雛菊こころのブレイクタイム1 (講談社ラノベ文庫)

雛菊こころのブレイクタイム1 (講談社ラノベ文庫)
あらすじ・内容
伊莉也は勉学に追われ友人作りに乗り遅れ、少々ブルーな高校生活をスタートさせた。そんな時悩み事を聞いてくれる“お雛様”の噂を耳にするが、彼女は伊莉也が3年間思い続けていた謎の美少女・雛菊こころだった。不思議な縁から、こころのサポートをすることになった伊莉也。バレー部の部長や恋に悩む上級生、こころのライバルや生徒会長まで、悩みを持った人たちをお助けするこころのブレイクルームに珈琲の香りが広がり始める。

あらすじ・内容をもっと見る
328ページ
110登録

雛菊こころのブレイクタイム1の感想・レビュー(54)

50点
- コメント(0) - 2月23日

知り合いが書いたものでわくわくしながら読ませていただきました。日常の中で心理学を使ってお悩みを解決していくヒロインこころさんとその助手の主人公がメインのお話で、基本的には学園もの。相談者は誰もが直面したことのあるお悩みだったりで共感できた。日常的に使える心理用語も出てきて解説してくれたりとわかりやすいし文章も丁寧に書いてくれているので読みやすかったです。主人公も根は真面目で前向さが良いと思うし、ヒロインのこころさんは上品さ優しさが滲み出ていて可愛らしいです。占い師の桃花も主人公とのやりとりで場を盛り上げて
- コメント(0) - 1月25日

心理学を用いたお悩み解決もの。派手さこそないものの、一冊で話が綺麗にまとまっていて読みやすかったなと。続刊があるのであれば読んでみたい。
- コメント(0) - 2016年10月10日

うーん、エピローグで少し好転したけど、主人公も探偵も脇役もあんまり好きになれなかった感じかなあ。
★2 - コメント(0) - 2016年9月10日

お悩み解決もの。いわゆるコージーミステリー。さまざまな悩みを解決していく中でこころの問題点に触れることになる。主人公だけではなく、それ以外の人間も巻き込んで解決していく展開が良いです。
- コメント(0) - 2016年9月8日

読了。そこそこ。結構好きな内容です。大きなことが起こるわけでもないけど、人の心がよく動いていいです。
★3 - コメント(0) - 2016年6月20日

雰囲気は文学部シリーズと似てるけど、アプローチが違うので読み進んでくとなるほどと感じるんではないでしょうか。新人のデビューとしてはなかなか派手な演出が出来ない題材ながらしっかりした作品ではないかと。続編がでたほうにこしたことはないんですが、割と1巻でもまとまっているので、手に取りやすいんじゃかなかろうかなと思います。シリーズにしても別作品にしても今後も追いかけてみたい作家さんですね。
★2 - コメント(0) - 2016年6月6日

おもしろかった
- コメント(0) - 2016年2月21日

とても綺麗にまとまっていていいと思います。新人賞らしいといえばらしい。ただ最後の真白ゆめのあれはねじ込んできたなぁって感じだった
★2 - コメント(0) - 2016年2月5日

趣を変えたカフェ探偵ものに近いけれど、学校をテーマにちゃんとかけてる感じがする。心理ものとしてしつこくなく読みやすかったです。続き楽しみ
- コメント(0) - 2016年1月30日

お悩み解決系。最後の展開がやや大味だったけど、キャラクターとイラストを含めた雰囲気が非常に良いので面白かった。タイトルが好き。
- コメント(0) - 2016年1月30日

図書館。さらっと軽く読める心理学を用いた、女子高校生・こころの学内お悩み相談室ストーリー。コーヒー入れるのが上手い喫茶店の息子・伊莉也という助手付き。謎解き風味な面もあり、生徒会長の話が一番良かった。高校生占い師・桃花のこころへの敵意→傾倒ぶりが劇的w こころと伊莉也の恋はまだ序章だけど伊莉也の片思いというわけでもなさそう。
★2 - コメント(0) - 2016年1月28日

普通に面白いと思います♪ヒロインの雛菊こころ嬢のキャラクター像がいまいち掴みづらいマイナス面は有るが全体像の構成は悪くないと。ただ冒頭で登場する「妹」の存在が彼女を能面の様なキャラにしているんだろうなとは予想出来てしまった。空蝉先輩のエピで「どうしてそんな事を言うんですかっ!」と、こころ嬢が叫んでしまう描写にそのアトの流れが少し見えてしまったのが残念かな?僕こと伊莉也、存在感は一応有るんだがチョッとキャラ的に薄い感じが何とも...桃花が場を良い意味で混乱させるのが逆に救いになってるのが救いかな?(笑)→
★16 - コメント(1) - 2016年1月18日

派手さや目新しさはないけれど、かっちりとした安定感を感じさせるいい作品だったと思います。/表紙のこころさんを見ると、完璧超人でお悩みを快刀乱麻を断つ如く解決するタイプなのかと思いきや、少しドジっ子だったり、人並みに悩みを抱えてたりする普通の女の子で、いい意味で読書前の予想を裏切られた感じです。/イラストも柔らかい感じで個人的に結構好み。/「1」ということは続きがあるということですね。期待。
★4 - コメント(0) - 2016年1月3日

良いですね〜。読んでてまったり出来て、心が安らぐようでした。登場するキャラを満遍なくストーリーに絡めてきたのは良かったです。こころさんを表紙で見るとSっ気があるのかと思いました(失礼) 体操着に眼鏡で隠れ巨乳で髪を縛るとか俺得でした!(やったー!) 1巻完結でもすっきりすると思うけど続いてほしい!
★14 - コメント(0) - 2015年12月25日

FF5
第4回講談社ラノベチャレンジカップ佳作受賞作。その部屋ではお雛様がお悩みを解決してくれる。短編を集めたお悩み相談室、でこころさんが可愛らしく早見沙織のボイスで再生される感じで良いです。ただし、短編それぞれの出来が素晴らしく良いギミックがある、あるいは日常の謎、と言うまでには至らないのでそういう意味での読み応えという意味では少なめかなあと感じます。ある程度は好みではありますが。
★4 - コメント(0) - 2015年12月21日

なかなか面白かった。実家が喫茶店の主人公伊莉也が学校でお悩み相談を行っている「お雛様」の雛菊こころをサポートしていく話。心理学的手法を用いながら、生徒たちの悩みに寄り添い解決していくこころさんが随分大人びているなあと思っていたら、ちゃんと高校生らしい悩みみたいなのを自分でも抱えていて魅力的なキャラクターでした。鈍感主人公に異を唱えるこころさんが鈍感ヒロインそのものでしたが、最後の方では伊莉也君が少し報われたようで何より。雰囲気のいい話だったので、次巻or次回作に期待。
★11 - コメント(0) - 2015年12月21日

生徒の悩みをなんでも解決してくれると噂の生徒指導室の「お雛様」が悩み相談に乗る姿を、その傍らでコーヒーを淹れつつサポートする少年の目を通して描く、学園青春ストーリーでした。ブレイクタイムとかコーヒーの文字から勝手に、最近流行りの「お店モノ系日常ミステリ」を学園モノに無理矢理押し込めたヤツだろどうせ、とか思ってすまんかった。まっとうに学園青春モノしてた。タイトル&表紙のヒロイン雛菊こころ先輩が可愛くて良かった。やっぱり年上(先輩)ヒロインはいいですなー。「先輩のためにと頑張る後輩主人公」の姿はいいものだ。
★6 - コメント(0) - 2015年12月13日

こころさんのキャラや挿絵はともかく文体が硬い上に内容も無難で型通りだから眠くなる。
★2 - コメント(0) - 2015年12月13日

お悩み相談をしているお雛様にコーヒーを入れるという役割を仰せつかった主人公。心理用語も出てきつつ様々な悩みを解決していく。こころさん可愛い。なんだろうこの安心する感じ。
★10 - コメント(0) - 2015年12月9日

ずいぶん前に、生徒会主体やら部活道やらで悩み相談てネタの、似たような本を読んだなぁと思い出す作品。相談に乗るのは良いのですが、何故女生徒ばかりなのか。桃花うるさいうっとおしい。小骨がのどに引っかかるような、些細な事が気になって乗り切れませんでした。次どうすべか。
★6 - コメント(0) - 2015年12月7日

平凡な少年が三年間思い続けた少女に出会いお悩み相談の手伝いをすることになる物語。・・・色んな意味でブレイクタイムである。思春期特有な悩みを、アドバイスする事に責任を持ちながら心理学とコーヒーを用いて解決していく。全体的にはどこか緩く、だが優しい世界観の物語であり世界を救ったりはしないしバトルもないが一つ一つのお悩みを解決していく平凡な日常を積み重ねていくというまるで降り積もる雪のような小説であり、その空気感を好きになる事が出来ればこの物語は面白く読めるのではないだろうか。 次巻も楽しみである。
★14 - コメント(0) - 2015年12月6日

★★★☆☆ 第4回講談社ラノベチャレンジカップ佳作受賞作。3年間思い続けてきた少女と再会した少年が彼女がお悩み相談室をサポートする学園青春モノ。学園生活に関わるちょっとした悩み事をこころが心理学面からアプローチする短編集。学園探偵モノのように真実を探求するだけでなく、アフターフォローもきっちりしていくところが好感触。主人公の少年がちょっと鈍すぎないかと思ったが、これはワトソン役の宿命か。
★8 - コメント(0) - 2015年12月3日

学校の片隅で生徒の悩みを解決していく女子高生と助手のお話ですか。基本優しい流れでまったりお話が進んでいきます。高校生にとっては大きい悩みかもしれないけど基本小さい悩みを解決していくお話ですね。最後だけ少し重く感じましたが。まぁ、のんびりしたお話なので好みが思いっきり出る気がしました。続きが出れば一応買うと思います。
★12 - コメント(0) - 2015年12月3日

実家が喫茶店を営む小田伊莉也は噂されてる悩み相談の「お雛様」なる人物と遭遇する。彼女・雛菊こころは伊莉也がかつてお店で珈琲を入れた想い人で、心理学を要して相談に乗る少女だった。伊莉也はこころの助手として働くことになるが…。心理学を用いたお悩み相談室。集団心理や深層心理など心理学用語を多分に用いてはいるけど、ライトに噛み砕いてあるので気軽にお悩み相談ものとして読める。部活の雰囲気,恋愛相談,オタ隠し,鬱気味な先輩の4話。こころさんは何事にも体当たりで真摯に相談に乗る可憐な少女だったね。体操着姿がいいw→
★22 - コメント(1) - 2015年12月2日

三年前に実家の喫茶店で出会って以来気になっていた雛菊こころに高校で偶然再会した伊莉也が、「お雛様」と呼ばれ生徒指導室で悩み相談を引き受ける彼女を手伝うようになる物語。こころ先輩とタロットを占う桃花の三人でバレー部の部長や恋に悩む上級生、生徒会長たちの悩みを解決していくストーリーでしたが、相談相手に真摯に接しようとするこころの姿勢や、相談者や密かに自身も悩みを抱えていたこころのために懸命に奔走する伊莉也たちの姿には心地よさを感じました。恋の行方も気になりますし、もし続きが出るようならまた読んでみたいですね。
★32 - コメント(0) - 2015年12月1日

今読んでいるみんな最新5件(4)

05/06:ふづき
12/22:ツバサ

積読中のみんな最新5件(12)

12/23:やまだ
04/03:白兎けい
02/09:シータ

読みたいと思ったみんな最新5件(40)

12/24:ネル
10/18:yukitama00
10/07:くれいん
10/01:とめこ
雛菊こころのブレイクタイム1の 評価:100 感想・レビュー:28
ログイン新規登録(無料)