水木しげるの妖怪探険―マレーシア大冒険 (講談社文庫)

水木しげるの妖怪探険―マレーシア大冒険の感想・レビュー(13)

3月8日水木しげる御大誕生日に読了。ノンフィクション作家大泉実成さんと水木しげる先生のマレーシア旅行記。世界中の妖怪(精霊)像を手に入れるため、フィールドワークも兼ね、マレーシアのジャングル奥地に住むセノイ族の村に滞在する。紀行文として、または水木しげるという人観察日記としてみても面白い。水木しげるが描いたセノイに伝わる妖怪画のページもたくさんもあり、お得な気分。大泉さんと水木御大コンビのメキシコ版とオーストラリアアボリジニ版も文庫化して下さい。お願いします!
★44 - コメント(0) - 3月8日

面白くて一気読み。水木しげる先生のマレーシア精霊探索という名の、木彫り彫刻買占ツアーのドキュメント。巨人の日常の一挙手一投足が分かる貴重な本。究極のリアリスト水木先生のふと漏らす言葉が面白い。どういう論理なのか、つい考えてしまう。著者の本「マレー獏は悪夢を見ない」は20年くらい前に偶然読んでいたので久しぶりの再会。
★5 - コメント(0) - 2016年9月16日

やはり水木しげるは素晴らしい。著者は水木の影響をまともに受けた世代(私と同年)で、「メディアを通じたもう一人の父」とまで言っている。荒俣宏が水木を敬いつつも、あくまで同好の士なのとは違うのだ。本書は冒頭の水木論も面白いが(手塚はアルコール的だが水木はドラッグ的)、精霊像を求めてマレーシアの田舎を文字通り冒険する水木の勇姿が凄い!著者はただただ驚き、刮目してそれを追う。偉大な人の真実に触れる喜びが溢れている。ノンフィクションライター魂むき出しの著者の姿もまた凄い。しかも雰囲気は徹底して脱力系の不思議なルポ
★18 - コメント(0) - 2016年8月28日

2016年1月3日:276
2015年9月1日:k
2015年8月3日:ゆき
2014年9月28日:nat0001
2012年1月26日:とんとん
妖怪千体説など、水木さんの妖怪に関する考え方がわかる一冊。面白かったです。水木しげるはきっと、本人がすでに妖怪なのに違いない。
★1 - コメント(0) - 2012年1月24日

2012年1月18日:shoji
2011年8月22日:meisui
妖怪漫画家の大家として知られる水木さん。その水木さんが『妖怪は世界共通で千匹くらい』という実感を元にアニミズムの色濃く残るマレーシアのジャングルに住む先住民の現地調査をする。木彫りの精霊像を140体近く買い、シャーマンとともに踊ったり、天然を炸裂する。すごいじぃさんだw。水木さんが妖怪であることがわかる一冊。
★14 - コメント(0) - 2010年5月1日

今読んでいるみんな最新5件(1)

12/30:276

積読中のみんな最新5件(1)

12/28:まのく

読みたいと思ったみんな最新5件(4)

12/06:276
05/08:meg
05/05:yuk0
水木しげるの妖怪探険―マレーシア大冒険の 評価:92 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)