ベントラーベントラー(1) (アフタヌーンKC)

ベントラーベントラー(1) (アフタヌーンKC)
あらすじ・内容
地球外星人が当たり前に暮らす未来の地球が舞台のお話。生体構造が違ったり、オーバーテクノロジーだったりで、地球人にはお手上げのトラブルが多発! 民営警察の外星生物警備課に勤務する牧原澄子(すみちゃん)は、カニ座方面出身の外星人クタムさんと協力して事件解決に挑む! でもこのクタムさんが困った人で……。

あらすじ・内容をもっと見る
163ページ
241登録

ベントラーベントラー 1巻はこんな本です

ベントラーベントラー 1巻の感想・レビュー(180)

全3巻、短く感じないちょうどいい濃さ。たまにドキッとさせられるSF感とさばさば系なすみちゃんが軽妙にマッチしています。
- コメント(0) - 1月15日

「のほほんSF」という表現は確かにその通りなのだけど、それだけではない魅力があるのがこの作品。のほほん&コミカルかと思いきや、最後まで読むと。。。本当にすばらしかった。野村亮馬という人は名手ですね。
★1 - コメント(0) - 1月10日

気紛れに地球を訪れる外星生物。悪意はないけど友好的だというわけでもない。侵略はしないけど、社会常識は当然知らない。甚だ迷惑なだけの存在です。外星警備課の職員すみちゃんは、妙に懐いてくる外星人クタムくんを適当にあしらいつつ、外星人が起こすトラブルに対処すべく都内を奔走しています。クタムくんが良いキャラしてますね。のほほんとした雰囲気のSFですが、本格派なSF読者も満足できる内容だと思います。お気に入りです。
★2 - コメント(0) - 2015年3月4日

日常系SF。宇宙人侵略とかそう言う危機感がなくのほほんと話が展開。友好的でもなく好戦的でもなくどちらかと言うと無関心。ホント宇宙人来たら実際はこんな感じなのかも?
- コメント(0) - 2015年2月19日

6/27に本作で読書会。「のほほんSF」が好きか嫌いか、鋭い論争(?)もあった。あとは「ドラえもん」や「七女」との比較とか。
- コメント(0) - 2014年6月27日

投げっぱなしで終わる話が多いのがちと気になるけれど、のほほんとしたウルトラQみたいというか、往年の特撮番組を見ている様な雰囲気が良ひです。
★2 - コメント(0) - 2014年4月11日

日常系というかお仕事系SF。後書きにもあるように、当然侵略でもお説教でもなく、また和気あいあいと純粋無垢でもない異星人とのやりとりが面白い。クタムがいいキャラしている。この手の作品は途中から突然シリアスになったりすることもあるがどうだろう。
★1 - コメント(0) - 2014年3月27日

まずそのタイトルに惹かれて手に取ってみた。表紙と中の数ページ絵をみて、間違いなく面白い漫画であると確信ができた。いろいろな宇宙人がこの本の中には出てくるが、まるで危機感もなくたんたんとストーリーが進んでいく。そして、その様子がやけに「さもありそうな」世界なのだ。一見地味に見えるが、実際にも地味な漫画。けれどもその後引く面白さはかなりのもの。宇宙人と人間のやりとりを扱った漫画としては間違いなく傑作である。
- コメント(0) - 2014年2月14日

再々読。
- コメント(0) - 2014年2月5日

祝新連載!で再読。この作品、もっと話題になってほしいなぁ。新作はブレラン風味(笑)。楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2013年7月10日

宇宙人とのコンタクトもの。いきなり普通の生活に外星人(宇宙人じゃどこの宇宙だってことになるからだろうけど)が来てなんだかやってるけど、何やってるんだかわかんないから、主人公らが対策しようってな感じに話が進む。出てくる外星人のほとんどがストガルツキーのストーカーに出てくる、人間なんてほとんど無視して、ちょいと路傍のピクニックに来てゴミを捨ててった宇宙人みたく、根本的に理解しきれない、わけのわからない存在として描かれててすごくいい。宇宙人とは根本的にコミュニケーションできちゃいけないよ人間でも無理なのにさ。
- コメント(0) - 2012年10月17日

すみちゃんとクタムくんの絶妙なバランスがたまらない。釣れないすみちゃんと世話焼きだけど信用できないクタムくん…。のほほんとしながらも深い(?)SFで面白い。コピーの話怖い。ガイコツは可愛い。
★1 - コメント(0) - 2012年7月6日

友好的な態度を見せるクタムくんが正直一番怖い
★4 - コメント(0) - 2012年5月18日

ユルく描いてるけどなかなか恐ろしい
- コメント(0) - 2012年2月20日

なんだこの漫画は!?地味だけどめちゃくちゃ面白いじゃないか。
★2 - コメント(0) - 2012年2月18日

再読。多分ちょっと先の未来の外星人(宇宙人)が日常で共存する都内のお話。ノリはユルいけど、設定も詰め詰めで楽しいSF。あと絵も好き。
- コメント(0) - 2012年1月19日

再読。
- コメント(0) - 2011年11月2日

のん気なSF。クタム君初見は気持ち悪かったのにどんどんかわいく思える不思議。コピー人間の話はこわかった。
★2 - コメント(0) - 2011年10月18日

これは、本格SF漫画の傑作では?
- コメント(0) - 2011年8月4日

1・クタム登場。外星課の紹介  2・水取り機械の話。岡本太郎館  3・すみちゃん感染、しゃべるガイコツ  4・帰ってきたクローン  5・エッフェル塔と、東京タワーが…。港区のマーク  6・アメリカの対外星組織、登場。外星ロボ、ラボルの捕獲計画。ワカモト  7・インドから帰ってきた感染者。植物や菌類に近い連中
- コメント(0) - 2011年4月4日

宇宙から色々とやって来て苦労する話。それと共生とか。 鈍感に生きるとわりと平気。 クタム君、その優しさはそう簡単に伝わらないぞ!
- コメント(0) - 2011年1月10日

ストルガツキー兄弟「ストーカー(路傍のピクニック)」の世界。「のほほん」とか「日常」とか紹介されることで、随分と損をしているように思う。
- コメント(0) - 2010年12月23日

よくよく考えるとかなり恐い設定のような気もするんだけど、キャラクター達のまったりとした空気で怖さが消えている。寄生とかクローンとか東京タワーとか全部怖すぎるだろw
★2 - コメント(0) - 2010年12月22日

外星人たちや彼らの作る機械のデザインが良い。一見気持ち悪いけど見慣れてくると可愛かったりカッコよかったり。
★2 - コメント(0) - 2010年11月27日

適度に、人類をあしらってくれる宇宙人たちがかわいい。人類馬鹿にされすぎw
★3 - コメント(0) - 2010年8月17日

外星人という区切り方が新鮮。外国人も外星人も略せば同じ外人か・・・
★3 - コメント(0) - 2010年6月6日

クタムさんは飄々としてるなあ
★2 - コメント(0) - 2010年6月2日

なんか、メン・イン・ブラックを日本で作ったらこんなのになりそうw
★3 - コメント(0) - 2010年5月22日

おもしろかった。間違って二冊買った。
- コメント(0) - 2010年1月31日

素直に面白い。SF漫画では久々のヒットだった。
★2 - コメント(0) - 2009年12月20日

クタムさんの立ち位置がおいしすぎる クタムさんは他異星人から見たらサファリパークで暮らす物好きなのだろうなあ
★2 - コメント(0) - 2009年12月8日

面白いのだけれど、自分がSFに求めるものとちょっと違うような、どこか合わなかったところがある。
- コメント(0) - 2009年11月3日

再読
- コメント(0) - 2009年10月25日

面白かつた。違和感なく存在してゐる外星人。まあ同じ惑星上の人間と昆蟲の容姿さへ、こんだけ違ふぐらゐだから、もし現はれるとしたらこの漫畫に出てくる外星人達の容姿がより現實的なのかも。(笑)
★2 - コメント(0) - 2009年10月3日

SF物だけど庶民的なゆるさのある面白い漫画です。ストーリーの起伏があるわけではなく、主人公の働く日常が続いていくだけですが、キャラクターが皆いい味だしてるので雰囲気好きには最高かも。私的には第4回のクローン話が好き。あとコミックビームで連載してるものだと思ってました。
★2 - コメント(0) - 2009年10月2日

SFなのにSFを主張しない、でもちゃんとしたSF漫画。
- コメント(0) - 2009年10月1日

「それ町」とか好きな人は絶対はまると思う。
★3 - コメント(0) - 2009年9月29日

「異星人たちとのコミュニケーションの失敗を描いた漫画」・・・こういう着眼点を捻って日常内非日常なSFコメディを設定するセンスは個人的にツボです。二巻も楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2009年7月2日

TUI
ゆるい感じがいいなぁ
- コメント(0) - 2009年5月7日

ベントラーベントラー 1巻の 評価:56 感想・レビュー:57
ログイン新規登録(無料)