向き合う力 (講談社現代新書)

向き合う力 (講談社現代新書)
あらすじ・内容
親との葛藤、仕事、結婚と離婚、子育て、大事故とその後遺症、終活と老後……。

誰しも、忘れてしまいたい「過去」の1つや2つはあるものです。
思い出したくもない「記憶」や「経験」をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

でも、目を背けてばかりいては進めない「未来」もあるのではないでしょうか。

いいことも、悪いことも、すべての経験には「意味」がある――。

デビュー40年の女優が、生きづらさを抱えるみなさんに贈る、示唆に富んだ一冊。
--------------------------------------------------
◆はじめに
自分の存在を認めてもらえた喜び/3日間誰とも話していないことも/人生は「宿題」の連続 ほか
◆第1章 子供を持つことの「強み」と「弱み」
何のために私は頑張ってきたの?/仕事と子供、どっちが大事?/離婚したのは親の勝手/ペット・ロス/キッチンに立つのもつい億劫に/世の中に追いつくのが大変 ほか
◆第2章 転機が「決意」と「覚悟」をもたらす
森繁久彌さんから教えられた「心構え」の大切さ/水谷豊さんは今でもきさくな「お兄ちゃん」 ほか
◆第3章 名優に学ぶ「謙虚さ」と「気配り」
田中絹代さんの演技指導/山岡久乃さんの包容力/今井正監督の上品な執念/高倉健さんの慈愛/京マチ子さんの凛々しさ/山田五十鈴先生の風格/松田優作さんの繊細な気遣い/勇気づけられた緒形拳さんのアドバイス
◆第4章 「不慮の事故」「後遺症」と向き合う
暴走馬車/塗炭の苦しみのはじまり/「自分だけは大丈夫」だと思っていた/1年間放置したツケ/当たり前に生きられることの幸せ ほか
◆第5章 女優稼業の「オモテ」と「ウラ」
他人の成功を妬んでいては成長できない/嫌みに気づかない鈍感力/自分の可能性を自分で狭めない/相次ぐ熱愛報道/人間不信 ほか
◆第6章 「ご飯の時間が怖かった」という記憶
「おまえはどうしてそうなんだ」/両親の不仲/小学校で受けたいじめ/甘え下手 ほか
◆第7章 「おひとりさま」として生きる
思いがけない暴力/離婚に導いた「負の連鎖」/虎党/古美術のしあわせ/着物の魅力/母親との関係改善 ほか

あらすじ・内容をもっと見る
240ページ
74登録

向き合う力を読んだ人はこんな本も読んでいます


向き合う力の感想・レビュー(40)

1959年生まれ池上季実子さんの「向き合う力」2014.7発行です。一読してタイトルの意味はわかりませんでした。結婚して子供が生まれ2~3年で離婚、娘と2人の生活を続けてる内は心に張りがあったものの、子供が独立して家を出てからは心の拠り所を失い弱くなったと。28歳の時カナダでの大事故の後遺症にも悩まされてるそうです。物事を難しく考えてらっしゃるようにも思えます。自分を大切に生きていただけたらと思います!
★15 - コメント(1) - 3月4日

池上さんの半生を振り返る自伝的な一冊。なかなかヘビーな人生であることにビックリ。昭和の名優たちに関するエピソードは、どれも素晴らしい。また、この人の強さが伝わる内容でもある。円熟期に入った女優を見る目が変わった一冊であった。
★3 - コメント(0) - 2016年12月22日

K
人生の艱難辛苦を包み隠して人前に立つ、まして他人の人生を生きる仕事をするというのは、本当に大変なことを乗り越えてきた方なのだなと感じた。
★1 - コメント(0) - 2016年10月20日

好きな女優さんの本でしたが、哲学者であり、冒険家であり、努力家であり、お茶めであり、優しく厳しくあり、何より、尊敬すべき人生を歩まれていると思いました、今年も大きな飛躍を祈っています。個人的は、(男女7人物語)のころに夢中になりました
★4 - コメント(0) - 2016年1月7日

以前から好きな女優さんだったけど、この本を読んでもっと好きになった。素敵な人だな~。人柄が文章から見えるような気がした。
★3 - コメント(2) - 2015年9月15日

説明がとても丁寧でわかりやすかったです。何も苦労してないようにニコニコしてますが、幼少時から厳しいしつけ、事故と苦労の連続だったんですね。新人の頃の芸能界での大変さ。いろんなことを乗り越えて来たんだなあと思いました。
★2 - コメント(0) - 2015年6月20日

★★★★☆ たまたまTVか何かで見てキレイな方だなーと思ってた。子供の頃は結構苦労されてたのですね、、、子供は親を選べない(逆も)。不運な事があった時にどういう風に対峙するかで人生が変わっていくのかな
★5 - コメント(0) - 2015年3月8日

★★☆☆☆。エッセイ、自叙伝的な内容を新書サイズで出版というアイディアはとても良いと思うし、一つ一つのエピソードもとても良質な内容なのだが、いかんせんページ数の制限と字ヅラの大きさから考えると、何もかも全部詰め込んで結局全てが中途半端で纏まりがなく、タイトルとイマイチ噛み合っていなかった印象を受けました。しかしそれは池上季実子さんが悪いのではなく、担当編集者の力量不足だと思います。もう少し絞り込みが必要に思いました。
★22 - コメント(2) - 2015年3月5日

女優の方の新書に興味があり読みました。 新書というよりエッセイでしたね。幼少時代の話はちょっと読んでいて切なかったです。女優業は過酷な派遣労働なモノだと書いてあり、納得する部分も!華やかな世界だけどもその裏にはたくさんの大変なこともあるんだな。。
★9 - コメント(0) - 2015年1月23日

一気読み。
★1 - コメント(0) - 2015年1月12日

私の大好きな『池上季実子さん』のタレント本。 タレント本などは全く興味もなく読んだ事もありませんでしたが 図書館で見つけて思わず手に! 幼児期の虐待、女優業から結婚 出産 離婚 子育て、そしてカナダでの大事故と 愛しの季実ちゃんの半生です。ただ 私には最高の一冊なれど 所詮はタレント本。池上季実子に興味ない方には つまらない本でしょうね!
★10 - コメント(7) - 2014年12月12日

「(池上季実子という)名前はよく知っているが、出演作をほとんど観たことがないな~」「新書で人となりが分かると面白いかも」と軽い気持ちから読みはじめた。撮影の舞台裏やメイキングはあまり記されず、生い立ちやこれまでの出来事がこの本のほとんどを占めている。その中でも一番言いたかったのは、おそらく両親のことなのだろう。いつも怒ってばかりいた父親、その場面で助けてくれなかった母親、そして両親の離婚……。ここについては僕の両親にも似たところがあるので、一番共感できるところだった。
★6 - コメント(1) - 2014年11月5日

 (ワタシと同じ「きみこ」でありながら、)女優「池上季実子」さんという女性の人生は、一般人とはずい分かけ離れたものであると思った。両親のこと・子供時代のイジメ・自身の女優としての歩み・離婚・育児等、素直な文章で書かれていて、好感を持った。美しく、華やかな面ばかりではない、苦しい・ツライ部分も隠さずに表現していて、心を打たれた。しかし、「母と娘」の関係については、愛情を渇望しているという点で、ワタシ達庶民と全く変わらないことも分かった。また、見かけによらず、野球やサッカー好きというのも面白く思った。
★6 - コメント(0) - 2014年10月9日

週刊文春での阿川佐和子さんとの対談でこの本を知り、興味深く読んだ。講談社現代新書でタレント本が出ることが意外だった。
★3 - コメント(0) - 2014年10月6日

女優って仕事は大変なのですね。
★1 - コメント(0) - 2014年9月27日

懐かしい女優さんです。私には昭和ドラマの代表のように思えます。理不尽な父親やデビュー当時の苦労話、そして大きな事故… そんなつらい過去を自分への宿題と捉え向き合う。 どんなに嫌な経験にも意味があり成長の糧になるんだと。前向きな気持ちになれる作品でした。
★6 - コメント(0) - 2014年9月2日

向き合う力、について書いているというよりは、著者が自分と「向き合って」、自分の人生を描いた本でした。 そんな本なので、特に心打たれたところもなく、という感じです。
★6 - コメント(0) - 2014年8月27日

子育てが興味深かったです。両親との行き違いもあり、子どもが育ちあがったので良しとされてます。
★6 - コメント(0) - 2014年8月22日

なんとかの力っていうのがやたらと流行ってるんだなー、女優までだすのかい、とやたら本の売れてる(スゴイ!)恵比寿アトレの三省堂にて。すごい語彙が豊富で教養のある人なのね、と日本の女優という職業につく人を知らず知らず見くびっていることに恥ずかしくも気づかされる。全てに意味がある、って。ただ、真面目で正論であればある程、世にどう語るかって難しいなーとも思う。頑張りました、こんな挫折でも最終的には挫けず頑張りましたってのは食傷気味になる。し、往年のスターにこう可愛がられたのも、へーそうかいと。笑。自虐って肝かも。
★4 - コメント(0) - 2014年8月7日

俳優の池上季実子さんがこれまでの人生を振り返る。講談社現代新書という、異例の出版形式だったので、思わず速攻で買ってしまった。幼少時からの父親の理不尽な抑圧、標準語を使っていたことによるいじめ、結婚と離婚、大事故による後遺症、などの困難をくぐり抜けたこと、一方で多くの俳優やスタッフに支えられて俳優活動を続けてこられたことなど、彼女がこれまでいかに人生に向き合ってきたかが記されている。俳優としての池上季実子でなく、一人の人間としての池上季実子さんの素顔が分かる好著です。
★6 - コメント(0) - 2014年7月30日

今読んでいるみんな最新5件(4)

03/01:hitokoto
01/19:AKIKO-WILL
08/30:miyuki

積読中のみんな最新5件(3)

01/15:GEN
01/24:トコ
07/31:絶間之助

読みたいと思ったみんな最新5件(27)

03/03:ちくわ
01/15:ann
01/18:デコ
12/10:terry
11/15:ままる
向き合う力の 評価:100 感想・レビュー:20
ログイン新規登録(無料)