ちはやふる(29) (BE LOVE KC)

ちはやふる(29) (BE LOVE KC)
あらすじ・内容
全国大会東京都予選決勝リーグ。各チーム横一線に並ぶ中、千早たち瑞沢高校かるた部は宿敵・北央学園との最終戦に臨む。かるたを通じて仲間になったヒョロ率いる北央の団結力は瑞沢のそれをはるかに凌駕し!? 一方、太一は名人・周防久志のもとを訪れていた。かつて自分を打ちのめしたはずの“才能“のそばで、太一が初めて掴んだ思いとは? チームの意味を知り、仲間の思いを知る団体戦。近江行きの切符をもぎ取るのは!?

あらすじ・内容をもっと見る
176ページ
2205登録

ちはやふる 29巻の感想・レビュー(1979)

◎/いい大会だった!!机くんすばらしい!!
★4 - コメント(0) - 3月20日

レンタル
★21 - コメント(0) - 2月24日

(無料)
- コメント(0) - 2月23日

『勝つことでしか 報われない そういう勝負を してるんだ』最初は口が悪くて嫌な奴だと思っていたけど、後輩のことをよくみているとってもいいやつだったのね。試合は瑞沢が負けてしまったけど、机くんの勝ち星で勝つことができてよかった。太一は団体戦を息苦しいと感じているみたいだけど、早く帰ってくるといいな。
★21 - コメント(0) - 2月21日

【ブックオフで立ち読み】
★1 - コメント(0) - 2月12日

まも…じゃなかった、太一クンは、ボッチ…じゃなかった、周防クンのトコロにいた方が強くなりそうだけどなぁ。
★3 - コメント(0) - 2月12日

才能は火が起こるまでの早さ。苦しい時にどれほど堪えたかるたができるか。才能に恵まれるものもそうでないものも、時間をかけて積み重ねることこそ真の力であると作者と共感できた巻だった。ヒョロがこんなにかっこいい男になるとは。そして青春は何度だってくる
★6 - コメント(0) - 2月3日

ヒョロくんの頑張り、見てる人にはちゃんとわかってる。東京都予選決勝リーグ、ドキドキの展開だった~!"チームを手放して一人になって初めてかるたが楽しい"太一、切ないよ…。
★11 - コメント(0) - 1月4日

3.5 ちょっといろいろあって、「青春は何度でも来る」に感涙。がんばろう。
★3 - コメント(0) - 1月3日

田丸さんの『強くなりたくて がんばってきたことは だれに褒められなくったって なくならない』という心の言葉にも泣けた。いいわぁ、青春!
★11 - コメント(0) - 2016年12月19日

ひょろ、頑張った_φ(・_・
★3 - コメント(0) - 2016年12月4日

ヒョロくんが表紙の今巻は、北央の柱であるヒョロくんの精神的な強さや優しさが際立ってます!超人的な強さを兼ね備えた人がリーダーになるのもいいが、弱さを知っている人がリーダーになるのもいい(*´-`)
★13 - コメント(0) - 2016年10月31日

わたしの好きなところ:千早の思い「丁寧に 勝ち急がない 大差勝ちに意味はない そばで戦い続ける だって太一ならそうする」 「周防さんの声がおおきくきこえるようになってきました」太一が言ってたらしい。 ヒョロの予想すごい。「できない子にいちばん優しかったのは木梨くんだ」「工夫したこと努力したこと 木梨くんがわかってくれるから 小さいことも感じとってくれるから」真島がよく言ってた…「息をしろって言ったらたいていの人は思いっきり「吸う」けど大事なのはまず吐くこと」みんなが太一のことを思ってかるたしてるとこ泣けた
★3 - コメント(0) - 2016年10月30日

★★★★☆
★5 - コメント(0) - 2016年10月16日

やっぱりヒョロ君!
★11 - コメント(0) - 2016年10月15日

(借り本)
- コメント(0) - 2016年10月15日

太一が抜けて、3年生が自分でできる事を模索して成長している。ヒョロくんの優しさにも、ラストのしのぶの想いにも涙。
★1 - コメント(0) - 2016年10月10日

太一ママ、初めて競技かるたをきちんと見て、いろんなことを感じたんだろうね。太一はいつみんなのところに戻ってくるのだろう。そして、みんな成長している。今回一番泣けたところは「青春は何度でも来る」という力強い言葉でした。
★5 - コメント(0) - 2016年10月9日

バイトするしのぶちゃんがカワイイ!仕事できないっぷりもカワイイ(笑) ヒョロ君が表紙なだけあって、今回はヒョロ君がヒーローだった。
★29 - コメント(0) - 2016年10月2日

表紙がヒョロくん&北央学園のみんなで、中身もヒョロくんが光っています。「『できない子』にいちばん優しかったのは木梨くんだ」(by先生)ほか、ぐっとくる言葉にあふれている29巻でした。
★8 - コメント(0) - 2016年9月30日

まず前の巻の朋鳴高校の先生の「青春」話、この巻で覆った〜(笑)「青春は何度でも来る。何度でも来るから何度でもがんばれよ、な。」全国大会に行けなかった生徒へのコトバです。いい先生だなぁ。この巻は涙涙でした。中でもヒョロくんの存在感。いいチームを作ってきたなぁ。強い人の優しさを感じました。
★26 - コメント(0) - 2016年9月18日

近江神宮へのキップもぎ取ったり*\(^o^)/*
★11 - コメント(0) - 2016年9月11日

漫画。うぉーっ、いいやんいいやん。太一がいなくなっても、千早たちがんばってるやん!思わず泣いてしまいましたよ。ヒョロくんのいいところもいっぱい見られたし、このお話のどのキャラも応援してあげたい気持ちになりました。
★38 - コメント(0) - 2016年8月28日

再読。ずっとかるたに理解がない人だと思っていた太一のお母さん。実はちゃんと見ていてくれたんだな。母親の気持ちなんて、確かに子どもにはわかんないんだろなぁ。そして今回のヒーローは、ヒョロくん。出来ない気持ちがわかるから、寄り添える。「チーム」でこそヒョロくんは輝くんだな。
★17 - コメント(0) - 2016年8月24日

今回は表紙も中身もヒョロくんが主役な巻でした。優華璃嬢は本当に見る目がある…。北央にはまさかの腐男子?が登場。「勝たないとブッコロス」って言ってあげる須藤さんに盛大にときめきました。あとは瑞沢が全国大会進出を決めて、みんなで泣きながら抱き合っているところがすごく好きです。そして最後の詩暢ちゃんのおばあちゃんの言葉がこれからどう展開していくのか、今後がますます楽しみになりました。
★75 - コメント(0) - 2016年8月20日

ヒョロくんが表紙なのか〜、と軽く思ったのだけど、まさに彼の努力と頑張りと強い人間性を遺憾なく発揮した巻でした。ああ、典型的な脇役キャラヒョロくんにも、日が当たる時が来ようとは。かるたに限らず、強くうまい人間だけがトップに立てるということではない。みんなを引っ張るものは、誰からも文句の出ない強さの他にもいろいろあるのだ、ヒョロくんみたいに。
★13 - コメント(0) - 2016年8月16日

ヒョロ君のキャラ好きだよ!
★9 - コメント(0) - 2016年8月16日

ヒョロ君の面倒見の良さ素晴らしすぎる…!本当に団結力で予選大会優勝をもぎ取ったのだと思います。瑞沢も結果的に机くんの検討で全国大会行けてよかった。あと太一のお母さんがちゃんと気づいている所が良かったですね…母は分かっている…。詩暢ちゃんは現状もう上は目指せない故の苦悩ですね。世界で一人目のプロになりなさいという言葉に震えた。
★8 - コメント(0) - 2016年8月13日

ヒョロくん回!チームにとって欠かすことができない選手であり先輩なんだなぁ。腐男子は自重すればいい…/(^o^)\ そして、天才には天才の苦悩。//そしてママs。太一母も、ちゃんと息子と向き合えるといいなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月9日

29巻はヒョロ君が間違いなくヒーロー!こんなにチームの事を考えていたなんて。詩暢も苦しんでいる。その葛藤から抜け出せるきっかけは何だろう?
★43 - コメント(7) - 2016年8月4日

鷲尾さんのあまりのギャップに爆笑してもうた…。ひやひやしたけど、瑞沢、全国大会出場できてよかった。千早の太一へのメールは反則級なのでは…。
★10 - コメント(0) - 2016年8月3日

あの猪突猛進のちはやが太一のポジションができるようになるとは…。成長したね(T^T)ウルウル。 ヒョロ…将来は教育系に進んでほしいな
★10 - コメント(0) - 2016年8月2日

まさか、ヒョロ君にうるうるする日が来るとは思わなかったぜ……。個人じゃなくて団体での勝利か。千早の暴走っぷりに時々ついていけなかったりするんだけど、この漫画やっぱりキャラが良いよ。まさかヒョロ君がここまで見せ場作るとは思ってなかったもの。しのぶさんはどこを目指すんだろうか。
★7 - コメント(0) - 2016年7月23日

ヒョロくん木梨っていうのか。知らなんだ。格好良かったな。どんなキャラにも見せ場作ってうまく生かしてる。考えてやってるのか才能なのかわからないけど。耽美派って言葉漫画で始めて見たよ。
★13 - コメント(0) - 2016年7月15日

レンタル。ヒョロくんは誰よりもチームの事を考えてる。自身の勝ちを後回しにし、チームを勝たせる為に負けを選ぶ彼に言いきれない気持ちになるけれど。そんな彼がいるからこそ今のチームがあるのだと思います。きっと優しすぎるのだ。だから少し、苦しくなる。きっと太一とヒョロくんは根本的に似ている。重なる2つの影。努力して、努力して、それでも報われない辛さを知っているから。努力は才能には勝てない。そんな事分かりきっているけれど、やっぱり思う。仲間にするなら畳の上で努力し続けられるやつがいい。
★33 - コメント(0) - 2016年7月14日

ついに表紙を飾ったヒョロくんがめちゃめちゃカッコいい!自分の勝ち星よりもチームの勝利を第一に考える部長としての自覚。太一への心遣い。千早への思いやり。男気があるなぁ。そりゃあ、千早も感極まっちゃうよな。でも、あれはやり過ぎ。ヒョロくん失神しちゃうよ。おまけ4コマで前回からの続き物の福井県予選も、団体戦に慣れない新の不器用さがなんとも微笑ましい。
★27 - コメント(0) - 2016年7月10日

千早から太一への短いメール。『全国大会に行けるよ。最後に読まれた札は「せ」だったよ』ひらがな一文字「せ」だけで伝わる言葉、気持ち。そこに自分でも不思議なくらい感動してしまって、しばらく涙が止まらなかった。「せをはやみ」 “待っている”でも“会いたい”でもない。もう一度出逢う運命を願う歌。
★13 - コメント(0) - 2016年6月21日

太一を欠いたまま、瑞沢の都大会は進む。ヒョロくん率いる北央は、1-4で瑞沢を退ける。勝ち星では同率の残り3校。各人の勝敗数で、全国大会への進出が決まる! サブキャラクター達の成長が光った巻だった。
★20 - コメント(0) - 2016年6月19日

ヒョロくん、あの顔なのに、あの動きなのに、もはや主役級。 千早や太一の存在感薄っ! でも大会のラストは感動しました。
★6 - コメント(0) - 2016年6月18日

E
才能があるやつは火がつくまでが早い でもそれだけ 火の強さや燃え続けられる時間を保証はしない(周防)できない子に一番優しかったのは木梨くんだ/小さいことも感じ取ってくれるから(持田T) チームを手放して一人になって初めてかるたが楽しいんだ/瀬をはやみ〜 もう一度出遭う運命を願う歌/仲間にするなら畳の上で努力し続けられる奴がいい(太一)俺が負けてもチームが勝てば勝ちなんだ/おまえはずっと…強くて孤独な奴の傍にいてやろうとしてたんだもんな(木梨) 覚悟しなさい 詩暢 世界で一人目のかるたのプロになりなさい(詩
★7 - コメント(0) - 2016年6月17日

ちはやふる 29巻の 評価:44 感想・レビュー:665
ログイン新規登録(無料)