世にも奇妙な君物語

世にも奇妙な君物語
あらすじ・内容
今年二十五周年を迎えたテレビドラマ、「世にも奇妙な物語」の大ファンである、直木賞作家・朝井リョウ。映像化を夢見て、「世にも奇妙な物語」のために勝手に原作を書き下ろした短編、五編を収録。

あらすじ・内容をもっと見る
258ページ
3831登録

世にも奇妙な君物語はこんな本です

世にも奇妙な君物語を読んだ人はこんな本も読んでいます

何様
3116登録

世にも奇妙な君物語の感想・レビュー(2279)

上手い!短編集だけど、どれを読んでもレベルが高くて結末に唸ってしまう。あのテーマソングが聴こえてきそうだ。インパクトでは、最初の「シェアハウさない」が凄い。タイトル通り奇妙すぎるシェアハウスの真実にゾクッときた。「立て 金次郎」は普通にいい話だと思ったのに、ラスト3ページで覆る。ドラマでありそー。やはり素晴らしいのは終話、「脇役~」だな。コミカルだけど起こっていることは、何だかもの悲しい。脇役で凄い!と思う人って多いから、そんな人達の思いを垣間見た気がした。バラエティ豊かすぎて、いい意味で酔っちゃいそう。
★14 - コメント(0) - 3月24日

さすが世にも奇妙な物語のファンだと言うだけあって、どの話も"っぽいなぁ〜"と思いながら楽しめました。中でも立て!金次郎が好きかな。いつか特別編で映像化してほしい。脇役はもちろん例の俳優&女優さんで!笑
★7 - コメント(0) - 3月22日

本当は「何者」を読みたかったけど、内容的に今読んだら心を抉られそうな気がしたので、こちらにしました。しかし、リア充裁判で結局心を抉られるというね…。世にも奇妙な物語風という意味では、13.5文字が1番好きかな〜。
★13 - コメント(0) - 3月20日

もしそれが日曜日の朝で、少し好きになりかけている人と会う日であれば、この「シェアハウさない」「13.5文字」は、懇切丁寧に嫌な思いにさせてくれる。もしそれが平日の夜で、誰とも会わない日であったとしても同じだ。爽やかな感動を約束しない。では、最後の短編はどうか。朝井リョウは、いつだって俯瞰しているが(「桐島」の時点から老人なのだ。)俯瞰していると名乗ったのはたぶん初めてだ。最後の短編は読むべきだ。これは回収ではなく、たわわに実った嫌がらせなの。なの?⭐️4.5
★47 - コメント(0) - 3月18日

面白かった~短編集の中に俳優さんのもじった名前も出てきてて、配役も決まってるのね(笑)最後の“脇役ロワイヤル”本当に面白かった!「やっちまったー!」とどこまでもコミカルな涼の声が私にも聞こえてきました。うまそうだな、と微笑みながら、渡辺がまんじゅうの包みをぺりぺり剥がしていく。悟った顔して満足そうに落ちて行ったんだろうなぁ(笑)小説でじゅうぶん笑えた。“リア充裁判”は、途中からなんかよく分からなくなった。知子の裁判は妄想だったの?彼女は不合格だったのかな?
★30 - コメント(2) - 3月17日

全5話の短編集。どの話も面白かった。タモさんがストーリーテラーをしている「世にも奇妙な物語」として是非映像化して欲しい!そして実際モデルにしている役者さん達を使って欲しい。個人的には「13.5文字~」が好きだった。子供は何も悪くない(笑)
★20 - コメント(0) - 3月16日

不思議な世界観とブラックユーモア。まさに奇妙な物語。どれも面白いし、いたたまれない。「リア充裁判」「立て!金次郎」の、正論やきれい事を切り捨てていく感じが素敵。
★22 - コメント(0) - 3月15日

朝井リョウさん、結構好きで楽しみにしてたんだけどこれはイマイチだったかな~。残念。
★16 - コメント(0) - 3月15日

世にも奇妙な物語で実際ありそうな5話の短編集。「シェアハウさない」「走れ金次郎」は是非映像化して欲しい。最終話は前4話とつながっていて笑えた。
★16 - コメント(0) - 3月11日

いかにも世にも奇妙な物語にありそうなストーリーでおもしろかった。それに朝井リョウさんならではの、the現代風の文章や言い回しが合っていて、楽しめました。ぜひ世にも奇妙な物語で映像化してほしいなぁ。
★11 - コメント(0) - 3月11日

図書館で借りた
★5 - コメント(0) - 3月7日

★3。4編+1最終章。ムムム。朝井リョウさんの書く文章って、もっと肌触りが新鮮で、主題もピンで心理を突くような作品で好きだったが…これはちょっとラシクナイような^_^; 誰にでも書けそうな文章、て感じ。内容もネリが物足りない。しかしながら、ホラーで良かったと思うのは『13.5…』の息子。怖気持ち良い。最終章でタイトルの”君物語”に納得、これは面白い仕掛けだが、、、やっぱり、朝井さんの個性があまり見られない。
★22 - コメント(0) - 2月27日

「世にも奇妙な物語」を意識した5つの短編小説。どの話も心地よい後味の悪さがある。しかも、ただブラックなだけでなく、風刺の効いたテーマになっているので、ちょっとした爽快感も味わえる。映像として見てみたい。
★12 - コメント(0) - 2月24日

難しい。
★2 - コメント(0) - 2月24日

世にも奇妙な物語のファンである朝井リョウさんが触発されて書いた5編の短編集。「シェアハウさない」シェアハウスの住人の静かな不気味さが怖く住人の彼らは一体何をシェアしているのか。急展開でのラストが秀逸で一番世にも奇妙な物語っぽいと思った。どの作品もブラックな笑い、そしてシュールな結末の物語を集めた短編集。この世界観はまさに世にも奇妙な物語で読み応えがあった。
★133 - コメント(0) - 2月23日

短編集。 最後の話が他の物語と繋がってて面白かった。
★7 - コメント(0) - 2月22日

おもしろかった!タイトルでもお気づきの、あの番組のファンである朝井リョウさんが手がけた短編集。まさにあの番組でありそうな、ブラックさがいい。そしてすべては最後の脇役バトルロワイアルに集約されます。それまでの中では金次郎の話がおもしろかった。脇役あるあるもよかったなー。楽しめます。
★12 - コメント(0) - 2月21日

何とも後味の悪い短編集。 でも確かに『世にも奇妙な物語』ってこんな感じ。どの話も読み進めるにつれ、最後にどうなるんだか怖かった…。3話の『立て!金次郎』には、なるほど、あるかも…と、ちょっと思いました。個人的には1話もだけれど、4話の息子が怖かったなぁ。
★15 - コメント(0) - 2月21日

まさに「世にも奇妙な物語」すぐに映像化できそうな短編5編。ハッピーエンドかと思いきや、最後の最後に穴底に突き落とされるようなラスト。うまいなぁ、朝井さん(笑)特に「脇役バトルロワイアル」は秀逸。実在の俳優をもじった登場人物たちが、キャラそのままに立ち回る。脇役ばかりの彼らに主役オーディションの話が舞い込む。主役の座を勝ち取るのは果たして誰なのか?きちんと了解とってるよねと心配になるほど、出演俳優達はイメージそのまま(笑)全編にわたって、人の本音と心の何処かに潜む悪意なき悪意?をさらけ出す展開で楽しめた。
★28 - コメント(0) - 2月20日

★★★
★2 - コメント(0) - 2月19日

Ken
後味の悪い読了感。まさにあの世にも奇妙なシリーズを観た感覚になる。著者がおれと同年代だから、共感する部分が多くて読みやすかった。
★20 - コメント(0) - 2月19日

悪意がすごい・・・ 世にも奇妙なの世界観そのまんまでほんとすごいなーと思った。
★9 - コメント(0) - 2月19日

奇妙感、ゾクッ感いっぱいでした。でも表題の”君”って誰、話の主人公、脇役それとも・・・?
★8 - コメント(0) - 2月19日

どの物語にも嫌な読後感があった。でも、それが現実的でちょうど読みたい部分で。1話目は本当にこわい(´・・`)SNSのことなんて、ゾワッとするー
★8 - コメント(0) - 2月18日

タイトルの通り、あのオムニバス形式のドラマにされることを(たしか)勝手に想定して書かれた短編集。どれも背筋がゾクッとするような、ちょっとした怖さを味わえる物語で、現代をうまく切り取った内容だし、皮肉めいた視点もあり、さすが朝井氏!という感じでした。上手いなぁ~。
★15 - コメント(0) - 2月17日

うーーーん。そっかそっかぁ。読みやすいけど好きじゃないなぁ~てか朝井リョウのプロフィール見て初めて歳を知りました…わっっか。。。ビックリ。シェアハウさないは、まあまあ良かった。
★45 - コメント(0) - 2月16日

ほんとに奇妙なお話、短編集。現代のちょっと先、こういう風になっていってもおかしくないような怖さがありました。
★7 - コメント(0) - 2月15日

実写化されたら。。笑
★7 - コメント(0) - 2月15日

2話のリア充裁判って、結局知子がテスト用紙の裏に描いた漫画の内容(知子の願望と妄想だったってオチ)ってことだよね?それを見たサユリが、まだ就活が終わってなくてグレーのリクルートスーツ着てるのってコミュ障のこいつだけじゃん、ってあくびしながら思ってる最後のシーンがホラー。
★16 - コメント(0) - 2月14日

第5話でみんな繋がる。 なんか、ざわっとする話でした。現代版 風刺ドラマ
★9 - コメント(0) - 2月14日

朝井リョウさん初読みです。 タイトルに惹かれて読みました。何かひねりがあるのかなと思ってとりあえず2話まで読んだら、世にも奇妙な物語そのままでした。ちょっとガッカリ。 でも4話の「13.5文字しか集中して読めな」はいい感じのイヤな読後感が良かったです。最終話の「脇役バトルロワイヤル」は笑えます。面白かった。
★14 - コメント(0) - 2月12日

いやほんと一つ一つ秀逸だった。最後の脇役バトルロワイヤルでしっかりこれまでの全部の話のオチがついてきてさすがとしか言いようがない…これ実写化しないかなぁ
★13 - コメント(0) - 2月12日

最後のどんでん返しが魅力の短編小説が5つ盛り込まれている一冊!朝井リョウさんにしては珍しい物語の描き方だと感じました。最後の【脇役バトルロワイヤル】で、1~4話までの物語が全てフィクションのドラマ出会ったことに驚きました。シェアハウさせない(第1話)がお気に入りです。
★15 - コメント(0) - 2月10日

朝井さん、初読みです。私の苦手な青春ものの作家さんというイメージがあって、手に取ることがなかったのですが、これは面白いブラック短編集でした。どの話もよく練られていました。最後の話の登場人物たちが、前の話にも出てくるのですが、その登場の仕方が面白いです。
★39 - コメント(0) - 2月8日

短編集。小さい時に本家を見ていて、ただただ怖いという印象だったからか、本家よりしっかり作り込まれていて読みごたえ十分で面白かった。世にも奇妙な〜をやりつつ、この奇妙な現代社会への風刺もバリバリきかせていて、怖さより唸ってしまうなぁ。映像化して、あのお決まりの音楽を流したらきっと怖くなるのかも。朝井さん、「リア充裁判」書いてて気持ちよかっただろうな。今後、ブラックな長編小説も読みたいな、と思わせる安定感が見えた。
★25 - コメント(0) - 2月8日

「世にも奇妙な物語 -朝井リョウの特別編-」として映像化してもらえないかと思った。「脇役バトルロワイヤル」が秀逸。それまではゾッとするような終末だったのに、最後の最後はなぜか笑ってしまった。【館】
★16 - コメント(0) - 2月5日

「世にも奇妙な物語」はあまり見たことないけれど、これらがドラマ化されたら絶対見たいなぁ。特に「シェアハウさない」「脇役バトルロワイヤル」がゾッとしつつも面白かった。
★37 - コメント(0) - 2月5日

ヘラヘラ読んでると、最後にどんっ!と、やられる。ブラックな世界だった。「13.5文字しか集中して読めな」は、子供の純粋な眼差しと、大人びた言動に寒くなった。
★16 - コメント(0) - 2月4日

最後のお話を読むと、朝井さんの世界にさらにハマって、なにがなんだかわからなくなる。個人的に、シェアハウスがゾッとした。どのお話も、奇妙。
★21 - コメント(0) - 2月3日

朝井さんのブラック、ここに極まれり?どう生きていいのか分からなくなる人、続出しそうな。一番まっとうにいいなと思ったのは「立て!~」生きていくほど平等なんてなくなっていく・・・自分で考えるしかないんだって。でもこににもブラックなオチが。「脇役~」の存在感がスゴ過ぎて、朝井さん怖いです。ほぼ本人のような登場人物面白い。このキャストで実写希望します。「世にも~」ファンには最高の1冊ですね。私は番組は苦手な方だけど。
★29 - コメント(0) - 1月31日

世にも奇妙な君物語の 評価:94 感想・レビュー:1126
ログイン新規登録(無料)