僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6 (講談社ラノベ文庫)

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6 (講談社ラノベ文庫)
あらすじ・内容
新学期。耕介は無人島で伊吹に告白されたのは気のせいだったかと感じつつ、日常生活に戻っていた。一方、年に一度の音楽祭が近づき、盛り上がる学園の生徒たち。だが、その熱に水を差すように、夜の学校に幽霊が出るという噂が立つ。音楽祭を成功させたいという天虎の依頼を受けた耕介は、伊吹や愛羽ら文芸部のメンバーと調査に入る。しかし、彼女たちの様子もどこかぎこちなくて……? ビッチ×オタクの学園ラブコメ第六弾!

あらすじ・内容をもっと見る
264ページ
47登録

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6の感想・レビュー(35)

天姉が表紙だったけど、あんまり活躍してなかったのが若干悔やまれます。最後はまさかの展開に驚いた。そっかーそっちを選んだかー。ここからまた一波瀾起きそうでこれから楽しみ。
★17 - コメント(0) - 2016年12月26日

あー、やっぱりそっちのルートかー(泣)と思ってしまいました(笑)この作品はヒロインが全員かわいいので全員とくっついちゃえよ…と思いますね!
★4 - コメント(0) - 2016年7月16日

まぁ面白かった。でもなんか主人公がうぜえし、終始なんか説明口調で、これぞ学園ハーレムラノベって感じ。
- コメント(0) - 2016年6月16日

最後進展あって良かった。なかったらブチギレてた。
★5 - コメント(0) - 2016年5月12日

0o0
メインストリー動く+ミステリー。早6巻。毎回、サービス精神旺盛な作者さんによるラッキースケベありの安定のハーレム展開。加えて、初期から本シリーズの柱でもあったミステリー要素が復活。巻末のおまけ的なラジオコーナーもなかなかでした。安定のラブコメをこのペースで量産してくれる作者さんは貴重だと思います。ここまで付き合ったので、最後まで付き合う覚悟なので次巻も楽しみ。1巻からのメインストリーの三角関係が動きそうな予感?
★2 - コメント(0) - 2016年4月17日

音楽祭を揺るがす幽霊騒動の話。天姉表紙ですけどメインというわけでもないのがちょっとかわいそうです。前回の東雲の告白に対し、育野も自分の気持ちを正直に告白。そこに至るまで、東雲の言葉をえらい無駄に疑ってましたね。愛沢も以前とは少し違う態度をとるようになり、すんなり東雲エンドということにもならないと思うので、この後どういった展開になるのか楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2016年4月14日

学園ラブコメがメインだけに、単調になってしまう部分は否めない。そこに波乱万丈的な展開を持ってこようとすると、前巻のような孤島だったり、今回のようななんちゃって推理だったり、そんな感じなっちゃいますよね。 まぁ内容より、東雲と愛沢とシャルテたちヒロインが可愛かったので、それだけで満足です。
★15 - コメント(0) - 2016年3月24日

愛沢の事を理想の女の子と言いながらも高嶺の花すぎて近付けないて事で東雲を選んだようです。妥協で東雲とかえらい贅沢な男ですね(笑)ラブコメ方面で進展があるのはいいんですが九重さんや天姉の好意には気付きながらもスルーなのは何なんですかね。次巻からはもうちょっと二人の事でも悩んであげて欲しいです。
★5 - コメント(0) - 2016年3月16日

流石に元気で乱暴気味な幼馴染みでは一冊通してのヒロインは難しいかな。前巻の告白 〜でストーリー自体をたたんだ方が良かったんじゃ無かろうか?エピソードが単調になってきたし。
★2 - コメント(0) - 2016年2月20日

ここにきて謎の新企画始まるなんて予想の斜め上
★4 - コメント(0) - 2016年2月12日

幼馴染が活躍ってそういう意味か!てことで今回は天姉回ーーってほどでもなかったけれど、一応メインヒロインに昇格したのかな。ラジオついてきたし。ツイッター始めて相談してみたいかも。さて、今回も面白く、ヒロイン等は可愛かった。耕介は普通に悩んだ末に誰のことが好きなのか決着をつけたけれど、もっと大きな波乱が起きそうだな。というか起きてください。次巻にも期待。ところで、赤福先生はラノベ作家よりもギャルゲとかのシナリオライターの方が向いている気がするのは僕だけだろうか。『あ、これ18禁だったらry』なシーンもあるし。
★9 - コメント(0) - 2016年2月7日

日常生活に戻る中、学校の幽霊騒動に立ち向かう今巻。―――選んだ一人、動き出す関係、待ち受ける波乱。今回は学園の幽霊騒動を解決させる中、耕介が一応の答えを出す回となっておりアプローチで押し切った伊吹が恋人の座を射止めているも、その後に待ち受ける波乱を予感させるものとなっている。・・・絶対、この後なんか嵐が来そうな気がするな。そもそも義妹はこの結果に納得し無さそうであるし、仲間達もそう簡単に納得するとは思えないし。次巻は色んな意味で波乱の展開が待っていそうである、どうなるのか。 次巻も楽しみである。
★10 - コメント(0) - 2016年2月5日

ようやっと我がエンジェル天姉の表紙デビューだぜヤッフー! というわけで内容的にも天姉回…とまではいきませんが、ずいぶん彼女の登場機会が多い巻で、非常に満足しました。おまけに最後に天姉DJのラジオまでついてくるなんて最高じゃありませんか笑 内容としては、学校に夜な夜な幽霊が出没するという噂を聞いた主人公たちが、天姉の依頼でその解決に乗り出す、というこれまでのパターンを踏襲したものとなっていますが、相変わらず安定した筆致で安心して読ませてくれる、意外と(?)質の高い作品だと思います。今後の展開も楽しみですね。
★13 - コメント(1) - 2016年2月4日

夏休み明けの新学期。年一度の音楽祭が近づく中、夜の学校に幽霊が出るという噂や生徒たちの口にのぼる音楽祭を襲う「ファントムの怪」の解決に動く第六弾。天虎の先輩のために何とかしたいという想いを汲んで動き出した今回。女の子たちからのアクションでそれぞれに耕助と絡みがありましたが、思うところがありそうな彼女たちに対して、どこか確信を持てない耕助は煮え切らないリアクションが多くちょっとモヤモヤ(苦笑)今回ようやくひとつの答えを出した耕助でしたけど、それで終わりというわけでもなさそうで、次巻の展開がどうなるのか期待。
★22 - コメント(0) - 2016年2月3日

今読んでいるみんな最新5件(1)

02/23:ずみ

積読中のみんな最新5件(6)

10/09:みっくん
06/30:ヨシ
06/02:さいだ
02/03:ままる

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

02/05:Makos
01/24:
01/07:真白優樹
01/06:はいな
僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。6の 評価:80 感想・レビュー:14
ログイン新規登録(無料)