ザビエルとその弟子 (講談社文庫)

ザビエルとその弟子 (講談社文庫)
あらすじ・内容
日本に初めてキリスト教を伝道したフランシスコ・ザビエル。中国への布教を熱烈に夢見ながら、目前のサンチャン島で熱病に斃れた彼の最晩年を、3人の弟子を通じて描く。貴族出身で現世的なフェレイラ、日本人のアンジロウ、そして最期を看取ったアントニオ。聖ザビエルの激しい魂が活写された、衝撃作。(講談社文庫)

あらすじ・内容をもっと見る
232ページ
14登録

ザビエルとその弟子の感想・レビュー(12)

筆者の著書は初めて。普段から深い思索をする方なのではないか。企画して、というより、普段考えていることが表れているようなイメージ。筆者はキリスト教徒ということだが、ただ信仰を讃える内容ではない。ザビエルは高潔な人物だが、愛弟子のアンジロウがザビエルに日本布教が失敗した原因は日本を理解せず信仰を押し付けたからだと語る。ここに、昨今の世界情勢の混乱の原因を見るような思いがする。
- コメント(0) - 2016年8月25日

フランシスコ・ザビエルはキリスト教の宣教師として日本へやって来たことで有名であり、日本での布教した時のことも読めるのかなと期待していたのですが、日本での布教後、本当に最晩年の中国へ布教前の話でした。人間の善と悪の感情が入り交じり、正に宗教的なストーリーに感じました。死後、ザビエルの遺体は腐敗しなかったということですが本当でしょうか?
★38 - コメント(0) - 2016年3月23日

2015年9月15日:satoshi
2013年12月21日:半殻肝
2013年7月20日:くり
2011年10月6日:いなだ
2011年5月29日:****
2010年4月14日:laughmix
ザビエルの日本における布教の失敗を煉獄から来た弟子が指摘するところは、なんだか日本人にはなじめない場面だけど、その内容はしごくもっともで納得がいった。ザビエルの遺体が腐敗しなかったという伝説は本当なのでしょうか?
★1 - コメント(0) - 2010年3月9日

2009年9月12日:我門隆星
2009年5月8日:はる
--/--:クーちゃん

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

加賀乙彦の関連本

ザビエルとその弟子の 評価:50 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)