40歳からの「認知症予防」入門 リスクを最小限に抑える考え方と実践法 (ブルーバックス)

40歳からの「認知症予防」入門 リスクを最小限に抑える考え方と実践法の感想・レビュー(21)

3月14日:hidehi
3月4日:Ikutan
私も今年で40歳。認知症予防に励まなくては。塩分とカロリーの取り過ぎをおさえ、適度な運動をするという極普通な事で認知症が抑えられるという。生活習慣の見直しに役立つ本でした。、
★1 - コメント(0) - 2月26日

昨今ニュースでも頻繁に耳にする認知症ですが、自分はちゃんと知っているのか? と思い読んでみました。日本では急速に認知症が増加しているのに対し、イギリスでは横ばいに抑えられているようです。「認知症を予防する」というより、「5年先延ばしにするにはどうしたらいいのか?」が書かれています。 認知症についておおまかに知りたい方は、最終章(6章)だけ読むのも、わかりやすくてオススメです。
★6 - コメント(0) - 2月10日

1月30日:大西幹造
1月28日:ozapin
1月25日:みにまる
うつ病と認知症に相関関係があったとは、クイズ形式なので読みやすい。
★1 - コメント(0) - 1月7日

35 生活習慣改善により認知症発症、進行鈍化可能。完治は無理。良心的な一冊。脳卒中予防が鍵。第4章はインパクト強し、高齢期はロストが連続する。何もかも失う。夢、目標、希望を持て!ただし「40才からの」とのサブタイトルは、若い層に売らんがなとの、嫌らしい編集者の策略。
★2 - コメント(0) - 1月2日

2016年10月刊。40歳からの、とあるとおり、自身の予防と親の患いの両面から認知症について解説とアドバイスを示してくれています。生活習慣病予防が認知症予防となることが目から鱗。それから、マージャンやトランプ、双六などのゲームはよくて、パチンコは誤りなことは納得。一人でやるのはやはりまずいのですね。患いかな?と感じた時の対象方法を分かりやすく述べているのも良いです。イギリスが国が率先して予防に取り組み、効果を上げていることに驚き。日本も取り組めば良いのに。さて、私も予防に取り組もうっと(^_^)
★8 - コメント(0) - 1月1日

認知症が高齢化しているのに増えてないイギリス。学ぶところは多そうだ。若い頃から予防すると発生率ら下げられるとのこなので知らないと怖い。食事はバランスよく、運動を習慣にして、趣味ももつように。とまあ、当たり前といえは当たり前の身もふたもない話にはなってしまった。運動が本当にできていないのが気になる。階段は登るようにから始めるか。
★16 - コメント(0) - 2016年12月21日

2016年12月17日:すしお
予防として、特殊なことはかかれていない。 ・先ずは運動がベースで、麻雀、囲碁、将棋パズルなどの脳トレは後。 ・高血圧と糖尿病はリスク。
★3 - コメント(0) - 2016年12月13日

2016年12月1日:TARAO Mitsunori
2016年11月26日:おだまん
2016年11月25日:
2016年11月23日:naonao
非常に読みやすい。結局のところ、最善の認知症予防は生活習慣の改善ということか。
- コメント(0) - 2016年11月20日

2016年11月14日: TUTU
2016年11月12日:Erato
2016年11月10日:morita

今読んでいるみんな最新5件(2)

01/01:マーク
10/22:JJ

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

11/09:hundredpink
40歳からの「認知症予防」入門 リスクを最小限に抑える考え方と実践法の 評価:76 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)