マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)

マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)
あらすじ・内容
なんで私なの? 身寄りのない少女・バロットは、救いの手を差し伸べたはずの男・シェルに突然殺されかける! 瀕死の状態から目覚めると、その身には金属繊維の人工皮膚と、あらゆる電子機器を操る力が与えられていた。ネズミ型万能兵器・ウフコックの力を借りて、答えを探し求めるバロットの闘いが、今、始まる!!

あらすじ・内容をもっと見る
192ページ
839登録

マルドゥック・スクランブル 1巻はこんな本です

マルドゥック・スクランブル 1巻はこんな本です

マルドゥック・スクランブル 1巻の感想・レビュー(697)

電子書籍無料本。原作の表紙を見て、え、あれがこの子なの?って。なんか幼くない?(とはいえ原作読んでませんけどね) コミック読む限り、なんか面白そうって思いました。今度時間ができたら読んでみようかな。
★2 - コメント(2) - 3月6日

バロットがカワイクネェ。それはさておき、少年誌でこれをやろうと思った勇気に呆れる。とはいえ、原作よりソフトタッチ。
★2 - コメント(0) - 2月22日

kindleで無料だったので。原作は未読。まだまだ序章だったのでこれからどうなるのかとか、なんで?な部分が多かった。絵は綺麗だったので読みやすかった。
★1 - コメント(0) - 2月21日

jun
これがデビュー作!?原作有りとは言え、引き込まれる。とはいえまだまだ導入部分だから説明づかない不思議なことばかり起き、戦いも始まったばかり。あまり自分好みではないSFではあるけど、骨太なアクションに緻密なSF要素、引き込まれる絵柄と演出。カッコ良いです。
★1 - コメント(0) - 2月12日

Kindle無料本で。原作未読。う、上手い!正直、新人に原作付きを描かせて鍛える意図があっただろうから最初は下手なんだろうなとたかをくくっていたら、新人でこの演出と画力というのが信じられないほど完成されていて上手い。鬼頭莫宏さんに似てるなという印象はあるけれど。殺されかけた少女が救われ、協力者を得て復讐を果たそうとする物語でいいのかな?話も面白いし、これは先の巻まで読み進めたい。
★4 - コメント(0) - 2月12日

まだ若干の読みづらさは残すものの、大今先生のネームの上手さが炸裂!
- コメント(0) - 1月23日

- コメント(0) - 2016年11月12日

★★
- コメント(0) - 2016年11月8日

電子書籍無料版にて。アニメを先に見ているのでイメージが違ったが、嫌いなタイプではない。バロットはもう少し大人っぽくてもいいと思うが、ロリ顏の方が万人受けするんだろう。巻末にあった初期作品のキャラデザの方が私にはしっくりくる。原作の小説は購入済みだが未読。何度見てもストーリーが秀逸。
★4 - コメント(0) - 2016年11月2日

レンタ読み。 よくわからない世界観。SF?
★1 - コメント(0) - 2016年11月1日

主人公の女の子が可愛そうだった。原作があるのね。アクション漫画って感じなのかな?なんかまだ掴めなかった、これから始まる感じ
★3 - コメント(0) - 2016年10月31日

Renta!1冊無料。
★2 - コメント(0) - 2016年10月31日

kobo版。原作を読んだのが大分前だけど、ウフコックが出てきたら色々思い出した。ウフコックさん、マジイケメン(鼠ですが)。視覚化されている分、原作より分かりやすい印象。続きも読みたいなー。
★3 - コメント(0) - 2016年10月30日

「聲の形」読了後に大今良時の画風の進化を振り返る意味で再読。考えてみると、「聲の形」の西宮さんと同じくバロットも声を出せない少女であり、「一人で戦い続けた少女」である。こういう所に漫画家としてのアイデンティティがあるのかもしれない。冲方丁が彼女を気に入ったというのも実に頷ける。本作初期のシャープで粗削りな画風から、今現在はあんなに繊細で色っぽさのある画風まで進化したというのだから驚異的な才幹の持ち主である。
★4 - コメント(0) - 2016年9月12日

展開上仕方がないのだが、1巻は導入としてはバロットの境遇が重たい。バロットが自身の能力(とウフコックとの親和性)を覚醒させていくまでは、内面の未熟さとのバランスが難しく、戦闘において深みがない作品に感じた。一方で少女らしい可愛らしさを散見できるので、キャラ萌え的には良し。台詞とモノローグの使い分けがオシャレで、文字の配置、空白の背景、大ゴマの扱いなど演出が非常に上手。当時まだ二十歳かそこらって本当なのか。
★2 - コメント(0) - 2016年1月17日

webでところどころ読んでたのの読み直し。ウフコックかわいい。
★4 - コメント(0) - 2015年11月25日

やっぱウフコックちょう可愛い
★3 - コメント(0) - 2015年11月23日

命の恩人と信じていた男シェルから殺されかけ瀕死の状態となった少女バロットは金属繊維の人工皮膚とあらゆる電子機器を操る能力得て目覚める。そして彼女はネズミ型万能兵器ウフコックと共にシェルの悪事を暴くこととなる。スーツや武器と変幻自在なウフコックを身に纏っての戦いや可愛くも紳士的なウフコック、絶望しきっていたバロットがそれでも生きる意志を芽生えさせたりと魅力が盛りだくさんな物語です。
★2 - コメント(0) - 2015年8月13日

時折挟まれる見開きの動きが爽快感があってテンポが良い。
★2 - コメント(0) - 2015年5月17日

小説がなかなかよみづらかったから助かった
- コメント(0) - 2015年4月17日

それでも生きることを選択した主人公。開幕です。
★2 - コメント(0) - 2015年4月5日

「聲の形」より購入。原作未読。こういうの、僕には合わないです。
- コメント(0) - 2015年3月10日

孤独な少女・バロットを救った男・シェル。何でも与えてくれるシェルを信頼していたバロットだったが、その信頼は突然裏切られ、バロットはシェルに殺されかける。瀕死の重傷を負ったバロットは、委任事件担当官のイースターとウフコックに救われる。バロットはイースターとウフコックから、ある協力を求められるが・・・
★8 - コメント(1) - 2015年1月9日

まだ序章という感じか。超人的力を手に入れた少女の身体がどうなってるのか、なんなのか。おっかなびっくりな感じ。
★2 - コメント(1) - 2014年11月26日

原作も読んだし、劇場版も観ているが、細部が違った感じのストーリー展開。オリジナルな部分がどう生きてくるか見所
- コメント(0) - 2014年11月24日

とりあえずウフコックがチート。
★2 - コメント(0) - 2014年4月11日

映画だけみましたが、こちらのバロットも可愛いですね。
★2 - コメント(0) - 2014年4月8日

何回読んでも大今氏の華奢なバロットが可愛い……。少女!って、感じがする。そしてウフコックもちゃわゆいな。
★2 - コメント(0) - 2014年1月14日

こっち読んで、原作読んで、改めて見直す。劇場版もいいけど。この漫画もいい!
★2 - コメント(0) - 2014年1月8日

 1~7巻で登録しましたがコメントを書きたくて1巻で再登録させて頂きました(笑)。というのも、1巻読んだだけで「イマイチ」と判断されてしまうには残念だからです。  暗く重い出だしの上にアクションシーンや車の作画に難があるのは僕も気にはなりましたが、巻が進むごとに絵と話が馴染んできます。クライマックスのカジノ編はキャラ、テンポなど大変良い出来になってます。  なので是非1巻だけではなく全巻を大人買いして読んでください。
★3 - コメント(0) - 2014年1月4日

原作未読。面白かったのだけれど先の展開が読めてしまう
★1 - コメント(0) - 2013年12月9日

ウフコックかわいい
★1 - コメント(0) - 2013年11月23日

原作未読。ウフコック可愛かった。
- コメント(0) - 2013年10月12日

原作を忘れていて新鮮に読めた。 絵柄が綺麗で読みやすい。
★1 - コメント(0) - 2013年9月5日

なんという幸せなコミカライズ。1〜7巻までまとめ買いして正解だった。原作者、作者コメントだけ先に全部目を通したのだけど、二人ともすごく真面目なコメントしかしてないですね
★3 - コメント(0) - 2013年6月28日

大今版もいいですなあ。こっちのバロットが激しくカワイイ。原作の行間にあふれたバロット像をうまく書いてるような気もするが、原作とは別物になっているけどこれはこれでいい感じがする。
★3 - コメント(0) - 2013年6月26日

原作未読。新刊を読むため、再読です。理不尽に殺されるところだった少女・バロット。既のところでドクター・イースターに助けられ、ネズミのウフコックと運命的な出会いを果たす。SF的なアイデアが視覚化されてわかりやすいです。バロットはいろんな感情を固い殻に押し込んでいて、そのためにとても無垢な感じがします。対するは酷薄なシェルと残忍なボイルド。敵は手ごわそう。
★8 - コメント(0) - 2013年6月4日

★★★☆☆久しぶりに読んでみました。ストーリーをなかなかに読み取る事が出来なく手にとって読む機会が少ない本でした。ですが真面目に読んでみるとこれが面白かったです!バロットとウフコックの連携して戦う場面が良かったです。二巻にも手をつけてみようと思います。
★1 - コメント(0) - 2013年4月22日

原作ではクールな印象を受けたバロットが、この作品の中では比較的可愛く描かれています。が、元々作品がもっていたハードさは受け継がれていて、好印象。続刊も続けて読みたい。
★1 - コメント(0) - 2013年4月12日

マルドゥック・スクランブル 1巻の 評価:52 感想・レビュー:165
ログイン新規登録(無料)