業物語 (講談社BOX)

業物語 (講談社BOX)
あらすじ・内容
“キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードってぇ名前は、俺様が付けてやったんだ――”
今から六百年ほど前、今はもう滅びた国に『うつくし姫』と呼ばれる女の子がいました。その美しさに誰もが命をささげ、彼女が歩く道は死体の山となりました……。
これぞ伝説の怪異! 怪異! 怪異!
青春は、童話のように残酷だ。

あらすじ・内容をもっと見る
276ページ
1517登録

業物語はこんな本です

業物語の感想・レビュー(1076)

デストピア・ヴィルトゥオーゾ・スーサイドマスター。と、 彼{実ハ女とは、すっかり騙された感!}の、唯一の眷属、トロピカレスク・ ホームアウェイヴ・ドッグストリングス。の、やりとりに、 d|*Φ▽Φ*|bアハハハァ~~お気に入りの巻です! ィ ィ ネ ...φ(´ω`●)
★7 - コメント(0) - 3月14日

忍大活躍。 まぁ化物語シリーズはどうやっても基本的に何もかもが忍のせいですよね。良くも悪くも。
★4 - コメント(0) - 3月12日

忍が人間だった時の話、火憐ちゃんが山を登る話、羽川さんが忍野メメを探しに外国を飛び回っている時の話。どれも面白い番外編でした。忍のあのキャラは作られたもので、人間だった時とのギャップ、それよりもスーサイドマスター女が女だったことに驚きました。そして火憐ちゃんがちょろすぎる。いろんな意味で。そしてドーナツにつられ、結局足を引っ張っていた忍。羽川さんのエピソードは凄すぎる。阿良々木君の為にここまで。羽川さんの冒険譚はまだまだありそうで楽しみです。
★21 - コメント(0) - 3月3日

図書館。忍ちゃんの生い立ちにビックリして、カレンちゃんの武者修行に笑って、翼の気持ちに切なくなった。ガールズが大変魅力的なので、主人公ほぼ不在でも何の問題もなし(笑)
★31 - コメント(0) - 2月21日

オフシーズン第二弾。刊行順がわからなかったので先にこっちから読んでしまったが短編集だったので問題なくて良かった。 忍が元人間って設定もびっくりだけど人間の頃から化物みたいな存在だったのね。あとはもっと羽川の珍道中の模様をがっつり読みたいなと思ったり。
★3 - コメント(0) - 2月19日

キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの人間時代やら火憐の武者修行やら羽川の世界修行のお話。どんだけ美しい心もってんだ忍ちゃん。それだからこそつらかっただろうなとも思った。武者修行…。自分を見つけられたかな。火憐なら大丈夫そうだけど。羽川さん、強すぎないかい?
★15 - コメント(0) - 2月14日

忍ちゃんの旧名称誕生とその前の歴史、山籠りする火憐ちゃんの話、メメ探しに奮闘する羽川と懐かしい人物再登場のお話3つ収録の業物語。ここに来てまたしても新キャラが出てくるとは…しかも名前がかっこいい!一人称で完全に思い込んでました(笑)忍ちゃんが好きな方にはかなり嬉しいんじゃないでしょうか…バリエーション豊富すぎて幸せでした。ああ言われても火憐ちゃんだからこそすんなり納得するんでしょうね(笑)阿良々木くんが頑張ってる裏で羽川も頑張ってた…お疲れ様です!その後の話もまだまだ聞いてみたかったなぁ、と思いました。
★15 - コメント(0) - 2月11日

最後の一行読むまで完全にスーサイドマスターを男性だと思ってた。/オチを読むまで火憐の師匠の見る目の無さを疑問に思っていた。/まさかのドラマツルギー再登場。しかし、完全に追放状態の影縫余弦はよっぽど使いづらいキャラなのかなw
★5 - コメント(0) - 2月8日

キスショット誕生と火憐ちゃん山篭りと羽川さんの旅話。キスショット誕生話は壮絶な話ではあるけれど、なんかある意味正しいまとまり方というか。火憐ちゃんはさすが免許皆伝。ちょいちょい出てくる月火ちゃんの言葉が面白かった。あの子は絶対参謀じゃない。そして羽川さんはやっぱり体はってるって感じ。今回もなかなか面白かった。
★20 - コメント(0) - 2月5日

キスショットになるまでのお話。名付け親が出てくるとはびっくり。今回もおもしろかったー。
★6 - コメント(0) - 2月3日

キスショット誕生秘話的なお話んなわけねーだろってツッコミは良しとして、いい子だったローラがアセッシヨンしてアセロラにんでもってキスショットアセロラオリオンハートアンダーブレードになりました。 カカッ!
★4 - コメント(0) - 1月31日

「あせろらボナペティ」あせろらって誰だよ、新キャラか?と目次見たときは思ったけども。続・終物語で登場した忍ことキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードがこのアセロラ姫だったと。しかし、吸血鬼にさえも通用するって、とんでもない呪いだな。かれんオウガは、暦お兄ちゃんがもう余計すぎて為にならないお節介を働いちゃったね。火憐ちゃんは、いい経験をしたと思うよ、クマとの遭遇とか。濃霧のとこのカチカチは、囲い火蜂の残り滓とかだったのかな?そしてつばすスリーピング。ドラマツルギー!吸血鬼ばさねぇぱねぇ!以上
★4 - コメント(0) - 1月23日

短編が三つ。忍の昔話、火憐の修行?、羽川さんの海外での話(ちょうど忍野メメを探していた頃)。やや蛇足感はあるけど、やっぱり物語シリーズは面白い!
★12 - コメント(0) - 1月19日

忍と火憐と羽川さんの3人がメイン。 1つ目。キスショットの出自とかその辺のお話。個人的には3話の中で一番面白かった。このオチそんなに珍しいオチではないけどびっくりしてしまいました。 2つ目。火憐さんの成長?物語。下山後の火憐ちゃんがどうなっているのか楽しみ。 3つ目。恋物語中、羽川さんがメメを探し回っている途中のお話。メメとの会話があるだけで嬉しい。何やら羽川さんのメメ捜索話はまだまだありそう。個人的にはセカンドシーズンのころの話をメメに打ち明けてるときのメメの反応が見たいけど、見れないんだろうなあ。
★4 - コメント(0) - 1月17日

忍かキスショットになる前、人間(相当人間離れしているけれど)だったことの話と高校生になったかれんちゃんが1週間山籠もりする話、そして忍野メメを探しにいった羽川翼が遭遇した事件が描かれています。先の2編は語り手が面白いし、話をする羽川に合いの手や突っ込みをいれる忍野との会話が面白かったです。
★9 - コメント(0) - 1月15日

映画をみたら、傷でもない鬼でもない終でもない、業物語が読み返したくなった.やっぱり忍が一番好きだ.
★6 - コメント(0) - 1月14日

一つ前を読んでいなかったけれど、こちらから。〝うつくし姫〟の話は、吸血鬼になる前に、すでにそんな話があったなんて、と思いました。。そして、あとがきを読んでもびっくり。気づかなかった・・・。火憐ちゃんの話はその後どうなったのか気になるところ。
★4 - コメント(0) - 1月14日

キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードになったときの話から始まり、色々な忍が見られて楽しかった。名付け親が女性だったのが一番驚いたけど、再登場も期待できるかなぁと思いつつ。
★3 - コメント(0) - 1月8日

★★☆
★3 - コメント(0) - 1月3日

今作も楽しませて頂きました。やっぱり物語シリーズは佳いですね(♡ˊ艸ˋ♡) うつくし姫:キスショットになる以前のアセロラ姫の物語。これを読むと阿良々木君に対する想いが強い理由の一端が垣間見えますね。 あせろらボナペティ:キスショット誕生のお話。キスショットのキャラクターがああなった理由はよくわかりしたし、ラストの一文にニヤリとさせられました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチスーサイドマスターとキスショットの邂逅、見てみたいですね。 かれんオウガ:頭より身体で考える直情型な火憐ちゃん、物語シリーズの中では一番↓
★11 - コメント(1) - 2016年12月31日

まるでここまで読み続けていることへのご褒美のように、本編のエピソードの「種明かし」が示される・・というか、種明かしではなく、キャラの笑い方だったりビジュアルだったり、そういった元の設定にきれいにピースをつなげて作られた物語。思い浮かんだのはお昼の情報番組の光景。マンガ家さんによる、誰かが書いた適当な点にいくつかの線をつなげてひとつの絵を作り上げる職人芸、あんな感じ。キャラを走らせるのとは真逆の手法、これだと本当に、永遠に物語を紡ぎ続けることができそうで、まるで物語なんて所詮こんなもん、と言ってるような。
★32 - コメント(0) - 2016年12月22日

キスショットになる物語が今回の目玉。その他にもかれんオーガも不思議な話でおもしろかった。
★7 - コメント(0) - 2016年12月19日

えええ、今のキスショットからは想像出来ない姫様っぷり…!驚きでした。脅威でした。確か最初の頃、阿良々木くんに「助ける栄誉を与える」的な事言ったり縋ったりしてなかったっけ?!ううむ、これは是非読み返さなくては…。スーサイドマスターの裏設定とか気づかないですよ!何その萌え絵。登山で手助けする忍のバリエーションに笑った(^^)蛇足的な物語ではあるけど、やっぱり面白いです。
★16 - コメント(0) - 2016年12月17日

忍の過去というか誕生話。まさかそんな話がくるとは思わなかったので驚いた。スーサイドマスターは女って最後分かるのズルない?全編忍関連の話かと思ったら最後は羽川の話。ああしまった。羽川が双子の吸血鬼を倒す時に忍の力が発動してるから関係はあるのか?羽川の話はまだまだ続きそうなんだけど続き書くことあるの?
★7 - コメント(0) - 2016年12月14日

面白かったです。まさか忍ちゃんの「カカッ〜じゃの」が、悪ぶっていただけとは❗️ カレンちゃんは、一人で外出させたら危険なレベルの頭の出来⁉️
★16 - コメント(0) - 2016年12月13日

忍の昔の姿が以外すぎw
★4 - コメント(0) - 2016年12月7日

今回は忍が吸血鬼になった話、火憐が山で修行?する話、羽川の海外での話でした 時系列がバラバラだけど面白くて羽川さんの海外の話はもっと読みたい‼
★6 - コメント(0) - 2016年12月6日

またアニメ化しにくそうなスーサイドマスター。叙述トリックがあとがきでも明かされるw
★4 - コメント(0) - 2016年11月19日

オフシーズンというだけあって、淡々と語られなかった物語の細部を思い出すような物語。最近のイーストウッドがそうであるように西尾維新も新たな物語を紡ぐ躍動感よりも、語られるべき物語を語る責務によってこれを行使しているような抑揚のなさではあるが、だからと言ってつまらないわけではない。というか、そもそも小説というより物語とはかようなものなのだろうと言わんばかりだ。というわけでオフシーズンはこんな古風な語りで続くのだろうか?と若干不安と期待もないまぜにまあ撫子ちゃんに対する期待値も上がるのだった。
★9 - コメント(0) - 2016年11月10日

ちょっと休憩。忍ちゃんの名前や喋り方の由来が語られる。あの厨二病的センスはこの人のせいだったのね。阿良々木の窮地を救うために忍野を探して世界を旅する羽川さん。『たとえ阿良々木くんが一人で勝手に助かるだけなんだとしてもー私ははそこに関わりたいんです。』阿良々木の贅沢ものめ。火燐の話は忍ちゃんがかわいかった。
★7 - コメント(0) - 2016年10月27日

友達にオススメされたので読んでみたけど、キャラよくわからない……。とりあえず1巻読まないと。
★2 - コメント(0) - 2016年10月26日

スーサイドマスター登場せず?!
- コメント(0) - 2016年10月23日

中二病みたいな名前だなーと油断してたらどんでん返しくらって悔しい。羽川さんの覚醒っぷりが気になってしょうがない。
★5 - コメント(0) - 2016年10月4日

再読
★2 - コメント(0) - 2016年10月2日

@
忍ちゃんの過去話のアセロラボナペティ滅茶苦茶面白かった。過去にそんなことがあったなんて。喋り方はそういうことなのか。最後の1文はびっくり。スーサイドマスター女だったんだ、、、ビジュアル化して欲しいな。かれんオウガはいろんな忍ちゃんが出てきたりして面白かった。蜂から逃げたときの背中を押されたのって、、、つばさスリーピングは終の裏話みたいな。ドラマツルギーと幽閉されてたなんて。遊びのために誘拐したのか。キスショットの血かあ。全部の話で忍ちゃんが大きく絡んでたな。忍ちゃん回。
★4 - コメント(0) - 2016年10月1日

謎々がまだ多いではなかろうか。育が帰ってきた。羽川がも一度強いぞ。そして当然ながら可愛いぞ。
★6 - コメント(0) - 2016年9月27日

忍ちゃん、委員長ちゃん、忍野と、好きなキャラが続々出てきたので、うれしい。
★4 - コメント(0) - 2016年9月23日

物語シリーズの20。うつくし姫、あせろらボナペティ、かれんオウガ、つばさスリーピング。共通テーマは食、あるいは吸血鬼性の活用法。キスショットの誕生秘話はもちろん面白く、まさかの最後の一文で大笑い。いろんな年頃の忍が登場して満足だし映像化に期待。羽川最強、そして久々の忍野さん嬉しい。【メモ】透明色/口づけするように食え/トロピカレスク/殺したら食う/スーサイドマスター/貴様の死を無意味にはさせない/ハイウエスト/ローライズ/阿良々木くんが一人で勝手に助かるだけなんだとしてもーー私はそこに関わりたいんです/
★21 - コメント(0) - 2016年9月22日

今回は忍ちゃん&火憐ちゃん&羽川さん3人の話。1番面白かったのは忍ちゃんのうつくし姫から吸血鬼キスショットになるまでの過去話あせろらボナペティ(^^*)あのしゃべり方はここからきているのか~。スーサイドマスターと眷属やりとりもよかったです。そして見事に騙されました!そんなこんなで吸血鬼になった彼女の現在が火憐ちゃんの修行の話で明らかになりますが、ドーナツのために動いていると知ったらスーサイドマスターはどう思うのか…笑。オフシーズンはおまけ的な話がいろいろ語られて作品の幅が広がって楽しめるのがいいですね。
★7 - コメント(0) - 2016年9月20日

業物語の 評価:58 感想・レビュー:353
ログイン新規登録(無料)