探偵の探偵 サイン入り特装限定版

探偵の探偵 サイン入り特装限定版
あらすじ・内容
全冊に著者直筆サインが入り、著者落款が刻印された、講談社文庫・新シリーズ『探偵の探偵』開始記念、豪華完全限定版です。(四六判ハードカバー)

現代の探偵業は、最高レベルの知力・精神力を必要とする厳しい職種である。その「探偵」の本当の姿をこれほどまでかと思われるほどリアルに、松岡圭祐は活写する。そして、ストーカー、犯罪被害者など社会問題を正面から取り扱いながら、被害者のひとりである女性・紗崎玲奈が、命を懸けて立ち上がる。その勇気に溢れたヒロイズムは、読者を魅了する。
(文庫版同時刊行。続刊『探偵の探偵2』12月12日刊行)

探偵は正義の味方なんかじゃない。ミステリーヒーローの恐るべきリアル!―香山二三郎(コラムニスト、「江戸川乱歩賞」選考委員、「このミス」大賞選考委員)
いいタイトルだ。シンプルでありながら、作品の世界観を的確に言い表している。―村上貴史(ミステリー評論家、「このミス」大賞選考委員)
絶望、孤独、闘争。とてつもない怪物シリーズとなる予感!―藤田香織(書評家、エッセイスト)

作者のシリーズ物は、凝った設定に特色があるが、その中でも本書は飛び切りであろう。悪徳探偵専門の探偵というのは、初めて聞いた。しかし、読み始めてすぐ、こんな探偵がいてもおかしくないと思うようになった。探偵業界の現実が、克明に描かれているからだ。また、主人公の魅力も見逃せない。自分たちの仕事の邪魔になる玲奈の命を、悪徳探偵は本気で狙ってくる。それを承知の上で、彼女は危地に向かう。彼女は、頭脳派でもある。玲奈と悪徳探偵の頭脳戦は、双方一歩も引かぬ名勝負。でも、才色兼備にして文武両道の玲奈が、その力を見せれば見せるほど、彼女の哀しみが際立ってくる。タフでハードな鎧の下には、癒せぬ傷を抱えた魂が隠れている。―細谷正充(書評家、「江戸川乱歩賞」選考委員)

〔あらすじ〕調査会社スマ・リサーチが併設する探偵学校スマPIスクールに、笑わぬ美少女・紗崎玲奈が入校する。探偵のすべてを知りたい、しかし探偵にはなりたくない、という玲奈、なぜ彼女は探偵学校に入校したのか? スマ・リサーチの社長・須磨康臣は、彼女の驚くべき過去をつきとめる。須磨は玲奈の希望を鑑み「対探偵課」を設けた。紗崎玲奈はひとり、悪徳探偵を追う“対探偵課探偵”となった。

あらすじ・内容をもっと見る
290ページ
37登録

探偵の探偵 サイン入り特装限定版を読んだ人はこんな本も読んでいます


探偵の探偵 サイン入り特装限定版の感想・レビュー(27)

この本が普通に図書館にあったことが驚き。なんだかんだ言っても図書館は懐が広いんですね。オートロックの開け方とかここまであけっぴろげに書いちゃって大丈夫なのかなと思った一冊でした。都合のよい正義はない世界。
★6 - コメント(0) - 2016年8月6日

2016年6月6日:あひ
面白かった!テンポが良くて読みやすかったし、引き込まれて 一気読みしてしまいました。ドラマの方は見てなかったけど、ちょっと見てみたくなりました。続編が気になる~!
★3 - コメント(0) - 2016年3月23日

2016年2月29日:阿武隈川家康
2016年1月24日:蒼ヰ
サインに釣られて購入。最後まで飽きさせることなく、あっさり読了。過剰な暴力描写と毎回血だらけ、傷だらけ、あざだらけになる主人公。アクションシーンとわかっていても、女性が暴力行為を受けるシーンは気分が悪い。面白くないとは言わないが、ちょっと合わないかな。
- コメント(0) - 2015年11月2日

松岡さんが書いたとは思えないほど悪い話。万能鑑定士が平和すぎたのか。探偵の探偵ⅠとⅡが50ページぐらい。なんといっても、サインがほしかったので、手に入れて満足です。内容は、倫理的に微妙な綱渡りの世界。ドラマそのまんまで、少し心理描写がこまかいかな。助けて名乗らず帰っていくところなんかカッコいい。
★9 - コメント(0) - 2015年8月18日

2015年7月19日:莉玖
いろいろとあり得ない設定ではあるが、スピード感があり読み手を飽きさせない。やられてもやられても最後にスカッとさせてくれる展開でスッキリ。
★1 - コメント(0) - 2015年7月16日

2015年5月27日:エルウッズ
2015年5月17日:ちなシケ
2015年1月17日:bourgeois
2015年1月7日:ハスゴン
株式会社スマ・リサーチに入社した琴葉は対探偵課の紗崎玲奈の元につくことになる。 若く黒髪のロングヘアに痩身ではあるが女性からみても惚れ惚れするような瑞々しい肌の美しさ、小顔に少しばかり吊り上がった大きな瞳、完璧なプロポーション。さらに最高レベルの知力と精神力を駆使する玲奈に、琴葉でなくとも疾走かつ固唾をのむハードボイルドな展開に彼女に魅了されること間違いなし。
★2 - コメント(0) - 2015年1月2日

2015年1月1日:cocoa6436
2014年12月28日:Tetsuro Kinoshita
2014年12月24日:とーさん
2014年12月10日:ハッケンバッカー
2014年11月30日:黒霍
2014年11月29日:むらさき
文庫より数倍高いが、大好きな作家だし、「限定」という文字にもつられ、本書を買ってしまった。でも、新ジャンル、スピード感、Qにはない生死を分ける展開、と大変面白く一気読み。記念すべき第1号を限定版で買って良かった。作風は違えど松岡さんの表現する「正義感」は他の作品にも共通するところがある。5章まで先読み出来たが、次回作早く読みたい。新作が嬉しい一方、千里眼どうなったの?千里眼読みたい!いつ復活するのかな?
★2 - コメント(0) - 2014年11月23日

2014年11月15日:シュリ
読了本登録
★1 - コメント(0) - --/--

--/--:かっぴー

今読んでいるみんな最新5件(1)

12/22:とーさん

積読中のみんな最新5件(4)

07/13:山犬
12/21:とーさん

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

07/30:suicdio
12/03:shu
探偵の探偵 サイン入り特装限定版の 評価:59 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)