花と龍〈下〉 (大衆文学館)

花と龍〈下〉 (大衆文学館)
445ページ
5登録

花と龍〈下〉の感想・レビュー(4)

2014年2月3日:半殻肝
☆×4.5…男と女、その下巻。男は任侠の世界にいながら暴力を用いて権力を維持しない「稀有」な男。自分の手腕のみでのし上がって言った男。そんな無敵に見えた男にも何回か死への手が触れようとします。だけれどもさすが金五郎ですよね。それすらはねのけてしまいます。たった一度のみ彼の禁を侵すことがありますが、それでも彼はやはりかっこいいです。そんな夫を支えるマンはやはり強い女。冴えない金五郎に張り手をかますときなんか…私もこんな女になりたいものです。
- コメント(0) - 2012年4月18日

今読んでいるみんな最新5件(1)

火野葦平の関連本

花と龍〈下〉の 評価:50 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)