ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)

ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)
あらすじ・内容
津軽三味線甲子園、開幕!!!!!団体戦に出場する雪たちの前に全国の強豪が立ちはだかる!遂に開幕した津軽三味線甲子園「松吾郎杯」!! 福岡チームや大阪チーム……そして田沼舞率いる、青森チームなど全国から集った猛者たちはどんな演奏を見せるのか。そして、不安が残る中、刻一刻と雪たちの出番が迫り……!?このマンガがすごい! 2012 オトコ編 第3位

あらすじ・内容をもっと見る
192ページ
1554登録

ましろのおと 5巻の感想・レビュー(1468)

津軽三味線甲子園
★2 - コメント(0) - 2月1日

増員につけ、印象が薄まっていくキャラも。
- コメント(0) - 2016年10月20日

こんな大会あったら見てみたい!
★12 - コメント(0) - 2016年8月16日

津軽三味線甲子園、開幕!AKB風、マーチングバンド風梶君、荒川トゥイン、モダンなマイマイ。駄菓子に例えるメンドクサイ田沼総一 個性キャラたくさん
- コメント(0) - 2016年7月19日

津軽三味線甲子園「松吾郎杯」22組、書き分け期待。今のところマイマイのモダン表現が好み
- コメント(0) - 2016年7月18日

三味線甲子園の開催。初めは梅園学園以外の出演校の発表。いろんなキャラが増えてきて今後の雪のライバルになるのかと思うとわくわくする。次巻はとうとう梅園学園の演奏。果たしてどんな演奏を行うのか楽しみ。
★1 - コメント(0) - 2016年6月18日

「松吾郎杯」開幕。全国の個性的なライバルたちがすばらしい演奏を繰り広げる。舞がライバル心剥き出しで演奏するが団体戦には向かない奴だ(^_^;) 雪が触発されて自分から新しいことをやろうと雷に持ちかける。どんな演奏をするか次巻が楽しみ。田沼兄、面白すぎる(^w^)そして演奏ではどう変わるかも見所。
★16 - コメント(0) - 2016年5月30日

津軽三味線甲子園開幕!いいねー熱いねー。個性的な新キャラも増えてますます楽しくなってきた。雪は強情、我が儘、じぃちゃんの音に囚われてるくせに自由人。すごい子どもっぽいのにたまにさらっと大人びたこと言うからキャラが掴みにくい。田沼兄やっぱ好きだー。桂馬とかよく分かんなかったけど歩き方か。なるほどめんどくさい(笑)駄菓子の例え方まったく分かんないしね。そんな彼はどんな演奏をするのだろう。同じ曲なのにまったくアレンジが違うというのはおもしろいよね。音が聴けたらいいのに。雷のぶっつけ本番アレンジ楽しみー。
★1 - コメント(0) - 2016年3月23日

雪がコンプレックスを語ってる。本当に高校生か?(笑)
- コメント(0) - 2016年3月9日

三味線甲子園開幕~荒川トウィントウィンとかマイマイとか梶きゅんとか強豪ぞろいの表現多数で面白くてすぐに読めちゃったw梅園学園に与える影響も大きそう~梅子VS舞母のバトルが面白かった
★10 - コメント(0) - 2016年3月1日

借りた本。
- コメント(0) - 2016年1月30日

一気にキャラが増えた。やっぱり癖強いのばっか(笑)田沼兄、思った以上にめんどくさいな(笑)
★1 - コメント(0) - 2016年1月27日

荒川トゥイン!!笑
★2 - コメント(0) - 2015年11月18日

★★★
★1 - コメント(0) - 2015年10月16日

rei
団体戦熱い、熱い!次はいよいよ、雪たち。
★2 - コメント(0) - 2015年10月16日

雪の天然ジゴロはエッジが聞いててイヤミがなくていいですね~。「赤ちゃんと僕」の主人公は優しくて持てる感じだったけど、雪くんは優しくなくてもモテそう笑
★4 - コメント(0) - 2015年9月19日

「コンプレックスってのは周囲の反応ば自分で拾いあげで作っだもんだ」「周りの人間に気もぢっコかぎまわされるなんて勿体無ぇ」「コンプレックスばバネにした方がいい」「っていうのは簡単だどもな」「コンプレックス持ってねぇ人間なんていねぇべ」
★3 - コメント(0) - 2015年9月10日

ゆい可愛い〜気の強い女の子って基本的に好きなんだよね…४*ପ꒰⑅•ᴗ•。꒱໊੭♡♩
★3 - コメント(0) - 2015年8月23日

『松吾郎杯』…全国に散らばるの高校生猛者達が仲間たちと個性的なパフォーマンスを繰り広げていく。舞はセツへのライバル心剥き出しで素晴らしい演奏を見せつけ、セツの心に火をつけた!自分に自信がなくムカつくと言う結…『周りの人間に気持ぢっコかぎまわされるなんて勿体無ぇ』とセツ…自分を解放するって難しいよね!でも、演奏前、緊張MAXの今だからこそ自分を変えるチャンスだ~結‼観客席にいる海人の両親…セツの『やる気』…雷へのオーダー!いよいよ演奏が始まる!ワクワクドキドキ…次巻へ。
★21 - コメント(1) - 2015年8月21日

あれ、いいところで終わってるな。そこまで聴きたかったのに!
★1 - コメント(0) - 2015年8月1日

84
★2 - コメント(0) - 2015年7月12日

いよいよ松五郎杯で全国の高校生ライバルたちが一通り出揃ったのかな?にしても朱利ちゃん皆の前で結ちゃんに「私のこと嫌いでしょ?」って言っちゃうのはなぁ、かわいいからって許されちゃうKY発言、ダメでしょ。ずーっと今まで結ちゃんのどこを見ていたの?ホント頼むよ~う。
★29 - コメント(0) - 2015年3月11日

いよいよ松五郎杯!!大会前の緊張感がいい。朱利ちゃんの純粋なかわいらしさの前ではひねくれたくもなるよね。でもそんな結ちゃんのひねくれたかわいらしさも負けてないよ。憧れて、羨ましくって、それが友達じゃないか。雪くんの静かなやる気。出番が楽しみだ。
★5 - コメント(0) - 2015年2月4日

漫画喫茶で読了。いよいよ津軽三味線の甲子園「松五郎杯」が始まる。梅子の派手なパフォーマンスによる開会宣言やオープニングセレモニーで否応でも会場のテンションは上がる。だが、雪以外の愛好会の部員達は皆一様に落ち着かない。焦れる海人は練習をしようと雪に持ちかけるが必要ないとマイペースで即答。そんな中、次々と各地の代表チームが個性あるパフォーマンスで審査員や聴衆の目を釘付けにしてゆく。【見所】色違いでお揃いの作務衣で統一した梅園学園チーム、ついに出会ったマイマイこと田沼舞とゆぃ☆乙姫こと結との火花の散らし合い、
★15 - コメント(1) - 2015年1月17日

いよいよ開幕、「松吾郎杯」。まずはライバルチームから。同じ課題曲なのに、それぞれの表現があって面白い。出番前の「ぽん」とか「ドンッ」とかのボディタッチ込みの気合の入れ方がなんか良い。
★2 - コメント(0) - 2014年12月31日

読了。 感想は最終巻にて。
★2 - コメント(0) - 2014年12月26日

椿
再読。桜ちゃん、お母さんっぽいね〜。三味線同好会の衣装かわいい。ピンクや黄色の佐務衣、見てみたいよ。田沼小百合と梅子の対決は、なかなか緊迫した場面だったね。出番前の雪と雷ちゃんの打ち合わせが好き。信頼感に、ぐっとくるよ。
★15 - コメント(0) - 2014年12月4日

母親よりも母親らしい中学生、いいね
★2 - コメント(0) - 2014年11月29日

三味線甲子園!団体戦!色々なチームがあるね。田沼はマイペースだよね、雪と同じ。似てるけど似てない。
★3 - コメント(0) - 2014年11月26日

再読。
★1 - コメント(0) - 2014年11月23日

三味線甲子園始まりましたね。なかぬかライバルたちもすごいですが、マイマイは迫力がありました。このマンガは演奏の時の迫力が本当にすごいなぁ…
★24 - コメント(0) - 2014年11月8日

再読。いよいよ大会に突入。一番良いところで続く…
★7 - コメント(0) - 2014年10月19日

1人1人の話がしみるんだよな~。
★9 - コメント(0) - 2014年9月14日

津軽三味線甲子園、ママすごすぎ。にしても、一気にライバル登場ですね。マイマイもすごいけど、大阪の彼もいいですね!たのしい。
★14 - コメント(0) - 2014年9月6日

★★★★☆。ついに大会開始。田沼くんいいキャラだなー。雪との噛み合わなさが絶妙。無駄に熱い妹とは大違い。雪達の演奏は次巻持ち越しでしたが楽しかったです。
★13 - コメント(0) - 2014年9月5日

ako
津軽三味線甲子園「松吾郎杯」が開催された。地味だけど確実に音を合わせるチーム、荒々しく時に暴走する独奏のようなチーム、モダンで迫力があるチームなどなど、色んな特徴的なチームが出場。さて次は雪たちのチーム。どんな音色になるのか楽しみ。
★17 - コメント(0) - 2014年9月3日

遂に津軽三味線甲子園が華々しく開幕。梅子さんの演出が凄い…。しかし雪たちの出番を今か今かと待っているうちに終わってしまったのでとても先が気になる…。それと、何だかとても素朴な駄菓子が食べたくなりました(笑)
★8 - コメント(0) - 2014年8月29日

レンタル■松吾郎杯開始。色々な奏者が集まって来てる。独特の奏法もあって人柄が現れると思う。団体で雪の音はどう出るだろうか?
★22 - コメント(0) - 2014年8月24日

ついに三味線甲子園開幕!団体戦ではいろんな意味での強者が演奏、裏では梅子ママと田沼ママの火花がっ。雪達はどんな演奏になるんだろ。次巻が楽しみ(^^)です
★11 - コメント(0) - 2014年8月17日

作者自身も青森出身、また津軽三味線を習っているとのことで、説得力は抜群。安心の面白さ。 もしアニメ化するなら作中の梶君はCV梶裕貴さんだなあとうっすら思いながら読んでいました。ただ、音楽ものの漫画は極力別媒体にはならないで欲しい気持ちも。漫画だからこそできる表現方法で音をだしているから。そこから読者の想像力を奪う仕打ちは無粋ってもんだよな、とね。
★4 - コメント(0) - 2014年8月15日

ましろのおと 5巻の 評価:44 感想・レビュー:393
ログイン新規登録(無料)