不屈の棋士 (講談社現代新書)

不屈の棋士 (講談社現代新書)
あらすじ・内容
羽生善治は将棋ソフトより強いのか。

渡辺明はなぜ叡王戦に出ないのか。

最強集団・将棋連盟を揺るがせた「衝撃」の出来事、
電王戦でポナンザに屈した棋士の「告白」とは。

気鋭の観戦記者が、
「将棋指し」11人にロングインタビューを敢行。

ここまで棋士たちが本音を明かしたことはなかった!

由緒ある誇り高き天才集団は、はたしてこのまま、
将棋ソフトという新参者に屈してしまうのか。

劣勢に立たされ、窮地に追い込まれた彼らはいま、
何を考え、どう対処し、どんな未来を描いているのか。

プロとしての覚悟と意地、将来の不安と葛藤……。

現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する
棋士たちの「実像」に迫った、渾身の証言集。

------------------------------
◆本書のおもな内容◆

序章 窮地に立たされた誇り高き天才集団

第1章 現役最強棋士の自負と憂鬱
◆羽生善治 : 何の将棋ソフトを使っているかは言いません
◆渡辺 明 : コンピュータと指すためにプロになったのではない

第2章 先駆者としての棋士の視点
◆勝又清和 : 羽生さんがいきなり負けるのは見たくない
◆西尾 明 : チェス界の現状から読み解く将棋の近未来
◆千田翔太 : 試行錯誤の末に見出した「棋力向上」の道

第3章 コンピュータに敗れた棋士の告白
◆山崎隆之 : 勝負の平等性が薄れた将棋界に感じる寂しさ
◆村山慈明 : 効率を優先させた先にあるものへの不安

第4章 人工知能との対決を恐れない棋士
◆森内俊之 : 得られるものと失うものの狭間で
◆糸谷哲郎 : ソフトの「ハチャメチャ」な序盤にどう慣れるか

第5章 将棋ソフトに背を向ける棋士
◆佐藤康光 : 将棋はそれほど簡単ではない
◆行方尚史 : 自分が描いている理想の棋士像とのズレ

あらすじ・内容をもっと見る
320ページ
453登録

不屈の棋士はこんな本です

不屈の棋士の感想・レビュー(309)

羽生さんが、将棋ソフトについてどう考えているのか興味があって読んでみた。あとは、渡辺氏と森内氏の項のみ読了。私はそれほど将棋を知らないのだが、ソフトに対する考え方も各々の将棋のやり方にどこか似ている気がした。彼らは負けるのが嫌いだろうからソフトに負けたくはないだろうが、暗算が得意な人でもコンピュータと争いはしないのだし、別次元のものを気にしなくてもいいと思った。勿論、対戦相手がソフトを隠し持ってきたら大変だが。
★132 - コメント(0) - 3月23日

将棋ソフトがプロのトップ棋士に追いつき、追い越した現状に対する考えを棋界を代表する11人の棋士に尋ねたインタビュー。人間の将棋指しの存在意義を問う質問はなかなか辛いものがある。A級プロ三浦弘行の敗北で「もう人間は勝てないな」という勝又清和の言葉は重い。第2回叡王戦にエントリーした羽生のその後の動向が気になる。本書刊行後の対局中のソフト使用疑惑は、その真偽はともかくいつかは起きる問題であったことがわかる。『三月のライオン』に出てくる棋士像はノスタルジックな姿なのかもしれない。天才も勝てないなら打つ手はない。
★17 - コメント(0) - 3月3日

この本を読んでから、アプリで将棋をダウンロードしてみた。20年振りくらいにやってみて、将棋自体も久々だが、本当に強くなっている。無料アプリでこんなに強いのだから、開発ソフトは相当なんだろう。だけど、人間対人間は別物だ。
★4 - コメント(0) - 2月26日

将棋というものに関わったのは私の人生でこれが始めて。本書には11人の棋士が登場するが知っている人といえば羽生善治さんくらいで、ルールも知らなければ駒の読み方も知らない。こんな状況でもすごく面白く読めた。将棋ソフトが出たことによって使用方法に苦悩を抱く人もいれば有効活用してやろうという人もおり、その思いは様々。将棋とは相手があってミスを誘ったり駆け引きして勝負するという性質から、コンピュータによる分析で間違いのない手を指すのとは違うという意見に深く共感。子供と一緒に自分の頭で考える将棋を始めてみようと思う。
★4 - コメント(0) - 2月16日

トップ棋士を含むプロ棋士11人が、コンピュータ将棋について語るインタビュー形式の一冊。人ごとに考え方は違うものの、人間vs人間の将棋と、コンピュータとの対戦は全くの別物というのは共通認識なのでは。250km/hのボールを投げられるピッチングマシーンを打てないからって、野球というゲームの面白さが失われないのと同じだと思うのです。将棋連盟の新会長としてコンピュータ反対派の佐藤康光が選ばれたことで、今後の将棋界とコンピュータの付き合い方は変わっていくのでしょうか。
★79 - コメント(0) - 2月12日

ある棋士が、インタビューで、将棋の神様とは、角落ち程度と言われたのを読んだことがある。私も、棋士を尊敬し、そのことを信じている。人工知能は、将棋の神さまから見るとどうなのか?疲れない。感情に左右されない指し手、最終盤の正確さ以外は、まだ、精査はなされていない。人工知能が人間より強いからといって、将棋が終わったわけではない。これからだと思います。棋士が、人工知能を活用するのもよし。棋士が、人工知能を凌駕するのも見てみたい。いろいろ考えさせられる本でした。
★3 - コメント(0) - 2月11日

コンピュータと棋士はどちらが強いかなんてナンセンスな問いだと思う。車と馬はどちらが早いかを真剣に議論しているようで。。車の黎明期にもこんな議論が真剣に戦わされたんだろうね。
★4 - コメント(0) - 1月19日

今までに存在しなかったものを導入しようと思えば、様々な障壁が立ち塞がる。便利であったとしても、その中にいる人の心は簡単には変わらないため、すぐには受け入れられない。受け入れたくないというのは自分の心であるのでそれ自体は良いとも悪いとも言わない。その上で、他者がどうするかについてはその個人の自由とするのがあるべき対処となる。
★13 - コメント(0) - 1月9日

将棋指しが将来、消える職業だとは思わないですが、当人達はすごい危機感を持っているようですね。
★4 - コメント(0) - 1月9日

将棋の研究にはコンピュータソフトが欠かせなくなってきていて、インタビューされた棋士はほぼ全員使っているようだ。各人様々な捉え方があって興味深い。感覚的に駄目だと思われていた手も数値化される事で、固定概念が覆され新手が出てきたというのも面白い。
★16 - コメント(0) - 1月8日

プロ将棋棋士11名へのインタビューで構成。プロ棋士がソフトに負けることが珍しくなくなった。そして、遠くない未来に、AIの知能が人間を超えるかもしれない。将棋界は未来社会を先取りしているのかもしれず、とても興味深く読んだ。本書の最大のテーマは「棋士の存在意義」だが、他にも論点は多数ある。「ソフトに頼りすぎると自分の頭で考えなくなる」「今更PC技術を習得するのは大変」「チェス界では、一部プロが最新版ソフトを独占している」等だ。最後の点は、一部の人が高性能AIを独占したらどうなるか想像すると、末恐ろしい。
★6 - コメント(0) - 1月5日

人工知能と棋士との戦いが、未来の生活を垣間見えてしまう。いろいろと考えさせられてしまい、人工知能があるから大丈夫というのが本当なのか?とも考えてしまう。 人工知能が自分で考えることができるとしても、そのプログラムを組むのは人間。結局、人間の枠組みから人工知能は超えれなくなるのでは?とも思いつつ読み進めてしまいました。ただ、おそろしく精度の高い判断が下されるので、まるでDoctorXの大門未知子のように。 生きていくのが息苦しくなり、どこか離れていく人もでてきそうな気がしてしまいます。
★4 - コメント(0) - 1月1日

個人的には、ソフトがプロ棋士より強くなっても、それで棋士の存在意義がなくなることはないと思っているが、それでも本書には考えさせられた。ソフトの研究をそのまま採り入れて勝つようになれば、最早プロとしての存在意義はない。さりとて、カンニングが許されない以上、最後は自らの思考力だけが頼り。その狭間で呻吟しているのが今のプロ棋士なのでは。それにしても、棋士たちが一様にソフトの強さを意識するようになった第2回電王戦で、初のA級棋士敗者となった三浦九段がカンニング事件を起こしたことを思うと…。オススメ。★★★★★
★9 - コメント(0) - 2016年12月23日

将棋の駒を動かす程度しかわからない人でも読んで欲しいと思うくらい、興味深い本でした。
★7 - コメント(0) - 2016年12月21日

棋譜を教師データとして機械学習した将棋ソフトウェアが表示する局面の評価値を教師データとして棋士が学習する、という時代になったのか。ぐるぐる回っている。オレも、外国語学習で機械翻訳の結果を参考にしているから、似ている構造かも。棋力向上に将棋ソフトウェアを最大限活用しているという千田翔太がこれからどうなっていくのか興味津々である。
★6 - コメント(0) - 2016年12月15日

第1回電王戦で米長邦雄が敗れ、第2回、第3回では棋士側が負け越し。 電王戦FINALでは棋士側が勝ち越すも、第1期電王戦では山崎隆之が2連敗を喫した。「事実上、ソフトはトップ棋士に追いついた」と情報処理学会が発表もする中、棋士たちはどう考えているのか。早くからソフトに触れていた棋士、ソフトに敗れた棋士、ソフトとの対決を恐れない棋士、ソフトに背を向ける棋士・・・様々な立場の棋士11人へのインタビューを収録した本。
★26 - コメント(4) - 2016年12月12日

竜王戦挑戦者決定戦で勝利した三浦弘行九段に将棋ソフト使用の疑いがあり、敗者の丸山忠久九段が渡辺明竜王に挑戦してる竜王戦、3勝3敗の佳境に入っています。A級棋士三浦九段がソフトに敗れたのは2013年でした。観戦記者大川慎太郎氏の「不屈の棋士」(2016.7)は、ソフトに対する棋士の思いをまとめたものです。めちゃめちゃな序盤・正確無比な終盤、形も手順もおかまいなし、読みの深さはお手の物、そんなソフトに静観する人、対決する人、背を向ける人。羽生、渡辺、森内、糸谷、佐藤(康)、行方などの棋士が思いを語っています。
★25 - コメント(1) - 2016年12月9日

もし人間がソフトに勝てなくなっても、人間同士が戦うからこそ感動を生むのだから、大きな問題ではないと思っていた。しかし問題は棋士が電王戦で負けることではなく、日頃からソフトに頼りきりになって自分で考えられなくなったり、先のスマホ持ち込み問題のようにどこまでが「人間同士の戦い」なのかわからなくなり、棋士を存続させる意義がなくなる点にある。私は駒の動かし方しかわからないレベルだが、棋士の人間性や生き方に興味がある。将棋界に揉め事が増えたり個性的な人が減ったらとても残念だ。
★14 - コメント(0) - 2016年12月7日

4点
- コメント(0) - 2016年12月1日

叡王戦などで将棋界が盛り上がりを見せているので読んでみた。棋士によってコンピュータに対する考え方がまちまちで面白い。どのような考え方を持つにせよ、今後、いかにコンピュータとの共存を目指すかという課題はプロアマ問わず議論の対象となり続けるだろう。コンピュータに負けたという結果のみが大々的に取り上げられる一方、その過程が無視され棋譜が精査されていないという指摘は肺腑を衝くものがあった。個人的には、人間がコンピュータに勝てなくなったとしても将棋自体の奥深さや対人戦の緊張感・熱気が失われることはないと信じている。
★8 - コメント(0) - 2016年11月28日

これからAIとどう付き合うかが一人一人の人間に問われつつあるが、その最先端ともいえる局面でAIと対峙し、付き合い方を模索している一線級の棋士の姿が興味深い。AIは「人間とは」を映し出す鏡でもあるが、ミスと不安が人間たらしめているものであり、それが人間の魅力につながっているようにも読み取れる。
★9 - コメント(0) - 2016年11月27日

図書館本。将棋の現役プロ棋士11人へのインタビュー集。将棋について関心のある人向けの内容かもしれません。この中では、プロ棋士vsソフトの頂上決戦「電王戦」のサポート役を務めた西尾明棋士、将棋ソフトを棋力向上に積極的に活用することを公言する千田翔太棋士、「コンピューター将棋という試み自体が、情報処理の観点からは重要視されなくなっている分野なんです」とぶっちゃける糸谷哲郎棋士のインタビューを特に興味深く読みました。西尾棋士のソフト活用を棋力向上につなげるノウハウの箇所は掘り下げて一冊の本にまとめてほしい。
★22 - コメント(0) - 2016年11月23日

いろんな棋士のインタビューを読むのは初めてでとてもおもしろかった。特に渡辺竜王と山崎八段と千田五段が印象深い。でもどの棋士のも良かったし他の棋士の話も読みたい。将棋界が思っていたよりもAIに脅かされているんだなと感じた。
★4 - コメント(0) - 2016年11月23日

将棋ソフトの強さは、疑いようのないものであるというのはどの棋士も認めるところのようだ。ソフトは、ミスをしないし、恐れもないし、先入観なくまっさらに読む、ためだろうか。ソフトと人が指すことについては、棋士にも色々意見があるようだ。そもそもフェアな条件が作れないというとや、一方に心理的要素がない勝負を見て面白いかというところがある。普段将棋の観戦はしないが、機械同士の試合などなおのこと面白くはなさそうだ。だから、ソフトが進化しても棋士の存在価値が揺らぐとはとても思えない。最後に。。羽生さんは別格なんだなぁ。
★8 - コメント(0) - 2016年11月22日

ポリシーで使わないというのならそれは素晴らしいが、 インストールの仕方が分からないから使わない・古いソフトのままって 何事なの?自分が分からなかったら他人に聞いてもいいし、人雇ったっていいでしょ 腹が立ったから棋士用にコンピュータ将棋ソフトインストール記事を書く
★6 - コメント(0) - 2016年11月21日

AIが人間を上回った時、プロ棋士という職業が無くなってしまうかというとそうでも無く、いかに活用するかやAIの評価値とは別にそれぞれ棋士の棋風や個性が大事になってくるそんな時代が来るように感じました。(AIを用いているというのが個性だった人は、平均的な能力になる)しかし、近い将来私達の生活環境、労働環境にも同じことが起こると思うと楽観視出来ず、彼らの苦悩を感じると今から備えて置かなければ。と思わざるを得ないですね。
★6 - コメント(0) - 2016年11月19日

神と対峙した時、天才達はどう反応するか?といった本。棋界というのは日本最高頭脳が集まってるのは間違いない(と信じたい)その天才集団にある時神が舞い降りたら、困惑と混乱が発生するのはそらあ。当然。意外と渡辺の意見が正鵠をいてる印象(だった気がする)、、、、うーん、良本だったのは覚えてるけどやっぱり読んだ後あんまり間が空きぎるのはよくないな。再読の予定
- コメント(0) - 2016年11月18日

羽生善治、渡辺明を含む現役棋士11人へ行われた将棋ソフトに関するインタビューから見えるのは、ソフトと将棋の戦術だけでなく、将棋界の存在意義(経済的な)、そして人間らしさとはつまるところ人間とは何かという「今・普遍的に」進行している問いだろう。将棋ファンでなくともいろいろと楽しめる。
★13 - コメント(0) - 2016年11月14日

コンピュータの棋力がプロ棋士を上回ったら、その後の将棋界がどうなるのか気になっていた、本書に登場する棋士のような方が健在であれば心配不要と思った。
★7 - コメント(0) - 2016年11月13日

将棋ソフトの台頭によって将棋界はどのようになるのか、そして棋士はそれをどのように感じているのか、その想いが書かれていて、普段将棋はあんまり見ないが興味はある中途半端な自分のような人にも棋士の方々の将棋にかける情熱が伝わってきました。将棋に限らず、近い将来にAIに代わられて仕事が無くなる職業が多くあることが危惧されている中、人間として出来ることを自分たちで考えなければ生き残れなくなることが少し恐ろしくもなりました。
★7 - コメント(0) - 2016年11月11日

三浦事件をきっかけに興味があって読んだ。まず、最近は、プロの研究でもソフト研究というのが盛んに行われているということに驚く。 それと、ソフト研究が進むと序盤が画一化してくる、と答えている棋士と、序盤が多様化しているという棋士がいて、そこを面白く読んだ。
★9 - コメント(0) - 2016年11月7日

将棋ソフトとの関わりをテーマにした、プロ棋士のインタビュー集です。羽生、森内、渡辺など、トップ棋士たちがそれぞれの見解を示しています。多くの棋士が共通して言っていることは、ソフトに答えを頼ってしまうと、自分で考える力が身につかなくなるという危惧でした。これは確かにそうだろうと思いました。また、ソフトといくら対局しても楽しくない、「人間同士のつながりや触れ合いというのは本当に大事」(森内)の意見に大賛成です。 将棋ソフトが全ての棋士に行き渡るようにし、使うか使わないかは本人に任せればいいと思いました。意見が
★11 - コメント(1) - 2016年11月1日

テーマは「ソフトと棋士の関係」と「人工知能がもたらす棋士の存在価値」の2つ。ソフトはトップ棋士と並ぶほどの棋力を得た。ソフトを活用し、棋力を向上しようとする者は若手を中心に増えている。ソフトの思考を理解し棋風改造する者、課題局面の探索に用いる者、終盤の詰みの確認にだけ用いる者など使い方は様々で、あえてソフトに背を向ける者もいる。ソフト研究によるある種のカンニング行為により、思考力・理解力の低下が懸念されていることが棋士間に抵抗を生んでいる。ソフトは職業棋士すらなくしてしまうのか。大変興味深く読めました。
★9 - コメント(0) - 2016年10月31日

今話題のコンピューター将棋、難しい問題だが 人間はコンピューターより 人間を好きだろう。
★7 - コメント(0) - 2016年10月27日

以前から気になっていた話題をこのタイミングで読んでみた。勝又先生の分析がたぶん的確なんだろう。どの方も棋風のとおりの姿勢と感じた。人間の1対1のゲームとして将棋が廃れる事はないのだろう。人間対コンピュータなんていう見世物興行は、そのうち飽きられるのだろうね。
★8 - コメント(0) - 2016年10月22日

読みながらわくわくした。将棋のルールに詳しいわけでは全くないのに。トップ棋士たちへのインタビューで構成された本書は、それぞれの立ち位置でソフトに対する考え方はもちろん違うけれど、やっぱり最後は自分の頭でいかに考えるかが大切と言っている。堪え性がないと便利さに引きずられるだけで終わってしまうから、あえて遠ざける人、踏み込んでいく人様々。残念だったのは人対人の勝負でソフトによるカンニングの疑いが起きてしまったこと。インタビューの時期から半年くらいしか経っていないのにここまで…。
★36 - コメント(0) - 2016年10月19日

ソフトとプロ棋士の関係について現役プロ棋士が対談形式で語る本。今後はさらにソフトが圧倒的な強さになればプロ棋士の存在価値が難しくなる。しかし、私はプロ棋士は残り続けると思う。将棋はそんな単純なものではなく、人間同士の戦いには深い面白さがある。
★9 - コメント(0) - 2016年10月18日

ちょうどスマホでコンピュータ将棋を使って不正してるんじゃないかと疑惑が出た。11人の棋士へのインタビュー集。コンピュータを取り入れる人も試してやめたという人。肯定、中立、否定色々いる。それぞれの意見が並列でみられて面白い。将棋会も普通の一般社会と同じような仕組みになってきた。今の過渡期を残すタイムリーな本なので、迷ったらすぐ読んでほしい。羽生さんの出場は私も楽しみ。予選を優勝しないとポナンザとは戦えないらしいけど。棋士はみんなキャラクターがあって面白そうな人ばかりなのが分かったので読んで良かった。
★9 - コメント(0) - 2016年10月17日

そのうち読むと思っていたところ、竜王戦の挑戦者が急遽になった一件が報じられて、急いで。勝つか負けるかよりも、情況が整理されていないために起こる不均衡と自分で考えることを放棄することへの嫌悪が、ことのほか強いのが印象に残った。先述の騒ぎは端から見ると唐突過ぎるのだが、それに至る懸念は棋士たちの間には強くあったのか。それにしても米長前会長の敗戦以降、連盟は悪手続きなのでは。このままでは棋戦の価値が何だか分からないまま、減じてしまって…羽生がこのタイミングで叡王戦に参戦する意味を考える。思いの外、大勝負なんだ。
★13 - コメント(1) - 2016年10月16日

人間の棋士VSソフトの対決で見えてくる問題は、単に人口知能の発達によるものだけでなく、深く人間性に係るものだと思いました。AIの台頭は、思った以上に深く考えておかなければならない問題だと感じました。
★9 - コメント(0) - 2016年10月14日

不屈の棋士の 評価:66 感想・レビュー:125
ログイン新規登録(無料)