刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ) (講談社BOX)

刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ) (講談社BOX)
232ページ
2024登録

刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ)はこんな本です

刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ)を読んだ人はこんな本も読んでいます


刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ)の感想・レビュー(1836)

年を跨いで最初の読了です。今回は薩摩で賊刀鎧をかけて七花が校倉必と大盆での決闘が一番の見所!そしてあの『ちぇりお』の回でもあります;今回は第5話ということもあり、いよいよ第3勢力が登場してくる、まにわにのトップが一時休戦を持ちかけたりと、今後の展開が凄く気になって仕方ないですね!個人的には校倉の回想がアニメよりも詳細に描写していたので、大満足でした。しかしながら最後の校倉の意趣返しは今後の旅の予定としては果たして吉に出るかはたまた凶と出るのか・・・気になりますね。
★2 - コメント(0) - 1月6日

否定姫出てきた。七花が自分は一本の日本刀であり、同時にひとりの人間でもあるのだと自覚。この話はアニメも原作も七花のかっこよさが七花八裂している、じゃない炸裂している。表紙はあれですか壁ドンならぬ樹木ドン?
★4 - コメント(0) - 1月3日

七花(24・男性)はじめて焼きもちという感覚を知る(ただし理解はできず) 焼きもちを焼いた瞬間にいじめるんですかアナタは。なんだか七花が人間に近づく旅ってカンジが出てきましたね。
★7 - コメント(0) - 2016年12月21日

図書館の本。賊刀・鎧でしたが、今までで一番そのまんまな名前。刀なのに鎧とは(名前でそうだとは思ってたけど)炎刀もほんとに銃だったりしませんよね…?恋のライバルが現れて自覚のないままやきもちを焼く七花と、精神的にもわりと打たれ弱いことが判明したとがめ。子供に背中踏まれるのは重さ的にちょうどよかったりするけど、この体格差ではどうなんだ……。バトルシーンはラブありきの少年マンガのようでした。めだ箱を思い出す。あと7冊、とがめの宿敵っぽいのもチラ見えして、さらに続きが楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2016年11月24日

@
とがめを賭けた校倉と七花の戦い。七花がとがめに惚れてるってことがよくわかった。七とがいいなあ。とがめも七花のこと大好きみたいだし。にしても賊刀・鎧が鎧の刀って、、、斬新。鎧通しって凄い(使えなかったけど)。とがめ踏んだり(按摩)帯ぐるぐるやったり足払ったり、、、七花はSなのかな?笑。とがめはマゾ(?)だから丁度いいのかな?笑。『ちぇりお』が『ちぇすと』の間違いって指摘されて泣きまくるって、、かわいい笑。それに七花も気づいてたのに言わなかったって笑。珍しくまにわにが死ななかった。七花が六枝のこと殺した、?
★2 - コメント(0) - 2016年8月29日

鎧の校倉と七花との決闘シーン、七花が苦戦するところが見ものでした。
★2 - コメント(0) - 2016年7月20日

再読。 大河ノベルであることから、最終巻でまとめて感想を書く。
★3 - コメント(0) - 2016年3月28日

【図書館】 読了。 読んでみるとアニメの再現性の高さに感動する。
★4 - コメント(0) - 2016年3月20日

このままつっぱしって読むことにしました。短くてサクサク読めるし、今の読書ペースにちょうどいい感じ。今回はどちらかというと今まで淡泊に見えた七花の内面の変化を描く巻だったのかな。もうちょっとで折り返し。
★2 - コメント(0) - 2016年3月20日

鎧状の日本刀って。発想が凄い。そして、七花の人としての情緒も成長していく。ちゃんと考えられるようになってきたけど、今回は考えすぎて失敗しそうになってたね。ただ単に鍛えられた肉体が既に強い、なんて。流石。
★1 - コメント(0) - 2016年3月18日

戦いに勝利することは大切であるが、勝利すれば全ての問題が片付いてくれる訳ではない。まして、相手のフィールドで闘う場合には勝利した後にどう話を持っていくかが重要な要素となる。ルールによって決まった勝利では、相手がルール虫の行動をしてきた時に意味をなくしてしまう。
★5 - コメント(0) - 2016年3月8日

刀語第五話校倉必賊刀『鎧』。本作は刀ではなかったけど決闘らしい話でした。やられ役の真庭忍者だけど鳳凰は不気味ですね。次巻も期待。
★11 - コメント(0) - 2016年3月2日

ただ一振りの刀に、嫉妬心や独占欲と言う心が芽生え始めた頃、ただ一人の奇策士様には、天地がひっくり返るほどの羞恥心が生まれましたとさ、どっとはらい。というお話でした(笑)いや、あのとりみだしようは、もはや一種の芸であるよなぁ(* ̄∇ ̄*) だんだん、剣の形を諦め始めた刀剣たちの行く末はどこだ!っていう
★14 - コメント(0) - 2016年2月22日

薩摩にて海賊の船長校倉必と高い防御力を持つ変体刀賊刀鎧をかけて勝負。 とがめをかけての勝負で、虚刀流を使わず勝つ七花。 真庭忍軍鳳凰登場回。
- コメント(0) - 2016年2月15日

読み始めたのは12月。遅々として読み進まなかったがやっとこさ読了。感情を持たない七花が感情(嫉妬)を意識し始めていく様が面白かった。確かにその渦中にある時には、その感情がなんなのか自分で理解出来ていない。後になって、あぁ、あれがそうだったのか。と気付くことが多い。
★8 - コメント(0) - 2016年1月31日

2007-0512
- コメント(0) - 2016年1月1日

ちぇりおおおおおおお!!!!
★3 - コメント(0) - 2015年11月21日

父の無念を晴らすため伝説の十二本の刀を集める奇策師とがめとその相棒虚刀流7代目鑢七花が、絶対的防御を誇る賊刀・鎧(ヨロイ)を持つ海賊団船長校倉必と薩摩にある闘技場で戦う話。刀語第5話。謎のキャラクター否定姫登場。やられキャラと思っていた真庭忍軍も次話につながる強力な真庭鳳凰登場で展開が楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2015年11月18日

刃が付いているとはいえ鎧が刀とはかなり強引である。今更だが。今作は真庭忍軍の頭領が取引を持ちかけてきたり、七花の心境に変化が見られたり、謎の女が出てきたり、掛け声の正体がバレたり、何かとキーポイントになる巻。校倉必が素顔を見せかったのは、亡妹に似たとがめに、無意識に顔向けできなかったのだろうな。とがめが七花に教育(?)を施しているが、ゆくゆくは残酷な形で変体刀完成の礎になるのかと思うと穏やかではない。真庭忍軍は取引を持ちかけといてやっぱり裏切るんだけど、予想外の"報復"を受ける事になるとは、まだ知らない。
★43 - コメント(0) - 2015年10月18日

七花の嫉妬が妙に可愛らしいくて、良いな。人間らしい感情をもっていく七花をもっと見たくなってきた。さらに、とがめを賭けての戦は熱い。とがめの告白もなかなか痺れる。しかし、必のキャラもなにげにセツナイ、彼にも幸せが訪れるのだろうか。さらに刀でも鎧はスゴいセンス、イラスト見た時の背中のドリルこそが刀かと邪推したが、関係なかったみたい。もう一回、刀語も読み進めてみようかな。
★13 - コメント(0) - 2015年10月3日

登録以前に読了
- コメント(0) - 2015年9月30日

なんでもありだなあ
★3 - コメント(0) - 2015年5月26日

五巻目の蒐集対象は刀であり鎧、鉄壁の防御力を誇る賊刀・鎧。刀のコンセプト的に戦闘は単純ですがその分まにわにの実質的頭、真庭鳳凰や第三勢力否定姫の登場、とがめへの嫉妬という感情を抱けるようになった七花など色々と伏線になるような事が緊迫感を持たせていて良かったですね、ちぇりおの真実のコメディさもいい感じ。次巻も楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2015年5月20日

千本で一本と言い張るのにも驚いたが、すでに形状が刀じゃない鎧を日本刀だと言い張るのにも驚いた。もう、なんでもあり!
★3 - コメント(0) - 2015年5月13日

鎧。なんでも、刀だと言い切ればいいのかな?刀の定義はなに!?
★1 - コメント(0) - 2015年4月12日

ちぇりおの回。 あと、恋情要素がやけに多い。 どうした。
★4 - コメント(0) - 2015年4月7日

今回の日本刀は名前の通り「鎧」です。もうここまで来ると驚きません。どちらかというと、まにわになのに強そうで死なない奴が出てきた事の方が驚きだったりします。「鎧」に対しては残念ながら虚刀流の「技」は通じませんでしたが、七花の「地力」と、とがめの「愛の力」で乗り切ったので、めでたしめでたし。2人の恋の行方も気になってきた所で6巻へ進みます。「ちぇりお~!」(笑)
★8 - コメント(0) - 2015年3月21日

七花に人間味が出てきたかな~~お姉ちゃんが出てこなくて残念~~アニメを6話まで一気見!!やっぱりお姉ちゃんが一番好き。
★4 - コメント(0) - 2015年3月18日

とがめと七花の関係の変化にニヤニヤしながら一気読み。まにわにの魅力も増してきて、益々読む手が止まらない。
★3 - コメント(0) - 2015年3月11日

愛のために戦う奴は裏切らない。よって生まれた新たな感情の行き場に、意地悪する七花。可愛いな(笑)そしてちぇりおを指摘された時のとがめが可愛いな(笑)
★5 - コメント(0) - 2014年11月26日

ついに、あのキャラクターが登場!ただしちらっと。今後もっと登場しそうなのでとても嬉しいですね。また、男の嫉妬は見苦しい、と思っていましたが七花のはちょっと可愛らしかったですね。小学生っぽくて(笑)とがめの動揺っぷりも凄まじくて今回の5話はクスクス笑ってしまうような話でした。
★5 - コメント(0) - 2014年11月25日

七花が少しずつ人間らしくなってきている。これは、いい変化なのだろうか。
★2 - コメント(0) - 2014年11月8日

まにわにの登場を心待ちにしている自分がいます。温泉につかりたいです。七花のいじわるが可愛い。ちぇりお!
★6 - コメント(0) - 2014年9月17日

読了。記録忘れ。
★28 - コメント(0) - 2014年9月1日

とがめ萌え巻
★1 - コメント(0) - 2014年8月28日

シリーズなので継続。 七花がヤキモチ焼いたり加減を覚えたり人間らしくなってくる。のが良いのか悪いのか。 ちぇりおの正体が分かってしまうw 個人的には何ヵ月後…の予告よりはアッサリバラされるアニメの方が良かったかな。 サクサク続刊へ。
★5 - コメント(0) - 2014年8月27日

圧倒的ちぇりお回。
★4 - コメント(0) - 2014年7月28日

七花の人間らしい一面がみれて嬉しい。「賊刀・鎧」設定も面白かった。次回はどんな刀が出てくるのか……楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2014年7月11日

刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ)の 評価:60 感想・レビュー:283
ログイン新規登録(無料)