亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)
あらすじ・内容
僕らと少しだけ違う「亜人」、最近では「デミ」と呼ばれています。(demi-humanから来てるらしい)。キュートな悩みがあるのです。規格外新人ペトスが描く、とびきりカワイイハイスクール亜人コメディ第1巻!

あらすじ・内容をもっと見る
144ページ
1684登録

亜人ちゃんは語りたい 1巻はこんな本です

亜人ちゃんは語りたい 1巻の感想・レビュー(1481)

人種差別
★1 - コメント(0) - 3月13日

アニメの一話を見逃していたので補完のつもりで購入したのにずっと積んでました(うわ~ん)その後も見れたり見れなかったりしてますが、アニメ版は非常にドラマチックに演出されていて原作より色々めりはりがきいている感じ。原作はあっさりめですがどちらも素敵です。でも佐藤先生まわりはアニメ版での細やかな演出が自分は好きみたい。サキュバス先生可愛いです。あとひまりちゃんの姉妹愛サイコー!めっちゃ見逃しているのでDVDでアニメ版を(申し訳なくもレンタルでですが)全話視聴したいです。CM時代はピンとこなかったですが
★31 - コメント(3) - 3月11日

yk
たまたまアニメを見ちゃって、どーしようもなくなって再読。アニメ見て泣いちゃって、やっぱりこれ読んでも泣いちゃった。ひかりいいやつだな。
★7 - コメント(0) - 3月4日

以前から書店で平積みになっていた。試し読みができたので購入し読了。いや、この作品はなかなかすごい。バンパイアやデュラハン、雪女等の、所謂「亜人」が稀少ながらも日常に存在している世界。高校教師の高橋先生は以前から「亜人」に興味があったが、遂に赴任先の高校で「亜人」に出会う。生徒と同僚。もし、「亜人」として生まれたら、その個性と折り合いをつけて生きる。「亜人」とはいえ、考えることは人間と同じなのだ。デュラハンの破壊力に驚き、バンパイアの明るさに笑う。多少のラブコメ要素も入れながら、楽しく興味深く読める作品。
★189 - コメント(2) - 3月2日

D
【レンタル】8話は見習わないといけない。
★12 - コメント(0) - 3月2日

アニメから入ったので、フィルターを通した読み方になってしまったかもだけど、作品全体のほっこりした雰囲気や間の取り方がいいなぁ。
★5 - コメント(0) - 3月1日

高橋先生、生徒との距離が近すぎやしませんかね。羨ましいなあ、もう。亜人の設定が少しずつ堀り下がっていくのが面白い。佐藤先生はかわいい。
★5 - コメント(0) - 2月26日

ray
思ってたのと違って面白かった。亜人がデミって呼び方に変わるだけですごくポップで親しみ易い。デュラハンって頭装着したままって出来ないのかな。
★8 - コメント(0) - 2月20日

アニメから。もっと早く買ってればよかった。
★4 - コメント(0) - 2月19日

満喫にて。アニメから入りました(⌒‐⌒)
★8 - コメント(0) - 2月19日

他の作者の作品の「亜人」のスピンオフかな?と思っていたら違ってた。面白い。絶対数は人間の方が圧倒的に多いのだけれども、亜人と言われる人たちいわゆるヴァンパイア、デュラハン、雪女、サキュバスなどがいる世界(デュラハンは世界で三人だけ!)亜人に学術的な興味を持っている高校教師の高橋先生がいいやつだなーと思う(人間としても)しかし生徒とハグをするのはどうかと思うぞwww
★10 - コメント(0) - 2月15日

亜人ちゃん。過去購入時はあまり興味が湧きませんでしたが、動くアニメで惹かれました。この閉じ込めておきたくなるような、優しき世界をどこまでも。
★8 - コメント(0) - 2月12日

アニメから1巻をば。原作もしっかり面白い。良いアニメ化だ。あと四コマが面白い。ラストの佐藤先生残念過ぎるw
★8 - コメント(0) - 2月11日

アニメから。先にアニメを観てるのでストーリーは多少把握してますが、面白いですね~(^.^)♪生物担当の高橋先生を中心に小鳥遊嬢(ギャグ担当w)町京子ちゃん(ギャグ、ほのぼの系w)日下部雪ちゃん(シリアス系?)佐藤先生((○○○○...)小鳥遊ひかり嬢の妹ひまりちゃん(突っ込み担当w)個性的なキャラ満載で?基本コメディですが、結構辛辣な問題もちゃんと描いててほろりとさせられる。普段はおふざけキャラでも雪ちゃんの悩みに真摯に向き合うその姿勢と発言にハッとさせられて(^.^)根底に溢れる優しさが凄く良いです♪
★22 - コメント(0) - 2月11日

雪ちゃんが可愛かった。
★5 - コメント(0) - 2月7日

ほどよくゆるい。 自分にあうゆるさで読みやすかった。設定とか呼び名とかもいい。亜人を『あじん』と呼ぶのはもう古い。今は『デミ』と呼ぶんだそうです。その設定からすでに面白い。
★13 - コメント(0) - 2月5日

アニメ化で知りました! 面白い!でみちゃんって読むことも、高橋先生も最高ですね
★7 - コメント(0) - 2月5日

アニメから入って原作も買ってしまった。 亜人ちゃんsかわいい。これはよいハーレムもの。 高橋鉄男は天然のタラシである。 特に町ちゃんがお気に入りだわ。 あと雪ちゃんが切ない。これを1巻でいきなりやるのかー。 アニメはいい感じに原作からいじってるなと感じた。 町ちゃんのデート回とか、佐藤先生との会話とか。
★15 - コメント(0) - 2月3日

てっきり、シリアスな「亜人」のコメディとばっかり思っていました(同アニメの1期放映時、よくCMが流れていたせいかも)。が、アニメ視聴先行で内容の良質さに、既放映分の1巻のみ購入。いじめの問題や、マイノリティの保護とかを意識させずに、さらりと描いているところが惹かれた理由のような気がしています。
★17 - コメント(0) - 2月1日

亜人じゃなくてデミというのに物凄く違和感感じる。インディアンじゃなくてレッドスキンと呼んでくれって言ってるみたいで。
★4 - コメント(0) - 1月31日

アニメ見て購入。緩い雰囲気がとても良い。和む。ひかりの天真爛漫な所や先生の大らかで優しい所など。特に先生が良い。念願の亜人に話を聞ける環境下でも自分のペースを崩さず感情の起伏を出さ無い感じが。天然の女たらしであるのも頷ける。
★8 - コメント(0) - 1月29日

アニメに惹かれて原作も読了。亜人に興味のある高校教師、高橋先生とパンパイアやデュラハン、雪女にサキュバスと様々な亜人ちゃんが織り成すハイスクール亜人コメディ作品。原作はエピソードが独立気味な感じですがそれを纏めてるアニメの構成上手いですねぇ…。亜人という普通とは違う性質を描きつつも優しいお話になっていてほんわかしました、みんな年頃の乙女なものでラブコメ部分も良し、高橋先生の真摯さも安心できます。佐藤先生は中々不遇で幸せになってほしいもののどうなるんでしょう…。アニメ気になるけど次巻以降も読んじゃおうかな。
★10 - コメント(0) - 1月28日

登場人物たちがとても魅力的。この作品の最も優れているところはまずそこ。社会的マイノリティな存在である彼女たちはそれぞれの方法でマジョリティとのギャップを埋めようとする。ギャップを乗り越えた者、乗り越えようとする者、乗り越えるのを諦めようとする者、乗り越える事に畏れを抱く者。それぞれの立場の者がどうやって日常生活を営んでいくことができるのか。舞台はすべて学校と家のみに絞り、登場人物たちの最低限の社会で話は進んでいく。なんにせよ良作である事に間違いは無さそうです。そしてみんな自分の存在に悩んでいる。
★7 - コメント(1) - 1月27日

ひかりかわいいな~まぁ近くにいたら二日くらいでうっとおしく感じ出すだろうけどw 設定とか話面白いですよね~今後はもっと色んな亜人ちゃんにもでてきてほしいな~
★10 - コメント(0) - 1月26日

人が悩むことは亜人も悩む。だけど亜人だとさらに複雑になってしまうのかな。
★4 - コメント(0) - 1月25日

★★★★★ほのぼの可愛い亜人(デミ)の女の子達と生物の先生のほのぼのストーリー。デュラハンでも可愛い(笑)みんな良い子ですわ。
★5 - コメント(0) - 1月24日

アニメ視聴中。亜人を題材にした日常もの。最近こういう題材増えてきたかな……と思ったが、大雑把にまとめれば鬼太郎やぬーべーの類型とも言えるか。ハーレム的な構図でありながら主人公がオッサンであるのは結構珍しいように思うが、高橋先生は大人らしい頼りがい・落ち着きと少年のような探究心がいいバランスに見える。ひかりの表情がコロコロ変わるあたり見てて飽きない。
★2 - コメント(0) - 1月23日

人外娘と人間、互いの違いを理解し、その違いとどう付き合うかというのが、人外モノにおける共通のフォーマットといえるが、本作が珍しいのは、亜人の発生場所が外部ではなく内部だということ。亜人の発生理由が遺伝ということから明らかなように、本作は、異文化コミュニケーションではなく、社会におけるマイノリティとの付き合い方を描いている。また、亜人としての悩みも、あくまで思春期にありがちなもので、ちょっぴり変わった女の子の枠に収まっている。良作なので、これからも日常性と思弁性のバランスを保ちながら、続けていって欲しい。
★16 - コメント(1) - 1月19日

自分と違う人と関わり方
★1 - コメント(0) - 1月19日

学校と言う閉鎖空間の中思春期の子が集まると亜人という特殊な人が居てもあまり悩みは変わらないんだなと思ってしまった。こんな理解したうえで、どうしていくか考えてくれる先生は憧れる。さすが、無自覚のタラシ(笑
★6 - コメント(0) - 1月18日

まあ亜人という生徒ではあるけど結局普通の先生ものでも生徒の悩みは様々だし、それが亜人というだけ、ともいえる 面白いですよ
★3 - コメント(0) - 1月16日

電子書籍が100円だったのでアニメ化を機に。ヒロインは普通の人間と違う特殊な能力があるが故に苦悩を抱えていて、そこに偏見に囚われない主人公が救いの手を差し伸べるというパターンの作品。しかし本作はコメディ色強めで、非常に読みやすくできている。アニメ化されるほどに人気が出るのも納得。
★4 - コメント(0) - 1月15日

前々から薦められてたけどアニメ放送を機に読む。コメディにしてるけどマイノリティ(+高校生)の悩みに対するしっかりした内容やった。ま、そんな事よりヒロイン勢の可愛さを楽しむ。
★9 - コメント(0) - 1月15日

アニメはキャラが可愛いだけであまりぴんとくるものがない印象だったが、原作を読んでみるとこちらも最初は同じような印象だったけど、やはり話が進むと面白さが見えてきた感じ。特別ギャグが笑えるってわけでもないのだけど、なんとなくキャラのちょっとした言動が楽しいというか。あまえたがりで身体の方もわがままボディらしいデュラハンちゃんが可愛いです。でもたしかに恋愛のハードルは高いだろうなあ。まあ世の中には『デュラララ!!』の新羅みたいなやつもいるかもしれんが。ヴァンパイアちゃんは普通にええ子や。
★10 - コメント(0) - 1月14日

☆☆☆
★2 - コメント(0) - 1月13日

アニメから。普通の学校で亜人ちゃん達がそれぞれ悩みを抱えながらも日常的に過ごしている非日常的なお話。とにかく亜人ちゃんたちが良い子で可愛らしい。主人公の高橋先生もかなり良いキャラ。読んでてとても微笑ましい作品です。
★4 - コメント(0) - 1月13日

佐藤先生一択やな。生物教師があまりはしゃぎ過ぎていないのが、世界観としてしっくり
★2 - コメント(0) - 1月13日

吸血鬼やデュラハンといった亜人がマイノリティとして受け入れられるようになった社会で亜人たちが思春期に抱くであろう悩み、葛藤を自然な形で描けていて、澄んだようでぼやけた青春の空気、生理的なものと思索的なものが混じった雰囲気が味のあるいい漫画。あくまで異種族ではなく人間の中の亜人、という設定なのでそこまでジャンルの中でもがっつりと異形異形していることもなく、本当に普通の女の子たちの普通の悩みとして亜人であることを位置づけていて、その位置づけ方が上手い塩梅。マイノリティを描いた作品としても秀逸な出来栄えだと思う
★14 - コメント(0) - 1月12日

アニメが面白かったので購入。ひかり役の声優さんの力が大きい気がしてるので、原作にはそこまで期待をしてなかったんだけど原作も面白いじゃないですか。面白いからアニメ化するわけか。
★2 - コメント(0) - 1月11日

亜人ちゃんたちがとてもかわいい。
★2 - コメント(0) - 1月10日

亜人ちゃんは語りたい 1巻の 評価:54 感想・レビュー:429
ログイン新規登録(無料)