のだめカンタービレ(5) (KC KISS)

のだめカンタービレ(5) (KC KISS)
192ページ
1647登録

のだめカンタービレ 5巻を読んだ人はこんな本も読んでいます


のだめカンタービレ 5巻の感想・レビュー(1617)

レンタル。学園祭、千秋とミルヒー共演。これ、考えたら伝説だよなぁ。現担任と元担任に笑った。まぁ、のだめのマングースも伝説といや伝説。可愛い。千秋の番外はヴィエラ先生との出会い詳細。コンマスさんが優しい。
★9 - コメント(0) - 3月17日

学祭。ラプソディー・イン・ブルーは「のだめ」って感じがするから好き!マングースかわいい。千秋のラフマニノフ聴いてのだめも弾きたいと思うも千秋との連弾で満足。ちゃんと音楽と向き合ってる千秋と向き合ってないのだめ。
★19 - コメント(0) - 3月16日

過去本掘り起こし
- コメント(0) - 3月12日

彩子、悩むの回。のだめの奇矯なキャラがあんまり好きじゃないこともあって、彩子の方に肩入れ^^;ただお嬢様なだけで、千秋が言うほど底意地は悪くないと思うんだけどなぁ。Sオケも千秋も格好よかった!千秋はあれだけ音楽に向き合ってきたからこそ、今の千秋なんだよね。
★9 - コメント(2) - 3月7日

いつのまにかSオケが人気と実力を兼ね備えるようになっていた。人に見られること、自信を持つことって大事。
★10 - コメント(0) - 3月5日

再読。実写ドラマのエンディングもラプソディ・イン・ブルーだったような気が。音楽に正面から向き合ってないのだめと、小さいときから覚悟をもって正面から向かい合い続けてきた千秋。二人の才能のぶつかり合いが楽しみ!
★5 - コメント(0) - 2月16日

Sオケのは素で観客として見て聞いてみたいですね。そして女子こわいよぉ
★5 - コメント(0) - 2月8日

再読中。ピアノコンチェルトのシーンは音がなくても鳥肌がたつ。静けさと音の響きと聴衆の溜息と最後の音と一瞬の間と拍手の音。終わってしまうのが嫌だという千秋の心に共感。私も演奏者として何回か味わったことがある。これから先もそんな音楽に出会いたい。「魅せる」演奏、ほんと大事…研究中です。がんばる。
★13 - コメント(0) - 2月2日

紋付き袴での演奏カッコイイ‼ のだめの超絶技巧聴いてみたい♪笑
★13 - コメント(0) - 1月27日

読メ登録前に読了済みの作品を再読。千秋との連弾でのだめの才能が花開く?
★14 - コメント(0) - 1月26日

学園祭。マングースのだめがかわいい。みんなが心から音楽を楽しんでいるところがいいなあ。「ラプソディ・イン・ブルー」、YouTubeで聴いたらいい曲だった。★★★★☆
★7 - コメント(0) - 1月2日

★★★★ 千秋のラフマニノフには負けたのかもだけど、Sオケのガーシュウィンも演奏する側、聴く側が気楽に楽しめるが上質の良い演奏だったと思う。「音楽を心から楽しむには正面から向き合わないとだめ」というミルヒの言葉に反して、千秋とアンサンブルしたことで満足してしまうのだめがどうなっていくのか期待。
★5 - コメント(0) - 2016年12月31日

suns and music/open to how feel/music food game & lady
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

再読
★2 - コメント(0) - 2016年12月20日

公立図書館)ぎゃほー。読み終わった。のだめワールド全開で楽しめた。
★1 - コメント(0) - 2016年11月9日

学園祭でのSオケ、インパクトあるしカッコいい!ここでのだめのマングースか♪シュトレーゼマンが本物だった(笑)。
★7 - コメント(0) - 2016年9月23日

映像で見てみたいーー!!千秋先輩のあのラフマニノフはドラマにはあったんだろか??彩子が一皮むけたシーンも素晴らしい!
★6 - コメント(0) - 2016年9月15日

天才の描写はどんな漫画でもよいものだ。
★2 - コメント(0) - 2016年9月4日

購入 再読
★1 - コメント(0) - 2016年8月2日

再読。2003年3月初版の2004年9月12刷。学園祭で健闘したSオケだが軽がるとその上を行くAオケ+千秋。あまりの衝撃にコンチェルトの(自己パートの)特訓を重ねたのだめであったが,人知れず練習棟で千秋と連弾しただけで満足してしまう。「共演」引いては「演奏家」への道がまた閉ざされた。  番外として千秋の少年期篇が1篇。
★4 - コメント(0) - 2016年8月2日

エロ教授帰国
★1 - コメント(0) - 2016年7月2日

Sオケ仮装と千秋のラフマコンチェルト、読み切りで千秋の過去を少し。Sオケの紋付袴姿がかっこいい!生で見たいです。もちろん千秋様のコンチェルトも!なんだかんだでのだめのことをとても心配?している千秋様が好きです。
★21 - コメント(0) - 2016年6月15日

⭐️⭐️⭐️図書館本。
★54 - コメント(1) - 2016年5月5日

久しぶりに再読その5。この巻は学園祭♪Sオケの和装「ラプソディ・イン・ブルー」かっこいい(^^)Aオケは千秋・シュトレーゼマンのラフマニノフ!大好きな曲だから読んでるだけで音が耳に浮かぶし千秋の終わってしまうのが嫌だという気持ちに共感してぐっとくる。その後ののだめ&千秋の連弾ラフマニノフの迫力もすごい。
★59 - コメント(0) - 2016年4月22日

千秋中心のお話。Sオケ、のだめ、千秋、みんなそれぞれで頑張っていて励まされるお話でした。
★3 - コメント(0) - 2016年4月19日

Ai
学園祭。紋付袴でラプソディインブルーのSオケがかっこいい。千秋様のラフマニノフは更にかっこいい。あまりにかっこよくて、「さあ、楽しい音楽の時間デス」とかラフマニノフとか当時オケ部内でちょっと流行ったっけ。そして定期演奏会でラフマニノフやろうと一部女子が暗躍してたっけ…。結局ブラームスになったけど。
★8 - コメント(1) - 2016年3月26日

今回はミルヒじゃありませんでした巨匠!格好良かったです、シュトレーゼマン先生。そして、のだめのピアニカのラプソディ・イン・ブルー聴こえましたよ(^ω^)今回は、音が聴こえる巻でした。龍太郎たちのSオケの大成功、千秋が妬いてましたね。シュトレーゼマンの指揮の下の千秋のピアノが色々な人たちを変えていく。のだめの千秋の弾く音への想い。千秋ものだめを認める、シュトレーゼマンには及ばないけれども(o^∀^o)
★57 - コメント(0) - 2016年2月25日

文化祭がすごく楽しそう!ラプソディインブルーもラフマニノフのピアノ協奏曲も大好き!和風ビッグバンドも良いし、身悶えしながらのラフマニノフとか超良い!この作品は、5巻あたりが一番好き。
★7 - コメント(0) - 2016年2月23日

千秋がラフマニノフ!のだめじゃないけど、鼻血出そう(笑)カッコいいなぁ。漫画を忠実に再現してるらしいドラマも見てみたくなる。そして、ラフマニノフを耳コピ出来ちゃうのだめは天才肌だ、ほんとに。千秋はやっぱ、才能ある人じゃないと付き合えなさそう。元カノはプライドも高いから、疲れそうだな。2人のラフマニノフ2台、聴いてみたい。でも、のだめは、千秋と気持ちいい演奏出来るだけで満足。きっと世界が見えてる千秋には歯がゆいんじゃないかな。
★24 - コメント(0) - 2016年2月13日

オーケストラを通じて人間として成長しつつ、あくまでも俺様な千秋が可笑しい。そして、のだめちゃん・・・・・暴走ヒロインが売りですが、溢れる才能は眠らしていちゃ何にもならないぞ!!そろそろまっすぐ走ってくれ!!
★17 - コメント(0) - 2016年2月9日

再読。ラフマニノフピアノ協奏曲第2番をミルヒーと千秋の共演と、千秋のピアノ伴奏によるのだめとの共演。千秋のウィーンの子供時代の話。
★4 - コメント(0) - 2016年2月2日

才能だけでラフマニノフ二番を千秋と演奏しちゃった。
★6 - コメント(0) - 2016年2月1日

1〜5巻。のだめがキモ可愛い。4巻、千秋の指揮で、千秋とコンマスの女性が演奏中にアイコンタクトを取るシーン、5巻のラフマニノフの演奏シーン(!!)が好き。
★6 - コメント(0) - 2015年12月26日

魅せる演奏ってなんぞ?ともやもやしながら、Sオケの仮装演奏を見て、火が付いた千秋がカッコイイ。「本祭のトリはオレ様なんだよ」と言い切り、実際に観客を興奮させる演奏をしてしまうあたり、さすがは主人公。口だけじゃないあたりに痺れてしまう。なんでもそつなくこなす裏には、裏打ちされた努力あってのもの、なんてことは分かっていたつもりなのに、上っ面ばかりを見て、自身のことは棚に上げ、爪ばかり噛んでいた。クラシックのCDでも借りて、雰囲気だけでも味わえるような素養を身に付けたくなる一冊でした。
★7 - コメント(0) - 2015年12月21日

ラプソディ・イン・ブルーの指揮って大河内くんだったっけ…(笑) 千秋先輩のピアノコンチェルトを聴いて自分もピアノを弾かなくちゃ、とおもうシーン、なかなか読んでいてつらい部分もあるけれど、ふたりが連弾する場面はほんとうに素敵。
★3 - コメント(0) - 2015年12月19日

ラフマニノフ千秋素敵だった。指揮者もいいけど、ピアノを弾いてるのもカッコイイ。アニメで何回も観たくらい。のだめマングース可愛い。和装でオケも最高ですね。
★38 - コメント(2) - 2015年10月31日

前巻に引き続いてラフマニノフの2番、ガーシュウィンのラプソディー・イン・ブルー。プレデターと言う単語を初めて覚えたのはマングースの説明文だった。そういう訳で思い入れの深いいきもの。上野でコビトマングースを初めて見たときは嬉しかったなぁ。ラフマニノフの2番の演奏シーンは美しくて好き。あと、菅谷にイラっとする…
★22 - コメント(0) - 2015年10月30日

Sオケ素敵。
★2 - コメント(0) - 2015年10月4日

【再読】Sオケ最高。紋付き袴で演奏するなんて、カッコいい。千秋のピアノの演奏に感化され、オーケストラと演奏したいと暴走するのだめ。けれど、千秋との共演で満足ちゃってるし。相変わらず譜面は読めないし。このままじゃ、才能を腐らせそう。
★12 - コメント(0) - 2015年9月13日

再読。マングースのだめ。のだめにもっとがつがつピアノ弾いてもらいたい。
★10 - コメント(0) - 2015年8月25日

のだめカンタービレ 5巻の 評価:64 感想・レビュー:208
ログイン新規登録(無料)