将軍の末裔 (講談社文庫)

将軍の末裔の感想・レビュー(5)

2013年12月21日:半殻肝
南北戦争,太平洋戦争やベトナム戦争など,アメリカの経験してきた戦争が今も落とす影なども含め,わりと重層的で骨組みのしっかりした構造になっているとは思う.が,“霊視”のおさまりどころがどうもよろしくないのと,主人公の(というか主人公に語らせている著者の)ユーモア感覚が日本人には合わないのとで,主人公ドタバタ大活躍劇(うるさいナレーション付き)という印象が読後残ってしまう.するするは読めるんだけどな.うーん.
- コメント(0) - 2013年6月23日

南北戦争を垣間見る女主人公パットとベル一族の話。歴史ミステリーだと思い楽しみにしていたが、人物描写、各キャラクターの行動や感情がよくわからなくて読みづらかった。
- コメント(0) - 2013年2月28日

2011年10月12日:ケン
「弁護士から平凡なOLのパット宛に突然手紙が届いた。見知らぬ91歳の老女が、田舎の広大な土地を彼女に遺すつもりだというのだ」・・・と裏表紙にあって、釣られた。いまいち。
- コメント(0) - 2004年10月8日

人気の本

将軍の末裔の 評価:100 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)