ヘルプマン!(23) (イブニングKC)

ヘルプマン!(23) (イブニングKC)
あらすじ・内容
少子高齢化が進む日本。100年後には日本の総人口は半減すると予想されている。国民の4人に1人が高齢者という時代が到来し、産業が福祉化した現代日本で、介護保険制度の隙をついた新たな介護サービスを模索する借金まみれの飛石亘は、"みんながオイシイ商売"を理念に高齢者ビジネスで一攫千金を狙う。しかし、旧態依然とした介護事業所・至極会は、新参者の飛石を排除しようと動き出すーー。

あらすじ・内容をもっと見る
192ページ
59登録

ヘルプマン! 23巻はこんな本です

ヘルプマン! 23巻はこんな本です

ヘルプマン! 23巻の感想・レビュー(58)

3.5 面白くなってきた。
★4 - コメント(0) - 2016年12月14日

ケアマネジャーがケアプランを作るのやその人の家に行ってどんな様子か把握するのはわかったけど、ケアマネジャーじゃないのにケアプランを作ったりとかできるのかなあ。なんか、介護のことほんとわかってないなあと思う。これを読んでいると。
★1 - コメント(0) - 2016年12月11日

引き続き、介護起業編。確かに保育園と言われても大差ないような気はするけど、難しいわなぁ。ホームと配食や介護用品なんかを法人内でやるのは想像つくけどケアマネ事務所までやっていいのか?そこは不安だな、たしかに。高齢化が待ったなしで自由競争してるヒマはないって言ってもなぁ。はぁー。
★3 - コメント(0) - 2016年1月22日

1日9500円のデイサービス料金なのかぁ
- コメント(0) - 2015年9月1日

センスはいいのかもしれないけど、介護したことのない人に介護を語ってほしくはないな、と今回の主人公には不快感。
★1 - コメント(0) - 2015年8月23日

『介護起業篇』続き。介護で金儲けをしようと考えた飛石亘は、「ケアサービスネットワークプランナー」と偽り、社会福祉法人・至極会を訪問。介護が成長産業ではない事を教えられる。しかし理事長が高級車に乗っている事に疑惑を感じた亘はそのからくりを推理&調査し始める。すっかり仲良くなった譲二の妻・松子は認知症。至極会のデイサービスを激しく拒否。同居人の保も至極会での介護に悩む。介護サービスのサービスが未熟である事への疑問も相まって、亘は松子の為のケアプランを作成する事に。そんな亘に至極会の魔の手が…面白い。
★20 - コメント(0) - 2015年2月12日

飛石亘編。金儲けしたいからと首を突っ込んだ世界に、疑問を投げかけて、どんどんのめり込んでいく。譲二と松子さん夫婦との出会いで成長してる感じ。譲二さんかっこいい。ケアマネに、お前は休みの日に輪投げをするのか?と聞いたときは、さすがだなと。実際にケアマネしてる人はこの本を読みどんな感想を持つのだろう。その辺が気になりつつ、先が楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2015年1月13日

ケアプランの短期目標が最高。私が介護保険を利用する時には、難しい言葉抜きに、わかりやすく、ふざけたようで、でも真剣な、私らしいプランを作ってくれる誰かが見つかるといいな。
★6 - コメント(0) - 2014年9月27日

●ど素人で「みんながハッピーになれるシステム」を目指す飛石君が人と人のつながりの中でだんだん・・・・で巨大介護関グループやら関係する政治家たちを敵に回すことになってきてます。どこまで話が広がって矛盾を追及できるのか次巻にちょっと期待です。
★4 - コメント(0) - 2014年8月6日

新しいヘルプマンは、デイサービスは社交の場だという。だから、輪投げや折り紙をするよりも、おしゃれをしてやりたいことをやらせようと。しかし介護の現場は、収益が税金で保障されているから顧客満足度の向上を目指さないし冒険もしたがらない。何より介護現場では100人の利用者に対してスタッフが60人必要だという。ひとりひとりの個性や生活史、趣味等を介護に活かせるだけの余裕がない。
★4 - コメント(0) - 2014年7月16日

百太郎が最近全く出てこないけど、仁くんが好きなのでまあいいか(笑)
★1 - コメント(0) - 2014年2月9日

百ちゃん出てこないのはつまらないけど、亘がこれからやってくれそう。みんなオイシイって大切!
★2 - コメント(0) - 2013年10月31日

身近ながら謎が多い介護業界編。うーむ興味深い。なんかちょっとウシジマ君風の導入。☆☆☆☆☆
★2 - コメント(0) - 2013年7月15日

介護とその業界、この重くややこしいテーマを大胆に提示し考えさせてくれる稀有なコミック「ヘルプマン」。本編は「介護起業編」。理想と現実、美しいあるべき姿とドロドロとしたそれぞれの思惑…。実際に介護の世界で働く人たちがこのコミックを見てどう感じるのだろう。介護福祉士でありケアマネでもある我が妻はこのコミックを読みたがらないのだが…。いやだからこそ、このコミックはけして忘れてはいけない「何か」を忘れないために、こんなに大胆に描いて見せてくれているのではなかろうか。予定調和で終わらないことを期待して24巻を待つ。
★15 - コメント(0) - 2013年7月13日

わあ完結編早く読みたい。
★2 - コメント(0) - 2013年7月8日

介護企業編。金儲けだけに興味がありそうだった飛石。ジョージ・松子夫妻と出会い、粗削りだが人の根っこにある尊厳に近づきつつある。次巻楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2013年7月5日

実際にはいないタイプの熱い人だ…
★1 - コメント(0) - 2013年6月19日

力不足、資源不足、既存の仕組みや風潮。それらに甘えずに流されずにいたい。
★2 - コメント(0) - 2013年5月27日

小ぎれいなところほど、広告にお金をかける
★2 - コメント(0) - 2013年5月25日

介護漫画最新巻。介護はビジネスか社会事業か。制度の問題を風刺しつつ、現実味はないが理想を追いかけるフリーターキャラに介護で企業させようというストーリー。今後の展開が楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2013年5月25日

いいね、いいね。飛石、最初はどうしようもない奴かと思ったけど、「お客様に喜んでいただくのが商売!」だと言う信念だけは揺らがない。ジョージ&マツコのカッコよさったら( ☆∀☆)飛石編は何巻続くのかな?そして、いつ出てくるのか、百太郎!!
★3 - コメント(0) - 2013年5月25日

今読んでいるみんな最新5件(1)

02/12:
ヘルプマン! 23巻の 評価:76 感想・レビュー:22
ログイン新規登録(無料)