猫弁と魔女裁判 (講談社文庫)

猫弁と魔女裁判 (講談社文庫)
あらすじ・内容
事務所に来ない。最愛の婚約者との挙式の相談もすっぽかした。天才弁護士・百瀬は、青い瞳をした女性国際スパイの強制起訴裁判にかかりきりになっていたのだ。それはまさか、幼い百瀬を置き去りにしたあの人? 百瀬によって幸せをつかんだ皆が、一心不乱に仕事をする彼の力になろうと立ち上がる。

あらすじ・内容をもっと見る
368ページ
623登録

猫弁と魔女裁判はこんな本です

猫弁と魔女裁判の感想・レビュー(441)

Y
- コメント(0) - 2月18日

ハッピーエンド。みんなが一斉にハッピーエンド。良かった良かった。
★1 - コメント(0) - 1月23日

良かったね ああ良かったね 良かったね
★10 - コメント(0) - 1月7日

猫弁シリーズ最終巻。前作からの伏線もあり、なんとなくこの方向に行くんだろうと思っていた。すべてがうまくはまりすぎ、あまりにもできすぎ、なのだけれど、きちんと感動できるようにすべて用意されており、安心して読み切ることができた。1冊につき2時間もかからないし、殺伐としたテレビドラマを観るよりは断然おすすめできるシリーズだった。みんなに幸せが、うつればいいね!
★18 - コメント(3) - 2016年12月31日

猫弁シリーズ最終巻にたどり着いてしまいました。早く最後まで読み終わりたい気持ちと世界に浸っていたい気持ちとのせめぎ合い。結果あっという間の読了…。ご近所の小さな事件が殆んどだったのに、いきなり国際的な事件に巻き込まれた猫弁先生。母との関係は、婚約者の亜子ちゃんとの関係は…?とヤキモキ度マックスに。作者のすごいところは大勢の登場人物、細かな伏線をしっかり拾って読者ストレスゼロを達成しているところでしょう。それだけ、登場人物が物語のなかで自然に生きているということかもしれません。さらなる続編を期待してます。
★8 - コメント(0) - 2016年12月5日

完結してしまいました^_^頭の中で きちんと登場人物達が動き回る文体で 楽しさ倍増^_^困った時 「上を見て 頭蓋骨と前頭葉の間に隙間をつくる」これ私もやってみよう(≧∇≦)ぐっと涙を堪える場面も沢山あったけど「おじょうさんをください」の場面は声出して笑ってしまった(≧∇≦)ストーリーは予定調和的なのだが その底流には人間や猫達の暖かさが流れていた。又 この事務所の面々に会いたいな^_^
★39 - コメント(0) - 2016年12月3日

またまた厄介で、個性豊かな登場人物が織りなすミステリー 物語全体が、バタバタしながらも、それでいて、どこかユルクもある。 そして、ひと波乱ふた波乱、大どんでん返し、そして意外な再開や展開を 繰り広げながらも、最後には幸せ気分に包まれたかのような感じにさせられる、 そんな1冊で良かったです。
★36 - コメント(0) - 2016年12月2日

猫弁完結編。よかった!ぐっと来る場面が多々あって、お母さんのこともすっきり。登場する人みんなが素敵すぎて、これで終わってしまうのは寂しい。
★3 - コメント(0) - 2016年11月30日

「猫弁」シリーズ5巻目。完結編です。始終シリアスな展開で、ストーリーもおもしろかったですが…個人的にはいつものほのぼのした場面をもっと入れて欲しかったです。百瀬先生と野呂さん七重さんの3人のおもしろ会話をもっと読みたかったです。よって続編として結婚式編を切望します。テヌーがたくさん出てきたのはとても良かったです!かわいかった!
★9 - コメント(0) - 2016年11月26日

【最終巻】終わってしまった・・・中盤まであまり姿を現さない彼に「百瀬!何してんのよ!」とじれながらも、「お譲さんをください」で大爆笑。家で読んでいて本当に良かった。後半は珍しく、息つまる法廷劇で見せ場もあり、シリーズ通してのテーマであるお母さんの問題も片付いてきれいに終わったと思う。思うけど、もう猫弁に会えないと思うとさびしいなあ。面白くて、ほっこりして、じんとくるよいシリーズでした。気持ちよく読めます。
★42 - コメント(1) - 2016年11月4日

途中、百瀬はどうしてしまったんだろうと不安になるところもありましたが、なんだか色々きれいに収まって良かったです。猫弁シリーズは、くすりと笑えて、ちょっと切ない、けれど全体としてはあたたかい、そんな物語だったと思います。しかし、そのシリーズもついに完結。彼らの物語をもう読めないかと思うとさみしいです……。
★28 - コメント(0) - 2016年10月13日

大満足の完結。なのに、登場人物達が魅力的すぎて、彼等の物語の続きをもっともっと読みたいと思ってしまう。この作品に出逢えて良かった。
★3 - コメント(0) - 2016年10月11日

終始胸が締め付けられるような話の展開。もう恋愛小説でした。
★2 - コメント(0) - 2016年10月9日

シリーズ一気に読んでしまいました。 ドラマ見たかったですねえ。吉岡さんも杏ちゃんも緑子さんも当たり役かと!ほんわかと心に残るシリーズでした。 まだまだ続きを書いて欲しいです。
★1 - コメント(0) - 2016年10月3日

最終刊。うまく物語が収まった。この作家の作品は、このシリーズしか知らないが、エンタメとして計算された文章を書く人だな、という印象。ちょっと計算しすぎの感もあるが・・・。
★2 - コメント(0) - 2016年9月28日

これで続きが読めなくなるのは、さみしい。猫弁のように、澄んだ気持ちで生きていける大人はどれくらいいるのでしょうか。
★2 - コメント(0) - 2016年9月24日

最後はそわそわしながら一気読み。物語も恋も猫弁らしい最終回。でもまだまだ二人の続きを見ていきたいような。
★7 - コメント(0) - 2016年9月23日

★★★★★大集合は面白いです。「おじょうさんをください」には吹き出してしまいましたし、笑いあり、涙ありで、とてもよい最終回でした。
★10 - コメント(0) - 2016年9月16日

猫弁シリーズ最終巻です。百瀬自身のことが裁判を通してやっとわかるようなそんなお話でした。彼の心にずっといた母親とは... 亜子ちゃんと早く幸せになってほしいなと思いました。百瀬自身のことが終わって、やっと百瀬と亜子の二人の時間の始まり。それを感じられるエピローグにはうるっときました。最後の対談もかなり面白かったです。ドラマで続きみたいよ~~!!
★5 - コメント(0) - 2016年9月11日

何かいきなりな展開に『えっ??』ってなるけど 全体的にはやっぱり好きかな??
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

これまでと少しばかり違った。結局のところ猫弁に関わった人はみんなの幸せになれるんだろうね。
★6 - コメント(0) - 2016年8月6日

今まで登場した人達が勢ぞろいの最終巻。まさかの展開。良い結婚式になるといいなぁ。
★9 - コメント(0) - 2016年8月1日

よかったねぇ。ちゃんと理由があって。シリーズは最後ですが、番外編でよいので、続きをよみたいです。
★8 - コメント(0) - 2016年7月30日

けっこう緊張感のある最終巻。でもない?(^^; 誰も悪い人がでてこない、キャラものとして秀逸。最後はシンプルに。対談もおもしろかったw設定的にはまだまだ続けられそうなので、思い出したらまた描いてほしい。
★4 - コメント(0) - 2016年7月29日

シリーズ最終巻。百瀬の時間がやっと動き出したって感じでした。前作からの人々が次々に出て楽しかった。テヌーの視点からのお話は雪猫を思い出しました。最後はいい終わり方だった。
★5 - コメント(0) - 2016年7月28日

シリーズ最終巻。様々なエピソードが散りばめられたお話は、相変わらず回り道感一杯。でも其々のお話に意味が有り、最後に感動的な結末に至るのもいつも通り。今回は初めて大きな裁判に携わる百瀬。それを不安に眺める脇役達。これ迄の登場人物達が同窓会の様に集い、影ながら百瀬を応援する。彼には応援される資格が有る。何故なら彼は常に依頼人やその敵対者すら幸せにするから。世間注目の中、国家の思惑など超越して彼の正義感は皆に伝染していく。法曹界に百瀬有り。でも周囲の人には放って置けない頼りなさ。次は自身が幸せに成って欲しい。
★51 - コメント(0) - 2016年7月28日

シリーズ5作目、完結。 素敵な最終巻、ラストは感動! 亜子ちゃんは本当に素晴らしくいい子!百瀬についていこうと思う人は亜子ちゃんしかしないんだから、百瀬にはもう少し亜子ちゃんの気持ちを理解出来ればと、終始思わずにはいられなかった。けど、それでも2人が幸せなんだと伝わってきたエピローグ、微笑ましくて心が洗われた気がしたました。
★25 - コメント(0) - 2016年7月28日

★★★★*
★2 - コメント(0) - 2016年7月20日

ついに、シリーズ終了。最後は、もう一つ何か欲しい気がしましたが、これも猫弁らしさかも。
★2 - コメント(0) - 2016年7月9日

最終巻。やっぱり悪人は誰も出てこない。素敵なところはいろいろあるけれど、猫のテヌーの視点で語られる部分があって、なんか泣けた。
★3 - コメント(0) - 2016年6月28日

猫弁シリーズ最終巻。いつも以上にすれ違う2人に最初ハラハラドキドキしました。最終的には百瀬と亜子が幸せになって本当に良かった。それに判決の後のやり取りには感動しました。子を思う母の思い、愛する人を信じる思い、そう考えると百瀬はある意味色んな人に愛されて幸せだったんだなと思いました。まぁ本人はあまり自覚が無いようですがね(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年6月27日

いや~、泣いちゃったよ、魔女裁判。判決後のあのやりとりは何度も読み返しては泣きまくりました。そして最後の大福さんとのやりとり。これも涙涙。。。猫弁さん、良かったね!幸せになってね~~~~
★10 - コメント(0) - 2016年6月25日

よかったー。じんわり心が温かくなる物語でした。最終巻だったので突然出てきた青い目の女スパイがまさか。。。と思ってたらまさかまさか。百瀬さんよかったですね。
★5 - コメント(0) - 2016年6月15日

あ~面白かった。良かった(^^)猫弁シリーズ大好きです。今回は、恋愛下手の百瀬と婚約者の大福亜子さんとの絡みは少なかったけど、お互いを思う気持ちが、よ~く伝わってきた。最後の法廷での百瀬はかっこ良かったし、涙を流し感動しました。ドラマ化されたようですが観てません。巻末の特別鼎談でキャストを知りましたが、どれもピッタリだと思いました。
★34 - コメント(0) - 2016年6月12日

面白かったです。百瀬さんの母親については若干唐突感がありましたが、全体としてはよい感じにまとまっていてよかった!大福さんはえぇひとやなー(>_<)。お幸せにっ!!
★13 - コメント(0) - 2016年6月6日

良かった…!
★3 - コメント(0) - 2016年6月1日

シリーズついに完結。やはりハッピーエンドが良く似合うなあ。
★6 - コメント(0) - 2016年5月29日

★★★★☆ 最終巻(5巻目)。すごく良かった。登場人物大集合な感じ。
★3 - コメント(0) - 2016年5月26日

これはつらい。最終巻。でもほんとによくできました。
★8 - コメント(0) - 2016年5月18日

正義の弁護士・猫弁百瀬の恋、母親探し、猫助け、すべてまるっと収束の最終巻。 心優しく正しくあることは難しい。揺らがずまっすぐな百瀬は、絶対に幸せにならないといけない人間。
★8 - コメント(0) - 2016年5月17日

猫弁と魔女裁判の 評価:82 感想・レビュー:168
ログイン新規登録(無料)