おはよう、いばら姫(5) (KC デザート)

おはよう、いばら姫(5) (KC デザート)
224ページ
159登録

おはよう、いばら姫 5巻はこんな本です

おはよう、いばら姫 5巻の感想・レビュー(123)

レンタル..哲が大好きなサッカーをやめた理由や母親の事、哲と志津の家族の関係など今迄ナゾだったことが一気に判明した感じ!!でも一番ビックリしたのはみれいさんがまさかの人物だったとは..少しずつ良い方向に向かっているのでハッピーエンドになるように最終巻を待ちたい♪
★15 - コメント(1) - 3月22日

泣けた。
- コメント(0) - 3月19日

登録忘れ。レンタル。みれいさんの正体びっくりした。
- コメント(0) - 3月15日

すごく読み応えのある巻でした。お母さん…家族とも会話できたらいいのにね…1巻からもう一回読み直したい!次が最終巻らしいので読み直します。
★11 - コメント(0) - 3月14日

- コメント(0) - 3月11日

いろんな人の感情が溢れてて、なんだか泣けた。哲ママ・玲さんって、こんな人だったんだねぇ。みれいさんの正体、哲の覚悟、志津パパの過去&本心、両親達の若かった頃、そして哲と志津の仲直り?などなど、盛り沢山だったこの巻。そろそろ終盤かなぁと思ってたら、やっぱり次巻が最終巻とのこと。楽しみです。
★2 - コメント(0) - 3月3日

お母さん、そこにいたんだね。
- コメント(0) - 2月25日

早苗さん夫婦のなれそめ話が好きです。そしてみれいさんの正体に驚き!そしてハルさんはどうなっちゃったんだろう…?
- コメント(0) - 2月24日

海の家でのハルさんの爆弾情報www しかしそのあとハルさん出てない…?! ええっ?! …みれいさんは…え…えーっ!!だし…びっくりしすぎ巻だなあと思ってたらラスボスが…びっくり(笑)。早苗さん頑張ったね、ってホント抱き締めてあげたいなあ。旦那は逃げる前に一発殴らせろ!(`へ´*)ノ
★4 - コメント(0) - 2月21日

いろんな人がそれぞれの想いを吐露して進み出した5巻。書きたいことがたくさんありすぎるけれど、とりあえず志津パパ…!家族のことはどうでもいいと思っている人なのかと思えば、早苗さんが本当に大事で、一番だっただけなのね。正直、志津パパの歪んだキャラ好きだわ…時間はかかるかもしれないけれど、志津のことも早苗さんと同じように大事にしてくれるようになってほしい。そして、みれいさんの正体には本当にびっくりした。次巻でとうとう終わりとのことで、ハルさんとかしのぶさん、カナトくんとの別れの予感にもうすでに泣きそう。
- コメント(0) - 2月19日

とても読み応えのある巻だった。哲くんの行動により、志津ちゃん本人と、志津に憑依するみんなにも変化が。みれいの正体はそうだったのかー!次巻最終巻も期待!
★5 - コメント(0) - 2月18日

ako
志津の「おたんこなす!」には驚きました。強くなりましたね。みんなが志津の体に留まる時間が減ってきたのは心が成長してきたからでしょうか。みんなと離れる時期も近いようです。貴志は志信への恨みを志津に重ねてるので、本当の家族が貴志を志信に預けた真意や志信とのわだかまりが消えたなら、早苗への愛はあるんだし家族3人で暮らせるようになるだろうと思いました。そしてみれいの正体には驚きました。家族や早苗と直接話せるようになると信じてます!次巻完結。
★12 - コメント(0) - 2月16日

傑作だ…ストーリーも作画もすべて凄すぎる!志津のお父さんはただサイコパスなんじゃね?って思ったけどまぁ…大変なことになる前に丸くおさまって良かった。三巻からずっと泣かされっぱなしだけどその価値は充分です。次巻で完結とは…寂しいですね。
★2 - コメント(0) - 2月11日

志津の父親から逃れるため、哲は志津を連れ出して、海の近くの民宿へ。ラスボスかと思われた志津の父親も、実は悲しい運命の人でした。しかし「志津」さんの成長ぶりは本当にすごい。確実に「志津」は「ひとりの人間」として確立してきていますね。「おたんこなす!!」のシーンが素晴らしかった。空澤家、美郷家の繋がりも、みれいさんの正体も、なんだか次々と明らかになる事実が多くて完結に向かっている気が…と思ったら、次巻6巻で完結。みれいさんは「私はイレギュラーだから」と言っていたので、ハッピーエンドが待っていると期待します。
★5 - コメント(0) - 2月11日

結構分厚いので最終巻なのかと思った!いつも読みごたえのある内容ですが、この巻が一番濃かった。そういえば「みれい」だけ正体がハッキリしてなかったんだよな~。うーむ、すごい。1巻から再読したい気持ちになります。志津パパはやっぱり超怖かったけど、つまりは志津ママが好きすぎるあまりの行動だったんだね?いや、それもそれで怖いけど・・・少しずつ娘との間にできた溝を埋めていけたらいいなあ。次巻は気持ちの良い最終巻を迎えられそう。ひそかにアニメ化してほしい少女漫画。
★6 - コメント(0) - 2月7日

志津さん一家にとって、大きな一歩を踏み出せた巻だな、と思います! 志津さんが自分の言いたいことを自分の言葉で言えている姿や、コロコロ変わる表情が可愛かったです! おまけ漫画もたくさんで満足です。 次が最終巻ということで、急ぎ足で終わらず、綺麗にまとめてくれることを願います。
★5 - コメント(2) - 2月5日

ああ、すごく良かった。哲と志津さんの二人も頑張り確かな絆が育っている様がとても良かったし、それぞれの両親、家族の物語がなんだかもう涙なしに読めない。美郷家の事情がようやく明らかになり、重たい秘密から解放された哲と妹達にほっとしました。まさかみれいさんがなんてびっくり仰天。そして志津さんの両親の馴れ初めエピソードがとてもとても胸にくる素敵なもので、お父さんの抱える歪みと早苗さんへの愛情の重みにも納得。どんどん表情豊かに人として安定していく志津さんの姿が嬉しい。哲のためにも恋愛モードが進むといいな。
★9 - コメント(0) - 2月4日

いいテンポで進む漫画 ・・・に見せかけた、少年少女の成長譚
- コメント(0) - 2月3日

みれいさんの正体にびっくり。志津の親子関係も改善に向かう。次巻最終巻。
★3 - コメント(0) - 1月29日

お話もとても良くて好きなのですが、この作者さんの書き分けはほんとすごいと思います。中のキャラクターによって同じはずの顔が全く違うように見えます。次巻が最終巻かな?楽しみに待っています^_^
★3 - コメント(0) - 1月29日

毎巻思うんだけど…超絶上手すぎる!話も、絵も、構図も!世の中には老人や両親の顔が上手く描けない漫画家さんも沢山いらっしゃいますが、森野さんは同じ人物で何人も描き分けますからな。老若男女なんでも来いですな。今巻は鳥肌立って泣きましたわ。まさか、みれいがお母さんだったとか!志津パパの生い立ちとか。志津の変わり方とか!哲は頑張ってるなーいい子だなー煩悩と戦ってて可愛いなー(笑)しかし、はるさん、もしや本当に臨終?!次巻、最終巻ですと!志信おじーちゃん旅立っちゃう予感…今から涙の予感…正座して待機してます!!
★19 - コメント(4) - 1月29日

みれいさんはまさかの!次回最終巻楽しみ!
★2 - コメント(0) - 1月28日

色々ネタばらしの巻。寝たきりの母親が暗闇の中で絶望しているかもという方向に触れているのがよかった。普通なら命は大切にの綺麗事しか描かれないだろう。ラストの父親の改心があっさりと進むのか気になるところ。次巻で完結とは寂しい。
★3 - コメント(0) - 1月27日

みれいさんの衝撃事実が発覚。2人は涙が出るほど温かい関係ですね。志津の父親も、環境が彼をそうさせたんですよね。愛に飢えてる可哀想な人だけど、自分の側には早苗さんがいることを忘れちゃいけないと思う。大きな大きな輪を守れる男だと思うので、早苗さんとどうか頑張っていってほしいなぁ。帰りの電車内がカオスで笑っちゃいました。次巻が最終巻。
★14 - コメント(0) - 1月26日

凄く、もの凄く詰まってる一冊でした。前回、志津を連れて駆け落ちした哲。そこで明かされる謎。5巻にしてようやくわかった哲がサッカー部を辞めたことを父親に内緒にしてまでバイトをした理由。そこには家族の愛が詰まってて、ハラハラドキドキしたけど得たものが大きい。幽霊憑依体質のある志津が居たからこそ、志津の母も助けられ、万事OKかと思いきや父親はかき乱すねぇ。次回の最終巻、楽しみだけどすごく残念。まだまだ読んでたかった。志津のおたんこなすのシーンのおじいちゃんとお父さんの顔はサイコーでした。
★13 - コメント(0) - 1月26日

え?みれいさん=ってこと?入れ替わったわけではない?でも亡くなった人が入れるんだよね?お母さんはどういう状態なんだろ‥‥。でも哲も志津もそれぞれ家族との絆も深まったみたいでよかった!ハルさんはほんとに消えちゃったのかなー。次で最終巻みたいだけど最後にみんなのほんとの姿が見てみたいな。
★8 - コメント(0) - 1月25日

今回も衝撃展開。みれいさんて、え、ええーーー?!志津ちゃんも哲くんも早苗ママも貴志パパもみんなみんな愛しくて泣けてくるよ。次巻最終巻というのは寂しいけど、傷ついても立ち上がる、本人の強さと周りの優しさが暖かくて、とても素晴らしい作品だと思う。
★12 - コメント(4) - 1月24日

おおお!ここで登場人物それぞれが抱えていたものが一挙に明かされるのか!すっげー展開。そしてそれの"想い"達の切ないこと。一瞬「あれ?」と思う志津の言葉が、実はある人の"人格"から発せられてるのが分かると…「やっぱ、このマンガスッゲー!」と叫びはしなかったもののw痺れましたね~。そして最終巻である次巻、どんな風に物語が回収されるのか…この作者の事ですから、きっとステキなエンディングが待っているのでしょう♪
★14 - コメント(2) - 1月22日

★★★★★ 本当にいいマンガ。もっとたくさんの人に読んでほしい。
★3 - コメント(0) - 1月21日

落ち着くべき所に落ち着くようでよかった。
- コメント(0) - 1月20日

なんなんだよー このマンガ!!すごくいいじゃないか!登場人物それぞれの背景が一気に明かされる今巻。これだけ一気に謎解きに入ってしまうと、ともすれば駆け足な印象になりがちだが登場人物それぞれの感情の機微が紙面から溢れておりぐいぐい惹きこまれてしまう。志津パパの歪みは安易と紙一重な微妙なライン。私は納得できたが、これを受け入れられるか否かで感想が分かれるかも。でもいい作品!この作品の感想を書くたびに申しますが読友さんの薦めがなかったら読まなかったであろう作品なので、薦めてくださった読友さんに感謝です。
★34 - コメント(3) - 1月19日

みんなの想いが弾けた巻。志津の二重人格の謎も、志津の父親の歪みの原因になった幼少期など、いろんな事実が明らかになっていく中で、みんなが幸せになれることを願うばかり。とにかく志津の行く末が心配です。
★9 - コメント(0) - 1月18日

みれいの正体にびっくりした!そして志津さん一家が少しずつ前にあるきはじめて本当によかった。
★3 - コメント(0) - 1月18日

rin
kobo
- コメント(0) - 1月17日

登場人物の関係性は、とても深く意味のある存在だったのですね。皆、誰かを想うあまり誰かを傷つけて来てしまったけれど、きっとやり直せるのでしょう。間の4コマ等、結構ツボに入ります。面白い。
★19 - コメント(2) - 1月17日

みれいさんの正体はそうきたかぁ!って感じですね。みんな幸せになればいいのにどうなるのか?
★5 - コメント(0) - 1月16日

★★★★☆ みれいさん……! そうだったのか! もしかして哲が初めて会ったときも……? 確認のために既刊を読み返したい。それにしても、志津がだいぶ自分の意思を持ち始めたなぁ。いい子だな。「おたんこなす」が可愛い(笑)
★7 - コメント(0) - 1月16日

一気にいろいろなことがわかった巻。みれいの正体にはびっくり。とりあえず空澤家は修復に向かうのかな。冷たいお父さんだと思ったけれど、お母さんを愛するあまりの態度だったのだと思うと少し救われました。次で最終巻のようで寂しいですが、どうまとまるか気になります!志津自身の形がしっかりしてきて、憑依体質も変わってきてるのかな?お母さんがどうなるかもとても気になります!
★28 - コメント(0) - 1月15日

最後まで読んだあとにもう一度最初から読むと、涼ちゃんの言葉に影響される志津さんが、それぞれの母親を思わせるようでたまらなくなった。それぞれのネタばらしも、よく考えれば予想がついたかもしれないけど、感情の渦が紙面越しに伝わって予測する余裕を与えない。突飛でもなくすとんと馴染んで、家族の愛情と友達の絆が不器用ながらもぶつかりあって、ずっと泣きながら読んでしまった…。
★7 - コメント(0) - 1月15日

いっきに登場人物たちの隠し事がわかって、盛りだくさん&大満足の一巻でした!家族間や親子の愛情に感動させられただけではなく、みんなの恋愛関係にもキュンキュン…。途中途中にある4コマも、巻末のおまけもとても良かったです。『美玲』の名前といい、『志』の文字といい、名前に工夫があるのもとても素敵に思いました。次が最終巻なのは寂しいですが、とても楽しみです。
★19 - コメント(0) - 1月15日

おはよう、いばら姫 5巻の 評価:82 感想・レビュー:50
ログイン新規登録(無料)