きのう何食べた?(8) (モーニング KC)

きのう何食べた?(8) (モーニング KC)
あらすじ・内容
明日は、ごはんを作りませんか?

二人で行く1泊2日大満足京都旅行編も収録!
おまけ記事も盛り沢山。

スナップえんどうのゆず胡椒びたし/マグロとアボカドのわさびしょうゆ麹あえ/鶏肉の塩麹ネギ焼き/おでん/マーボーもやし/カキフライ/ブラウニー/しらすとみつばの卵とじ

あらすじ・内容をもっと見る
160ページ
3069登録

きのう何食べた? 8巻の感想・レビュー(2774)

京都旅行wwwカップ&ソーサーを買った時の顔と言い「死ぬの!?」と言い、笑い転げた。笑
★3 - コメント(0) - 3月14日

http://booklog.jp/item/1/4063872718
★1 - コメント(0) - 3月12日

京都旅行では、ドキドキしたなぁ。料理は渋いのが多かった。でも、作ってみたい。
★8 - コメント(0) - 2月7日

シロさんとケンジ、なんか急に近くなったような。
★2 - コメント(0) - 1月24日

京都 俵屋。
★15 - コメント(0) - 1月9日

京都の旅行、いいなあ。美味しそうだし、景色が綺麗。でも連れて行った理由を先に言っておかないとwwwと思いました。ケンジの家の話は何気にきついものがあったりするのに、ケンジが結構素直で明るいのが救い。
★4 - コメント(0) - 2016年12月31日

京都のカレーうどん美味しそう! シロさんがケチ&おうちごはんがメインのこの漫画で外食紹介は新鮮でした。塩麹はブームは去ったみたいだけど食卓の定番になってたりするのかな。買ったことない。
★3 - コメント(0) - 2016年12月17日

12巻を買う前に再読しました。今回は二人の初旅行で京都へ!しかも、しぶちんのシロさんが高級旅館の料金を奮発!裏がありましたが・・・ そしてケンジの母親や親族、ケンジに瓜二つの甥っ子も登場!お母さんも美容師だったなんて、憎い演出は流石!おでんが恋しい季節になりました!
★7 - コメント(0) - 2016年12月12日

京都の美味しそうな店の情報もあって行ってみたいと思った
★4 - コメント(0) - 2016年12月5日

え?京都旅行?死ぬの?って私も思った。
★3 - コメント(0) - 2016年12月3日

豪家な京都旅行には訳があったんですねー。二人で作るバレンタインのブラウニー美味しそうでした。
★13 - コメント(2) - 2016年11月17日

実家に置いてきたので職場の人から借りた。ここまでは持ってるので復讐で。よしながふみの間のとり方が昔から好きだ。自炊ガッツリし始めたのでやってみたい料理がいろいろ。
★10 - コメント(0) - 2016年10月17日

本書は、ゲイのカップル、シロちゃんとケンジのほんわかした日常と、美中年弁護士シロちゃんが毎日作る料理の紹介がメインテーマのマンガの第8巻です。今回のメイントピックはやはり一泊二日の京都旅行です。初のお泊まり旅行で、しかも倹約家のシロちゃんとは思えない高級旅館。最初は大喜びのケンジでしたが次第に不安がモクモクと湧いてきて黒妄想に入っていくあたり、著者の腕の冴えがいかんなく発揮されていて面白いです。バレンタインに二人でブラウニーを作るのも微笑ましくて、幸せな二人を見ているだけで僕まで温かい気持ちになれました。
★21 - コメント(0) - 2016年10月15日

おでん、ブラウニー、食べたくなりました。自家製塩麹は、ちとハードル高いかな~(^^; 京都旅行も良かったです♪
★3 - コメント(0) - 2016年10月8日

再読です。今回は京都旅行やバレンタイン、富永家の孫、ケンジのお父さんのことなど盛りだくさんでした。もちろん料理もどれも美味しそう!シロさんの好物ばかりはおじいちゃんの食事(笑)わたし的にはタブチくんの長崎皿うどんが嬉しかったです。地元の人はほとんどソースで食べるのでお酢とカラシの発想自体ないかも。さすが長崎人です!
★29 - コメント(0) - 2016年8月30日

面白かった。一泊二日の豪華な京都旅行に行ったり、バレンタインに一緒にケーキ作ったりと、相変わらずシロさんとケンジが仲良しそうでなにより。京都行きたいー!個人的に大好きな富永さんファミリーの出番が多くてとても嬉しい。この無神経っぷりには笑うけど、色々考えちゃうタイプのシロさんには合ってるんだろうな~と思ったり。カキフライとブラウニーと鶏肉の塩麹ネギ焼きがめちゃくちゃ食べたい!!!ケンジの親兄弟に絶賛されるシロさん…かなりの優良物件だもんね(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年8月22日

この本を読むといつも丁寧に食事を作りたくなる。身近に丁寧な暮らしをしてるお母さんがいるみたいな感じかな。塩麹作ってみようかな、という気持ちになりました。
★22 - コメント(0) - 2016年8月22日

ケンジのお父さんの話、他人事じゃなくてぐっと来た。お姉さんの「顔見知りのどろぼう」発言がたまらん。あと、カキフライが凶暴に食べたくなる~!
★5 - コメント(0) - 2016年8月21日

いゃあ、困る。料理の美味しそうなことに困る。作者の大人としての貫禄に困る。そして、ケンジの可愛さに困る。いゃあ、困る尽くしだ。
★7 - コメント(0) - 2016年8月1日

京都旅行にバレンタインと相変わらず仲良しの二人。ケンジが「アンがマリラと一緒に作ってたじゃない!」と赤毛のアンを持ち出すところで思わず吹き出してしまった。ケンジ、どこまでも乙女…。おうちごはんも楽しいけど、旅行先での美味しそうなご飯たちも新鮮だった。親の事はね、難しいですね。シロさんの親も悪気がある訳でもない。かといってケンジの気持ちが分からない訳でもない。麻婆もやし美味しそう!シャキシャキ感が想像出来るし、是非真似したい。
★10 - コメント(0) - 2016年8月1日

ごちそうさまでした。京都行きたいなー。
★5 - コメント(0) - 2016年7月2日

FK
京都旅行
★2 - コメント(0) - 2016年6月25日

リッチで豪華な京都旅行にケンジは別れ話を、私は夢オチを想像していたけれど、言いにくい話だったんだね。俵屋のご飯でテンション上がりすぎて普段つけない『〜♡』がついてるシロさんがかわいい。この巻のお料理は、沢煮椀が美味しそうだったー。もしケンジの家族にシロさんが会うことになったらすごい質問攻めにあいそう(笑)。
★5 - コメント(0) - 2016年5月31日

出でよ白だし今こそお前の出番wシロさん、ナチュラルに面白い発言するからなー。
★6 - コメント(0) - 2016年5月21日

色々盛りだくさんの1冊でした。料理は相変わらず美味そう。私もそろそろ老眼鏡用意するかなー。メガネ必要ない人生だったから、老眼早そうですわ
★8 - コメント(0) - 2016年5月21日

美味しそうで健康的な食事がいっぱい。でも食材がちょっと地元では手に入らない物が多いので(北海道だしねー)料理のトコはスルーして読んでますw
★7 - コメント(0) - 2016年5月20日

一泊五万は夢のまた夢だな~。しかしおいしそう。
★6 - コメント(0) - 2016年5月10日

京都旅行!?どうした!?と訝しみながらもそれなり楽しんだようでよかった(笑)ミチルの子供の名前はシロさんにとってサプライズ!タブチくん、突き抜けているというかカラッとしてるな(笑)今田さんの従姉妹…(苦笑)ケンジの父が亡くなり、帰省する。みんな淡々としてるな。それも人生それぞれ。《明日は、ごはんを作りませんか?》
★6 - コメント(0) - 2016年4月26日

漫画。まさかの京都旅行はそんな理由!?初々しいと言えば良いのか、お互いの気遣いというかシロさんの繊細さが垣間みえて楽しい。ブラウニー確かにバター多めですよね、我が家はもう少し控え目です。それとホタルイカ、ひと手間ですが目と軟骨を取った方が口当たりいいですよ、地元では取ってます。今シーズンですよね、食べたいなぁ。
★11 - コメント(0) - 2016年4月11日

富永親子の無神経発言ったらないよね、笑。ふたりごはんに泣いちゃうケンジ。憧れの三谷まみに「先生」だなんて、そりゃ舞い上がるわな、笑。拗ねるケンジの大根発言、なかなか手酷い。ケンジの長年の夢だった京都旅行、実現して良かったね。写真を頼んじゃうなんて、シロさんどーしちゃったの!?と困惑するケンジ。「死ぬの!?」に笑ってしまった。知らず知らずのうちに赤ん坊にプレゼントをあげていたシロさん。タブチ君、なんかブッ飛んでてカッコ良かった、料理するんだあ。今田さんのいとこ、変人の血は争えないんだなあ、笑。
★13 - コメント(0) - 2016年3月27日

ど、どうしてしまったの?と慄いてしまうほどラブラブな二人です。これも年齢を重ねて、落ち着きが出てきたと言うことでしょうか?しかし、京都旅行羨ましい。こういう旅行ってやっぱりパートナーがいないと行かないですよね。そして、今田さんの従姉妹さんがウケました!
★4 - コメント(0) - 2016年3月19日

京都旅行編がよかった。俵屋あこがれる。
★7 - コメント(0) - 2016年2月19日

あぁ〰 失敗した(×_×) この巻もぅ少し早く読んでいたらな~ 娘と、#60のケンちゃんとシロさんが作ったブラウニーをバレンタインに作ってみたかったなぁ(*_*) とっても美味しそう(*´-`) 近いうちにチャレンジしてみようかな♪
★48 - コメント(0) - 2016年2月13日

「死ぬの?!」シロさんのあまりの優しさに余命いくばくもないのでは疑惑…
★11 - コメント(0) - 2016年2月11日

7巻がどの積ん読箱に入ってるか分からないので、先に8巻を読了(苦笑)。◆京都旅行に喜んでたケンジが、途中で悪い想像連発して沈んでる…笑っちゃってゴメンw(それなりに悲しい理由があるんだけどね)◆京都メシに こっちまでお腹空いちゃう!…かみなりこんにゃく、うちの親は糸こんで作ってた。そして沢煮椀が美味しそう~(^q^) [155ページ]
★9 - コメント(0) - 2016年2月10日

今年のバレンタインはシロさんブラウニー作ろうと思っているので再読。バターの量に慄くぜ…(半量に減らしたい…)。ラムレーズンは自作寝かせ中。さて、どう出来上がるかな。何度読んでも京都エピソードが大好き。パートナーの病気(疑惑)に親の死と、自分の実生活に起こり得る出来事。パートナーは家族なので(シロさんとケンジにとってはお互いは法で結ばれているわけではないので、この辺りは少し違う)支えるのも看取るのも自分の義務で使命だ。でも親はね…。感情がどうしても追いつかない領域だと、改めて思った。
★26 - コメント(2) - 2016年2月9日

まったく同じコースにして、しっとり行ってみたい京都旅行。いやあ、ますますいいパートナーになってる。相手の気持ちに敏感な二人。シロさんが思い描く未来の真ん中にケンジがいる。ケンジに不幸がありました。
★37 - コメント(0) - 2016年2月4日

やっぱり好きだなーこの話。安定のまんが。でも奥が深いまんが。
★7 - コメント(0) - 2016年1月31日

痴漢の弁護依頼からの離婚依頼への変貌しか印象に残ってないぞ・・・ 他の料理系漫画に比べると種類が多いので読んでいるとレパートリーたまに増える
★3 - コメント(0) - 2016年1月27日

ブラウニー作ってみようかな。って気になりました。
★2 - コメント(0) - 2016年1月26日

きのう何食べた? 8巻の 評価:46 感想・レビュー:986
ログイン新規登録(無料)