わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)
あらすじ・内容
―大反響! 絶賛の嵐!―

【阿川佐和子氏】
目からウロコ!「コミュニケーション」という言葉の周辺で
モヤモヤイライラしていたものが、一気に吹き飛ばされ、すっきりした気持になりました。

【谷川俊太郎氏】
これは掛値なしに「おもしろくてためになる」本です。私も初心に戻って日本語を考え直しました。

【鷲田清一氏】
他人と同じ気持ちになるのではなく、話せば話すほど他者との差異がより微細にわかるようになること
それがコミュニケーションだ。

【茂木健一郎氏】
他者との対話を通して、いのちが広がる。生きている実感がこみ上げる。厳しくも温かい、人間賛歌!


―いま、本当に必要なこと―

 企業の英語公用語化が話題になっているため、誤解されている方が多いかもしれませんが、経団連の調査によりますと、企業が新卒採用にあたって最も重視している能力は、9年連続で「コミュニケーション能力」(80%超)がトップです。「語学力」はここ数年、6%程度に過ぎません。

 たしかに中高年の多くの管理職の人たちは、「近頃の若者はコミュニケーション能力がない」と嘆いています。

 しかし、近頃の若者に「コミュニケーション能力がない」というのは、本当なのでしょうか。

 そもそも、現在、企業が要求するコミュニケーション能力とは、「グローバル・コミュニケーション・スキル」=「異文化理解能力」です。つまり、グローバルな経済環境の中においても価値観や文化が異なる人の意見を理解した上で、自らの考えを主張して説得したり、妥協点を見いだしたりすることができることです。

 ところが、実は日本の企業は、自分たちも気がつかないうちに、別のコミュニケーション能力を求めています。それは、「上司の意図を察して機敏に行動する」「会議の空気を読んで反対意見はいわない」といった従来型のコミュニケーション能力です。

 いま、就活をしている学生たちは、あきらかに二つの矛盾したコミュニケーション能力を同時に要求されています。しかも、何より始末に悪いのは、要求している側が、その矛盾に気がついていない点です。

 なぜ、こうした事態が起こるのか――。

あらすじ・内容をもっと見る
232ページ
3055登録

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何かはこんな本です

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何かを読んだ人はこんな本も読んでいます


わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何かはこんな本です

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何かの感想・レビュー(1986)

コミュニケーションに関して、新鮮な角度から考えることができた。
★2 - コメント(0) - 3月16日

小説『幕が上がる』を執筆した演劇家の平田オリザさんの評論文。日本赤十字看護大学の大学入試問題に出題されていた文章が面白かったんで読んでみた。日本人が弱いとされるコミュニケーション能力向上に演劇が有効であると考え、実際に全国の学校で活動されているそうだ。現代の学校教育の問題点や2020年の大学入試改革で求められる能力などにも言及し、教育論も展開される。今後求められる力は意見を言うことよりもまとめる力。そのために様々な社会的役割を演じる能力が大切であると主張する。とても説得力がある深い話だった。
★25 - コメント(0) - 3月15日

昔中学の国語の時間、平家物語の扇の的を読んだ時「この、扇を射るシーンはとてもよく書けている。表現を工夫して読んでみよう」と先生に言われて、皆で迷いに迷った挙句、輪唱みたいに、A「ひいふっとぞ」B「ひいふっとぞ」C「ひいふっとぞ」全員「「いたりける」」と読んだのをふと思い出した。何となく面白くて心に残ってたんだけど、こういう事だったのかな(違うか)。分かり合えない、だからどうする?がいつか教育現場でも教えられますよう。少なくとも自分が子育てをする時には絶対に読み返したい。そんなヒントが沢山でした。
★2 - コメント(0) - 3月11日

B
★1 - コメント(0) - 3月6日

コミュニケーションに躓き苦しんでいる若者が、そのコツを演劇を通じて掴んでいく、その姿を後押しするというのが本書のテーマです。著者は、若者は異文化理解能力を問われる一方、日本人的同調圧力と上位下達の組織に適応するダブルバインドの隘路に苦しんでいるといいます。そこで、学校で習う国語の代わりに演劇を教えることを提唱します。他方、著者の射程は学校や会社という枠に拘っています。素の自分と異なる言葉と身体を受け入れ、他のあり得た自分の可能性世界を体験することが、殻の固い(コミュニケーションの苦手な)子供に教育効果の高
★6 - コメント(1) - 3月2日

すーっと入ってくる一冊。腑に落ちると言う表現がぴったり。異なる価値観を持った人と出会うことで自分の意見が変わっていくことを潔しとする「対話的精神」を養っていく必要があるという指摘に同意する。「協調性」(価値観を一つにして一致団結)から「社交性」(価値観はバラバラなままでどうにかしてうまくやっていく能力)を養う教育へという考え方にも賛同する。そういう意識で私も授業をしてきたが、これまで以上にスキルの問題、マナーの問題、教える側の力量の問題として見直しをはからねばと思う。その他いろいろブログに記録。
★29 - コメント(1) - 2月26日

178
p23「コミュニケーション教育に、過度な期待をしてはならない。その程度のものだ。その程度のものであることが重要だ。」 p104「演技に限らず、音楽、美術など、どのジャンルにおいても海外で成功している芸術家の共通点は、粘り強く相手に説明することをいとわないところにあるようにみえる。」 p204新しい時代には、「バラバラな人間が、価値観がバラバラなままで、どうにかしてうまくやっていく能力」が求められる。
★4 - コメント(0) - 2月26日

気に入ったフレーズ「〜論理的に喋る能力を身につけるよりも、論理的に喋れない立場の人びとの気持ちをくみ取れる人間になってもらい〜」なるほど、いいこと言うね。
★4 - コメント(0) - 2月24日

図書館で借りた。面白かった。コミュニケーションが苦手、というのは理科が苦手、音楽が苦手、と同じレベルの話で、人格に問題があったりするわけではない、というのは大事なこと。ワークショップの話などは著者の別の本でも出てきたけど、気づかされることが興味深い。
★6 - コメント(0) - 2月15日

「コミュニケーション能力」という言葉で覆い隠されてしまっている、具体的な会話や対話の問題に、演劇人としての目線で焦点を当て、今の時代に本当に必要なコミュニケーションとは何か、著者の考え方をまとめている一冊。コミュニケーションを「わかりあえないことから」始めることの重要性と合理性を強く認識させられました。
★5 - コメント(0) - 2月14日

とても面白かった。日本語のことや、コンテキストの話、いろいろな考察になるほど!と思うこと多数。別の本で(著者も別)、人は自分についてのストーリーを持っている、というような話を読んだが、そのストーリー上の自分を演じている、ということなのかなと解釈した。
★6 - コメント(0) - 2月9日

演劇は他社を必要とし、「対話」の構造を要求する。しかし、日本社会においてはこの「対話」という概念が希薄である。むしろ皆無である。これが日本人がコミュニケーションで悩む原因。 日本社会は、ほぼ等質の価値観や生活習慣を持った者同士の集合体=ムラ社会を基本として構成され、その中で独自の文化を培ってきたと言われてきた。 「わかるあう文化」「察し合う文化」 柿くへば 鐘がなるなり 法隆寺 ←これを説明しなくても「秋のお寺の景色が浮かぶのが日本人」しかし、これからは言葉で説明できなければならない
★5 - コメント(0) - 2月9日

【◎】・「コミュニケーション」にまつわるものを一つ一つ細かく定義づけし分析した本。へえ、と思う視点が多く面白かったです。 ・年配者のコミュニケーションを、ぶった切ります。年配者のコミュニケーションに感じていたもやっと感の理由がわかります。 ・作者が男性とは思いませんでした。
★4 - コメント(0) - 2月5日

演劇が「わかりあえないこと」「わかりあうためのこと」に対して何らかの作用を及ぼすなんて考えた事もなかった。でも考えてみれば、脚本を作ることは、個人に思いを馳せることだし、演じる事は、追体験することだなと納得できる。/中学生の頃、短い期間だったが演劇部に所属していた。不登校で退部になったけど、お芝居は好きだった。そんな事も思い出しながら読みました。
★5 - コメント(0) - 2月1日

数週間、読書から離れていましたが復活。随分前に読みさして、やっと読み終わったこの本。最初の方を覚えていないので、もう一度読み返す必要があるけれど、最後の方にある「ダブルバインドの時代を生き抜いていける子どもを育てる必要」というのを痛感。CDCの平田先生のワークショップ、受けておけばよかった。
★4 - コメント(0) - 1月27日

再再読。ダブルバインドの日本社会。簡単な言葉で書いてある割に結構深い話が多いので、何度も読んでしまう。月に1回2回は読まないと理解が定着しない。
★23 - コメント(0) - 1月23日

また良い本に出合ってしまった。良い本というか”共感”できる本である。現在の日本社会に”無意識に”巣くうコミュニケーションに対する様々な問題。誰もが普段から接するからこそ、今改めて確認をしようとならないため、何かが中途半端なまま変化を続けてしまっている。「コミュニケーション不全の問題を第三の視点であるその環境に求める」というのは、なんとなく考えていたことであるが、そこがわかりやすく文章になっている。多くの人に読んでほしい本だと思った。むしろいわゆる”中高年層”は必読だと思う。再読したい。
★11 - コメント(0) - 1月21日

コミュニケーションが求められる社会に、演劇を教育に取り入れることによってコミュニケーションを改善できることを主張する内容。このコミュニケーションは、「話す」のみに止まらず、間や話しかけるタイミング、話すための環境づくり、沈黙、議論も含む。若者の語彙が少ないのは、若者の言語能力がただ乏しいということではなく、社会の変化によって、従来の用法では伝わらなくなっていたり、一つにまとめて伝えようとしているところがあるという指摘には、なるほどと思った。また、日本のドラマが不自然に見える芝居なのは、西欧の動きをそのまま
★34 - コメント(1) - 1月20日

他者のコンテクストを読めない時にコミュニケーションがうまくいかなくなり、その原因は当人達ではなく、組織やシステムといった環境的なものの場合がある。それは改善していくべきである。しかし、実際問題、現在はコンテクストが異なる人たちと遭遇する頻度は高い。とりあえず今は夏目漱石、森鴎外が感じたであろう、わかりあえないことを前提に対話をすることの寂しさに耐えながら、我慢強くコミュニケーションを図っていける強かさが求められる。創作劇たのしそう。面白かった。
★10 - コメント(0) - 1月10日

演劇という視点から「コミュニケーション能力」の本質的な部分に触れていっており、読み進めていく内に世の中で叫ばれている「コミュニケーション能力」が如何に形骸化されているのかが分かりました。とても為になる本でした。
★5 - コメント(0) - 1月8日

「バラバラな人間が、価値観はバラバラなままで、どうにかしてやっていく能力」が今求められている。つまり空気を読んで動く、発言する時代とはちょっと違ってきているらしい。「協調性」より今は「社交性」が必要だというのは納得できた。
★1 - コメント(0) - 1月7日

わかりあえないという考え方を、多かれ少なかれ持っていたようです。この発見を、収穫だと捉えたいです。わかりあえない、これは寂しい響きかもしれません。でも必ずしもそうではないのだと思います。開き直るのではなく、諦めることとも少し違う、自分にとっては、背負いすぎていたものを軽くしてくれるようなキーワードです。「コミュニケーション」という漠然とした言葉の周辺で、どうもやもやしていたのかが明確になったこともまた収穫でした。気持ち新たに、風通しの良いコミュニケーションをこれからも心掛け、目指していきたいです。
★18 - コメント(0) - 1月6日

ざっくり読む。普段のコミュニケーションの問題、引きこもりの発端、演劇のワークショップでのコミュニケーションのありかたを提示。もはや学校教育に国語は必要とせず、「表現」と「ことば」に解体すべきと。
★25 - コメント(0) - 1月5日

国際化が進む現代においてしきりに叫ばれる「コミュニケーション能力」とは何か。組織の中で空気を読む力と異文化を理解する力を同時に求める、日本教育の無自覚なダブルバインドが悩ましい。少子化やICTの発達で人間関係のでき方が変容する中、学校教育の枠内で育った子供たちが他人と話すことに慣れる場が少ないという指摘は興味深かった。現代演劇がコミュニケーション教育の1つのツールになっているという主張に納得。表面上の言葉のやりとりだけでなく、コミュニケーションする場をいかにデザインしていくかというのは重要な論点だと思う。
★9 - コメント(0) - 2016年12月15日

〈心からわかりあえる〉なんて幻想…と、かなり若い頃から私は思っていたようだ。コミュニケーション能力が人格的な問題のように日本では考えられがちだが、それはスキルの一種で学習可能なものでありマナーとして慣れさえすればいい。私は比較的うまくやれるタイプだったのだなと思った。相手に合わせるからといって〈魂を売り渡すわけではない、相手に同化するわけでもない〉学生や子どもへの教育的な立ち位置で書かれているから〈価値観はバラバラなままで上手くやる〉ことを目指す内容だけど、この歳になるともう合わない人とは関わりたくない。
★22 - コメント(0) - 2016年12月10日

いま、「異文化理解能力」への緩やかな変革を求められている。企業では従前よりの「同調圧力」を同時に要求する矛盾により、若者を悩ませる問題が起こっているという。これからは「わかりあう能力」から「わかりあえなくても、いちいち説明し、なんとかやっていく能力」が重要になる、なんとも面倒な時代になったものだと思う。この人は愚痴っぽい独特の論調なのだが、ユニークな教育への取り組みにおいて、ポジティブに未来を見据えており、私は好きだ。(☆4)
★7 - コメント(0) - 2016年12月8日

「心からわかりあえないんだよ、初めからは」 ひとがひとと分かり合うのは、大変。そんな当たり前を教えてくれる。多文化共生がいまいちうまくいかない。ダブルバインドが横行しまくりの社会の生きにくさ。同じ日本で育った同じ人間なのにどうしてこうも、話が通じないかなあ?!ましてそれが異文化同士のコミニュケーションになったら、どうなる? そんな風に「対話」に絶望していた頃に読んで、非常に励まされた本。青年団主宰平田オリザが、演劇的な視点から、言葉を使って他者とコミュニケーションするための心得を説く。
★2 - コメント(0) - 2016年12月5日

分かり合うことがコミュニケーションなのではなく、分かり合えない者同士がなんとか分かり合えそうなところを探っていく、その過程がコミュニケーションなのだろうなと思いました。こうして字にするとそりゃそうだろと思われそうですが……。「みんなちがって、たいへんだ」座右の銘にしたいほど凛とした言葉です。
★7 - コメント(0) - 2016年11月29日

いま日本社会全体が「異文化理解能力」と「日本型協調圧力」のダブルバインドにあっている。場に合わせて察する力を要求される一方で、日本では説明しなくてもわかってもらえる事柄を、その虚しさに耐えて説明する能力が要求される。「伝えたい」という気持ちは「伝わらない」という経験からしか来ないのではないか。まさに「みんなちがって、みんないい」んだけど「みんなちがって、たいへんだ」ってこと。短期間に集団でイメージを共有しコンテクストを擦りあわせるノウハウを持っている演劇の有用性、説得力があると思った。
★8 - コメント(0) - 2016年11月26日

仕事で日々「コミュニケーション支援」をしているけど、実は私自身コミュニケーションって何なのかわかってないし、上手くもない。学びたくても何をどう学ぶべきかがわからないし、そもそも学ぶものなのかもわからない。そんな私にも優しい本でした。今までとは違った視点からコミュニケーションを捉えることができて、阿川さんと同じく目からウロコ!な気分です。
★68 - コメント(0) - 2016年11月10日

何度読んでも素晴らしい本だ。ぜひ日本の老若男女、全員に読んでいただきたい。
★3 - コメント(0) - 2016年11月2日

★★★いま、コミュニケーション能力のある人材が求められている。それはグローバル・コミュニケーション・スキル(異文化理解能力)と空気を読んで機敏に行動する能力(同調圧力)。しかし、この二つは矛盾するダブルバインドで人格を否定する。これからの時代、バラバラな人間が価値観はバラバラなままでどうにかして上手くやっていく能力が求められている(協調性から社交性へ)。人と人は、すぐには、心からわかりあえない。でもわかりあえない人間同士がどうにかして共有できる部分を見つけて、それを広げていくことならできるかもしれない。
★23 - コメント(0) - 2016年10月26日

コミュニケーションが大事だとよく言われるけど、日本でのコミュニケーションとは何かを語る本は少ない。全員がわかりあえる前提のコミュニケーションには疑問があったので、スッキリした。演劇からの日本語の特徴や対話と会話の違い、今後のコミュニケーションに対話の能力をどのように身に付けるかなど、興味深かった。
★16 - コメント(0) - 2016年10月25日

MA
同情ではなく共感をする。理解できなくてもいいから存在を認める。そういった緩やかなコミュニケーションが人間を楽にするのだろう。成長期の日本には島国体質がピッタリとあっていたが、成熟期の多様性を持つ今の日本には島国体質はしっくり来ない。 早く社会がそのことに気付いてくれるといい。
★13 - コメント(0) - 2016年10月18日

読みながら何度か笑ってしまった。何度か納得したくないところもあった。わかりそうなことほど、実は難しい。
★5 - コメント(0) - 2016年10月17日

「対話の基礎体力」。上手く言えず伝えられずあきらめることが多くて、躓いているのは言語化というところかなあという自意識はあるんですが。それでもいいやと思う反面、意図するように伝わるかは別として、自分が納得できる表現をしたいし何より言葉を使いこなしたいという欲求があります。書かれていることとは違うけど、最近のくすぶり感が刺激されました。コミュニケーション、意志疎通でなく、ただなんらかのメッセージが存在する状態、くらいの日本語になってほしい。
★7 - コメント(0) - 2016年10月16日

3回目かどうか読み終わり。 コミュニケーションの難しさを痛感する日々の中で、 今一度きちんとズレを擦り合わせ、埋めることをしないといけないというのを考えさせられる。 対話の概念や必要性を、何とかもっと広めたいところ。 日本人の難しいところだけど、悲観するだけでは何も変わらないので。
★8 - コメント(0) - 2016年10月10日

日本は温室のようなコミュニケーションという文化的な背景。伝えたいという気持ちがなければ、伝える技術は定着しない。「日本社会独特のコミュニケーション文化を、「わかりあう文化」「察しあう文化」と呼んできた。」
★5 - コメント(0) - 2016年10月9日

演劇とコミュニケーション切り口に、人の意識の深い部分にアプローチしている。スッと分かる内容ではないが、考えながらそして楽しみながら読むことができる。 ★★★★
★8 - コメント(0) - 2016年10月6日

演劇の力、鈴木さんにお勧めする。
★2 - コメント(0) - 2016年10月1日

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何かの 評価:78 感想・レビュー:758
ログイン新規登録(無料)