聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)
あらすじ・内容
第16回 本格ミステリ大賞候補
ミステリが読みたい! 2016年版(早川書房)
2016本格ミステリ・ベスト10(原書房)
このミステリーがすごい!2016年版(宝島社)
週刊文春ミステリーベスト10 2015年(文藝春秋)
読者に勧める黄金の本格ミステリー(南雲堂)
キノベス!2016(紀伊國屋書店)

ミステリーランキングを席巻した
『その可能性はすでに考えた』シリーズ最新刊!

聖女伝説が伝わる地方で結婚式中に発生した、毒殺事件。
それは、同じ盃を回し飲みした八人のうち三人(+犬)だけが殺害されるという不可解なものだった。参列した中国人美女のフーリンと、才気煥発な少年探偵・八ツ星は事件の捜査に乗り出す。
数多の推理と論理的否定の果て、突然、真犯人の名乗りが!?
青髪の探偵・上苙は、進化した「奇蹟の実在」を証明できるのか?

あらすじ・内容をもっと見る
272ページ
538登録

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えたはこんな本です

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えたを読んだ人はこんな本も読んでいます


聖女の毒杯 その可能性はすでに考えたの感想・レビュー(331)

前回に引き続き探偵の出番少ないっていうかすごく待ったよ!いつ出てくるの早く早くって思ってやっと出てきたと思ったらそんな登場かよ!と。 八つ星が前回は大人びた(を装っていた)キャラだったけれど、今回は年相応な面がたくさん。でもやっぱり頭の回転は速いし、度胸もあるなぁ。そして初恋(多分)はどうなったのか。 ゲストキャラ(今回の容疑者たち)のその後についても描写が欲しかった……めっちゃ気になる。
★3 - コメント(0) - 3月21日

「奇蹟の存在を証明するために、全ての可能性を否定する」シリーズ第2作。ミステリとしての完成度は高くなった分、キャラの個性が・・・。良くも悪くも困難な道を進んでる小説だと思う。。
- コメント(0) - 3月16日

表紙に惹かれて購入。今回も仮説を否定するスタイル。否定された仮説でも一冊の推理小説が書けるんじゃないかというくらいのクオリティだった。リーシーのキャラが凄い好き。早く続編が読みたい!
★1 - コメント(0) - 3月14日

2作目ということでキャラクターや設定に大分なじんで読みやすかった。可能性と否定は前回同様だけど、第一章終わりのフーリンの独白はなかなか面白くてそこから先気になって一気に読んでしまった。第二章まではフーリン視点でのハラハラ感もあり面白かったが、三章で明かされる「真相」は弱い気が。可能性の否定にはあんなに論拠があるのに対し、替え玉によるアリバイトリックは伏線があまり無かったように思うので納得いかん感じがする。ある程度型が決まってるゆえにシリーズは難しいかも知れないが、続編が出るならばまた読みたい。
★4 - コメント(0) - 3月13日

怒涛の仮説は殆ど流し読み。 この作品がファンタジーでない以上主人公の悲願が叶うことはなく、 それがなんとも物哀しい読後感を醸し出す
- コメント(0) - 3月6日

文藝春秋ミステリーベスト2016年国内10位の作品。 なんだかなあ
★3 - コメント(0) - 3月6日

今巻は容疑者たちも交えての推理合戦だったので、状況が証言によって変わっていき、前巻よりも面白さが増したように感じた。 また、探偵上苙の登場が割と最後の方だったので、いつ登場して八ツ星を助けに入るのかとハラハラしたけれど、登場の仕方が流石真打という方法だったので思わず笑ってしまった。 前巻同様、フーリン視点で物語が進行していくので、自分の推理の偏りは致し方ないけれど、やはり上苙の様々な角度からの推理は感嘆に値した。 最後にホームで上苙がフーリンになんと言ったのか気になって仕方ないので次巻も絶対読みたい!!
★2 - コメント(0) - 3月5日

事件自体にあまり魅力的な謎がなく、容疑者達も十把一絡げの扱いで、次々に披露される仮説とそれへの反証も味気なかった。
- コメント(0) - 3月3日

上苙シリーズ第二弾。本ミス1位ということで、もちろんよく練り込まれてるとは思うが、個人的には、余りのめり込めない感じでした。元々、ロジックのみで押しまくるミステリは、合わないのかもなあ。有栖とかは好きなんだけど。
★1 - コメント(0) - 2月27日

うーん、今一かな。ちょっとしたことが全て布石になってくるのはいいと思うけど、ちょっと無理やりなところが。事件も小粒で、単発だしね。
★1 - コメント(0) - 2月23日

相変わらず推理の過程がすごい。『奇跡』の証明を目指す以上、すべての可能性をつぶしていかないといけないわけですが、それが大変なんですよね。 書く方も、読むほうも気合がいる。
★1 - コメント(0) - 2月22日

tak
真犯人(?)の独白で、話自体は面白くなったけど、奇蹟を証明するにしては、検討の入り口から抜けてるのではちょっと。あとフーリンのトリックはいくらなんでも無理がある上にそもそも必然性がない。可能性の議論ならいくらでも結構だが、これが真相だと言われるととても不自然。
- コメント(0) - 2月19日

シリーズ初読み。衆人環視の旧家の結婚式で起きた不連続な同時殺人。生き残った親族他で犯人のなすりつけ合いが始まり、推理と否定を繰り返してさぁ盛り上がって参りましたの段階でいきなり”犯人”が登場しちゃってびっくり。黒社会とかバチカンがこういう絡み方すると思わなかったのでちと戸惑ったが、とにかく作者よく考えたなあと褒め言葉として呆れる読後感。ただ全員が論理的に行動した上での仮説だからスムーズに納得出来ない気がしたのも事実だけど。
★10 - コメント(1) - 2月16日

シリーズ2作目。前作に続きミステリーのランキング本で上位に入っていたので、読んでみました。
★14 - コメント(0) - 2月14日

上苙第2弾。でも今回は主人公がなかなか登場しない。その間に殺人事件発生。犯人も早々に判明。探偵がいないまま犯人の事態は窮しどうなっちゃうの?のまま頁は進む。結構進む。ようやく満を持して探偵登場──までが長いわっ! 決め台詞「その可能性は、すでに考えた」を引っ提げ華麗に登場、したはいいけどあっという間の退場って(笑) 前作よりはストーリー性は出たけど可能性を潰していくという点では今回は弱くない? ただ冒頭のダムの部分も無駄ではないし、まだしばらくは続編を楽しみにしたいかな。
★1 - コメント(0) - 2月13日

1作目と甲乙付けがたい、傑作シリーズ2作目。推理推論の極致。今回も本当にすごい。ひとつの事件に対して笑っちゃうくらいたくさんの仮説が飛び交い、さまざまな角度から見当され、議論され……。トリックの派手さや楽しさは前作の方が上だけど、作品の方法論は今回の方が徹底されている。というか、もはや方法論として完成を見てしまった感すらある。頼むからシリーズ続いてください…
★3 - コメント(0) - 2月13日

Nob
フーリン好き
★1 - コメント(0) - 2月9日

《2017本格ミステリベスト10》で1位獲得にしてシリーズ第2作目。前作同様、仮説に対する反論の推理合戦が繰り広げられていた。探偵・上笠の登場は第2章から。それまでは元弟子の聯君が大奮闘。最後の結末もそうだけど、私は第1章のラストの方が驚いたなぁ。あとフーリンとリーシーのコンビが結構好き。次回作も期待して待つ!
★7 - コメント(0) - 2月8日

このミステリーがすごい!2017年度版国内編にランクインした作品ということで読んでみました。奇蹟の実在を証明するために探偵業を営む主人公上苙丞が登場するシリーズ第二段。第一部の衝撃的なラストとそこからの第二部も面白かった。上苙丞の決め台詞「その可能性はすでに考えた」が頭に残り、シリーズ一作目も読んでみよう。
★34 - コメント(0) - 2月4日

今回も駄目だったよ・・・。
- コメント(0) - 2月1日

早く来てくれ、悟空ーーーー! が、ごとく名探偵が来るまで、みんなが耐えるシリーズ第二弾(笑 あいもかわらず、トンデモ推理と、それにつけられる中二病タイトルがイカス。前回は、なんだかんだと3つしか可能性を考えなかったけれど、今回は、最後に話で追求されなかった可能性も場合分けで完全網羅(笑 ただ、さすがに、そこは斜め読みになってしまったけれど、脱帽である。ただ、結局、真相にいたるキー情報は、場合わけの前に設置されていてるので、うーん。大トリックは、最初に消費されすぎたためかな?
★10 - コメント(0) - 1月21日

今回は探偵の登場が後半になってからだったのでちょっと寂しくはありましたが、その分八ツ星君が凄い活躍。フーリンとのやりとりも可愛かった。八章からはハラハラしながらも、あっという間に一気読みです。敵か、味方か。確信を持ってはっきりとは言えないけれど、温泉に一緒に行く位の仲ではある主役二人の距離感が良い。楽しかったです。
★2 - コメント(0) - 1月21日

意識が飛びそうになるほどの論理的推理。ここまで細かいのはほとんど見かけないくらいの出来です。フーリンをもっと活躍させてくれたらプラス50点くらいだったね。
★8 - コメント(0) - 1月21日

さすが本格ミステリベスト10の一位。Amazonの評価などは、芳しくなかったので、期待していなかったがなかなかおもしろい。ロジック好きでない人は若干読むのがめんどくさいくなるか、どうでも良くなりそうだ。綾辻行人、有栖川有栖の安楽椅子探偵TVシリーズを青崎有吾と一緒に世代交代してほしい。きっと難しい問題ができるだろう。
★5 - コメント(0) - 1月19日

ほぼすべて推理につぐ推理。
★2 - コメント(0) - 1月19日

仮説と反証を繰り返す。と同時に状況がどんどん変わって、あれよあれよという間に第3部の解き明かしになった。しかし謎解きをしてもらってもまだ理解でいていない。それが気持ち悪い。シチュエーションは抜群だと思った。キャラもいい。フーリンとリーシー、上苙とエリオの微妙な関係も面白かった。
★7 - コメント(0) - 1月17日

空論と仮説が飛び交う推理バトル小説。幻想的な描写もなく、推理の細かなところは分かりやすい図が乗り、また随所にそれまでの推理とその反証のまとめが書かれているので、状況を整理するのが苦手な人にも優しい一冊。また、推測された推理を元に付けられる仮説名もセンスが良いものが多く、そちらも読んでいて楽しみとなります。特に今回の「いちにんまえ」と「ひとりまえ」をかけた仮説明には脱帽しました。さらには数多の推理が連続する中でも、一つの物語としてのオチもしっかりしており、どこまでも抜け目のないミステリでした
★4 - コメント(0) - 1月16日

そのカノ第二弾はフーリンの目の前で起こった毒殺事件。結婚式で大盃を回し飲みした8人+1匹のうち、3人+1匹だけ毒殺された謎は。八ツ星少年が乗り出す中、容疑者達から巻き起こる推理(擦り付け合い)の嵐。犯人該当者が存在しない?今回は進行中の事件であり、語り手のフーリンが(正に)当事者。後半は容疑者達の命をかけての推理バトルと、嫌が上でも盛り上がる。颯爽と登場の上笠の意味ありげな言動にフーリンと共に苛々する(笑)前回と比べて派手さは少なめだけど、論理展開はわかりやすい…って、その可能性を考えてなかったの?
★20 - コメント(0) - 1月15日

ん~まず面白かったと言えるかもしれない、、、、。
★3 - コメント(0) - 1月15日

ストーリー展開はアレとしても、色々な推理を次から次へと展開していくところは、とても面白く本格としての完成度は高いと思う。
- コメント(0) - 1月14日

2017/01/09 22:02 読了。シリーズ2作目。今回もしっかり趣向が凝らしてあって満足。論理の空中戦も読み応えがあるし、ラストのフーダニットはあーそういえば くらいだったけど、目玉のトリックは気が付きもしなかったから、しっかり驚けた。これからもガチガチのガチでやってほしい。
★5 - コメント(0) - 1月9日

 うーん、こう来るか(笑)さすが、一位の名に恥じないな。キャラクターも出来上がっているし。今、刊行してるものは、全部、読みたいなぁ。
★42 - コメント(0) - 2016年12月30日

第一部は普通の本格ミステリーかなと思いましたが、ラストで驚かされ、第二部では無茶苦茶な状況での推理劇で楽しめました。奇跡が起こったと思いきや、真相は地味きわまりない話なのも皮肉っぽくて良かったです。
★12 - コメント(0) - 2016年12月29日

うーん
★2 - コメント(0) - 2016年12月27日

というわけで続編だ! サスペンスフルで論理的。探偵の存在意義自体がミスディレクションになってる。気がつけば分かりやすいトリックと動機。それを隠した作者の力量が凄まじ。
★3 - コメント(0) - 2016年12月25日

地方の旧家での結婚式で起こった連続(不連続?)毒殺事件。そろそろ主人公が登場して、前作と同じパターンになるのかな・・・と思っていたら、こちらの予想の斜め上を行く超展開にビックリ。前作の感想は「面白いけど、無茶だなあ」だったけど、今作では「無茶だけれども、とにかく面白い!」に変わりました。
★6 - コメント(0) - 2016年12月21日

エキセントリックな登場人物は好みです。楽しく読めました。
★2 - コメント(0) - 2016年12月19日

奇蹟を証明するべく、他人の推理にかたっぱしからケチをつける探偵シリーズ第二弾。今度は毒殺がテーマ。奇蹟側というトンチキな立場にいる探偵が、ありとあらゆる荒唐無稽な推理を現実的に否定し続けるという特殊なフレーム構造なのだが、なんつうか、この構造、本当に周りが評価してるほど成功してるのだろうか。確かに些細な手掛かりから思わぬ推論により可能性が潰されていく過程は巧いが、奇蹟などありえるわけがないので、最終的に探偵も気づかなかった思わぬ真相が現れた際、前回同様真の真相が捨て推理ほど魅力的に見えないんだよね。
★4 - コメント(0) - 2016年12月17日

まさしくパズルの言語化。小説という大系への挑戦状。物語は割愛され構成に論理が根を張り、この世のものとは思えない華麗で歪な大輪が華開いています。読み手を非常に限定するものの、これだけ極端なミステリであれば、ハマる人は絶対ハマるはず。もはや三大奇書に近いもので、平成の世にこんなん出版して良いのかと不安になってしまいました。いや、よくやった。読みにくいけれど、地方都市の風変わりな婚姻というネタは横溝正史を思い起こしてワクワク。オチがちょっと残念。量産できる作風だとは思えませんが、次巻も期待しています。
★18 - コメント(0) - 2016年12月14日

うーん。難しい。ここまでロジカルに責められるとぐうの音も出ない。推理に人間味というか隙のような有機性がない点を良しと取るか悪いと取るかで評価が分かれると思う。展開はおもしろかったし、最後は一気読みしたけど、全貌を理解するにはもう少し時間が必要・・・
★7 - コメント(0) - 2016年12月12日

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えたの 評価:82 感想・レビュー:142
ログイン新規登録(無料)