のだめカンタービレ(16) (KC KISS)

のだめカンタービレ(16) (KC KISS)
192ページ
1438登録

のだめカンタービレ 16巻の感想・レビュー(1421)

レンタル。存続の危機を悩む千秋とその(+コンマスからの)圧政に苦しむ、ゆるいオケメンバー。
★8 - コメント(0) - 3月17日

過去本掘り起こし
- コメント(0) - 3月12日

ドSのコンマスと指揮者に耐えた人々が勝ち取った自由と勝利、万歳!音が本から聞こえてくるようだった。
★2 - コメント(0) - 2月22日

バソン! コンマスさんと千秋が語る「音楽」「調和」が胸に響く。私の目指しているものも調和。と、そこから広がる豊かさの波紋。
★6 - コメント(0) - 2月19日

★★★ マルレ・オケのメンバーもターニャも周りから刺激を受け、何だかんだ言ってもやっぱり上を目指している。地味で厳しいことだけれどステキ
- コメント(0) - 2月17日

粘着の千秋(笑)。定期演奏会、なんとか形になったみたいでよかった。金管の人たちの「もうずっと怖いですから―」に笑い、おまけの「ポッター隊」に笑いました。おー!千秋の父登場だ。
★5 - コメント(0) - 2016年12月29日

that old man decided to sit there eh?
★2 - コメント(0) - 2016年12月27日

千秋のオケが形になって良かった~♪今作のツボは、靴をくんくんするのだめとノースリーブくんの袖とポッター隊かな。個々の成長ストーリーの合間に散りばめられている笑いの要素が本当に毎回毎回素晴らしいんです。 いよいよ千秋父が登場!また面白くなりそうだなー。
★7 - コメント(0) - 2016年12月1日

公立図書館)マルレのメンバー決定。猛練習の日々に千秋 本性を発揮。ターニャがコンクール出場を決意。マルレのコンサートは大成功。
★1 - コメント(0) - 2016年11月11日

袖だけ笑
★1 - コメント(0) - 2016年10月31日

マルレオケ、オーディションから定期演奏会まで!国の違い?今までのマルレが怠けて居たの?千秋の仕切る練習に不平不満の嵐、三十分遅れでぴったりと言われる黒木くん。日本人って特殊なのかな…?と思わせる場面も。みんながみんな、色々と文句も言いつつ、演奏会ではキラキラしている。
★2 - コメント(0) - 2016年10月27日

購入 再読
★1 - コメント(0) - 2016年9月20日

再読。2006年10月初版。マルレオケ再生の道のりを描く。「ターニャは料理で攻撃したほうがモテますヨ」。
★3 - コメント(0) - 2016年9月17日

ようやくオケがまとまってきた。
★4 - コメント(0) - 2016年9月12日

ベビーシッター
★1 - コメント(0) - 2016年7月9日

1500年くらい前までは神の作った世界の調和を知るための学問が天文学、幾何学、数論、音楽だった。。だからかなのかな。音楽はどこかに到着しようと必死で、ハーモニーは人の心を容易に動かし、宇宙まで届く。音楽って、神秘的だな。
★25 - コメント(0) - 2016年5月28日

⭐️⭐️⭐️図書館本。
★51 - コメント(1) - 2016年5月15日

久しぶりに再読その16。今回のメインはマルレ・オケ。新団員が加入しての新シーズン。途中でまずい雰囲気になりかけたけど新しいメンバーのやる気と古くからのメンバーの負けてられるかorこのままじゃまずい!という気持ちがうまく融合していい演奏になった!感動♪それにしてもロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」ストーリーにぴったりすぎて心踊るしなぜだか笑える(^w^)映画では確かチャイコフスキーの「1812年」に変わってたけどあれもド派手で楽しかったなあ。
★83 - コメント(0) - 2016年4月24日

千秋の葛藤と復活の巻。のだめが意外に健気な感じ、ジャパンオリジナルのティッシュ配りですね(^.^)b絶対、効果ありました。パンパンだった千秋のガス抜きは、やはり、のだめの素朴な疑問です。カンタービレの語源とタイトルの意味が少し分かりました。ターニャ、黒木にいっちゃえ(^.^)b
★50 - コメント(0) - 2016年3月1日

マルレオケレベルアップ!のだめと千秋LOVELOVE度UP!RUIはどうしちゃったんだろうか…。ロッシーニ〈ウィリアム・テル序曲〉、グリンカ歌劇〈ルスランとリュドミラ〉序曲
★3 - コメント(0) - 2016年2月11日

コンマスさんと先輩がいつのまにか結託…!オーボエのケイタイさん(本名:アレクシ・ソランさん)仕事や家族、時間やお金のことでオケの練習はてんやわんや。でもちゃんと自宅で練習もしてるし、音楽に情熱があるひとだということが分かってよかった。「ボロ・ボレロ」って…もー、いちいちネーミングが秀逸すぎる!(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年1月10日

オーディションで千秋とコンマスが結託(笑)コンマスって頭が固くてマルレオケの癌なのかと思っていたけれど、本当は誰よりもオーケストラに情熱を注いで、オケの伝統を守ろうとしてくれているんだね。そして千秋のスパルタ練習再び。みんな体力と気力の限界まで練習して大丈夫なのかと心配していたけど、やっぱりみんなそれなりに音楽に対する熱意とプライドがあって、なんだかんだ頑張っている。マルレオケの復活はなるのか。コンマス「音楽の本質は「調和」にあるのだ それを表現するのが「真の音楽家」なんだ」
★6 - コメント(0) - 2016年1月9日

新生マルレ・オーケストラのレベルがグーンと上がって素晴らしい。黒木君のターニャへの気遣いが不器用ながらいいなと思う。
★20 - コメント(0) - 2015年12月27日

この漫画のオーケストラシーンが本当に大好きで、読んでいると息もつけない…だからこの巻はとても興奮した。地元オーケストラの常連さん、良いな。
★17 - コメント(0) - 2015年10月30日

マルレオケどうなるかと思ったけど、上手く行きそうな感じでホッとした。ターニャと黒木君どうなるかな?
★2 - コメント(0) - 2015年10月21日

圧政。
★2 - コメント(0) - 2015年10月6日

【再読】殺伐とした練習風景が続いた…。仲が悪かったはずの、コンマスと千秋のタッグは、団員を苦しめるのか。今までの練習不足も原因なんだろうけど。
★6 - コメント(0) - 2015年10月4日

フランス式がバソン、ドイツ式がファゴット。初めて知った。ゲネプロがゲネラルプローベの略だということもこの漫画で知った。のだめの変態ぶりも楽しいが、いろいろ知識を得られておもしろい!本来、調和の根本原理を指し、そしてそれを研究することが「音楽(ムジカ)」。 千秋は哲学的な理解も深い。さすがです。のだめちゃんは直観でも理解できてしまうのでしょうね。
★9 - コメント(0) - 2015年9月6日

クラシック全く分からないけどいいなあ。オーケストラと思います。千秋先輩素敵。
★4 - コメント(0) - 2015年8月19日

千秋のマルレでの仕事。みんな頑張った!
★6 - コメント(0) - 2015年7月27日

マルレオケ、新メンバーと旧メンバーの温度差で分裂しないかとちょっとヒヤヒヤ。コンマスは音楽に誠実で案外千秋と呼吸あってましたねー。おまけのポッター隊笑いました。
★3 - コメント(0) - 2015年4月4日

【再読】新生、マルレ・オケ。またまた大変そう…団員たちも自分達の生活との両立も大変なんだろうな。そしてだんだんケイタイ(笑)がいい人に見えてきた!ターニャも頑張れ!
★4 - コメント(0) - 2015年1月20日

yk
マルレのオーディション終わったー。なんかコンマスがいい感じになってきた!ケイタイもなんだかいい奴に見えてきた!RUIはよくわからないまま。。。そしてターニャがいい!最初登場したときはちょっと潰れた感じのキャラだったのに、今はかわいい!
★2 - コメント(0) - 2015年1月3日

【再読】日本じゃティッシュ配るのふつうだけど、外国だと珍しいのか。みんな仕事もオケも両立するのが大変そう。千秋はマルレ・オケの定期会員を呼び戻せるのか。そして最後に千秋の父親登場。
★28 - コメント(0) - 2014年12月5日

日本の妙技 ティッシュ配り\(^o^)/  新生マルレ・オケ、始動! コンマスさんと千秋が何気に気が合ってる。 そして成長期のリュカw(手が)大きくなる→弾ける曲が増える→喜 というのが根っからの音楽家なんでしょうね~。
★3 - コメント(0) - 2014年12月3日

千秋が指揮するオーケストラがようやく始動する。しかし団員と千秋には大きな温度差が。リーダーシップを発揮するのは重要。クオリティを求めるのも重要。でも、それをどの程度までやるのか。対立をしてもやるべきなのか。難しい。
★6 - コメント(0) - 2014年11月24日

ton
再読。団員オーディションも無事終え、新生マルレオケ始動。くろきん&ポール合格。新旧団員の温度差と、オケ立て直しに奮闘する千秋と団員の温度差…不穏な空気を乗り越え、漸く様になってきた…?!んなことより、やっぱりターニャの恋の芽生えに注目じゃい!
★4 - コメント(0) - 2014年11月7日

人間関係難しい。★★★★☆
★7 - コメント(0) - 2014年10月25日

主に千秋のリハーサル。オケのメンバーに嫌われて。でも頑張りが好感です。
★3 - コメント(0) - 2014年10月15日

のだめカンタービレ 16巻の 評価:50 感想・レビュー:158
ログイン新規登録(無料)