AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
あらすじ・内容
脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す!

自動運転車、ドローン、ロボット兵器、
雇用・産業構造、医療・介護、芸術……

「自ら学んで成長する能力」を身につけた
次世代ロボットは、
人間社会をどのように変えるのか

--------------------------------------------------

AIが「人類を滅亡させる」のは本当か?
いまそこにある「日本衰退」の危機とは?

「ルンバ」などのお掃除ロボット、
グーグルが先鞭をつけた自動運転車は、
掃除機や自動車などの姿を借りた次世代ロボットであり、
おそらく今後、あらゆる製品で同じようなことが起こる。
つまり、家電や自動車をはじめとする多くの既存製品が、
一種の知性(AI)を帯びたロボット的な製品へと
生まれ変わるのだ。

AIと次世代ロボット技術は、今後、
私たちを取り巻く全ての産業を塗り替えてしまう。

日本の産業界がそれに気づかず、
この分野でグーグルなどに後れを取ると、一体どうなるのか。

これを今こそ、日本の産業界はよく考えないといけない―。

--------------------------------------------------

【本書のおもな内容】

第1章 最新AIの驚異的実力と人類滅亡の危惧
――機械学習の光と陰
第2章 脳科学とコンピュータの融合から何が生まれるのか
――AIの技術と歴史
第3章 日本の全産業がグーグルに支配される日
――2045年「日本衰退」の危機
第4章 人間の存在価値が問われる時代
――将棋電王戦と「インダストリー4.0」

あらすじ・内容をもっと見る
256ページ
963登録

AIの衝撃 人工知能は人類の敵かはこんな本です

AIの衝撃 人工知能は人類の敵かの感想・レビュー(558)

とても読みやすく、AIについてほとんど興味がなかったが これを機にAIについてほかの本もよんでみようと思わせる本だった。
- コメント(0) - 2月19日

理論的なことは少なめなので、企業・産業動向などの概要を知るには良いと思います。
★1 - コメント(0) - 2月17日

AI関連シリーズの2冊目。ケータイやインターネット等の台頭と同じように、AIも生活の中に浸透していくのか、大変興味深い内容でした。人間の価値って何やろか、とちょっぴり哲学的にもなりました。比較的読みやすいかな。いずれにせよ、夢が膨らみますな。
★1 - コメント(0) - 2月16日

奥付を見ると本書が発売されたのが約一年前であるから、現在AIの進化は更に進んでいると思われる。皆が懸念する一つに、AIが人間の職業を奪ってしまうだろうということが挙げられるが、全ての職業ではないし、その分生活は便利になる訳だし、あまり悲観的にならなくても大丈夫ではないかと個人的には思う。AIの基本的な内容をまとめた本でいろいろ考えさせられるが、AIによってもっと未来は明るくなると自分は思いたい。
★2 - コメント(0) - 2月7日

グーグルやフェイスブックといった巨大企業での研究には、AIを搭載した次世代ロボットや自動運転車を出現させることで、ビッグデータを集め、クラウド型の機械学習で解析を行うことで、広告の精度を高めたり、新製品の開発に結び付けるという最終目標がある。今回のAIブームは、背景に少子高齢化による構造的な人手不足など社会的な変化があるため、本格的な産業へと脱皮する可能性は高い。インダストリー4.0では、発注にかかる人手や時間が節約でき、また物流も自動運転化されることで人と機械の新たな関係が生まれる。
★15 - コメント(0) - 2月3日

★4そもそもAIってなんぞや?ってのがきっかけで読んだ一冊でした。AIが一体何なのかについてが、AIの研究の歴史と共に紹介されていた点がよかった。グーグルがどこに向かっているかの考察(作者なりの)がとても興味深かった!もう何年かは「情報」を制する者が世の中を制するという流れが変わらないような気もするし、まだまだこの分野には興味が尽きない。最後の結論は....
★3 - コメント(0) - 1月27日

★1 - コメント(0) - 1月27日

確かに最後の章は衝撃。こういうの読んだらブラタモリとかLIFEとか恋ダンスとかに逃避するしかない。
★2 - コメント(0) - 1月19日

車の運転やらレジ打ちやらがAIに出来るようになる。しかし車の運転の場合、事故が起きた時の倫理(自分か沢山人が乗っている相手の車や子供と大人、どちらを助けるか?)に一定の答えを出さないとAIによる車の運転は難しい。AI研究は人間の脳を真似ようと脳科学から吸収しようとしてるけど、それでも人間の高度な脳処理を素早くやるのは難しい。ヒューマノイド志向の日本のロボット技術は海外に対して弱い。AIに創造的なものは作れないとしているが、ある物を掛け合わせるという考え方ならAIにも創造的なことは可能。
★2 - コメント(0) - 1月19日

囲碁や将棋といった知的創造分野でも人類を圧倒し始めた、人工知能。「人類を破滅に導く」とも言われているこの技術はどこから来て、どこに向かうのか。人工知能を語るうえで欠かせない「フレーム問題」とは、なぜ今「ロボット・ルネサンス」が起こったのか、人類がロボットに勝てる領域とは、などなど。人工知能とロボットを語るうえで欠かせない基礎知識が身に付く入門書。たった2年前の本が、一部時代遅れになりつつあるほど、「AIの衝撃」は大きい。おすすめ
★5 - コメント(0) - 1月15日

情報学科の学生としては、AIをいっそう洗練していきたいと思う。そこで、人類がロボットに職を奪われるという懸念があるが、解決策の一つは本書にあるように、製造業を盛んにすることだと思う。本書によると、製造業発展政策が欧米に対して日本は遅れているので、そこを改善すべきだと現在の私は考える(本著書の受け売りだが)。以後、経済の勉強をしていきたい。
★3 - コメント(0) - 2016年12月31日

KJ
「自ら学んで成長する能力」を身に着けた次世代ロボットは、自動運転、ドローン、ロボット兵器、雇用・産業構造、医療・介護、芸術など、私たちを取り巻く産業、生活、社会の在り方全てを塗り替えてしまう。日本の産業界が後れを取れば、競争力を失い衰退へ向かう危険を孕む。一方、脳科学とコンピュータの融合から機械学習の技術が開発され、人間のように思考し、意志をもつAIが開発される可能性が見えてきた。AIは、本当に人間を害する悪意を持つ存在にはならなか?自分が生きているうちにSF小説の世界だったことを心配する時代になるのか。
★1 - コメント(0) - 2016年12月16日

とてつもないスピードで進んでいる分野。2015年の本なのですでに古いけど2015年までの進歩を知るには良かった。もう想像して次の働き方を見据えて動き出さないと手遅れになるなと考えさせられる。ただ2016年の進歩を見ても考えてるだけだともう遅い。動き出してないと。
★4 - コメント(0) - 2016年12月14日

ゼミのレポートの参考文献にと思い読んだが、先日アイの物語を読んだ影響でかなり楽しめた。アイの物語に出てくる人間の考えの背景が理解できたというような感じだ。知能を持つロボットの実現は、人間の夢のように語られることもあるが、もし本当に実現した場合、人間の脅威となる問題を孕んでいる。今はまだSFの類と笑えるが、果たしてそれを笑えなくなる日が来るのだろうか。
★4 - コメント(0) - 2016年12月12日

AI(人工知能)の概要とこれまでの歩みにはじまり、各国・各企業における研究・実践状況、そしてAI自身の抱える課題や将来人間がこのAIとどう向き合うことになるのか、筆者の考えがまとめられている。「ディープラーニング」を通じた「機械学習」によって進化し、人類の知能を越える日が来ることを予見しつつ、これまでの産業革命同様、それらを受入れる「叡智と包容力こそが、私たち人間に残された最後の砦」と締めくくっている。 AI論理構造の説明は文系の自分でも理解でき、全体的に読みやすい文章でした。
★1 - コメント(0) - 2016年12月3日

カルマンフィルター/フレーム問題/コスト関数/ベイズ定理/ロジスティクス回帰分析 などなど。ちょっとずつ理解が深まってきたぞ。
★3 - コメント(0) - 2016年12月3日

細切れに読み過ぎた。。作曲の世界でもAIが驚くような動きを見せた例があるのは、知らず。ただ、同じ芸術でも、絵画や水墨画、詩は、AIに生み出せるのかな?そこの成否も、人間とAIの違いの一つになると思った。
★2 - コメント(0) - 2016年11月29日

AIというものは、近年の脳科学の成果を反映して人間の脳を真似ることで急激な成長を遂げているそうだ。今でこそまだ「意識」や「意思」といった人間の要素はAIに搭載されていないが、それを生み出す脳の仕組みが解明され、それがAIに応用される時代が来たならば、もはや人間とAIを搭載したロボットを「身体的に人間であるか否か」という理由以外で区別することが出来ない時代が来るのかもしれない。さらにAIがその処理能力で人間の知能を凌駕するであれば、最早「万物の霊長」としての人間の覇権は終わりを迎えるのかもしれないと思う。
★1 - コメント(0) - 2016年11月25日

「AI」。最近良く目にするが、その開発研究の現状と将来が分かりやすく書かれており、ど素人の私でも読みやすかった。 自律的進化を始めたAI。人間がAIとどう向き合っていくのか。 ロンドンのある小さな研究開発会社がグーグルに買収される条件に、AIの危険な開発・活用を規制するために「AI倫理委員会」なるものの設置を要求したとか。
★2 - コメント(0) - 2016年11月21日

世の中はいつまでたっても子供のころに雑誌で見たりSFで読んだ未来になりゃしない、と思っていたのに、知らぬ間にこんなに未来になっているとは、という感じです。人類の未来をAIにゆだねることがリアリティを持って語られる時代になるとは…。
★4 - コメント(0) - 2016年11月19日

昨今のAIの急速な発展とその前史をたどりつつ、AIが決して人間と対立するものではないことを示す。AIの前史においては、結局のところ、人間がAIに学習させていたが、海馬の仕組みなどを含めた脳科学の進歩や、深層学習の仕組みがベイズ理論などを取り込むことによって確立され、それによって飛躍的に進歩する。株価や不動産価値の予想や試算、さらには囲碁や将棋などのゲーム、音楽の作曲に至るまで、様々なことが可能になる。創造性は人間に固有だと思われているが、実のところ物事を繋ぎ合わせることだ、というジョブズの言葉が物語る。
★5 - コメント(0) - 2016年11月18日

深層学習が今熱いらしい、このビッグウェーブに乗るしかない
★1 - コメント(0) - 2016年11月6日

AIは理想通りの進化をしてくれるのか、人間を超えて手に負えなくなるのか数十年後どんな未来になってるのかとても気になる。
★1 - コメント(0) - 2016年11月4日

AI(人工知能)の現状と行方を概観できた気がする。
★1 - コメント(0) - 2016年10月22日

自ら思考するコンピューター[AI]すなはち人工知能が開発されるようになり、パソコン、インターネット、スマートフォンの次に大きな転換点が来ているようだ。自分も常々思っていたが、GoogleやAmazonを代表とするアメリカの企業がソフト開発を担当し、ビッグデータを独占するようになるとの見立て。単なる入れ物を作っているだけだとヤバいと警告している。この先、コンピュータに仕事や技術をいかす場を奪われ、生き甲斐がなくなりノイローゼになる人が増えるのではないだろうかとの懸念を強くした。収入格差が進むのは間違いない。
★2 - コメント(0) - 2016年10月19日

ここ数年、春になると必ず大きな注目を浴びる将棋電王戦。AIを搭載したコンピューター将棋ソフトと気鋭のプロ棋士が対戦する団体戦は、2013年から2年連続でプロ棋士側の負け越し。特に2014年は1勝4負という大敗に終わりました。
★1 - コメント(0) - 2016年10月18日

強いAIの向こう側にある、人間の持つ「何か」に想いを馳せる著者のスタンスに共感。
★3 - コメント(0) - 2016年10月16日

AIの進歩は日進月歩で、この本の内容ですらちょっと古いと感じさせられる。もう少しAIに関するいろんな本を読むつもり。
★1 - コメント(0) - 2016年10月5日

関連「業界」の著者なのでそれなりの事実を知ることができるものの、情報学の専門家ではないので、人工知能を専門家がどう理解し実態としてどんなことなのかを正確に説明できていないのが最大の問題点。したがって、将来予測も非常に空想的なレベルに終って役立たない。とりあえず、関連業界の様々な動きを知ることができるくらいを期待して読むしかない。なお、専門家は人工知能がいま現在全く存在していない言い切っている。
★11 - コメント(0) - 2016年10月3日

AI技術の発展によって「人間とは?何のために生きる?何ができるのか?」を考えなければいけない世の中がすぐそこに来ていると実感。面白かった。
★3 - コメント(0) - 2016年10月1日

あらいやだ。この本読みながら、はじめてプロ棋士を破った将棋プログラム「Ponanza」の開発者イケメンすぎる山本一成氏のことを思い出して萌えてたら、最後のほうでご本人の談話登場(*–`ω´–*)MOEEE▼ともあれこれは、数あるAIや技術的特異点関係の本の中でも、格段にわかりやすくてお勧めできる本。おすすめしてくれたお気に入りさんたち、サイエンス本コミュのみなさん、ありがと~
★30 - コメント(0) - 2016年9月28日

今まさにホットトピック。AI分野において、今(本が執筆された当時)の最先端について記したうえで、技術的側面からAIがどのように進化してゆくか書いている。法学的、哲学的側面からAIに迫るとまた違う結論がでると思う。
★3 - コメント(0) - 2016年9月15日

電話交換や銀行振込などかつて人手をかけた仕事はコンピュータものになった。自動運転も近いうちに実現する。ところが、対向車線から自動車が割り込んできた場合、回避先の歩行者を犠牲にするか、衝突する場合、どの席に乗っている人の命を優先すべきかという倫理問題も機械に権限移譲することになる。仮に、その技術が確立した場合、まるで人間そのものが不要になるかのようにも思える。しかし、人類は自分よりも優れた存在を創り出し、それを受け入れてきた。このように将来を見据えることができる叡智と包容力がわれわれ人間に残された最後の砦。
★73 - コメント(0) - 2016年9月11日

ビッグデータを分析し、自ら学び、成長することができるようになってきたAI。将来、10〜20年先には現存する職種の47%がAIに奪われ、さらに将来、人類はAIにより絶滅させられるかもしれない。一方、現代の人の仕事のやり方は「細分化」「専業化」が進んでおり、AIにより代替可能な職種はますます増えてきている。そして、人が持つ優れた能力「あらゆる方向で学習する力」「統合し判断する力」「直観力」「創造力」を育てない教育になっているような、、、、
★7 - コメント(0) - 2016年9月9日

AIという言葉をこの頃、何度もよく聞くのに、それがいったいなんなのか分からないため、読んだ。AIは人間の頭脳を模倣した、ディープランニングを駆使したコンピューター技術という理解でよいのだろうか。自力でどんどん成長していく技術に好奇心を持つと共に、一抹の不安を感じる。知性とは人間特有のもので、機械に再現できるはずないと思っていたが、計算式で再現することも不可能ではないらしい。知性とは所詮、そういうものなのかと衝撃を感じたが、これから先の諸問題を解決するパートナーにもなりうるのかとも思った。
★6 - コメント(0) - 2016年9月4日

音楽の話のところで、AIじゃなくて佐村河内氏を思い出しました。「音楽が持つ意味は、結局、それを聴く者の耳(つまりその人の心理)の中に宿っている」。AIが作った曲を、事前に聴衆に知らせたり知らせなかったりして反応を見ると、明らかな違いが出たとのこと。面白い。
★6 - コメント(0) - 2016年8月31日

先日読んだ松尾さんの本は主にAI研究そのものに焦点を当てて書かれたと思うが本書はそれの応用例(搭載例)を中心にAIへの理解を深め向き合い方を探る書。非常に面白かったし恐ろしかった。Googleなど米国企業に世界が支配されないよう日本の研究者、エンジニアには是非頑張ってもらいたい。AIに支配されるのも怖いが一国(一社)に支配されるのも同様に怖い。
★2 - コメント(0) - 2016年8月30日

fu
週刊ダイヤモンドのAI特集を読み、それまで気にも留めていなかったAIの現状と将来に衝撃を受けたので、本書を読んだ。高齢化社会で労働力不足となる将来の日本では、ロボット需要は大きいだろうと推測していたが、どうやらメリットばかりではなさそうだ。成長する能力を備え、発達したAIが人間を越えた時どうなるのか。暴走を止められるのか。知らない間に、SFの世界と笑い飛ばせない時代がそばまで来ていたんだなあ。
★29 - コメント(0) - 2016年8月29日

2015年時点のAIに関する現状を網羅した書籍。1940~50年代から始まったニューラルネットワークの研究から、今に至るまでのAIの歴史が分かりやすく纏められています。紆余曲折の末、近年になってAIの大きな可能性が再び注目されていますが、その一方でAIとどのように向き合っていけばいいか考えさせられます。本書でも取り上げられていた将棋界とコンピュータのように、互いに協力するような関係になれば、と願います。
★5 - コメント(0) - 2016年8月28日

音楽や小説すらも、人間を凌駕できる作品を生み出せることには驚いた。今後、一つの能力に秀でているというより、広範な知識と判断力を備えていることが、重宝される世の中になりそう。
★3 - コメント(0) - 2016年8月19日

AIの衝撃 人工知能は人類の敵かの 評価:92 感想・レビュー:246
ログイン新規登録(無料)