下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)
あらすじ・内容
◆「これからの日本」をどうするか?◆

人口減少、待機児童、地方創生、大学入試改革…。

日本が直面する重大問題の「本質」に迫り、
あらためて日本人のあり方について論考した快著!

----
反アベノミクス派の皆さんでさえも、あまり口にしない大切な事柄がある。

子育て中のお母さんが、昼間に、子どもを保育所に預けて
芝居や映画を観に行っても、後ろ指をさされない社会を作ること。

私は、この視点が、いまの少子化対策に最も欠けている部分だと考える。

経済は重要だ。待機児童の解消は絶対的急務だ。

しかし、それだけでは、おそらく非婚化・晩婚化の傾向は変わらないし
少子化も解消されない。
---
雇用保険受給者や生活保護世帯の方たちが
平日の昼間に劇場や映画館に来てくれたら、

「社会とつながっていてくれてありがとう」

と言える社会を作っていくべきなのではないか。

失業からくる閉塞感、社会に必要とされていないと感じてしまう疎外感。

中高年の引きこもりは、社会全体のリスクやコストを増大させる。(以上、本文より)
----


◆私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか◆

他者の権利に嫉妬するのではなく、
「生活がたいへんなのに映画を観に来てくれてありがとう」と言える社会へ――。

若者たちが「戻りたい」と思える「まちづくり」とは?
日本が少子化問題を解決するための方策とは?

あたらしい「この国のかたち」を模索する。


◆絶賛の声、続々◆

内田樹氏:
本は衰退期に入った。
だが、いまだ多くの人々はその現実から目をそらし、
妄想的な「富国強兵」路線にしがみついている。
その中にあって、背筋のきりっと通った「弱国」への軟着陸を提案する
“超リアリスト”平田オリザの「立国宣言」。

藻谷浩介氏:
避けてきた本質論を突きつけられた。
執筆中の本のシナリオも組み立て直さねば。
経済や人口に先立つのは、やはり「文化」なのだ。

あらすじ・内容をもっと見る
240ページ
829登録

下り坂をそろそろと下るはこんな本です

下り坂をそろそろと下るを読んだ人はこんな本も読んでいます

みかづき
3600登録

下り坂をそろそろと下るの感想・レビュー(469)

下り坂の日本を生きていく上で参考になることが書かれている。重要な本です。冒頭から司馬遼太郎作品が多数引用されています。 鷲田清一さんの「しんがりのリーダーシップ」が面白いです。 「誰人もみな芸術家たる感性をなせ」は宮沢賢治の言葉とのこと。 「文化を通じた社会包摂によって、人間が孤立化することを防ぎ、」P233
★9 - コメント(0) - 3月24日

演劇の可能性についての評価と他者への期待度合いの違い、という2点以外は作者と共通した考えを持っているように思うが、肌に合わなかった、というのが感想。興味はもったが。藻谷浩介氏との思想の共通性を感じる(親交があるようだが)。 個人的新書大賞:1位:言ってはいけない、2位:人工知能と経済…、(3位:ゲノム編集とは何か)、4位:応仁の乱、5位:不屈の棋士、5位:下り坂を…、7位:人口と日本経済、… 一言感想:『応仁の乱』は、日本史の十分な知識がないと中盤までが地獄。『不屈の棋士』は、得た知識をどう使えるかが肝。
★1 - コメント(0) - 3月23日

日本は今後右肩上がりの経済にはならない。そのことを個々が自覚することが重要。題名から受ける印象よりは前向きな本でグローバル化が町に与える影響の小豆島の話など具体的で面白かった。まあ前向きだから現実的かというとまた別の話のような気もするけれど。
★3 - コメント(0) - 3月22日

司馬遼太郎『坂の上の雲』と対比するかたちで、今まさに坂を下りなければならない状況に立たされた我々が、如何にしてその坂を下りるべきなのかを考察する。地方における文化実践、大学入試改革や韓国と共同で主催した演劇など、平田自身が関わった実践の話題は非常におもしろく読んだ。とりわけ韓国人の感じているという「未だに先進国ではない」という自意識ってまったく考えたらこともなかったのでなるほどなと。
★8 - コメント(0) - 3月21日

私の愛する「坂の上の雲」(司馬遼太郎)は、印象的な書き出しに始まり、長い物語の末の著者の後書きでしめくくられます。もう10回以上再読した作品 その坂の上の雲をなんどか引用しながら進む文化論 といえばいいでしょうか。最近読んだ本の中では一番かな。と思っています。 個々人にとっての坂の上の雲はこれからの若者全員にあるだろうが、日本国の坂の上の雲は、もはや違うだろうと思っていました。「これでいいのだ」 の感覚で覚悟をもって過ごすのがよい。なるほどと、図書館に返却後、一冊買って蔵書にしました。
★4 - コメント(0) - 3月16日

わたしが感じてる感覚をそのまま言葉にしてもらえたような気持ちよさ!ただその解決策を芸術に求めるのは、筆者も言及してるけど田舎になればなるほど難しい。機会もないし、芸術を受け入れる風土は都会以上にないと思う。 でも寂しさとか現状を冷静に見つめて考えることはできるはず。大学生活で1番学んだ「自分の価値観は絶対じゃないこと」。このことは肝に銘じておこう。
★7 - コメント(0) - 3月16日

これからの在り方
★8 - コメント(0) - 3月14日

「あなたの故郷では何とも斬新的な取り組みが行われているわよ」と言って81歳の友達が貸してくれた本。教育の格差と貧困の問題が社会問題化しているが、「文化資本」の格差の方が大きな問題、と指摘している。
★5 - コメント(0) - 3月13日

金子光晴『寂しさの歌』に「僕が今本当に寂しがっている寂しさは、この零落の方向とは反対に、ひとりふみとどまって、寂しさの根元をがっきとつきとめようとして、世界と一緒に歩いているたった一人の意欲も僕の周りには感じられない、そのことだ」という言葉を引用し、「日本はもはや工業立国ではない」「成長社会に戻ることはない」「アジア唯一の先進国ではない」という3つのことに向き合い、その下り坂をそろそろと下る覚悟が必要という。また、地方が生き残るには、若者が地方にいて面白いと思わせる文化資源を活かす政策・視点が必要という。
★13 - コメント(3) - 3月11日

読み始めたときは、おじさんは政治家の年齢をこえるとすぐに政治語るよね〜と思っていたが、演劇をからめて地方再生を考えているブロックは非常に面白かった。後半になるにつれ自分の言いたいことがメインで演劇と絡まなくなり、残念。
★4 - コメント(0) - 3月4日

著者が日本社会の色々な所を見てこの国を見ていった一冊。もっと地方創生が進んだらいいのにな。
★326 - コメント(0) - 3月2日

A
★2 - コメント(0) - 2月27日

再び嫁さんに勧められ読んだ本。読んでみて驚いた。劇作家の平田さんがこんなにいろんな形で地方再生に関わってたとは。しかも通り一遍の地元興しではなく、各地の地元で人も経済も周り、かつ世界レベルでの文化コミュニティを作るという極めて意義深い活動ばかり。 司馬遼の「坂の上の雲」の冒頭のもじりで始まり、司馬の「日本はいい文化は作れるが輸出して世界標準となるような文明は作れない」という至言や、フラットな視点から世界での日本や日中韓関係のあるべき姿を提示する内容は極めて啓発的。日本の現状に問題意識ある全日本人必読。
★2 - コメント(0) - 2月21日

地方から若い世代が出て行ってしまうのは「つまらない」からである。自己肯定感を引き出すような文化政策とハイセンスなイメージづくりが必要である。とりわけ子どもが小さいころから本物に触れる機会を設けること。幅広い視野、人の状況に思いをはせる力、マナーや振る舞いが必要で、それこそがコミュニケーション能力なのだが、それを養うには20歳ごろまでの環境が影響するのである。本書で紹介している自治体や大学などはいずれもかなりハンデがある地方だが、新しい文化の拠点、新しい試みが成功しているところとして注目を集めている。
★38 - コメント(1) - 2月20日

地方の取り組みは興味深かった。大学の試験方法が変わりつつあることも。今までは学歴だけで社会で使えない人が多すぎたけど、少しはその差が埋まるかも?でもそれはそれでこどもをどう育てていくか親にとっては悩ましい。日本が下り坂といっても、これから生きていく子どもたちには希望が見える社会をつくらなければならない。テーマが大きくて、いろいろ思うことありうまくまとまらないが、考えさせられたことが多い。ただ、昔の作家を引用して今の社会のことを語るのはどうかと思った。
★2 - コメント(0) - 2月11日

ものすごく冷静な見解。 個人的にもともと、物を作って儲ける時代は終わりで、サービス、もっというと芸術にお金を払うことでお金を回すようにすべき(そのように子どものうちに芸術親しませるべき)、と考えていたので、それを実際推し進めている人たちがいることに感動した。 全体に、まず現状をバイアスなしに認識し、その事実を冷静に受け入れ、その上で希望を持ってできることを考えて実行に移す、という姿勢がはっきりしていて、施政者にはほんと反省して欲しいものであります。
★3 - コメント(0) - 2月10日

「坂の上の雲」冒頭をまねての書き出しにドキッとした。ドラマで見ただけで司馬遼太郎作品は読んだことがないが、以前日露戦争が日本の分岐点になったという話を聞いて納得した。坂の上を目指して、日露戦争の勝利で日本国民は幕末以来のリアリズムを失ってしまい、昭和の敗戦を迎えた。そして戦後の復興から経済成長バブルを経て、停滞期にある。成熟社会という聞こえの良いことばもあるが、つまりは「下り坂」にさしかかって久しいということだ。様々な地方の取組みなどから、この時代をリアルに捉えて寛容と包摂の社会への道を提案する。
★4 - コメント(0) - 2月8日

演劇を学校教育に組み込み、『人と共に生きるためのセンス』を育成する。香川県内でも取組まれ、効果を上げているとは知らなかった。地方と中央の文化資本格差をなくす目的もある。伝統芸能なり文化芸術なりを、子どもに「シャワーを浴びるように」地方でも与える。無意味に中央を目指さない、付加価値を生む人材を育て、『寛容と包摂の社会』へ変わろう。これからの下り坂の日本を憂い、自ら携わる演劇がどのように資することができるかを考える平田オリザの提言だ。私にはまだしっくりこないこれらの動き。でも、これらが、当然になるのだろう。
★15 - コメント(0) - 2月7日

平田さんの本はこれで2冊目だった。今住んでいる、この瀬戸内周辺の事例も踏まえながらの展開で、親近感を持ちつつ、演劇を通じての「国のかたち」の見方は新鮮だった。包摂と寛容な社会を創っていくため、自分にできることを考えたいと思う。
★6 - コメント(0) - 2月5日

とにかく面白かった!どんなに切ない事実もきちんと受け止め、謙虚に生きる。それぞれの違いを批判するのではなく、認識する。当たり前で難しいことの大切さがすごく良く分かる一冊だった。
★6 - コメント(0) - 2月3日

 平田オリザさん、劇作家という部分を大事にしながら文化的活動から世の中をすごく見ておられるなと思います。そうでもしないと、世の風刺みたいな劇も多いのでしょうか。地方創生について考えてらっしゃること、文化にふれて感性を養うということ、その経験を発信することの難しさを改めて感じるとともに、文化の重要性を再確認。
★15 - コメント(0) - 1月28日

筆者が劇作家であることは知っていたが、演劇だけでなく、教育や地域振興、少子化対策にも造詣が深いことを知り、驚いた。私の出身地の自治体でも劇場と劇団を持っており(?)、今の演劇は、地方や教育など、行政っぽいミッションを背負い運営されるケースもあるのだということを知った。私は演劇にはあまり詳しくないので、演劇が社会的孤立を防ぎ、地方の活性化をするのかはあまりうまく理解できないが、何か面白いことがないと(特に女性の場合は突然の出会いがないと)若者は地域を出ていくという話は大いに共感する。おすすめ。おすすめ。
★3 - コメント(0) - 1月16日

これからの日本について語る本。なるほどと思うこともあればそうか?と思うこともあり。全体的には勉強になったし、賛同する部分も多い。易しい語り口かつ難しい内容ではないので、新書を読み慣れてない若い人でも読みやすいだろう。
★3 - コメント(0) - 1月15日

豊岡に近い田舎出身のため、文化の自己決定力=センスを育てることが地方にひとを定着させる早道であり、それにより日本も下り坂をうまく下りて、勝たないけど負けない位置で生き抜いていけるという主張には、共感できる部分が多い。ただ、著者が司馬遼太郎の著作からの影響を強く受けていることに驚いた。
★6 - コメント(0) - 2016年12月31日

寂しさがつきまとう。
★4 - コメント(0) - 2016年12月22日

日本は衰退していくしかない事を認めなければならない。という事実に少なからずショックを受けた。しかし、認めなければ先には進めない。日本人のこれからの生き方を示唆してる。
★6 - コメント(0) - 2016年12月22日

きらりの本
★4 - コメント(0) - 2016年12月22日

地方再生はとかく経済をどうするか、という観点で論じられるが、本書では芸術や文化のテーマから斬り込んでおり新鮮だった。私も東京から地方に転勤したが、地方のつまらなさの一端には芸術や音楽に触れる(偶発的なものも含めて)機会が極端に少ないことがあると感じる。また、日本が今後成長することはないんだ、という提言にはある種の清々しさを感じ、共感出来た。
★5 - コメント(0) - 2016年12月16日

右肩上がりの時代では無いと認識していたけれど、 緩やかな右肩下がりとまでの覚悟はなかった。 起点が変われば、価値観や目指すべきところも変わる。 僕の人生も四十を越え、緩やかな下り坂に入った。 それでも、どこか期待している。 日本だって、自分だって、 頂点を極める時が来るんじゃないかなんて。 まだまだイケるじゃないかって。 悲しみも喜びさえも、現実を見つめるところから始まる。
★7 - コメント(0) - 2016年12月16日

宮沢賢治など新しい発見があってよかった。 また、演劇や寸劇って自分以外の気持ちにたてることができるから想像力を鍛えるにはもってこいかな〜など色々と気づかされる本だった。
★6 - コメント(0) - 2016年12月10日

著者は、東京との経済的・文化的な格差を拡げられていく地方の現状に、世界における立場を少しずつ落としつつある日本全体の「縮図」をそこに見る。そうした地方の自治体の復興・再興 の試みの(数少ない)成功例から、下り坂を下りつつある最中にあるこの国の「寂しさ」との向き合い方のヒントを得ようとする。どこまでも絶望的なこの国の姿が精緻に描かれながら、最後まで読むと視界が開けたような気がするのは、著者自身がその「写生」の精神にこそ、希望を見出だしているからだろう。その感覚は、作者の戯曲を読んだときとまさに同様である。
★5 - コメント(0) - 2016年12月10日

【P.9】学生「地方はつまらないから帰らない」➡︎文化政策・文化資源の不足 【P.14】日本はもはや工業立国、成長社会、アジア唯一の先進国ではない➡︎その寂しさに耐えられない➡︎ヘイトスピーチ、ネトウヨ➡︎現実を直視せよ 【P.105】受験準備できない設問で「地頭」を問う➡︎外国の大学試験 【P.109】地域間格差と経済格差が、子供の文化資本/伝える力の格差を加速 【P.195】新幹線の定時「運行」は日本人だから可能。1分の遅延で苦情は日本特有の「文化」 【P.235】保育所に預けて映画に行けぬ不寛容社会
★6 - コメント(0) - 2016年12月10日

読了がしばらく前だけど、ヨーロッパの文化政策はどんな効果をもたらすといって予算付けがなされているんだろうとか、菜の花の沖と坂の上の雲は一時やたら大好きだったけど読み返そうかなとか何故かそういうことが頭に残っている。育児中の母親なのでこういう援護射撃はとても嬉しい。演劇と教育両輪を持っている暖かな人柄はよく伝わる。でもやっぱり無い袖は振れない。そのあたりもっと丁寧に数字と根拠付けが必要だと感じました。他の著作にはあるのかな。
★2 - コメント(0) - 2016年12月7日

東京で育ち、東京で一生懸命走り続けている人は読む必要がないかもしれません。日本の成長は止まり、衰退するのは認めていますけれど、その寂しさを受け入れなければならないとは感じなかった。そのことを若い人に言ってプラスになることはないと思った。そのため否定語が多く感じてしまい、気が滅入ってしまった。
★73 - コメント(1) - 2016年12月4日

ここから長く続く日本経済の後退戦は「勝てないまでも負けない」ようにもっていく。地方における少子化問題の本質は「非婚化・晩婚化」だ。若者達を地方に回帰させ、そこに「偶然の出会い」を創出していくしか人口減少問題を根本的に解決する方策は無い。地方は何より環境が良い。地域のつながりが良い。食の質が高い。住宅はもちろんレベルが高い。子育てには最高の環境だ。しかし、なぜ文化政策に言及がないのか?【1.もはや日本は、工業立国ではない】【2.もはや日本は成長社会ではない】【3.もはやこの国はアジア唯一の先進国ではない。】
★26 - コメント(1) - 2016年12月4日

A
★3 - コメント(0) - 2016年11月29日

<人口減少問題の「本質」とは何か。日本は今後、どのような社会をつくるべきか。稀代の劇作家が、私たち日本人のあり方を考察。あたらしい「この国のかたち」を提示する。> 下るしかない日本。どう下っていくのか? 小豆島、但馬・豊岡・城之崎、四国・讃岐など、地方のユニークな取り組みから希望が見える。 本物に触れることで人生は豊かになる。
★14 - コメント(0) - 2016年11月28日

地方の文化資本格差と普通科信仰の嫌な空気感は切実。これ以上の上り坂という違和感と、勝ちも負けもしないという価値観、新幹線の安全神話の例など納得。
★5 - コメント(0) - 2016年11月27日

子育て中のお母さんが、昼間に、こどもを保育所に預けて芝居や映画を見に行っても、後ろ指をさされない社会をつくること、ほんとそうなってほしい
★7 - コメント(0) - 2016年11月19日

劇作家は人々がどうすれば困るかだけを考えている。いつも、意地悪な視点でものを見ている。自分たちを不幸にしているものは何なのか。それは、どういった構造を持っているものなのか。きちんと直視するだけの力と、それを引き受けるしたたかさを持ってもらいたい。これからの日本と日本社会は、下り坂を、心を引き締めながら下りていかなければならない。オロオロと、不安の時を共に過ごしてくれるリーダーシップが必要なのではないか。演劇からみた国家のかたちと文化政策提言。新書一冊にはおさまらないテーマ。色々なモヤモヤが解消される本。
★72 - コメント(0) - 2016年11月13日

下り坂をそろそろと下るの 評価:98 感想・レビュー:218
ログイン新規登録(無料)