愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)

愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)
あらすじ・内容
《国のかたち》が揺らぐいま、必読の日本論!
この国の現代史を理解するための、はじめの一冊

あの敗戦、天皇、アメリカ、憲法、安保闘争、バブル、オウム事件、そして3.11……

誰かが何かを忘れようとしていた。
誰もが何かを忘れようとしていた。

『東京プリズン』の作家が、私たちが消してきた記憶をつむぐ。


【推薦! 驚愕!】

いまの時期にこそふさわしい、戦後社会と民主主義について深く検討する本――高橋源一郎氏

日本とは何か。お前は何者だと、問い詰めてくる。驚愕し、恐怖して読み終わった。こんな本は初めてだ――鈴木邦男氏


【目 次】

プロローグ 二つの川
 第1章   母と沈黙と私
 第2章   日本語は誰のものか
 第3章   消えた空き地とガキ大将
 第4章   安保闘争とは何だったのか
 第5章   一九八〇年の断絶
 第6章   オウムはなぜ語りにくいか
 第7章   この国を覆う閉塞感の正体
 第8章   憲法を考える補助線
 終 章   誰が犠牲になったのか
エピローグ まったく新しい物語のために


【まえがき】 

「これは、研究者ではない一人のごく普通の日本人が、自国の近現代史を知ろうともがいた一つの記録である。
それがあまりにわからなかったし、教えられもしなかったから。
私は歴史に詳しいわけではない。けれど、知る過程で、習ったなけなしの前提さえも、危うく思える体験をたくさんした。
そのときは、習ったことより原典を信じることにした。
少なからぬ「原典」が、英語だったりした。

これは、一つの問いの書である。
問い自体、新しく立てなければいけないのではと、思った一人の普通の日本人の、その過程の記録である。

あらすじ・内容をもっと見る
304ページ
644登録

愛と暴力の戦後とその後はこんな本です

愛と暴力の戦後とその後の感想・レビュー(384)

ろくに暴力を振るえる能力を持たない国が、世界に向けて暴力を仕掛け、完膚なきまでに叩きのめされた。にもかかわらず、そのことから何も学ばず、ふたたび暴力のエネルギーを溜めつつある。そんな国、日本のいびつな側面を精密に分析していている。予想以上の名著でした。「うまく敗けることは、ただ勝つよりおそらくむずかしい」
★4 - コメント(0) - 2月26日

憲法はまず、その構成から考える。まず、天皇の章から始まって・・そして9条に平和憲法があってと、その構成をじっくりと明治の大日本国憲法、今の日本日本国憲法、そして自民党改正案とみていくと、日本の国体が見えてきて、そしてどこに向かおうとしているのかも見えてくる。憲法について、めっちゃ勉強になった。そして、本居宣長が最近言葉が乱れていると嘆いたって・・今も昔も変わらない。そして、それが日本語の持つ特性でもある。いやぁ、面白い本でした。
★22 - コメント(0) - 2月23日

憲法は原文から訳語を作る段階から押さえていかないと、目指す社会(あるいは目指すよう要請されていた社会)やその立脚点について,国際的にズレた認識のまま議論し続ける事になりかねないという指摘に目を開かれる思い。また,二度の安保闘争からバブル時代を経て「敗戦を忘れ他人の欲望を先読みして自分の欲望とする」社会が形づくられたとされる。自分たちの価値観を明確にすることなく,その時々のあいまいな雰囲気の中で,なし崩し的に物事が進んでいく状況。これを招いている大人である私たちの重い責任を問われているようだ。
★28 - コメント(1) - 2016年12月12日

最近読み終えたばかりの小説『東京プリズン』の著者本人による副読本的評論集。『東京プリズン』に至るまでの論考を一つ一つ丁寧に掬い上げる。評論とはいえメールマガジンでの発信が原形であり、平易な言葉遣いで読みやすい。我々日本人のコンフォーミズム体質の根の深さを改めて思い知る。あることをなかったことにしてしまうのが大得意の国民性に警鐘を鳴らす良書。ただあくまでも『東京プリズン』が本体であり、その衝撃度は比ではないので、前後はともかくやはりセットで読んでほしい。(著者でも関係者でもない私が言うのもなんですがね)
★29 - コメント(0) - 2016年12月10日

どこか歴史と断絶しているよう感覚。そんな感覚の正体の一部が垣間見えたように感じる。
★3 - コメント(0) - 2016年11月26日

話があっちこっちに飛ぶ上に話題も豊富で、ついていくのに必死でした。なるほどなぁと思うこともありましたが、無知故によくわからないことも多かったです。知識を増やしてから再読したいところです。
★6 - コメント(0) - 2016年11月25日

敗戦後、とは何だったのかを考えるための力作。白井聡の永続敗戦論と重なるテーマである。一人の人間として『なぜなのか?』を問い掛ける視点が印象的だった。個別的な論点を章立てにしているが、特に興味深かったのは終章。人は『物語』無くして生きられないが、『物語』あるがゆえに束縛され、暴走する。これからの時代が人々にとって良き物語が紡がれる時代となることを切に願う。気を付けなければならないのはナルシシズムを満足させるためだけの安物の物語である。
★8 - コメント(0) - 2016年11月22日

ジャイアンの喧嘩から憲法に至るまで、日本を見つめ直すきっかけを与えてくれる本。「東京プリズン」のテキストのようでもあります。歴史家でも憲法学者でもない著者によって、戦後日本の様々な分かりにくさが明らかにされます。生まれ育った国なのに、本当のところは知らないことばかりだと再認識。感性豊かな若い読者に是非読んで欲しい一冊です。
★10 - コメント(0) - 2016年11月3日

見たくないものには蓋をし、あわよくば魔法でもかかって良きものに変わっていたらいいのに。予感はしていた禍々しくて醜いものを暴かれて提示された。これが、私たち日本人が生まれ、過ごし、作ってきた国なのだ。様々な視点から示される、示唆に富んだこれまでの成り立ち。憲法の件は殊のほか興味ふかい。歴史を遡り著者自身とリンクさせ語ることは、読者に「自分のこととして知る」ことを誘う。戦争を異常事態と捉えることは自明だが、その後を「普通」に過ごしたとしたら、これも「異常」である。想像はしてみた。想像でしか補えないけど。
★40 - コメント(0) - 2016年11月2日

図書館本。「日本語が厳密さを回避するように運用されてきたのは日本人の好み…日本語がそれを許しやすい言語」「日本は一度のつまづきで再起しにくいシステムの社会」「恋愛と喧嘩は同じ間合い」には共感した。「中国が今の共産党でなく自由主義の中国国民党の政権であったなら、アメリカは戦後、中国と直接交渉をし…日本のことなど、さしたる興味も持たなかった…日本はアメリカとソ連の分割統治になった」「60年安保闘争と70年安保闘争は…ほとんど別物…(前者は)首相の岸信介に向けられ(た)…国民の“戦争裁判”」には目から鱗が落ちた
★33 - コメント(1) - 2016年10月31日

『東京プリズン』の副読本のような位置づけ。安保闘争やオウムにもさらに考えさせられた。図書館で借りたが、古本で安かったら買っときたい。
★6 - コメント(0) - 2016年10月20日

本書は『東京プリズン』を補完するものとして書かれた。主としては日本にとっての戦後とは何だったのかを単に教科書的につまり観念的にではなく、自己の実体験化させたところで捉え直そうとする試みである。その結果、いわば虚妄の戦後史を炙りだしていくことになった。さらに遡行するならば、明治維新さえも疑わしい。そして、「明治の日本は、近代国家では、なかったのではないか」という、日本にとっての近代の根源にまで迫るのである。憲法問題からオウムに至るまで縦横無尽に語るようでいて、根幹は一つである。きわめて示唆に富む思索だ。
★329 - コメント(1) - 2016年10月15日

日本人である以上、避けては通れない問題が多く掲がられており、私も何度も再考するのだろうと思います。あとがきが素晴らしく、心を打たれました。
★1 - コメント(0) - 2016年9月30日

日本を論じるには、漢字一字ずつの意味に立ち返り、翻訳語の元となった英語(ほか外国語)を確認することが不可欠である。憲法をconstitutionに立ち返って「国家構成法」と訳しなおすところで目から鱗が落ちた。
★3 - コメント(0) - 2016年8月2日

日本語の一つとして扱ってる漢字はそもそも借り物であり、その漢字の一つ一つの意味を知らずに扱うことへの注意の話が印象的。今もたくさん入ってくるカタカナ語を意味もわからず使ってたり。日本国憲法の英語の原典にも興味がわいた。あと、確かに学生闘争とか地下鉄サリン事件の話とかその時代の生活感って、ちょっと前の事で1番今に繋がってるはずなのに、何も知らないなと思った。
★3 - コメント(0) - 2016年7月24日

国体とか日本人の特性とか、普段改めて考えることのないこと、当たり前のように定義されている(ように感じる)ことを、真正面から捉え直そうとしている。憲法の憲の字の話や、オウムに見る天皇制とか、思わぬところを取っ掛りとして考察していて、興味深く読んだ。しかし、実体のない空気のようなものを分析しようとする、この手の本にありがちなことだが、状況証拠の積み重ねのような話に成らざるを得ないので、隔靴掻痒の感を抱く。
★2 - コメント(0) - 2016年7月24日

★★★☆☆ 第8章がよかった。
★7 - コメント(0) - 2016年7月11日

不可
- コメント(0) - 2016年7月10日

知られたタイタニック・ジョークに、救命艇に女性や子供を先に乗せることについて、船員が日本人に言う。「みんなそうします。」それで日本人は納得するのだと。あの敗戦後「誰か(も)が何かを忘れようとしていた」、その「何か」を著者が考えた過程が記された本。私は、その「何か」は、戦争の時代にしても戦後の復興から今日まで「何も考えてこなかった」ことを忘れようとしてきたのだと思う。それは研究者の論理によって説明できるものではなく、人の話や振る舞いから感覚的に感じ取れるものなのだ。
★2 - コメント(0) - 2016年6月19日

大体が私の生まれる前の出来事なので、ふうん、そうなんだという感じで読み進める。前半はなんとなく肌が合わなかったが後半はわりと面白く読めた部分が多かった気がする。とりあえず読後憂鬱になった。
★12 - コメント(0) - 2016年4月19日

2016.01.30-02.20:著者と家族との関係から日本の「戦後」ー主に天皇制、日米安保、オウム真理教、福島第一原発事故ーについて経験とインタビューと書物とから著者なりに考察した一冊。日本人は日本という国について何も知らない(知らされていない)という前提で書いているので、本当にそれを知らなかったのか?と疑問に思う点もあります。しかし、「敗北を抱きしめて」の原題'Embracing Defeat'の連想から日本とアメリカの関係に性的ニュアンスを感じるという件は新鮮な視点だなと思いました。
★8 - コメント(0) - 2016年2月20日

なにか新しい発見があったというよりは、どのように「戦後」が日本において語られ、そして加害を忘れてきたのかを分かりやすい言葉で書いている点が良かった。マジョリティとしての「日本人」が見たくないもの、太平洋戦争、朝鮮戦争と軍需、安保闘争、オウム、そしてフクシマ…これらを「被害」の物語の中に含もうとするから、見えなくなる他者がいる。それを忘れて「平和国家日本」を掲げるのは無自覚に排除を行っていることを忘れてはならない。
★6 - コメント(0) - 2016年2月8日

天皇の戦争責任はなぜ問われなかったのか?著者の母親世代の終戦の断絶と、著者自身の留学による1980年の断絶を対比させつつ、日本の近代と現代を振り返る。身の回りのこと、TVに映された世相(ガッチャマン、太陽にほえろ、探偵物語、トレンディドラマ、ひな壇芸人?)この国は近代を本当に迎えたのか?ふたつの憲法について、平成の玉音放送について。普段もう考えなくなってしまったことを真摯に追及する著者の姿勢に共感する。
★8 - コメント(1) - 2016年2月3日

2015年新書大賞第4位。 今の世界が創られる最中に生きた著者が 「その最中」を語った本である。著者が 歴史の専門家でないのが気持ちよい。 素直な意見が素直に読者の心に入る。 天皇制、安保闘争、浅間山荘事件、 恋愛至上主義、オウム..やや発散しすぎる 構成が気になるが、時代を軽く振り返るには ちょうどよい本である。
★212 - コメント(0) - 2016年1月31日

yo
日本の戦後の隠された本質を著者なりに考察した好著。原典を大切にする姿勢は非常に素晴らしい。正直、ジャイアンとガキ大将の考察はかなり面白く、なるほどと思いながら読み進められた。しかし、こと政治が絡んでくると疑問符がかなり多くつくようになってきた。自分の関心領域であることもあるだろうが、「元首」とは何か、福島原発事故の解釈等、正直もう少し深く問い詰めた方が良いのではないかと思える言説が多い。思索としては面白いが、その前提となる知識が不足している感が否めないのが残念なポイントである。
★5 - コメント(6) - 2016年1月5日

正月最初の一冊はこちら。本質にせまる一冊でした。
★5 - コメント(0) - 2016年1月1日

この作者の赤坂さんは日本の同調圧力的ななし崩しの発想に嫌悪感があるのだと思います。天皇制が存続したのは、昭和天皇にマッカーサーが感化されたのよ、という赤坂さんのお母さんの短絡的な発想に違和感を感じたという、赤坂さんの論は、ちょっと僕にはきつすぎました。僕は、この赤坂さんのように物事を突き詰めて考えていないのだと思います。ただ、それにしても、男性的な感覚が多い本だと、僕は感じました。
★19 - コメント(2) - 2015年12月29日

漠然と考えていたことを絶妙に表現されて感激したかと思いきや、あまりに突拍子もないことが詩的に書かれていてちょっと引く、そんなことの繰り返しで、全体的にどう評価して良いのかよくわからない一冊。繰り返し読むことになりそうだ。右翼・左翼、保守・革新ということが、どうしても理解できずにいて、それは自分の知識不足や頭の悪さが原因だと思っていたのだが、もしかしたら日本政治でのそれらは原義とはズレがあって、だから理解できないのかもしれないと思った。自分が感じた違和感を大切にして勉強していきたい。
★11 - コメント(0) - 2015年12月29日

もやもやしたものがモヤモヤの中に少しずつ見えて来た。いろいろと解釈の仕方がバカっぽいんですな。
★4 - コメント(0) - 2015年12月27日

『東京プリズン』を読んでみたくなった。漢字は借り物なので、分かったつもりになるだけで、日本人の奥底では理解できない、というのはなるほどと思った。特に明治期に翻訳されてできた日本語は注意が必要とのこと。一方で、条文は英文や英訳で読んだ方が理解しやすいという皮肉も面白い。オウムが第二次大戦の日本と重なり、彼らの犯罪はクーデターであったという指摘やあさま山荘事件の鉄球は高度成長を象徴する見世物だったという指摘は慧眼かも。
★5 - コメント(0) - 2015年11月16日

この本(=赤坂さん)の思想は、私にとっては心地よかったし、取り上げた事例や文章表現方法もかなり刺激的(挑発的?)で、とてもよかった。人類に共通の“正論”なんてないんだろうけど、素直に、こういう世界観を正論と捉えて、または鼓舞されて行動する人が増えると、面白くなるだろうな。でも、そのためにはもっと強く訴える“何か”が必要なのではないか。
★6 - コメント(0) - 2015年10月25日

タイトルはいささか大仰。「戦後史」という物語を作家が自分の視点で読み説いた本。安保、バブル、オウム等語られているが、私が面白く読んだのは「憲法」の「憲」の意味は?とか、「people」という概念を日本は持ったことがあるのかなど、言葉について根源的な意味の問いかけや英語との比較から考察する箇所である。作家ならではの着眼点だが、そこから積み上げられる結論はやや苦労がみられる。未だ戦後の物語が繰り返され、物語も暴力性を帯びているが、そうではない弱者のための物語はある筈だという。それは個人の物語ではないかと。
★30 - コメント(2) - 2015年10月20日

Tui
著者の「東京プリズン」を読んだ時、ただ事ではないと鳥肌が立った。その解説書ともいえる本著。日本の戦後史の検証を、事実を時系列に並べるのでなく、違和感から感覚的に進めている。その根底にあるのは、戦後日本人が選んできた道筋への戸惑いだ。よくぞ言ってくれた!と唸ったのは、お笑い芸人を同質集団内部の調停者であると述べているところ。『ひな壇芸人が会するバラエティを見ているとよく、閉鎖集団のいじめを見る気持ちになるのだ』と。ある年末特番で出川と狩野がイジられる場面を見たときの不気味さを思い出した。
★46 - コメント(0) - 2015年10月3日

先ず『東京プリズン』ありきというか、あの小説を書ききったから上梓できたエッセイなんだろう。とはいえ、同世代の読者として、こちらのほうがはるかに共感しやすかったのも事実。いろいろ考えるきっかけを与えてくれる良書だと思う。
★36 - コメント(1) - 2015年10月1日

思っていても言えないことを文章にした、ということは凄いと思う!
★2 - コメント(0) - 2015年9月24日

 「自分が何者であるか」を丁寧に語られるうちに、同時に「あなたは何者であるのか」と問われ続けていたように思います。過去に囚われるのではなく、現在の自分自身の立ち位置をできるだけ正しく知るために、考え続けることの大切さに気付かせてもらえました。
★9 - コメント(0) - 2015年9月22日

専門家による難しい御託が並べられたものではなく、読者に近い目線から作者なりの戦後日本社会に対する疑問や考えを書いた物で、わりと気軽に読めます。
★5 - コメント(0) - 2015年9月17日

≪なぜ正直に、「私たちがつくったものではないが、美しく、私たちの精神的支えとなってきた」と言えないのだろうか。日本人がそう世界に向けて言えれば、それは日本人の度量を示すことにもなる。うまく負けることは、ただ勝つよりおそらくむずかしい。≫ 文中にそうある。僕は思う。戦争に負けたあとに日本は復興したけれど、日本人は平和を体現した国民ではないと思う。むしろフリーライダーのようですらある。
★12 - コメント(1) - 2015年8月15日

戦後のアメリカに対するアンビバレントな構えを総括する必要があるという観点から読んでみたもの。戦後日本社会の研究書ではなく随筆的。そのぶん深層心理的な意味付けにも言及できるわけである。  中でも、我々は過剰な訳語をつくって過剰に反応しているのではないか、市民革命がなかった日本の武士の残影と日本軍、「他者の欲望を自らの欲望として他者に書かれること」などは面白い視点だった。   保守への問いかけも興味深い。  ただ著者の内面の投影でもあっるからそのつもりで軽い気持ちで読まないといけない。
★6 - コメント(0) - 2015年8月12日

愛と暴力の戦後とその後の 評価:94 感想・レビュー:159
ログイン新規登録(無料)