のだめカンタービレ (8)

のだめカンタービレ (8)
192ページ
1553登録

のだめカンタービレ 8巻の感想・レビュー(1532)

レンタル。千秋、R☆Sオケデビュー。のだめはコンクールへ挑戦。ハリセンと何か上手くやってる。オクレール先生可愛い。のだめと千秋のメール、ほのぼの。しかし、のだめ心配。
★10 - コメント(0) - 3月17日

過去本掘り起こし
- コメント(0) - 3月12日

素人の催眠術にかかるって、千秋さまは天然? それとものだめに秘めた能力が?
★6 - コメント(0) - 3月8日

師匠自由やな(笑)てか、経験と時間を考えれば、千秋たちが子供に見えるのも当然だろうと
★5 - コメント(0) - 2月18日

再読中。一気に皆動き出した。遂にのだめが掘り下げられてきた。ハリセン、おつかれさまです。
★3 - コメント(0) - 2月18日

のだめと千秋のメールのやり取りが好き。のだめちゃんかわいいなぁ。
★7 - コメント(0) - 2月7日

読メ登録前に読了済みの作品を再読。のだめもコンクールへ。
★12 - コメント(0) - 1月28日

★★★★ みんなそれぞれの道を少しずつ歩み始めた感じでこれからが楽しみ。峰くんの男気が素敵
★1 - コメント(0) - 1月10日

have a world that makes it
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

え?のだめ、スゴくない!?催眠療法?で、千秋が飛行機に乗れるようになったよ。のだめの「神さまが呼んでるから行かなきゃ」の言葉が、なんか…。そして、のだめもコンクールに向けて、ハリセン宅で合宿。のだめの演奏はおもしろいなぁ。でも不安定。
★3 - コメント(0) - 2016年12月26日

再読
★6 - コメント(0) - 2016年12月20日

公立図書館)新オーケストラ、江藤先生との特訓、コンクールへ。。。
★1 - コメント(0) - 2016年11月10日

表紙可愛い❤️
★4 - コメント(0) - 2016年10月29日

2度読みましたよ。えぇ。峰くんの清良へのエールにグッときたし、のだめと先輩のメールのやり取りも好きだったので。あ、ハリセンとのだめのレッスンシーンも好きだわ。とにかく8巻はなかなかツボでした。
★4 - コメント(0) - 2016年10月23日

購入 再読
- コメント(0) - 2016年9月14日

リアルのだめって誰だ?
★4 - コメント(0) - 2016年9月5日

再読。2004年3月初版の9月4刷。R☆Sのコンサートを聴いたのだめは内緒の催眠療法を施さずにいられない。何が何でも絶対に千秋を欧州へ遣らないとだめなのだ。それにしてもコンサートもコンクールも,聴きに来るお客さんがいちばんレヴェル高いんじゃないだろか。
★2 - コメント(0) - 2016年8月16日

のだめと千秋先輩があまり関わらないけど、それぞれの道へ向けて。飛行機克服おめでとう!
★2 - コメント(0) - 2016年7月5日

本格的に
★2 - コメント(0) - 2016年7月2日

⭐️⭐️⭐️図書館本。
★60 - コメント(1) - 2016年5月5日

久しぶりに再読その8。千秋とR☆Sオケ初演奏会。あ〜ブラームスが無性に聴きたい。この曲ホントかっこ良くてすごく好き。そして…のだめはコンクールに向けて江藤家で合宿。のだめと千秋のメールのやり取り、いいなあ。とくにシューベルトのところがいい。
★55 - コメント(0) - 2016年4月23日

千秋デビュー!パチパチヽ(▽⌒*)千秋の飛行機トラウマが分かりました、で、もう攻略ですか(笑)千秋にカニを貢がせる程の何かを持つ『のだめ』凄いぞ(笑)でも、清良さん、なんで龍太郎なの〜
★50 - コメント(0) - 2016年2月26日

ブラームス1番超好き!オーボエ協奏曲も素敵。この漫画のオケは楽しい曲たくさんで楽しい。千秋の催眠術の回はちょっと感動。のだめが珍しくマトモだから?でもその後のハリセン合宿の方が面白い。頑張れハリセン!
★6 - コメント(0) - 2016年2月23日

千秋の睡眠療法もどきのシーンにジンときた。そうだよね、本作は音楽と恋の話なんだよね。千秋は大きく前進したが、主人公であるのだめの明日はどっちだ?
★16 - コメント(0) - 2016年2月9日

「もういいんですよ。大丈夫。先輩はもう飛行機にのれます。神様が呼んでるから行かなきゃ。」その後千秋がなんも覚えてないにが切ないー!感涙。シューマン・マンフレッド序曲、ブラームス・交響曲一番、シューベルト・ピアノソナタ第十六番、ショパン・エチュード、ブラームス・パガニーニの主題による変奏曲、ラヴェル・夜のガスパール。
★5 - コメント(0) - 2016年2月2日

再度。ライジング・スターオケの公演と千秋の飛翔。のだめのコンクール。
★3 - コメント(0) - 2016年2月2日

「神さまが呼んでるから 行かなきゃ」ブラームスを聴いてそう思ったのだめ。まさかの催眠療法…だけれど、これで飛行機に乗れるようになるんだから運命ですよね~!ハリセンとかおりさんの夫婦も面白くてすきです。花しょってる耕造さん(笑)
★6 - コメント(0) - 2016年1月8日

ようやく千秋が飛行機に乗れたようでなにより。最初読み始めた頃は、最後まで千秋は日本が出れないんじゃないか、と思っていたのでナイスなタイミングでその壁を乗り越えてくれたのは嬉しい。それがまたのだめの催眠術で、というのも拍子抜けして良い意味で裏切られた。しかも、それを千秋には言わないで自分の欲しいモノだけを刷り込むあたりが陽気なのか照れ隠しなのか、不思議と涙を誘う。ラストはのだめの本気に感動した。やっぱ彼女も天才なのかしら。
★5 - コメント(0) - 2016年1月7日

千秋は飛行機恐怖症を克服してヨーロッパに渡る事を決意する。のだめのコンクールはどうなる?オクレール先生お茶目だな。ハリセン結構いい人なんだね。
★34 - コメント(4) - 2015年10月31日

平均律クラヴィーアをのだめが弾くとは…イメージ出来ない。昔から夜のガスパールが苦手で、聴くと頭が痛くなる…ベルリオーズの幻想交響曲も同様…なんでだろう。
★17 - コメント(3) - 2015年10月30日

トラウマってすごい影響力なんだね。
★4 - コメント(0) - 2015年10月5日

【再読】祝・千秋飛行機に乗れた。胴体着陸が怖かったのかと思ったら、亡くなった人が居たからなのね。北海道じゃなく、いきなり海外に飛んで、そのまま移住すれば良かったのに。のだめはまた、何かスイッチが入ったよう。コンクールに必死に食らいついてる理由は、千秋への愛かな。
★7 - コメント(0) - 2015年9月15日

千秋先輩、のだめの催眠術にかかって飛行機に乗れたー!のだめもピアノに本気で向き合いはじめていい感じ。ハリセン先生ものだめには振り回されっぱなしだなー。
★3 - コメント(0) - 2015年9月5日

千秋ものだめも清良も江藤先生も?進化が目まぐるしい巻。
★7 - コメント(0) - 2015年7月18日

相変わらずコンサートのシーンが素敵。熱い。のだめが千秋先輩に催眠術使っちゃうのはえー!ありえんだろ!って気持ちとのだめの千秋先輩への思いにじんときちゃったのが半々。これで遂に千秋先輩は海外に行っちゃうんだなー。のだめが急にコンクールに出るって言い出したのは千秋について留学するためなんだろうか。のだめにもなにかトラウマがありそう。
★3 - コメント(0) - 2015年4月1日

カニのお話とのだめ初の通電が印象的な巻。でものだめの性格はコンクール向きではないんだよね、きっと。
★2 - コメント(0) - 2015年2月23日

【再読】オーケストラ見に行きたくなる…!
★2 - コメント(0) - 2015年1月15日

のだめカンタービレ 8巻の 評価:58 感想・レビュー:182
ログイン新規登録(無料)