妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA! ENTERTAINMENT)

妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA! ENTERTAINMENT)
あらすじ・内容
「妖アパ」驚嘆と感動の最終巻! 高校卒業を目前に長谷の祖父が亡くなった。その後に残された執念が恐ろしい形となって二人の目の前に現れるが、立ち向かう二人はさらに絆を深め、逞しく成長する

あらすじ・内容をもっと見る
226ページ
2142登録

妖怪アパートの幽雅な日常 10巻はこんな本です

妖怪アパートの幽雅な日常 10巻の感想・レビュー(1960)

高校3年、元日~10年後。シリーズ完結。長谷の爺さんの死と、その怨念と対峙する。長谷がじじいじじいと悪態吐いてたが、ホントにろくでもないじじいだった。夕士の進路は思わぬ方向へ。色々とうまく行き過ぎな気がするが、ハッピーエンドなようでなにより。が、夕士は最後まで女無用であった。
★11 - コメント(0) - 3月19日

シリーズ完結。思わぬ方向へ落ち着いたけど、最初の方にそんな伏線があったな、と。 夕士はいい人に恵まれて幸せだなぁ。
★2 - コメント(0) - 3月11日

10巻(完結編)。『君が、自分で選んだ運命をどう背負っていくのか……ずっと見ているよ』ずっと主人公の高校生活を追ってきた物語だったので、普通に受験・卒業のアレコレで完結編かなぁ…と思っていたら、全然違いました。シリーズ終盤に入ってからずっと前振りはあった、親友のお家事情に纏わる事件から主人公の運命は思いもよらない方向へ。良い意味で予想を裏切られ、驚きの展開となりました☆が、主人公や周りの人々のその後を含め良い結末だったと思いマス。あー面白かったー♡完結で寂しいですが大満足。番外編が3作ある様なので楽しみ!
★16 - コメント(1) - 2月13日

★★★★★●夕士と長谷くんの揺るぎない友情が眩しい。立ち止まってもいい、悩んでもいい、ただし前は向いて。構うだけが優しさでなく、放っておいても、見放すのでなく。生きてる、幸せだ、胸を張って誰かと言い合えるのなら、きっと私達は二人のようになれるはず。
★2 - コメント(0) - 2016年10月18日

終わってしまいました。夕士がいい子すぎるような気もしましたが、そこはヤングアダルトなので仕方ないのかな。面白かったです。中学生の息子にまわしました。
★5 - コメント(0) - 2016年9月18日

そうきたか。 後がどうなってもいい、今の自分が信じる最良の道を選びたい。 純粋なのだね。
★2 - コメント(0) - 2016年9月18日

遂に最終巻!!とある事故で数か月の眠りについてしまった夕士。起きた頃には高校卒業も大学受験もすべて終わってしまっており、途方に暮れていた。どうすべきか、悩む夕士に訪れた驚きの転機とは!?
- コメント(0) - 2016年6月27日

ラスト!すべてはこの時のために。という運命を無理やりにも感じさせられた。このためだ!って作中に出てきまくるからもうちょっと余韻というか、空白というかがほしい。話は長谷の家のごたごたを中心として、今まで落としてきたネタをごっそりまとめた感じ。千晶が腕を無くすことはこの物語に必要な話だったか?とかいろいろ疑問は残るものの、全部まとめて、あー面白かった!と終われるのでよし!最終的に秋音ちゃんとの恋愛でもいいなと思ってたけど、やっぱり公式が最大手でしたね。何にもなく終わっちゃった(笑)女いらずは最後まで。
★5 - コメント(0) - 2016年6月1日

☆☆☆ とうとう完結!夕士は夢を叶えて大学に進学しハッピーエンドになるとばかり思っていたが、まさか小説家になるとは驚いた。でも、このシナリオは「若いうちは一つの夢に縛られず、常に前向きな姿勢でチャンスを掴み自分の可能性を探すべき」という作者の想いが込められているように思う。千晶も事故で片腕を失い教師をやめたにも関わらず、自分の好きな事をやり続けているのが羨ましい!夕士と長谷、千晶とマサムネなどこのシリーズを通して、友達あるいは人間関係の大事さにあらためて気付かされた。妖怪アパート・・・行ってみたいなぁ!
★66 - コメント(0) - 2016年5月24日

終わった。この10年の間が超気になる。とりあえず皆が元気そうで安心したけども!うん、番外編読まねば。 いやー生きるって辛いんだね。ちゃんと頭使って考えて、しっかり生きていかなきゃ。
★2 - コメント(0) - 2016年5月22日

どういう大団円を迎えるか楽しみに読み進んできたけどちょっと肩透かし。何巻辺りが面白かったか振り返るのもまた楽しい。
★4 - コメント(0) - 2016年4月10日

楽しいシリーズだった。夕士くんの周りにはちゃんとした大人が沢山いて見守ってくれてるしきちんと言葉で伝えてくれるし素直に聞ける心を持ってるからぐんぐん成長していった。書き留めたい言葉がたくさんちりばめられてるお話でした。また読みたくなる本。
★9 - コメント(0) - 2016年4月8日

今年に入って読み始めたシリーズ。毎回楽しく、そして自分が学生の頃に出会っていればと考えさせられたシリーズでした。慌ただしく終了した感じはしたものの感動しました。もっと続きが読みたかったな。
★3 - コメント(0) - 2016年4月6日

全巻一気読みですおもしろかった
★1 - コメント(0) - 2016年3月19日

2009-0317.世界は広い。さあ肩の力を抜いていこう。
★2 - コメント(0) - 2016年3月18日

【友人から借りた本】 衝撃の展開に、感動のフィナーレ。色々悩んで、先へと一歩踏み出して。何だか勇気がもらえる話でした。自分も、頑張ろう❗ 今は亡き作者へ、素晴らしい作品を残してくれたことに感謝を。
★4 - コメント(0) - 2016年2月26日

ちょっと飛びましたが、最終巻! やっぱりこのシリーズ好きです☆ 夕士君の成長っぷりがいいですね(^○^) これから番外編も読んでいきたいと思います!
★3 - コメント(0) - 2016年2月23日

終わってしまいましたね。最後は慌ただしい幕切れでしたが面白かったです もう香月さんの新作は読めないことに(;°̥̥̥̥̥̥̥̥艸°̥̥̥̥̥̥̥̥)
- コメント(0) - 2016年2月15日

最終巻であるため夕士たちの卒業後のことが書かれていて、夕士が普通の勤め人ではなく小説家になっていたのは想像外だった。面白かったシリーズなのでこれで終わりなのが残念。
★4 - コメント(0) - 2016年2月11日

とうとう最終巻となってしまいました。あっという間に読み終えてしまいました。こんなに涙しながら読んだ本は久々でした。愛に溢れた本でした。
★9 - コメント(0) - 2016年2月6日

とうとう完結。おもしろい物語でした。今後のサイドストーリーが楽しみなのに残念ですが、未完にはならなくて良かった。
★3 - コメント(0) - 2016年2月6日

ないので代わりに。 良かったぁぁぁあ! ユウシが最終的に作家になるとは思わなかったけど。 すごく良かったけど、そんな甘い世界じゃないよね。 完結!
★1 - コメント(0) - 2016年1月14日

寂しさを抱えながら最終巻を読みました。強い執念と結び付いた強大な力によって姉・汀さんに憑いた長谷の祖父に当たる恭造。汀さんを救うために本人と対峙する長谷と夕士。汀さんから祓うことは出来たものの、強い怨念にあてられた長谷を救うために半年間、眠っていた夕士が自分の今後を考えていくところから本編だったように感じる。妖怪アパートの人々のおかげで世界に飛び出した夕士の進んだ道は、小説家。個性豊かな人々と育んだ絆は続いていく。読み終えて、じんわりと温かい気持ちになりました。
★9 - コメント(0) - 2015年12月1日

シリーズ最終巻。今回は壮絶でしたね。夕士と長谷が命をかけた闘いに挑みます。事の発端は、長谷のお姉さんである汀さんの入院からはじまります。胎児のような腫瘍に張り付いていて治療ができないと言われるのです。その原因をなくすために、ふたりは闘いに行きます。大丈夫とわかりながらもハラハラさせられて、結果に安堵して、そして凄いなと感心させられる。やっぱり、妖怪アパートの住人はいいなぁ。ただ自堕落に遊んでいるわけではないんですよね。責任をもって、他人を信頼して生きている。だから、みんな輝いているんですよね。
★173 - コメント(0) - 2015年11月28日

無料だった電子漫画版一巻が面白かった為、図書館で借りて一気に読了。高校生・稲葉夕士が妖怪の住むアパートに住み、高校生活を送る青春ストーリー。面白かった!人生の教訓のような内容が多々入ってくるが、そのどれもが感慨深い。私が高校生の時に読みたかった…。でもその人生観が自分と合わないと説教臭く感じてしまうかも。あと児童向けというより女性向け。端々の描写にBL要素を感じる。BLに嫌悪感を感じる人にはオススメできない。好きな人はより楽しめると思う。星4つ。
★3 - コメント(0) - 2015年11月24日

終わってしまった。大人が読んでもかんがえさせられて良かった。
★2 - コメント(0) - 2015年11月21日

566
県職員にはならなかったね。クリとシロはよかったね。人の念とか執着って、何かと合わさったらすごく怖そう。楽しかったです。
★3 - コメント(0) - 2015年11月4日

シリーズ完結。ちょっと寂しい。「人生は長く、世界は果てしなく広い。肩の力を抜いていこう。」この言葉に励まされ、私もいつかたどり着くであろう「約束の場所」に向かって歩み続けよう。
★4 - コメント(0) - 2015年10月21日

最終巻を読んだら寂しい気持ちになるかと思ったけど、むしろ清々しい気持ちになった。最後らしい大冒険(と、言っていいか微妙なドロドロさだった)。怖いのは妖怪より人間かもしれない。冒険の後の夕士くんと長谷の抱擁に感動した。るり子さんのご飯を貪る住民たち、クリの可愛さ、千晶先生の金八先生ぶり…妖怪アパートの大好きなところがぎゅっと詰まっていた!しかしこんなエンディングになるとは。みんな色んな意味で大物。これからも未来は無限に広がってるという希望のあるラストだった。胸熱。
★4 - コメント(0) - 2015年10月20日

年をとると言うことは、過去を身にまとっていくということ。自分が行った選択を、後悔しながら身にまといたくないな。だから、何でも一生懸命に、全力で取り組みたいと思う。過去の自分は、現在の自分よりも経験不足で、知識もないけど、その時に自分ができる最高の行いをした!と言えるようになりたい。何をしても、それは全て自分のモノになってしまうのだから。迷ったっていいじゃない!それも身になるしー!迷いのない人生なんて、一生懸命生きていないってことじゃない?生きていく楽しさを教えられたシリーズでした。読み終えてしまうのが残念
★6 - コメント(0) - 2015年10月3日

あーあ。終わってしまった。なんだかいがいな展開で驚きました。何より最後のほうで夕士が小説家になっていることに唖然。しかしこの本はとても魅力的!時間を忘れて読めるしその本の世界に入り込めるところは最高です!ありがとうごさいました!!
★2 - コメント(0) - 2015年9月28日

あーあ。終わってしまった。なんだかいがいな展開で驚きました。何より最後のほうで夕士が小説家になっていることに唖然。しかしこの本はとても魅力的!時間を忘れて読めるしその本の世界に入り込めるところは最高です!ありがとうごさいました!!
★6 - コメント(0) - 2015年9月28日

100m全力疾走のような怒涛の進行の最終巻。あっという間に半年が、はっという間に10年が過ぎ、クリとシロの成仏シーンがなんと簡単に語られてしまった事か…。あと1、2巻増やして丁寧に語っていただきたかったなぁ。とはいえ全部まぁるく納まって、プチも復活を果たしめでたしめでたしです。
★6 - コメント(0) - 2015年9月20日

ああ、これで外伝を残すのみになってしまった。。。妖怪を扱った話の中では、今回は最終巻にふさわしいラスボスが登場。そして、その戦いにより、再び変わる夕士の運命。最後は一気に時間が飛んで、彼らのその後が描かれており、最後の最後まで魅力的。読んで良かった。学園生活、アパートでの日常、修学旅行、大事件、そして今回の戦いとその後。彼らのかけがえのない3年間を垣間見る事が出来て、本当に楽しかったです。作者さま、お疲れさまでした。
★15 - コメント(0) - 2015年9月6日

読み易いのと続きが気になり連日で読んでしまった。 2巻を読んだ頃はまさかこんなにも読み耽ってしまうとは思わなかったなぁ…。 働くことが一番と思っていた主人公が大学を希望したときは、おぉ、良かった‼︎と若干自分の若かりし頃と重ねてしまったり。 そんな主人公がまさかの展開で小説家になるとは⁉︎ 人生はまさにチョコレートの箱ですね。と、脳内フォレストガンプになりました。(なんのこっちゃ)
★4 - コメント(0) - 2015年8月20日

moo
終わってしまいました。 このシリーズ、自分が高校生くらいに読めたらよかったな、と思いました。 大人の今でも考えさせられたり、ハッとさせられる言葉がたくさんありました。 かれらの大人になった姿も描かれて、いい終わり方だったと思います。
★8 - コメント(0) - 2015年8月18日

全10巻読了。成人済みの私にはストーリーの都合が良すぎたように思います。主人公がドタバタ生活を送りながら成長する展開の中に、道徳観や人間性について盛り込まれていました。大人から助言されると煩わしく感じる教訓が、子どもに受け入れられやすいニュアンスで書かれています。大人の私でも、ハッと気付かさせる事がありました。
★8 - コメント(0) - 2015年7月29日

ついに完結してしまった…2時間で一気読みでした。まさか前作の長谷への電話がこんな形で発展するなんて!長谷家(というか恭造さん)、おそるべしです。ラストのほうでは思わず泣きそうになりながら読みました。フール、お前はなんて愛しい子なんだろう。 夕士の10年後も予想外のことでびっくりだけど、すんなりと入ってきて、いい終わり方だったのかな~と思いました。
★8 - コメント(0) - 2015年7月28日

あぁ~とうとう読み終えてしまいました。うまく言えないけどいろいろよかった。最終巻にして初めて泣きました。フールが龍さんのところに現れた場面なんてもう…。寿荘よ永遠なれ!でも、夕士くん達のその後が永遠に読めないのがとても悲しいです。さてさて次はラスベガス外伝だ~!
★13 - コメント(0) - 2015年7月24日

妖怪アパートの幽雅な日常 10巻の 評価:60 感想・レビュー:623
ログイン新規登録(無料)