二線級ラブストーリー (講談社ラノベ文庫)

二線級ラブストーリー (講談社ラノベ文庫)
あらすじ・内容
高校二年生の松尾家之助は、親友で生徒会長の完璧超人一ノ瀬秋、憧れのクラスメイトで書記の月本紗姫とともに生徒会に所属し、平凡ながらも楽しい高校生活を送っていた。そして家之助は紗姫への想いを自覚する。だが、どうやら紗姫は秋のことが好きな様子。どうすべきか悩む家之助だったが、そんなさなかに秋のとんでもない秘密を知ってしまう! その結果、家之助の、紗姫のそして秋の想いは複雑に絡み合って――?

あらすじ・内容をもっと見る
280ページ
132登録

二線級ラブストーリーの感想・レビュー(81)

最低なこと言いますけどね、愛してくれなんて頼んだ覚えはないのです。そのうえ俺の愛する人は俺を愛してくれない。ちぐはぐじゃないですか。でもこの世界の「恋愛」を成功させている人たちは、みんなそうしているのだ。ちぐはぐだから、みんなどこか妥協して、すり合わせてる。そうした意識の積み重ねで、いつかカチッっと歯車が噛み合う。これができるかどうかが、恋愛巧者のパラメータなのだ。つまり恋愛における最も冴えたやり方は、迎合することなのだ
- コメント(0) - 1月4日

ただの三角関係ではなくループする三角関係。好きなものは好きだを押し通した登場人物たちはある意味清々しい。基本変なキャラが多いが、それゆえ会話が面白い。会話のセンスが個人的にはあるな〜と。特に妹とのやりとりが好き。何気にシリーズ扱いの作品なのを新作で知ったので是非とも続きが読みたい
- コメント(0) - 2016年10月18日

一見何も変わっていないようで、本心をむき出しにしたことで少しだけ変化した三角関係の話。好きって伝えるのは大切なんだと改めて実感。想いを寄せてくれる女の子に簡単に靡かず好きになった女の子に一途な主人公にも好印象。イケメン男装女子かと思った秋ちゃんが月本さんと並んでドロドロの女の執念を見せていたのが印象的です。
- コメント(0) - 2016年10月17日

うん、楽しい物語だった。出て来るキャラみんな癖が強すぎて笑ってしまいました。特に秋。完璧超人な男の子かと思いきや、ただのストーカーじゃねーか!しかもかなり危ないタイプの。マネキンには笑ってしまったけど、普通じゃ考えられないことやってたな。恐ろしいっす。
★25 - コメント(0) - 2016年10月13日

もう少しキャラの個性を生かしたほうが、ラノベらしい面白さを押し出せたのではないだろうか。王道ではない、けれど爽やかな風を感じるいいラブストーリーでした。続けられる内容ではあるけれど、そういう状態で終わらせてあることで、この作品の良さが出ていると思います。
★7 - コメント(0) - 2016年9月24日

全員自分の意思を曲げずに貫いたところが良い。タイトルが良いね。
★2 - コメント(0) - 2016年9月15日

うーむ、まるで展開が読めなかった。超展開読む気マンマンだったのに。悔しい。なんか悔しい。
★2 - コメント(0) - 2016年5月13日

周りでの評価が高かったので読んでみた一作。綺麗な正三角形が描きたかったんだな、というのがよく分かりました。異常なまでの順応性の高さにはまあ目をつぶります。
★2 - コメント(0) - 2016年4月22日

破茶滅茶な展開なのに、最終的に綺麗な三角形の人間関係へと落ち着いていくところが素晴らしい。
★2 - コメント(0) - 2016年4月2日

なるほど二線級。なるほどラブストーリー。はじめは普通のラブコメかと思ったらあれよあれよという間におかしなことに。完全な三角関係。どうしてこうなった。
★6 - コメント(0) - 2016年3月11日

巻頭のイラストであっさり明らかになる秋の秘密。まぁ、そうだろうとは思っていました。そしてそこからそれぞれの想いが暴走していくんですが。簡単に気持ちが変わるわけではなく、初志貫徹しているのは良かったと言いますか。なるほどこれは「二線級」と題するわなぁ、というようなコメディよりの展開で、勢いだけはぴか一でしたね……
★3 - コメント(0) - 2016年1月19日

癖のあるヒロイン達との三角関係物。全体的にテンションが高めでギャグ寄りの雰囲気があり、ヒロイン達の可愛さはあまり感じられない。掛け合い自体の面白さはそれなり。王道な展開としては秋と主人公が結ばれることで、紗姫と結ばれることは想像しにくい。それだけ秋のインパクトは強い。ここで終わってもいいような作りではあったけど、果たして続きはあるのだろうか。
★2 - コメント(0) - 2015年12月26日

FF5
第3回講談社ラノベチャレンジカップ佳作受賞作。脇役でしか無かった主人公はある秘密を知り複雑な人間関係に?ひとくせどころか三癖以上あるキャラクターたちが複雑な恋愛関係を複雑に絡ませながらサンカクだったりダブルアクセルだったり、こうめちゃくちゃするのが本当に面白い。なんていうか単純にキャラクター性とそれに基づいたキッチリしたストーリー、心情面で動く物語の結実を見た気がします。モノノケグラデーションでも思ったが良い作家です。
★4 - コメント(0) - 2015年12月19日

いやー良かった面白かった。絶対に気持ちを譲らない変態の三角関係。個人的にもかなり好きなやつだった。みんな面白いキャラで好き。次巻も出るのなら期待したい。
★2 - コメント(0) - 2015年12月10日

譲ったり妥協したり真実の恋()に目覚めたりしない、直情的なキャラクターが交差するのは実によかった。
★2 - コメント(0) - 2015年11月24日

ラノベを読むとこれが漫画だったら面白いのにな、漫画を読むとラノベにしたらもっと面白いのにな、って感じることが多い。勿論境界が曖昧というか元々そういうものだろうし。ただ文章表現とか漫画表現とかそれぞれで得意なこと思わせぶりな処はあるはずで、その辺の勘所をうまく捉えていないような気がする。とくに文章表現とはキレイに詩的に表現するという事では無い。本書もそう。冒頭と結びは印象的だか、合間が中弛み。少女漫画的をラノベにスポイルした感じ。
★7 - コメント(0) - 2015年10月21日

ぶっ飛んだ変態と覚醒した変態と堕落させられた変態による三角関係が綺麗に纏まるラブコメ。 個人的な好みに合致してたこともあって、非常に楽しめた。 重度の変態かつストーカーだったり、鋼鉄の如く曲がらない歪んだ百合だったりするけど、まさに可愛いは正義を体現してる。 物語としては綺麗に収められてるけど、先の余地もあるので是非続刊が出てほしいと願いたくなる。 個人的には秋ちゃん頑張れと言いたいところ、頑張れ。
★5 - コメント(0) - 2015年10月5日

中盤までは良かったのだけど、終盤は無理矢理終わらせた感じ。キャラの反転に次ぐ反転。面白みを最後まで活かしきれなかったのは痛恨。
★2 - コメント(0) - 2015年9月18日

歪んだ恋の三角形が、グルグル回って、やがて正しい恋の三角形になるラブコメ(…何モ解決シテナイネ)。正直、口絵のネタバレで、いきなり読む気が萎えました。が、秋の正体がそれだけに止まらず、むしろそこからが本領発揮だったので、その後は十分に楽しめました。他のキャラも個性的で会話も面白かったです。恋愛は、正しいだけでもなく綺麗なだけでもない、という展開も先が気になる良い要素でした。それなりに含みも残していたので、もし続きが出るようであれば読みたいと思います。
★10 - コメント(0) - 2015年9月7日

結構面白かった。ところどころにあるギャグ(っていうのかな)が好き。2巻出るなら次も読みたい
★3 - コメント(0) - 2015年8月23日

素晴らしい。生徒会に所属する家之助は、書記の月本紗姫の事が好きだった。だが月本は生徒会長で家之助の親友である秋のことが好きなようで……。登場人物がいい感じに頭おかしくて素晴らしい。見事に頭がオカシイ三角関係。恋は戦争とは言ったものでw 個人的には月本が好きだった。あの家之助に取り引きを持ちかけるとこ死ぬほど好き。最後も可愛かった。ストーカーも可愛い女の子なら可愛いよね(錯乱 次巻も出るのなら楽しみ。
★16 - コメント(0) - 2015年8月17日

ありきたりで最初のカラー絵がネタバレしすぎて、面白さ半減って感じです。
- コメント(0) - 2015年8月7日

ヒロインがとんでもなく変態だった!相手の事が好きだとしてもここまでするだろうかというくらいの行動力。他のキャラも負けじと濃い。でもやっぱり一番秋がぶっとんでる。初恋を諦めないと決意した3人の恋の行方が気になるので続きも出て欲しいなぁ。
★25 - コメント(0) - 2015年8月6日

お、おう。ヒロイン達が変態でしかも歪んでて思わず引いてしまった。複雑な三角関係でこの先どうなるのか楽しみ。個人的には月本さんが家之助にデレると良いなぁ。あと、苦労人の芽衣ちゃんと近江さんの関係がどうなるのか楽しみ。
★21 - コメント(0) - 2015年8月3日

コメディに偏った恋愛ものという感じ。コメディとしては面白いと思ったが、恋愛小説としては今一歩という感じ。 めくってすぐに、親友が女というネタばれがあって驚いた。 そして、親友が好きな人がいるというくだりで主人公だろうなと思い、、主人公が好きな子とくっつくために手助けするよというところで、主人公の好意を得るためだろうと思ったが、これは当たっていた。 親友は女だというより、そのぶっ飛んだ性格の方が凄い。いい人なんだが、裏の面が…。 ヒロインも変わっているが、主人公もちょっと変わっている感じがした。
★10 - コメント(0) - 2015年7月31日

524
なんとなく再読 欲望のままに全力でラブコメしてるねぇ。ヒロインが狂ってるラブコメは結構あるけど、主人公も狂ってるのはあまり見ない。
★6 - コメント(0) - 2015年7月30日

三角関係ラブコメ。親友もヒロインも信用ならねー。やはり信じるべきは妹だな。
★4 - コメント(0) - 2015年7月29日

生途会副会長の松尾家之助は書記の月本紗姫に片思いをしていたが、その紗姫は生徒会長の一ノ瀬秋に想いを寄せている様で悶々とした日々を送っていたが、ある日家之助は秋のある秘密を知ってしまい…と言うお話。中々に面白かったです。みんな揃っていっそ清々しいまでに良くも悪くも自分の思いに忠実で、更にあけすけな一方通行な片思いをしているので何とも歯がゆいながらも面白く読めました。秋いい子なのになぁ、ド変態だけど…w この巻単体でも綺麗に纏められてはいますが、続刊してくれのるならばこの先の物語も読んでみたいです。
★25 - コメント(0) - 2015年7月28日

メインの3人がはっちゃけ過ぎてて、色々な意味で勢いがあって一気に読んでしまいました。生徒会長として品行方正な秋が実は女の子ということでバレた後の変貌ぶりは笑うしかない、特に秋のストーカー部屋にはさすがの近江先生もドン引きでしたが、私もドン引き。家之助たち以外の生徒たちにも秋の性別がバレた際に好意的に受け入れられてましたが、それは都合が良すぎのような…。月本は家之助の言う通りめんどくさい女だなと思いました(笑)3人の恋がどういう決着になるのか気になる。個人的に好きなのは近江先生、冷静なツッコミご苦労様です。
★12 - コメント(0) - 2015年7月23日

0o0
ひと癖あるラブコメ良作。講談社の新人賞、佳作。作者もあとがきで書いてますが、受賞後に大幅に改稿し、キャラクターやストーリーが練り直されたとのこと。それが非常に効果的に作用したのではと思いました。当初は、秘密を知った片方のヒロインと王道展開?と思ってましたが、、、一筋縄ではいかない予想の斜め上を行くキャラと展開で楽しめました。本作がデビューの作者さんには、今後も期待。次巻あるなら、読んでみたいです。
★9 - コメント(0) - 2015年7月21日

ヒロイン達がなかなか曲者で楽しめた。綺麗にまとまっているけれど、続きはあるのかな?
★5 - コメント(0) - 2015年7月18日

不恰好かもしれないけれど純粋なラブストーリーだったと思いますよ。
★5 - コメント(0) - 2015年7月17日

それぞれおかしい部分を持ち合わせながらも、それが何だと自分の恋へと真っ直ぐに暴走していく物語でした。ヒロイン二人がどっちも面倒くさく癖のあるキャラで、このちょっとおかしなラブコメを更に混沌へと導いていく感じが面白かったですね。結構独特なノリのコメディ部分も好きなものは好きなんだからしょうがないとおかしな方向でも全力で突っ走る恋愛部分もどちらも楽しめました。この丸く収まりそうにない三角関係の様子をもっと読んでいたいと思えたし次巻もあるなら楽しみです。
★24 - コメント(0) - 2015年7月15日

恋愛のかたちは人それぞれ。真実を知ったあとも自分の恋愛を貫く3人の姿が印象的でした。最初はよくあるラブコメっぽいので作者特有のノリについていけませんでしたが、秋の真実が明らかになってからの怒涛の展開と勢いで読まされてしまいました。こういう三角関係もはたから見ている分には面白いので、続きがあれば読んでみたい。
★17 - コメント(0) - 2015年7月13日

結構面白かった。個人的にキャラ、ストーリーが良かったと思う。ギャグは個人的ににはヒットしなかった。しかし、関係性がある意味完成しているから続編作るのか?とも思う。しかし、講談社ラノベ文庫は佳作が尖ってて面白いなあ。
★9 - コメント(0) - 2015年7月9日

恋ってなんなのかが分からなくなるほど三者三様に全力で恋する三角関係もの。どん詰まってるのにみんな立ち止まらないで走り続けるから床屋のアレみたいな感じになるわけで。一見常識人ポジの主人公もなかなか壊れてて楽しい。話をつなげてもこの関係性が変わるとは思えないんだけれど、テキストもときどき刺さるギャグがあったりして嫌いじゃないので次巻も買います。
★11 - コメント(0) - 2015年7月7日

3人の関係のゴールが見えないだと……!?生徒会副会長家之助は書記の月本が好きで、月本は生徒会長の完璧超人秋が好きで、秋にはとんでもない秘密があってなお話。三角関係は苦手なのに、このおかしなテンションのコメディは楽しくて、でもなんだかやっぱりモヤモヤする!という感じでしょうか。恋愛は綺麗事だけ言ってられないというのは納得できるけれど、だからって好きになってくれた相手の気持ちを利用するのは辛いかなぁ。登場人物たちのコメディなやり取りは、とても面白かったです。みんな面倒くさいから、妹ちゃんには癒されました。
★23 - コメント(0) - 2015年7月7日

☆☆☆★ 3.5/5.0 - 「変態共がちょっとズレてる恋愛」を繰り広げる狂騒劇。2ツッコミ+ボケ/ページ ぐらいの勢いで笑いを取りに来るテンションの高さについていけるかどうかというハードルは多少ありそうですが、根底にあるのは(歪んだとは言え)一途な思いなので、そこそこ万人受けのするタイプの作品だと思います。講談社チャレンジカップ佳作という事ですが、まさに「大賞とれるような王道作品ではないけど、小粒でピリリと辛い」という評価を与えたい作品。このレーベルの評価も私的に上がりました。
★22 - コメント(0) - 2015年7月7日

おお・・・すごい方向に勢いよく走っていく学園ラブコメだった・・・。あらすじと表紙から予想がつく三角関係が構築されるけれど、その中の人たちが予想外すぎるキャラで笑ったwいやー、変態ストーカーすごいな。美少女をキモいと思ったのは久しぶりだったwかなりおかしい物語ではあるけれど、エゴとエゴをぶつけあう恋愛小説としてとても魅力的だった。公式サイトに1巻と書いてあるからシリーズ化するのかな?次巻にも期待!
★23 - コメント(0) - 2015年7月6日

素晴らしい勢い。個人的にこのノリ大好き。サブキャラ的な主人公、家之助の親友は完璧な生徒会長。恋する人は、親友に思いを寄せる。現状を打開できないまま時は過ぎると思ったが、判明する親友の正体。めんどくさいキャラたち。妹との掛け合いがおもろい。自分の気持ちを貫こうとする三人の関係性が楽しい。
★23 - コメント(0) - 2015年7月5日

二線級ラブストーリーの 評価:100 感想・レビュー:47
ログイン新規登録(無料)