと。が、何より驚いたのは、綾辻行人の掲載作品なのだ。まさか、このプロットがこんなかたちで先行してすでに存在していたとは……。名前まで。これは成立過程としてとても意外だった。
★7 - コメント(0) - 2015年8月31日

ミステリ本編もさすがなんですが、何より作者のコメントが面白い。
- コメント(0) - 2015年8月20日

作家デビュー前の作品を手直しせず雑誌に掲載し、エッセイを添えた作品。エッセイと合わせて読むことで楽しめます。
★5 - コメント(0) - 2015年7月31日

566
意外と面白かった。羞恥プレイ。
★1 - コメント(0) - 2015年7月5日

ちょっとこれ買いましょうよ!ぜひ買わなきゃ!(図書館本ですごめんなさい)
- コメント(0) - 2015年6月4日

読んだことある作家さんの作品が特に興味深く、テイストってこのころから定まってたんだなあと思った。有栖川さんと綾辻さんの名前に惹かれて読み始めたけど法月さんの作品がよかったです。好きなことが高じて資産家の豪邸に家族同様に住まわせてもらうっていう設定がもうわくわくします。大学のミステリサークル時代の作品が多く活動を垣間見れて面白かった。これはひどい…っていうのもあえて載っててエッセイと合わせて読むと人柄がわかって面白い。初めて読んだ汀さんというのは誰に影響を受けてるのかわかりやすい文章だった…
- コメント(0) - 2015年5月17日

これは読みづらい作品やら釈然としないものもありましたが、エッセイと一緒に読むことで作品を見る目が変わりました
★2 - コメント(0) - 2015年5月9日

現在活躍されている作家さん達の、デビュー前の無修正アンソロ本、との事で、有栖川さん&綾辻さん目当てで購入。どの作品も、アマチュアとは思えない出来で、さすがだなと思いました。特に尊敬する綾辻さんの作品は、最後はもう「やられた!」と、笑うしかなかった。他の作品も、既存シリーズのキャラが出てきたりツッコミどころ満載だったりで面白かったです。これはいいアンソロ本。やはり、実力のある方は昔からすごかった…。
★3 - コメント(0) - 2015年4月18日

納得。みなさん、学生の時から個性的で、非凡な学生生活を送っていたんだって、感じました。解説が妙に弁解がましくて?それがかえって興味深かったです。
★34 - コメント(0) - 2015年3月15日

デビュー前の作品でアンソロジー。作品とそれに対する作者の短いエッセイのセットで、合わせて読むと面白かった。特にエッセイは、作者が当時の自分を振り返ったりツッコミを入れたり、大抵のあとがきよりも濃くって興味深かった。
★9 - コメント(0) - 2014年12月29日

メフィスト系の人気作家たちのデビュー前の同人時代の作品を集めた異色の作品集&ミニエッセイ。同人作品とはいえ、既存シリーズのキャラクターが出てきたりするものもあり、それぞれの作者さんらしさも出ていて、おもしろかった。
★7 - コメント(0) - 2014年11月25日

汀こるものさん目当てで。
★5 - コメント(0) - 2014年11月5日

初野晴さんの「14」が一番物語に引き込まれました。最後の自分の犯したミスのせいで事件の犯人だと暴露て監視の対象が自分に切り替わる所は凄くゾクっとしました。眼が視線がこちらを見ている様子が浮かぶ…。後は「人形館の殺人」の原型になったものらしくまだ読んでないけど、途中から何となく分かった多重人格による殺人。綾辻行人氏も面白かったです。他の方のSFっぽいのは最後どうなったのか教えて欲しい。
★13 - コメント(0) - 2014年10月19日

☆☆★
- コメント(0) - 2014年10月5日

デビュー前とはいえ、流石に作風は出来上がってますね。それぞれ個性があって面白かったです。しかしそれにしてもミス研率高いですね?自分の大学にはなかったです、残念
★3 - コメント(0) - 2014年9月3日

作家さんのデビュー前の作品を集めた本。それと知らずに図書館で借りてきたけど、エッセイ含めかなり楽しめた。初野晴の「14」と綾辻行人の「遠すぎる風景」がお気に入り。みなさん有名大学卒だったり、法学部や薬学部だったり、もう経歴が凄い。でもほとんどの方がエッセイで「これは羞恥プレイか・・」的な事を書かれていて、ちょっと笑った。私にとっては昔の日記みたいなものかしら? こんなにまとめてエッセイを読める機会もなかなか無いので、続編があればまた読んでみたいなぁ。
★4 - コメント(0) - 2014年8月21日

綾辻行人さんの『遠すぎる風景』は1984年頃に書かれたらしい。「館」シリーズ第4作『人形館の殺人』(1989年初刊)の原型作品らしい。ちょうど人形館から未読なので、いつかそちらを読んだ時にこれとどう違うのか分かれば良いなと思います。
★5 - コメント(0) - 2014年8月9日

複数の有名作家のデビュー前の作品を集めた短編集。知っている作家さんの作品については、デビュー後のものに比べると粗さを感じましたが、すでにシリーズものの設定ができつつあるなど興味深い作品ばかりでした。特に有栖川有栖さんの作品でEMCメンバーともう一度会えたのは嬉しかったです。
★13 - コメント(0) - 2014年6月11日

ミステリ作家のデビュー前の原稿を集めたアンソロジー。話の構成やトリックは確かに粗い感じはするのだけど、デビュー前でこれだけ書けるのだから非凡ですよね…。虫とりとか14は結構面白かったです。法月先生は他の作品も読んでみたいなと思ったし、綾辻先生のは人形館のプロトタイプで興味深い。有栖川先生はこの頃既に江神さんの存在があったのか。そして何より先生方のエッセイが面白い、皆さんの青春が垣間見れます。綾辻先生は大学のサークルで奥さんと知り合ったのかなぁなんて。あと法月先生は読書メーターにも触れてましたね。
★7 - コメント(0) - 2014年5月31日

これは楽しい!有栖川有栖で始まり綾辻行人で終わる、法月あり我孫子あり西澤あり…この豪華なラインナップだけでも驚きなのに、なんと全編が各人のデビュー前の(ちょっと恥ずかしい)作品。さらには当時のエピソードや手書きの原稿の掲載もありのエッセイ付きで、とても興味深く楽しめた。問題編→読者への挑戦、といったコテコテのミステリもいくつかあり、あらすじやトリックなどはさて置き(笑)それぞれの作家さんたちがみんな本当にミステリが好きで大学サークルなどを楽しんでいた様子が浮かび、なんだか嬉しくなる一冊。
★23 - コメント(0) - 2014年4月6日

【市立図書館より】視点が定まらなかったり、登場人物が多すぎて把握できなかったり読みにくい作品が多かった(笑)やっぱり、誰しもスタートからよくできる訳ではないんだよ。努力して、挫折も経験して、プロと言われるようになるのだ。自分には向いてない等の理由ですぐ諦めるなと背中を押してもらった気がする…。私的には、「14」と「judgment」がよかった。
★6 - コメント(0) - 2014年3月30日

0番目の事件簿の 評価:80 感想・レビュー:179
ログイン新規登録(無料)