さよならフットボール(2)<完> (KCデラックス 月刊少年マガジン)

さよならフットボール(2)<完> (KCデラックス 月刊少年マガジン)
あらすじ・内容
女子だからという理由で試合から遠ざけられていた希は、弟と無理やり入れ替わり(!!)公式戦のピッチに立つ。誰よりもフットボールに飢えていた少女は待ち望んだフィールドで如何なる「夢」を描くのか――!? 2010年最注目の青春ストーリー完結巻!

あらすじ・内容をもっと見る
224ページ
196登録

さよならフットボール<完> 2巻はこんな本です

さよならフットボール<完> 2巻の感想・レビュー(169)

フィジカルで勝てないなら、周りを使って 自分を生かす方法を考える。 というのは、負けを認めたみたいで 悔しいのかもしれない。けど、サッカーは 個人でやるもんじゃないしね。 一生懸命な女の子は、たとえ貧乳でも 皆夢中になる。 彼女が恋に気づくのはいつになるんだろう。
★1 - コメント(0) - 3月16日

◆れんたる◆さよなら私のクラマーをこの間読んで、こちらの続編だということを知ったので読んでみたくてレンタル。希ちゃんが主役なのね!こっちを先に読んでたら新刊を胸熱で読めたのにもったいないことをした(●⁰8⁰●)男子に混じって1人女子の恩田希。度胸も覚悟も男子にはまったく劣らないけれど、性別の差だけは埋められない。でもそれを痛感し受け入れて、それでも前を向いて立ち向かう姿はキラキラ輝いていて、観客もチームメイトも魅了する。私も観客だったら、ずっと彼女のプレーを観てたいよ。クラマー読み返したい。
- コメント(0) - 2016年10月19日

( ^ω^)面白かった。2巻で終わってしまったのが本当に悔やまれる。ドリブル、パス、シュート・・・彼女がボールを蹴る、ただそれだけのことに胸が高鳴る。サッカーが好きだと伝わってくる。観るものを魅了して已まない。彼女は最高のファンタジスタだ。行け!輝け!サッカーを楽しめ恩田希!痛めた脚をおして限界ギリギリまでプレイしたピッチを自ら下りるとき、観客から沸き上がる歓声。彼女のプレイも涙も笑顔も決して目を離せない青春の宝物だ。「また一緒にサッカーやろうね 安明君」 ああ、それは・・・好きになるのもしかたがないお。
★12 - コメント(0) - 2016年6月12日

ナメック焦り過ぎや。そして、弟を思い出してくれてよかった。あのまま物語が終わっていたらかわいそすぎる。
★1 - コメント(0) - 2015年6月20日

かなり前に読んだ本。これが新川さんの作品知るきっかけだったな…
- コメント(0) - 2014年11月25日

完結巻。結局一試合やっただけで終わるくらいにこじんまりした話だったけど、その中でもやり切った感はあって面白かった。どんなに変わろうとしても変わらないものはあって、いつまで主人公がみんなの親分&指針でありつづける、本当いいキャラだった!
- コメント(0) - 2014年4月8日

完結。この漫画で描くべきことはこの試合でやりきったはず。いい話だった。しかし、あくまで主人公にとっての答えであって、ちょっと世界が狭すぎる感はある。サッカー自体はよく描けていると思う。
- コメント(0) - 2014年2月7日

技の中で一番好きなのがヒールリフト♪だから、ノンちゃん大好き!!私もノンちゃんに抱きつきたいw ノンちゃんがいてくれたら、本当に日本がサッカー大国になれそうな気がしてくる。
★1 - コメント(0) - 2014年1月16日

ヒロイン恩田が凛々しすぎる。『私から目離すなよ』ってコマは秀逸。これで最終巻というのが惜しい。
★2 - コメント(0) - 2013年3月8日

戦術やプレイスタイル云々には目を瞑りたいけど気になっちゃうのが…
- コメント(0) - 2013年2月19日

完結。サッカーの戦術とかスキルとかの問題ではなく、P208~P209の見開きに凝縮されているノンがピッチを出るときのあの観客の沸いた様子が作者の描きたかった部分で、ノンのチャレンジする勇気みたいな部分とそれに応えている観客がこの話の主題なのではなかろうか? つまり『チャレンジ精神(スピリッツ)』ってことですね。女子サッカーというニッチな舞台で非常に後味のいい作品に仕上がっていると思います。
- コメント(0) - 2013年1月25日

完結。いい話なんだけどアンチ"アンチフットボール"という流れなのが残念。ともあれ戦術がテーマではないし、楽しくふっぼーできれば最高ですよね。怪我が軽ければよいけんども無茶したからなぁ。
- コメント(0) - 2012年12月24日

これは傑作・・・!
- コメント(0) - 2012年6月28日

(上巻より続く)遂に安昭と対した希は、闇雲に勝負を挑んでは跳ね返される。 やはりフィジカルで勝てないと駄目なのかと諦めかけたが、フィジカルに一番こだわっていたのは、自分自身だと気づき、では相手を上回る自分の武器は何かを見つめ直し、成長していく。選手がO脚気味だったり、同点シーンの体の向きだったり この作者はサッカーに詳しいと見た。一巻はバルセロナで、二巻はオランダ代表を元にした表紙のデザインになっているのだな。こういう、意地を貫き通す話に弱いなあ。
★3 - コメント(0) - 2012年6月10日

希は今後も天然で三人をきゅんきゅんさせて振り回すと素敵だなと思う。順平どんまい。
★1 - コメント(0) - 2012年5月12日

最高すぎる
★1 - コメント(0) - 2012年1月31日

サッカーの魅力が、躍動する女の子の魅力が詰まった漫画。そいから、この漫画が稀有なのは、女子W杯優勝の半年ぐらい前に完結したことだと思う(笑)。あの歴史的なイベントと同時代であったというだけでなく、内容的にも”なでしこ”と強いかかわりを感じる。女子サッカーの環境の貧しさ、男子との圧倒的なフィジカル差(たとえば、ドイツやアメリカの選手のそれに擬せる)、それに対抗するためにパスワークを選択すること。ポニーテールが印象的な恩田希は、きっと澤選手がモデルなのでしょう(笑) マネージャは佐和ちゃんだし。
★1 - コメント(0) - 2012年1月18日

キャラクターが皆良い。嫌な奴がいなくて気持ち良い。希のこれからとか幼なじみの恋心とか、2巻で終わってしまうのが勿体ないけど、サッカーをメインにして凄く綺麗にまとまっていて、青春がみっちり詰まっている感じ。とりあえず弟が不憫(笑)
- コメント(0) - 2011年12月17日

男と女の体格差がを強調されていて、そんな事はないと無理に試合に出るがのんちゃんはボロボロ。しかし、一番体格差を拘っていたのは自分だと気づき、いつものスタイルに戻り活躍するという、中学生少女の心の成長がメインでした。この漫画が2巻で完結するのは惜しい。が、本当に綺麗にまとまってる。 それだけでなく、濃密な試合描写が読んでる方もワクワクさせてくれます。特に足元の描写、人の配置、動き、サッカー漫画としてかなり高レベルです。すげえ面白かった。  最後に、世間的には順平くんは試合で活躍し、変態扱いされるというオチが
★2 - コメント(0) - 2011年12月10日

★★★
- コメント(0) - 2011年11月19日

やっぱりジダンはすごい。こんな辺境の島国の少女までフットボールの虜にしてしまうのだから。
★6 - コメント(0) - 2011年10月22日

弟・順平と強引に代わり、試合に出場した希。待ちに待った谷との対決に強く意気込む希だったが、そこにあったのは、あまりにも大きな“フィジカル”という壁だった。そして、ついに谷が先制点をあげる!覆す事の出来ない体格差を知った希が取った行動とは・・・!?
★2 - コメント(1) - 2011年9月30日

完璧すぎる全2巻構成。ターンのとこは鳥肌がたった。サッカー好きには、いやサッカー好きじゃなくても、マンガ好きにはぜひ薦めたいマンガ。
★2 - コメント(0) - 2011年9月12日

何がさよならだよ!全然さよならじゃねーじゃん!むしろ始まりじゃん!あー!…良かった。
★1 - コメント(0) - 2011年6月19日

2巻は弟の代わりに出場した試合になる。「GIANT KILLING」はハイライトを見ている感じだったが、これは1試合を丁寧に枚数をかけて描いているため、試合をじっくり見ている感じがする。
- コメント(0) - 2011年6月4日

さよならフットボール全2巻/新川直司、読了。サッカー好きの友人が薦めてくれた作品。絵が綺麗だし、何より登場人物みんながサッカー大好きなのが良く判ってジタバタした。佐和は天こなの美木みたい笑。わたしには希くらい必死になれる何かが、学生時代あったろうか?自省させられる良い作品でした。
- コメント(0) - 2011年5月31日

サッカーしてえ
- コメント(0) - 2011年4月4日

2巻で終わるのは残念だけど、これ以上ダラダラ続けるのも蛇足。1番美味しいところだけを切り取ったかのような構成はお見事!サッカーはフィジカルだ。という周りに対して希がフィールドで出した答には脱帽です。フィジカルも1つにすぎない。でなきゃ日本代表に希望がないでしょw。四角関係の始まりそうな恋模様もいい余韻でした。
★2 - コメント(0) - 2011年2月23日

なんとも読みごたえのある全2巻。ナメックのゴールシーンからは最後までずっと感動シーンの連続だった。希の「私から目離すなよ」が可愛すぎる。あんなこと言われたら絶対好きになる。
★8 - コメント(0) - 2011年2月18日

一気に1.2巻読了 濃い全2巻でした 1巻のサッちゃんのせりふがのんちゃんピンチのときに出てきて そこから後半への流れが涙で目の前がかすんで読めませんでした。 もう一度読んできます
★2 - コメント(0) - 2011年2月9日

☆ 弟に変装してこっそりと試合に出場した希。相手チームキャプテンに1対1の勝負を挑むが、ことごとく負けてしまう。やはりフィジカルでは勝負にならない。「男というだけで俺はお前を超えたレベルにいるんだ」という彼の言葉が脳裏から離れない。しかし、希はサッカーを楽しむことを思い出し、自分本来のプレースタイルを取り戻し、試合を動かしていく・・・。「私から目、離すなよ」の希はとても魅力的。クライマックスは涙がこぼれました。キャラクターもサッカーの描写も物語も、どれもが素晴らしい。サッカーファンや女性に読んで欲しい。
★7 - コメント(0) - 2011年2月7日

ひとつの試合にこんな濃密な時間が流れているなんて。のんちゃんが魅力的でした。そりゃ見とれるさ!!
★2 - コメント(0) - 2011年1月30日

2巻で終了なのは本当に残念だけれども、もともと2巻で終わる予定だったんだろうなあ。美しいストーリーや魅力的なキャラクター含め、素晴らしい作品でした。回想の挿入の仕方もよかった。あと、「人は何故ファンタジスタを求めるのか」という疑問に答えを与えてくれた。本当にこの舞台設定のまま女子サッカー漫画描いてくれないかなあ。なでしこリーグがオファーしてもいいと思うよ!w
★2 - コメント(0) - 2011年1月3日

話としてはきれいに着地したと思う。しかし現実としての答えはとてつもなく重要でありながら、容易には出すことができない。フィジカルで負けている者は強者に対してどのように抗すべきなのか。暴力には何を持って抗すべきなのか。読み終わったあとも漫画から離れてそのことばかりが気になってしまう。
★2 - コメント(0) - 2010年12月24日

非情な手段をもってピッチに立った希。だが、フィジカルの差はやはり埋めがたく、徐々に追い詰められていく。そんななか、希は自分のフットボールの原点を思い出し…、という展開。希が、自分本来のスタイルに気付いてからが素晴らしい。一巻は、明るいながらも、希の苦悩が物語に滲んでいたのだが、それ故に、苦悩を吹っ切ってフットボールを楽しむ希の姿に感動した。泣いた。素晴らしい。
★2 - コメント(0) - 2010年12月5日

いい話、いい話で全く文句は無いんだが。弟くんよ・・・w
★2 - コメント(0) - 2010年11月15日

さよならフットボール<完> 2巻の 評価:64 感想・レビュー:59
ログイン新規登録(無料)