のだめカンタービレ(10) (KC KISS)

のだめカンタービレ(10) (KC KISS)
208ページ
1553登録

のだめカンタービレ 10巻の感想・レビュー(1529)

レンタル。のだめ千秋は共に留学。千秋は指揮者コンクールへ挑戦。黒い羽根の指揮者降臨、ここ好き。桃平姉妹の謎判明。のだめのフランス語勉強法スゲー。
★10 - コメント(0) - 3月17日

過去本掘り起こし
- コメント(0) - 3月12日

白黒の一騎打ちかと思いきや、まさかの伏兵が出てきましたな
★3 - コメント(0) - 2月23日

新たなステージ、パリ。千秋がだんだんのだめの扱い方をマスターしてきたというか、のだめに染まってきたのか、二人でいるのが普通になりつつあるのがおもしろい。
★2 - コメント(0) - 2月19日

ヴィオラと月と猫。表紙が素敵。…パリに行きたい。もう一度。今度はきっと違うものが見える。
★6 - コメント(0) - 2月15日

読メ登録前に読了済みの作品を再読。フランスに留学した千秋とのだめ。千秋はいきなり指揮者コンクールに出場。
★11 - コメント(0) - 1月28日

遂にパリ編。 白王子VS黒王子の対決が楽しみですが、オケの人に嫌われちゃった千秋先輩の名誉挽回に期待です。
★13 - コメント(0) - 1月27日

★★★★ 何だかんだいってもピアノは上手いし、仏語もマスターしてしまうし、のだめってすごい。音楽を楽しんで指揮している片平さんうらやましい!
★2 - コメント(0) - 1月18日

のだめ&千秋、パリへ。プリごろ太でフランス語を覚えるなんて、さすがのだめ!千秋のコンクールが始まり、ちょっと緊張感が。片平ジャンプおもしろい。
★4 - コメント(0) - 2016年12月27日

salmon eggs are made of mold. did you know that?
★2 - コメント(0) - 2016年12月27日

公立図書館)のだめ、千秋フランスへ。千秋の指揮者コンクール。
★2 - コメント(0) - 2016年11月10日

のだめ&先輩、ついにパリへ!!先に世界の厳しい洗礼を受けたのは千秋先輩。しかし指揮にもコンクールがあるだなんて知らなかった。同じ日本人の片平さんとは長い付き合いになるのかな?そしてもちろんジャンとは良きライバルに?オタクがもてない理由と、日本が経済大国な理由がわかって私としてもスッキリいたしました笑。
★6 - コメント(0) - 2016年10月26日

購入 再読
★1 - コメント(0) - 2016年9月18日

笑うとこが少なくなってきた。
★3 - コメント(0) - 2016年9月6日

再読。2004年9月初版。のだめはここからが本番だ。小躍りから振り違えまで振幅の激しい千秋くんはあまり心配いらないが,のだめのフランス語どうするんだろうと思ったら意外で納得の習得法だった。
★2 - コメント(0) - 2016年8月24日

パリ編✨千秋先輩のコンクール。アニメは語学の勉強に役立ちます(笑)片平さんがいいキャラしてますね!新展開、楽しみです!
★2 - コメント(0) - 2016年8月4日

片平の締めが良い
★2 - コメント(0) - 2016年7月2日

コマンタレブー♪ヨーロッパ上陸!パリに行ったのだめと千秋先輩。ちはやふるといい、のだめといい、聴覚って大切なんだな~て思った。プリごろ太でフランス語をマスターするのだめに感服しました。『人間は負けて大きくなってゆくんデスよ!!のだめのように♡』
★27 - コメント(0) - 2016年5月25日

⭐️⭐️⭐️図書館本。
★60 - コメント(1) - 2016年5月8日

再読。
★1 - コメント(0) - 2016年5月4日

久しぶりに再読その10。この巻からいよいよ巴里篇♪千秋がパリの街で浮かれてるのが面白くないのだめの気持ち…分かる気がする^^;そして同じアパートの住人・フランクとターニャに日本人の勤勉性とオタクぶりを見せつける千秋とのだめ、恐るべし。千秋は指揮コンクールへ。ジャンとかロランとか巴里篇のキャラがいっぱい登場してきてワクワクする。片平さんも頑張れ〜(^^)
★84 - コメント(1) - 2016年4月23日

千秋の卒業に皆が惜別の想いを噛み締めます。そっかぁ、のだめは、マルチにオタクなんですね(笑)才能の片鱗を見せます。ジャンといい片平といい、日本では出会えなかったライバルとの出会いが、千秋を追い詰めます。白王子、黒王子には笑いましたが、的確なアダ名です。音楽を楽しむ、Sオケでの感覚を取り戻す千秋、選考の続きが楽しみ。あ、のだめはムラムラのもんもんでむかむかしてンですよ!には、大笑い(^ω^)
★50 - コメント(0) - 2016年2月28日

日本編?が好き。パリ編になるとのだめもあまり奇行起こさなくなるし、なんというか、ちゃんとした音楽漫画になっちゃって破天荒な面白さが半減。もちろんそれでも面白いんだけど。ずいぶん遠くへ行ってしまったなと。あくまで私の感想。
★4 - コメント(0) - 2016年2月23日

まさかのパリ編に突入。疲労感も溢れる希望も無い、てんやわんやな新生活スタート。二人とも頑張れ!!
★14 - コメント(0) - 2016年2月9日

二人でパリへ。千秋に最強のライバルあらわる。ヴェルディ・歌劇オテロ。
★5 - コメント(0) - 2016年2月2日

再読。パリ編開始と千秋のコンクール。
★3 - コメント(0) - 2016年2月2日

パリ編。フランクの「ボクのピアノを君に聴かせたい」…フランスの方ってすごいな~ 照れる。のだめが「真一くん」と呼ぶのも可愛くてすきです。指揮者のコンクールの内容も興味深いけれど、オーケストラのひとはほんとうに大変…!ロランくんと片平さんは癒し。「オレも喜ばせたかったな」
★4 - コメント(0) - 2016年1月9日

めでたくまたしても隣同士になった千秋とのだめ。そうでなくっちゃいけないですよね、という展開。オタクなフランス人やらキャバいロシア人も交えつつ、いつもの駆け引きが繰り広げられる。にしても、のだめの集中っぷりには驚かされる。得意なものと好きなものの組み合わせは最強。なりふり構わず、一気に上達する様子はまさに子ども。そういえば、昔は好きなことに熱中できた時期が確かにあったと思う。一度そのゾーンに入ったら、あんたはスゴイと親にも褒められた。今じゃあっちこっちに気が散って、ダラリと一日が過ぎていく。無情かな・・・
★3 - コメント(0) - 2016年1月7日

いよいよパリ編スタート!! 新たな出会いも楽しそうだね。のだめは幸せモンだよ。頑張れ!!コマンタレブー!!
★27 - コメント(0) - 2015年11月1日

課題曲のくじ引きでロッシーニが出てきたが、曲よりも先にステーキが思い浮かんだのは食い意地の所為だろうか…。
★20 - コメント(0) - 2015年10月30日

滞空時間まで操ります。
★3 - コメント(0) - 2015年10月5日

ついに、パリへ。のだめ、大好きなアニメでフランス語マスター。すごっ。
★3 - コメント(0) - 2015年9月27日

【再読】千秋とのだめ、パリへ。台詞を覚えるほど見たアニメで、フランス語の勉強をするのだめ。真似できそうもない…。千秋は、指揮者のコンクールに挑戦中。片平さんの指揮が楽しい。飛ぶのは、実際はありなんだろか。
★8 - コメント(0) - 2015年9月16日

娘どんのピアノレッスン中に。本のダメのだめ&ダメ千秋に笑いつつ、BGMに流れてくる娘どんの針が飛ぶレコードのようなピアノにため息。
★3 - コメント(0) - 2015年9月6日

卒業演奏会も終り、仲間はそれぞれの道へ進む。のだめと千秋はともにParisへ。うん、たしかに千秋はフランスに行って生き生きとしていてイヤミだ。飛行機乗れなかったくせに。今回なんとなく気づいたんだけど、のだめちゃんのファッションセンスって悪くない。着てる服やコーディネートけっこうかわいい。ただ汚部屋は何とかしたほうがいい。もうひとつ気付いた。音楽家は耳がいいから語学も得意なんだ!うらやましい。
★9 - コメント(0) - 2015年8月22日

パリ、素敵~!指揮者コンクールが面白い。のだめはすっかり妻ですね。
★10 - コメント(0) - 2015年7月19日

inパリ
★3 - コメント(0) - 2015年5月31日

パリ編突入!さすがヨーロッパ背景が美しい~。アニメでフランス語を覚えるのだめ。一旦始めた後の集中力がすごい。指揮者のコンクールってこんな風なんですね。間違いさがしなんて並大抵の耳の良さじゃ全部見付けられないな。指揮者ってすごい(改めて)。自分が指揮間違ったらちゃんと謝るところに千秋の人間性が出てますね。
★1 - コメント(0) - 2015年4月2日

とうとう2人がヨーロッパ留学!他のメンバーが一新でちょっと寂しいですが、また楽しい生活が始まったので嬉しいです。千秋先輩の振る曲は全部聴き直してみたくなりますね。それだけ音楽シーンの描写が魅力的なんだと思います。
★2 - コメント(0) - 2015年3月2日

のだめカンタービレ 10巻の 評価:56 感想・レビュー:182
ログイン新規登録(無料)