その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(2) (ワイドKC モーニング)

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(2) (ワイドKC モーニング)
176ページ
174登録

その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 2巻はこんな本です

その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 2巻の感想・レビュー(139)

面白かったー!母もチラッと読んで「くだらなー!」と言いながらゲラゲラ笑ってました。でも本は私も無理〜!
★9 - コメント(0) - 2月15日

2016年発掘したマンガでいちばんツボに入ったマンガ
★1 - コメント(0) - 1月31日

s_n
普通というのがとてもステキに見える。マネしたいおこだわりばかりだった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

再読 人生の幸福について考えさせられ、悲しくなった
★3 - コメント(0) - 2016年12月20日

本を破るのは無理やわ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月10日

薄皮のシリーズが、こんなにたくさんあるなんて、知らなかったです。また、タブレット型の携帯できる梅干し、純は、梅干し食わず嫌いな私も早速食べたくなり、ネットで注文しちゃいました‼食べてみたいと、思えるものばかりで、私の食の幅を広げてくれたこの本に、感謝します。
★5 - コメント(2) - 2016年10月1日

薄皮パンシリーズは、口に含んで潰すらしいw
★2 - コメント(0) - 2016年9月6日

再読。パン一回やってみたいなー
★3 - コメント(0) - 2016年9月4日

お金がなくても時間がなくても誰にでもできる、ちょっとした楽しみがもっと楽しくなる漫画。「薄皮パン」100種類以上。そんなに種類があったのですか。知らなかった...。個人的に一番食べてみたいのは薄皮レアチーズクリーム&ブルーベリージャムパン。対談も面白かったです。
★3 - コメント(0) - 2016年8月29日

具体的な商品名を出すことによるディティールの詳細さが、逆に貧乏臭くてなんともいえなーい感じ。でもありがたい。
★2 - コメント(0) - 2016年8月1日

人生は、こだわった方が、おもしろい。
★2 - コメント(0) - 2016年6月28日

献本2冊目。薄皮パンってあんな種類あったんや。読む男は破る男の方が的確やと思う。
★4 - コメント(0) - 2016年6月19日

【献本】土日に人に会わない男さん、めっちゃ分かる!というか1巻のときから、このおこだわりわかるーっての結構多い。ああだが…読む男さん、あなたはごめん無理だ…買ったものは買った人が自由にしていい考えるので否定はしないが、わたしはできぬ!!トマトのカスは近いうちにやろーっと。
★7 - コメント(0) - 2016年6月14日

【献本】セットで頂きました。本当にありがとうございました! で、2巻なんですが…更にテンションがウザ…もとい上がってますw 休日の過ごし方は私と似てるなぁと思ってしまったw 読む男は…何て言うか、うんw 最近、電子書籍でしか本読んでないので紙でも読もうかなと思いましたマル(電子版無いと買うの躊躇するレベルなので…ある意味【おこだわり】かな?w)
★4 - コメント(0) - 2016年6月13日

1巻よりもおこだわり度がUPしてる気がする。土日に人に会わない男は分かる気がする。引きこもって好きな事だけするって贅沢。読む男には驚かされた。その昔、海外旅行に行く時に、古本屋で買った分厚い短編ミステリー集の文庫本を1話ずつバラして持って行き、読み終わったら捨てるっていうのはしてたけどね~。ケンタの骨スープは一度やってみたことある。けっこう美味しかったのよね。とりあえず、NYEDAYSで「梅干し純」を買おうと思います。
★28 - コメント(4) - 2016年5月31日

薄皮パンは美味いね。補給食の定番でもあるつぶあん推し。クリームパンを冷蔵庫で冷やすとシュークリーム感覚とか。スーパーのウナギの蒲焼きに塗ってあるタレは毒なのか、取ってから食べると雑味がぬけるらしい。本当?中国うなぎと白米と水を試そう。「読む男」のおこだわり恐ろしいw 読み終えた順に1ページずつ破りながら読む男。
★8 - コメント(3) - 2016年5月29日

清野とおるさんがこだわりを持った人達にインタビューする漫画2巻目。 山崎パンの薄皮シリーズこんなにあるんだ!知らなかった。口の中でパンブレスは窒息しそう。 うなぎの蒲焼きを洗ってから焼く方法はごほうびごはんでも出てたけどちゃんとした理由があったんですね。 『寝ぬ男』と『寝る男』を引き合わしたらケンカするどころか意気投合しちゃったってのは笑いました。 喫茶店は確かに『おこだわり人』たくさん居そう。土日人に会わぬ男は彼女さん気の毒。 読む男の読み方は私絶対できない。清野さんも断念してくれて良かった
★15 - コメント(0) - 2016年5月28日

「土日、人に会わぬ男」すごく楽しかった。気持ちもわかる。今巻は、自宅でのおこだわり描写が特に多かった気がするけど、パジャマとか家具とか、ああいうのってどう取材しているのか気になる。
★2 - コメント(0) - 2016年5月21日

だいぶ食色が強くなってきた。しかし面白い…!最後の本を破きながら読む人、なんか昔テレビでもこういう人いるって紹介されてたなぁ…。清野さんがこれだけはできない…となってくれてホッとした。
★2 - コメント(0) - 2016年5月6日

寝る男と寝ぬ男の対談がおかしい!!理解し合えるんだ!!
★2 - コメント(0) - 2016年5月4日

2巻もキレッキレでした。 前半の薄皮、中国うなぎ、トマトのカス、梅つぶ、と 巻末の読む男が特に面白かったかな。(特にと言いつつ脅威の打率である) しかしお拘りの多くはやはり食(と酒)に関係してくるのだなぁ。
★1 - コメント(0) - 2016年5月2日

こだわり道の深さ…
★2 - コメント(0) - 2016年4月25日

TSUTAYAレンタル
- コメント(0) - 2016年4月21日

薄皮パン&林檎ジュースは微笑ましさがあります ケンタの骨スープは自分が食べる訳でもないのになんか嫌悪感があって読んでて気持ち悪かったです
- コメント(0) - 2016年4月21日

読んで幸せになれる本。これからも追っかけます。
- コメント(0) - 2016年4月19日

確かに、私も分厚い雑誌はビリビリ破きながら読む派だなあ。まあ、電子書籍にしちゃったので、もうあまりやりませんが。まず分厚い女性誌は、広告ページをビリビリと取り去り、薄くしてから持って帰ります。数日に渡り移動中に読む場合は、更に、読んだページを破って薄くしてから持ち運びます。破ったページはリサイクルボックスへw小さなこだわりです。
★2 - コメント(0) - 2016年4月17日

やったー!二巻だ!と大喜びした一冊。もちろん迷うことなく即購入。なんででしょう、この本、手元に置いておいて何度も読み返したくなる魔力があるんですよね。おこだわり人たちの妙なこだわりも、作者のキレ過ぎともいえる魅惑のツッコミも相変わらず見事。同じ本好きとして、『読む男』の巻は衝撃でした。こんな、本の愛し方があったのか……!おこだわり人同士の対談など、おこだわりワールドはこの巻でも深まるばかり。あぁ、もっとたくさんのおこだわり人を見てみたい。次巻が今から楽しみでなりません。
★2 - コメント(0) - 2016年4月1日

今回は前後編に及ぶ「土日、人に会わぬ男」に圧倒された、というか呆気にとられたというか、、、。おこだわりのためにはここまでするのか!
- コメント(0) - 2016年3月22日

なんなんだ。この表紙は。私はケンカを売られているのだろうか…と、思いつつも買いました(笑)あいかわらず市井の人のヘンテコな情熱がおもしろいです。見慣れた薄皮パンや中国うなぎなども新鮮に思えてきて「世界とはこんなにも豊かなものだったのか!」と改めて思いました。また、「寝る男」と「寝ぬ男」の出会いは「自分と信条が違うひとの意見も聞く寛容さが、視野の広がりに繋がるのだなぁ!」と、ちょっと感動。私もケンカになると思ってましたよ!それにしても、清野さんのヘンなテンションの詰問口調、うつりそうでコワい!
★7 - コメント(3) - 2016年3月21日

ツッコミの言い回しが面白すぎる。試してみたくなるけど勇気が出ない。
- コメント(0) - 2016年3月19日

ドラマ化するらしいが、どうやってドラマにするんだろう……。しかも、著者outの松岡茉優inだというじゃないか。想像がつかない。『読む男』がどうにも衝撃的でした。本は手元に残しておきたいよー。残さないでいい本は電子書籍にするし……。著者が真似できなかった初のおこだわりですが、真似できたら職業人としていけない気もする。その他『寝る男』と『寝ぬ男』の対談は興味深かった。どちらも有意義な過ごし方だよね。著者のツッコミがライトになってストーリーの妨げが減って読みやすくなってきた。この位のテンションがいいな。
★3 - コメント(0) - 2016年3月16日

たのしいたのしい!マネしたいっす、そのおこだわり!「読む男」「土日、人に会わぬ男」は特にたまらない!爆笑ではないのに、なんでしょう、この癖になる感じ。くすくすくす…
★5 - コメント(0) - 2016年3月13日

安定の清野さんのツッコミ芸。読む男が衝撃的過ぎた。
★1 - コメント(0) - 2016年3月12日

椿
梅干し純が欲しすぎて探し回ってしまった。近所では売ってなくて、たまたま行った錦糸町のNEWDAYSで初めて見つけて思わず買い占めてしまった。清野とおるに振り回されまくり。
★3 - コメント(0) - 2016年3月11日

観察者と対象者。この関係性は発明ではないだろうか
- コメント(0) - 2016年3月6日

寝る男と寝ぬ男、運命の出会いにニヤニヤ。本編の合間に挟まれたコラムのページが、本編に負けず劣らず面白いのも良い。
★2 - コメント(0) - 2016年3月3日

寝ぬ男のエンヤ評「だってすべての楽曲が鼻歌にすると♪ハァへ~ ホヘヘホ~ ファフェフェ~ ホワホワ~」にグッときた。思わずエンヤのベストアルバムを買ってしまった
★7 - コメント(0) - 2016年3月2日

清野さんが真似できない「おこだわり」が出ましたね。私もムリだけど本の探しかたはマネしてみたいかも。
- コメント(0) - 2016年2月29日

pon
寝る男と寝ぬ男の対談がよかった。
- コメント(0) - 2016年2月27日

フツーの人の中に入るんだろうなあ、本巻の人たち。自分も似たようなことしてるかもなあ…とか思ってしまうと、作者の術中に填まっているのか。
★6 - コメント(0) - 2016年2月26日

その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 2巻の 評価:80 感想・レビュー:58
ログイン新規登録(無料)