退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人 (講談社+α新書)

退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人 (講談社+α新書)
176ページ
63登録

退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人の感想・レビュー(42)

50代の金融資産平均額は1941万円、中央値は1100万円(H27年)経団連2014年発表の退職金は大卒で2357万。出費としては大学の学費700万(私立文系自宅通学)運用は65歳の定年までと言わず、死ぬまで続けろ。65歳までに4000万円の資産を目指そう。そしたら年平均3%で運用、毎月15万ずつ引き出して100歳まで残高尽きない。
- コメント(0) - 2月19日

T
とりあえず今から、毎月10万円は積み立てなきゃ、という気持ちにはなりましたが、投資信託を利用するかは決めかねます。手数料が気になる。この本から得られたことは、2つでした。①大雑把に金額のイメージが持てた。②自身のマネタイズできるエクスパティーズ(収入源にできる専門性)を明確にしなきゃ。ということで、分かりやすく危機感を持てました。
★4 - コメント(0) - 2月13日

増えることが前提で書かれてるところが気になりました。投資信託なら株より増えると思ってていいのかな?分相応な生活を心がけたいです。
★4 - コメント(0) - 2月12日

通勤電車用に電子書籍で読了。この先、いくらぐらい蓄えが有れば生きていけるか漠然と不安だったが少しスッキリした。大変なことは変わらないけど。浪費は厳禁だ。
★98 - コメント(3) - 2月11日

筆者は投資信託の積立投資を進めているが、どうなのだろうか?デフレ時代は現金で持っているのが一番ではないだろうか。もちろん筆者が言うようにインフレになれば現金は価値を無くしていくが、果たして生きているうちにそんなインフレがやってくるのかどうか疑問だ。もちろん先のことは分からないのだが。
★3 - コメント(0) - 1月30日

定年に向けて資産作りの重要性は理解しています。50代からの資産作りのノウハウは書かれていますが、退職金の有効な運用などなど触れて欲しかった。
★10 - コメント(0) - 1月9日

この人の「預金バカ」を読んで早速投資信託を新たに始めてとてもよかったので。この本は50代が対象です。定年後は人に与える立場になるように、とこの方も言われます。あたしには世間に恩返しできるような才覚がないと思っていましたが、定年までにそれを考える。お金も同様、もし余ったら寄付すればいい。だから長期投資に終わりはない。退職金が振り込まれた銀行がすぐに飛んできて「退職金プラン」を提案するが絶対のってはいけない。これはあたしも「バカみたい」と思っていました。住宅ローンは退職金で返さないほうがよいのが目からウロコ!
★7 - コメント(0) - 1月9日

モリタクさんの本と所々近い発想のところがあって、生活をダウンサイジングしてその余剰をNISAやDCを使って投資信託で運用しよう!と使いみちまで言及しているのは金融マンらしい。ただ想定している読者がアッパーミドルの様で都心部で外車ユーザーなんて人は退職金の心配する必要はなくてもう少し下の層に向けて種銭の作り方から始めないと説得力がないんじゃないだろうか。
★7 - コメント(0) - 1月6日

貯蓄はありますが、とにかく投信積立をやってみます。でも、月10万の積立って、50歳といえども、それこそ貯蓄のある人か、給料のとてもいい人でないと難しいのでは?
★2 - コメント(0) - 2016年12月29日

退職金っていくらもらえるんだろう?という疑問がでてきてしまいました。いや、一応会社から途中経過を教えてもらえるんだけど、いまいち自分がどれだけもらえるのかよくわからないというのも実情。 ということで、なかなか難しいことだけれども、お金をちまちまと貯めていくことを決意。投資については、なかなかうまくいかないのでやり方自体を変える必要があるかもしれないかなとも。 でも、投資信託は、信託手数料がでかいからいやだなぁというのが素直な思いです。。。
★2 - コメント(2) - 2016年12月25日

退職金はまとまった金額のわりに税金があまりかからないこともあり、つい無駄使いや変な投資に回してしまう。 しかし、年金以外の収入がなくなる一方で残された人生は長い。若いうちから、先を見越したことをやっていこうというのが趣旨だ。 つまり、長期投資だ。とはいえ、長い期間の投資はリスクが高まる。当面必要なリスク対策用のお金とリスクに晒してもいいお金と使い分けが大切だ。 リスクマネーについて、もっと記載があれば良かっただろう。
★1 - コメント(0) - 2016年12月25日

もう焦ってしまう話ばかりである。老後に生活保護だけは受けたくない。どうにか自立して最後を迎えたい。今から頑張らないと。
★1 - コメント(0) - 2016年12月11日

中野社長の第2弾。50歳から65歳まで毎月10万積立、年利3%で運用できれば、65歳以降は毎月10万使い続けても死ぬまでなんとかなる。無理してでもやるべきとのこと。反省。
★1 - コメント(0) - 2016年11月29日

お金の置き場所が、わからない人は読んだ方が良いですし、楽な方法が書いてあります。負けないだろうし。年金破綻かたり商法に近づくなと書いてあるが、物価が2%ずつ上昇したら?シミュレーションも同じじゃない?これも無理やり理論では?
★1 - コメント(0) - 2016年11月27日

著者率いる投資信託に積立投資をして8年で、ずっと中野社長の言動は追ってきましたが、ここにきて、自信が垣間見え、啓蒙的な物言いをするようになってきましたね。これからも当面は信じてついていってもよさそうな感じのする(けれど一抹の不安が芽生えた)一冊となりました。
★1 - コメント(0) - 2016年11月10日

セゾン投信中野氏の著書は、これまで大げさな言い方をすれば「腐った金融業界・投信業界に物申す!」的な尖った内容のものが多かった気がします。 それが本書では、ご本人が冒頭にも書かれているように、角が取れて丸い内容に。 おかげでかなり読みやすい良書になっています。 資産運用に限らず、50代のライフプランを考えるにあたって一読の価値ある内容だと思いますよ。 特に第4章「生活をリセットすれば、老後資金は捻出できる」は必読。 いやもう本当に50代で貯蓄無い人は、生活レベルをリセットして下げなければ先は無いですから。
★3 - コメント(0) - 2016年10月5日

やはりコツコツ積立、運用ですね。
★1 - コメント(0) - 2016年9月28日

今読んでいるみんな最新5件(5)

11/06:taka61
11/06:Xiaozi

積読中のみんな最新5件(2)

11/05:みななわ

読みたいと思ったみんな最新5件(14)

02/11:そら
02/02:tae
01/10:のり
退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人の 評価:81 感想・レビュー:17
ログイン新規登録(無料)