晩年様式集 イン・レイト・スタイル

晩年様式集 イン・レイト・スタイル
あらすじ・内容
2011年3月11日後の緊迫した状況を背景に2年近くにわたって「群像」に連載。タイトルは、老境を迎えても円熟を拒否し、前途に予想されるカタストロフを回避しないという芸術家の表現スタイルの態度についての、エドワード・サイード(大江さんの親友)の言葉「イン・レイト・スタイル」から採られる。「話者≒著者」の、表現者としての全人生を批評的に捉え直すような内容と構造になっている。「語り手の置かれた状況を3月11日後の荒れ果てた日本に設定した。日本が今生きている大災害と同時にわたしの内省の旅が始まった。わたしは一市民がどのように感じているかを表現しようとしている。この作品から見えるのはわたし自身の人生だ」と仏ルモンドのインタビューに答えている。
私(古義人)は「3.11後」大きく動揺していたが。ようやく恢復して「晩年様式集 イン・レイト・スタイル」という文章を書き始めた。アサ(妹)と千樫(妻)と真木(娘)は「三人の女たち」というグループを結成し、私の今までの小説に対する反論を送ってきた。私は自分の文章とその反論を合わせて私家版の雑誌を作ることにした。
一方ギー兄さんの息子であるギー・ジュニアは、「カタストロフ」委員会という名称の団体を作り、その研究対象として自らの父ギー兄さん、自殺した映画監督・塙吾良。そしてその証言者として私のインタビューを開始する。
千樫の発病を機に真木が上京し、代わりに私が四国の森のへりでアカリとの共同生活を始める。ギー・ジュニアもアカリのために働くことになった。
過去の対立を乗り越えた私とアカリは、アカリさん作曲、真木選曲のCD「森のフシギの音楽」を森の中で聴くことにする・・・・・・。

あらすじ・内容をもっと見る
340ページ
212登録

晩年様式集 イン・レイト・スタイルを読んだ人はこんな本も読んでいます


晩年様式集 イン・レイト・スタイルの感想・レビュー(112)

過去作品を入れ子構造にした「書き直し」が主題となっている小説と読んだ。冒頭からアカリと作者であるコギトとの関係は逆転し三人の女たちによって批判される。その意味で書き直しとは死を前にした老年作家の反省と自己懐疑だろう。「私」と特権化されて語られてきた作者の位置が揺り動かされ、作家を離れてキャラクターが語りだす。そのような自己反省の連続のラストで「書き直し」を表現した詩が記されており余韻をもたらす。ただ、いろいろつめこみまくっているので慌ただしい「晩年様式」ではある。
★1 - コメント(0) - 3月7日

過去の作品を知らないと難解。初期の短編は役に立たず、万延-だけでも読んでなければ、読了できなかった。おそらく最後となる小説と言うけれど、私には初期の作品に戻って読み直すことができる。そういう意味で道の遠い、深い世界が待っていると思うと新鮮な感覚と未来が待つ感覚を持って読んだ。3.11の原発の事故を己の罪としてウーウーと泣いた著者。今起こしてしまった社会全体の罪を「過去の事」とせず、自らの罪とする感覚に脱帽。自分のそばにはいつもコギーがいた子ども時代が美しく響く。
★3 - コメント(0) - 2016年9月19日

過去作の登場人物達との対話を通して批判への答えや作品のその後、種明かしをする。そんなアフターサービス的な作品。読後はまた新しい見方で過去作を読むこともできる。ラストの詩からは大江さんの決意を感じた。小説の形ではないかもしれないが3・11後の世界に対して最後までやるべきことはやるという事なんだろう。小説からはそれ程感じられないんだけど、現実の大江さんの粘り強さ、ブレなさは凄いな。作中幾度も現れる森の樹々の生命力を思わせるのだ。
★9 - コメント(0) - 2015年6月18日

これまで読んだ大江作品の中でも、読み終えるのに最も時間がかかった本。3.11以降の著者の状況を直接的に反映した作品といえる。いつもの私小説のパロディはフィクションとノンフィクションの境界を揺れ動かす装置となり、複数の話者による脱=主体的な語り、多層的なテクストの構造、過去の作品への多くのリファレンスを含む、自己言及的な総括という色彩の強い小説。考えながら読み進むためにかなりのスロー・リーディングを必要とした。大江のここしばらくの「晩年の作品集」の中では出来はいまいちと思うが、自己を懐疑する姿勢は真摯だ。
★7 - コメント(0) - 2015年5月30日

2013年刊。3.11後に書かれた作品。「おそらく最後の小説」と帯に大江氏の言葉。これまでも、それまでの作品とひとつながりのところがあり、継続して読んでいないと「分からない」ということになったと思うが、この作品は、特にそうだろう。でも、大江氏の小説をひとつながりの作品として読んでいると、以前の小説の理解が深まり、そういうことだったのかと感銘が深まる。本作は小説版「小説の方法」を書いたものだとも思う。大江小説群を構造化するものとして面白く読んだ。「若い人に希望を語る詩」で、最後の小説は終わる。
★10 - コメント(0) - 2015年5月24日

大江文学の集大成。
★1 - コメント(0) - 2014年8月7日

『取り替え子』以来の作家・長江古義人を主人公にした疑似私小説。震災と福島原発事故を受け、追い詰められた心境から描き始められ、妹・アサ、妻・千樫、長女・真木の三人からの古義人の作品に対する批判ノートを織り込みながら進んでゆく。知的障害を負ったアカリも50歳になり、真木とともに父・古義人から独立して四国の森のへりへと移住する。ギー兄さんの子供ギー・ジュニアも登場し、父の死の背景を知ろうと古義人へのインタビューを試みる。過去の作品を現状に即して様々に検証してゆく様は、あたかもその作家活動を総括するかのよう。
★1 - コメント(0) - 2014年7月11日

自分らみなについても、国じゅうの原発が地震で爆発すれば、この都市、この国の未来の扉は閉ざされる。自分らみなの知識は死物となって、国民というか市民というか、誰もの頭が真暗になる、滅びてゆく(79頁)。脱原発を訴える作家として高く評価される大江先生。原発に囲まれた地震国に生きている以上、カタストロフィーと無縁だとは思えません(130頁)。
★28 - コメント(1) - 2014年7月1日

aki
久しぶりの大江。やはり手応えがあり、どこまでがリアルで、どこからがフィクションなのか。三人の女たちが本当に書いているのか、そうではないのか等、考えれば考えるほど思考が沈んでいくようだった。逝ってしまった人のことを考えることは、喪われつつあるフクシマについて考えることに似ている。考えることは悲しい、そう思った。
★3 - コメント(0) - 2014年6月29日

3.11を内包しながら、その思いの中で私小説として自らの作家人生を振り返ることで改めて大江文学の描いてきた文学というものを見つめ直せた気がします。著作の登場人物と共に、自分も作品の登場人物とすることで、今までの作家人生の集大成にしているのが何とも言えない余韻のある世界を作り出していると感じました。何気ない雑文ではあるのですが、今まで描こうとしてきたものが全て詰まっていることでおそらく書くべきことは書いたという感じなのでしょう。最後の小説として上梓し、文筆家として筆を置くにふさわしい名作を残していった。
★37 - コメント(0) - 2014年6月9日

過去の代表作を検証する形で3・11以後の自己を取り巻く世界を描く。主人公が書いた作品のモデル達が異議を唱えることさえ、作品中の作品についてなので、一連の流れがあるとは言え、過去作品を読み返してもあまり意味はないと思われる。大江を装う主人公作家が過去を問い直すことに、3・11が引き起こした時間の断絶から新しく再生したい、歴史を伝えたいという祈りのような意志は感じる。微妙で持って回った描き方は少し苛立たしく、人物に共感できず、物語の力が希薄になっていると感じたのは残念だ。森のフシギを伝える力を甦らせてほしい。
★22 - コメント(1) - 2014年4月26日

ずーっと大江健三郎を読み続けてきて、この作品でやっと分かったことがあります。短編では大きな力を発揮するのですが、彼独特の癖のある描写やイメージに阻まれて、長編のストーリーが伝わりきらないということです。まあ、自分が読み取れないともいえますが。彼の以前の長編が殺人や自殺というかなりドラマチックな事件を扱っていたことを、この作品が改めて教えてくれました。in late yearsに、「同時代ゲーム」あたりからじっくり読み直してみようと思います。
★3 - コメント(0) - 2014年3月9日

素直な文体の中に、繰り返された思考の硬質さ、老年の諦め、そして作家としての諦めを感じる。巻末の詩はオーケストラのよう。ファウストに似た読後感。
★2 - コメント(1) - 2014年2月27日

途中まで小説だと気づかないで読んでた…。不思議なことに今まであんま感じたことなかったんだけど、大江健三郎の小説ってどんどん私小説度が増してきてんな思った。これ一冊だけ読んでも訳分からんのじゃないかと思うけど、ほとんど忘れてるとはいえここにくるまでの流れもなんとなく頭にある自分にはたいそう興味深くおもしろかったです。とは言うものの、なんかこれって小説的おもしろさではないような。
★2 - コメント(0) - 2014年1月31日

☆☆☆☆☆遡ること二十数年、私の日常は文学現代音楽に支配されており、その日々で常に寄り添い続けたのは大江健三郎の文体であった。今でも「新しい人よ眼ざめよ」でイーヨーが語る太字のセリフを懐かしく思う。「懐かしい年への手紙」を最後に、いとしくも難解な大江の世界そしてブンガクゲンダイオンガクから遠ざかってきた。人生の折り返し地点を過ぎた今、大江との再会(大江を再開)を果たし、光=イーヨー=アカリ、長江古義人などの変遷は私に空白の長さ重さを想起させる。しかしその文体は通奏低音としてやはり私の底に流れていたはず。
★27 - コメント(0) - 2014年1月25日

ノーベル賞受賞20年目の大江。日記的晩年日常を書かずにはおれなかった、それも自分以外の家族の筆を借りて実生活の中での虚構の再構築という小説的な二重構造。3.11東日本大震災の受止めと故郷、友人関係や逆襲する家族達との物語。話の曖昧さは彼の得意技とは言え、結構読みづらく時間が掛かった。「…もともと表現のカタサ、ワカリニクサをいう人はいくらでもいる」。読み進むと旧作の種明かしや補足を開き直りや愚痴に取って、作家の老いを感じた。三島や川端のように老いを曝すのを拒む者も、大江のように何とか立ち向かう者もいる。
★4 - コメント(0) - 2014年1月21日

最終章「私は行き直すことができない、私らは生き直すことができる。」このメッセージに尽きる。 著者のこの数年の著書を読んでいなくとも、この章は、是非読み込んでいただきたい。 
★10 - コメント(0) - 2014年1月19日

過去の作品をもっとしっかり読み込んだうえで、本作に挑めばよかったと反省しています。私にとっては難解なのだけれど、大江作品には不思議に引きつけられるのです。『形見の歌』には心打たれました。
★3 - コメント(0) - 2014年1月14日

大江さんの一連の作品を読んでいないと、なかなかすべてを理解するのは難しい作品ですが、自らを語り手に、3月11日後の日本での生き様と同時に自らの人生を内省する私小説のような内容です。 近年、こうした私小説的な本を多く書かれている大江さんですが、やはり、80歳を目前にして何か期するところがあるんだろうなぁ~と思わされる作品です。 まあ、私にはちょっと手に余る作品でしたけどねぇ。
★2 - コメント(0) - 2014年1月9日

「私は生き直すことができない。しかし、私らは生き直すことが出来る。」 はじめは、これは誰の小説だ?と疑念を持ったほど。初期の粘着質でグロテスクでむせかえるような臭気をもった、良く言えば、その生命力に、思わず遠ざけてしまったあの感じが無い。それは年々薄れてはいると感じていた。歳を重ねた結果だ、と。しかし、それは間違いのようだ。最後の詩などのメッセージがより際立っている。小説全体が作者自身の生命、一個体だと感じではなく、メッセージが際立つ。まだまだこの先の氏の小説を待ち望む自分がいた。
★5 - コメント(0) - 2014年1月8日

久しぶりに大江の新作小説が読めた。読んで深い安心感がある。登場人物も、言葉使いも、場所も、文章表現も、そして主張も変わらないことに。   こんな、今の日本に、ポール・マッカートニーが来て、エリック・クラプトンが来て、ジェフ・ベックが来て、ローリング・ストーンズが来て、ディープ・パープルが来て、ボブ・ディランが来て。目的は何なんだ? 既成事実の醸成、目先の金か。絡め捕られた死に体の音なんか聴くものか。  でも諦めない。人類が生き続けることでもっと素晴らしい音に出会える可能性を。戦争も原発もいらない。
★6 - コメント(1) - 2014年1月5日

もちろん、正直言ってよくわからないのだけれど、どうしても気になるのが大江健三郎で、これを読んでからは、その「どうしても気になる」かんじがますます幅をきかせているから困っている。ひとつひとつの言葉に、圧縮したいくつもの<意味>や<非意味>が込めれられているかんじだ。たぶん、全身で書いている、全身をぶるぶる震わせながら。もちろん、正直言ってよくわからないのだけれど、読者としてはその「ぶるぶる」に圧倒され翻弄され、わずかに共振できれば、まぁよい、のかもしれない、と思うことにした。
★6 - コメント(0) - 2014年1月4日

読めなかった。「洪水は我が魂に及び」以来、大江文学に憧れてきたが、私は大江が読めない人間であることを認めることにした。
★2 - コメント(0) - 2014年1月4日

小説には二種類ある。いわゆるふつうの小説と、大江健三郎が書いた小説だ。後者については小説というより僕の感覚でいうと、近作『水死』のように「大江が書いた何ものか」と言いたくなるもので、通常の小説の感覚で読み始めることはお薦めできない。本書もそうで、ハードルは高い。「これはこういうもの」と観念して、いわば大江自身のルールに沿って読むほかない。しかし慣れれば、実はそこここに散らばるユーモアの感覚や、カタルシスとの遭遇もある。こんな大江の小説を誰も「実験小説」と言わない(僕は聞いたことがない)のはなぜなのだろう。
★6 - コメント(0) - 2013年12月28日

大江健三郎を初めて読んだ。その文章力の高さに感嘆した。圧倒的な完成度ゆえ、自分の文章力とひき比べてしまい、読んでいてつらくなってしまった。私小説の体裁をとりながら、個人と人類を対置した内容は普遍的で、後世の国内外の読書人の批評に耐えうる。ただ、多くの引用文献が効果的に使われているのが、研究論文を読んでいるような錯覚に陥らされる。”スグレタ”小説を書くことが目的となってしまっていることが、唯一の欠点か。
★22 - コメント(0) - 2013年12月27日

魁人の文は簡単には読み解けない…覚悟してご解読ください。「求めるなら助けは来る/しかし決してきみの知らなかった仕方で」。3.11後の緊迫状況を舞台に選んで語る新しい物語。一見「私小説」、しかし実は…。老境の円熟を拒否してカタストロフに挑む☆傷だらけの 私を裸にし、自分で集めた薬草の油を塗ってくれながら、母親は嘆いた。子供たちの聞いておる所で、私らは生き直すことができない、と 言うてよいものか? そして、母親は私に 永く謎となる 言葉を続けた。 私は生き直すことができない。しかし 私らは生き直すことができる
★9 - コメント(1) - 2013年12月22日

この文体はなんなんだ。登場人物の内一人はそのお父上の文章を繰り返し拡散中。『形見の歌』は書き写させて頂きます。そういえば明治公園で壇上の著者を見ているんだ・・・
★4 - コメント(0) - 2013年12月19日

私は生き直すことができない。しかし、私らは生き直すことができる。
★4 - コメント(0) - 2013年12月17日

もし僕が小説家志望であってこれを読んだら、きっと小説をあきらめてしまうだろうと思った。 世界は、大江にノーベル賞を与えていてよかったと思うだろう。 だれも批評(称賛も批判も)できない作品だと思う。 まったくすごい。 と言った感じで、昨日読み終えたところである僕には感想として具体的なことはまだ何もわかりません。
★5 - コメント(0) - 2013年12月5日

めずらしくハードカバーで購入。待ちに待った新刊。装丁が美しい。アカリ、真木、アサとおなじみの人たちが出てくるが、震災、父親の圧制から抜け出す子供たち、反旗を翻す女たちと、主人公をめぐる状況は厳しい。最後初孫の話が詩の中に出てきたけれど、オーちゃんはもう小説の中には登場させないのかな、とさびしく思った。
★10 - コメント(0) - 2013年12月2日

晩年の生き方をめぐって独特の緊張感を味わいながら読めた。読みづらい文体の効果もあるのかも。
★3 - コメント(0) - 2013年11月24日

自分の言動に忠実であり且つ縛られないでいることは、携わる人間とに齟齬が生じえよう。自己矛盾も露になろう。身内である「三人の女たち」からの逆襲を全身で受け止めながら、自己を振り返り死者と対話し尚且つ未来を諦めない後期高齢者の寂しさの中の決して消え失せない光を私はどこまでも信じる。したたかさも頑固さも返り血を浴びる覚悟の上の防壁だ。もっともっと無様になってほしい。ぐらつく足場で翻筋斗打ちながらその手で未来を探り続けてほしい。これが最後だなんて言うな。言ってしまったら欺け。私はまだまだ大江健三郎を読み続けたい。
★31 - コメント(2) - 2013年11月22日

ああ、こういう書き方があるのか、といろんな意味ですごく面白かった。あれこれ読み直してみたいものが一山できてしまう。「否定性の確立とは、なまなかの希望に対してはもとより、いかなる絶望にも同調せぬことだ、、、、」
★4 - コメント(0) - 2013年11月22日

3.11以後、切実な徒然なるひまに老作家は書き始める…そこに身内である「三人の女たち」からの突然の反撃も加わり「後期高齢者」となった作家の自己総括が始まる。大江作品を読み続けてきた読者に向けてのメイキングオブ私家版雑誌『晩年様式集+α』といったところか。自らのカタストロフィーに向けてもがきながらも果報に挑む姿勢には、ある種の感動がある。それにしても関係者一同の矢継ぎ早な批判に思わず同情してしまうが、当人は堪えているのかいないのか。この期に及んでアカリの言葉を誤った台詞で記すなんて!したたかなんだなぁ
★27 - コメント(3) - 2013年11月13日

大江さんにまたやられた
★1 - コメント(0) - 2013年11月10日

大江氏は、メリケンを本当に持っているのだろうか?メリケンというと暴力の象徴のような気がして、常に暴力反対の大江氏に相応しくない気がする。この話は小説であるから、勿論フィクション(大江氏の、「こうあって欲しい」という想像)だろうが、自分で自分を批判し、それに答えるのは、弱点のない人などいないのだから、辛い事に思われる。大江氏は、この小説でフェアであった。最後なんて言わず、また小説を書いて欲しい。
★3 - コメント(0) - 2013年11月6日

que
発端から結末へ至る軸より、外部から侵入する出来事や他の作品の言葉へのリンクといった水平方向の動きが多くを占める作品と感じた。これまでの作品にあった、鮮烈な暴力によって世界が裂けるような印象がこの作品には薄いのだけど(メリケンのくだりくらいか)、この小説が書かれた時期には現実の世界そのものが大きく揺れ、裂け目を見せていたのだった。
★3 - コメント(0) - 2013年11月3日

過去の作品を親しい人々から批評、批判される、というスタイルは、自分自身の生き方を(それは、この国のあり方を許容したきた自分という意味も含むのだと思う)責めているようで、読んでいて切なかった。老作家が「ウーウー声をあげて泣く」姿は想像するだけで悲しい。が、最後の詩を読み終えた時には、何かが洗い流されたような清清しさを感じたのだった。自分自身から解き放たれ、次の世代に希望を託すような。 「私は生き直すことができない。しかし私らは生き直すことができる。」
★7 - コメント(0) - 2013年10月31日

晩年様式集 イン・レイト・スタイルの 評価:68 感想・レビュー:41
ログイン新規登録(無料)