甘々と稲妻(3) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(3) (アフタヌーンKC)
あらすじ・内容
1巻発売直後から話題沸騰、大量重版! いま注目を集める食卓ドラマ。妻を亡くした高校教師・犬塚は、単身で娘・つむぎの子育てに奮闘中。料理が苦手な彼だが、ひょんなことから教え子の小鳥と一緒にご飯を作って娘と3人で食べることに。3巻では、亡き妻の「犬塚家のおうちカレー」を再現したり、上級テクニック・魚の3枚おろしにチャレンジしたり…。悲しみも喜びも、ぜんぶ食卓にある。あったかホームドラマ第3巻。

あらすじ・内容をもっと見る
184ページ
2132登録

甘々と稲妻 3巻の感想・レビュー(1966)

Ai
お夜食に大人のパン粥、犬塚さんちのおうちカレー、釣りたてアジでなめろうとさんが焼き、小鳥ちゃんにお礼のゴマだれ冷やし中華、小鳥ちゃんママに今迄のおさらいお弁当。パン粥って聞いたことなかったけど作ってみたいな。三枚おろしも挑戦してみたい。ごはん会がなくならずにすんで、私も嬉しいです(*´꒳`*)
★3 - コメント(0) - 1月13日

レンタル
★4 - コメント(0) - 1月12日

また読んだのに、泣かされました。いいですね、とっても。
★2 - コメント(0) - 1月9日

再読。大人のパン粥を前に「15歳つむぎ」になるつむぎちゃんに萌え♪可愛いな~とほのぼの気分も吹っ飛ぶお母さんのおうちカレー…。死はまだ理解できなくても仏壇をチラッと見たつむぎちゃん、お母さんのドライカレーじゃなきゃ嫌だと駄々をこねないつむぎちゃん、それでもまだ小さいからネコになっちゃう。これから少しずつ理解していくんだよね。切ないな。そして、寝込んだおとさんの為に約束やぶって一人で小鳥の家に行ってしまうつむぎちゃん。3巻はつむぎの成長巻でした。いや~泣けた!!
★35 - コメント(0) - 1月1日

おうちカレーの話でお母さんを思い出しちゃうつむぎちゃんに泣く…。いっぱいしまいこんでるんだろうなと思う。漫画を読んだ後でアニメを見たんですが、たしかにアニメはうまく作ってるなあと。話数制限があるので、それもあるけどドアに手が届かないのでは…と原作で謎に思っていたので(笑)。アジの開きはアニメは大変参考になりました…。あ、もちろんコミックスにもおろし方のってて助かりましたー包丁はちゃんと研ぎましょうね!って何だろうこの感想。
★1 - コメント(0) - 2016年12月24日

ちょっとずつ大きくなっているんだなぁとしみじみ成長感じる、3巻目。お母さんのことを思い出してねこになっちゃったつむぎの話でうるうるし、体調不良でぶっ倒れたおとさんのために一人で奔放するつむぎの話がアニメと違ってたんですけど、こっちの方が好きかなぁ。約束破っちゃったことをちゃんとわかってて、罪悪感を抱いている様に何だか胸がぎゅっとなりました。小鳥ママもお店に戻ってくるけれど、ご飯会も継続ということでほっと安心。次回もまたひと波乱ありそう~~。
★1 - コメント(0) - 2016年12月23日

つむぎちゃんも日々大人になっているのね。ちょっとホロリとする話多め。
- コメント(0) - 2016年12月15日

「えーっえーと… わからないけどがんばります…!!」 「ここに来てつむぎちゃんが元気になってくれたら私も嬉しいです!」 「学校始まったのにお手伝いなんていい子いい子〜 ごめんねぇ仕事いっぱい入れちゃって」 「おわっちゃった…」 「お店またできてうらしいよ 本当にうれしいの でも時々… 休みの時でいいから またここでごはん作っちゃだめかな」
★3 - コメント(0) - 2016年12月15日

私が「死」というものの概念を理解したのはいつだっただろう。つむぎちゃんと犬塚先生が亡くなったママの思い出を一緒に愛おしみ、もういないことを少しずつ受け入れ、新たに素敵な思い出を重ねていく姿に心が激しく動かされるのです。3巻のイチオシはドライカレー!私も今度レーズンを入れてみよう。
★3 - コメント(0) - 2016年12月13日

つむぎちゃんがお母さんのことを思い出して悲しくなってしまった時切なくなりましたが、亡くなってしまっても思い出の味はこうして残された人の中で覚えていて、家庭料理っていいなって、思いました。ちょくちょく小鳥ちゃんが先生への好意をチラチラさせてますが、この2人の関係性は今後どうなるんだろう…
★1 - コメント(0) - 2016年12月7日

満を持して、母親の登場。こんな人なら、ほっとかれ無いと思うのだが。今後の登場はどんなパターンで来るのか、楽しみ_φ(・_・
★1 - コメント(0) - 2016年12月3日

大人なつむぎちゃんがすごくかわいい、とか思っていたらカレー回からのお母さんを思い出す流れも良いものでした。ついに三人の食事会が終了しちゃうのかと思いきやそうじゃなくてよかったです。小鳥さんもついに包丁デビューかと思うと感慨深いですな。
★8 - コメント(0) - 2016年11月20日

アニメ終了するまで控えてたけど続きを読み始めました。お父さん熱出す話とかアニメと若干内容変わってるんだなと知りました。小鳥ちゃんが子供用包丁買うって進歩だね。
★2 - コメント(0) - 2016年11月15日

おしゃまなつむぎが可愛いパン粥回。つむぎ、小鳥、お父さんの関係がより深まってきた変化を感じられる冷やし中華回。それ以外の話も高水準でハズレがない。また、この巻の最後の話はお食事会が終わってしまうかもという擬似最終話だった。我慢してしまいがちなつむぎが食事会を続けられると喜んでるのをみて、お父さん同様こちらまでホッと安堵してしまった。
★3 - コメント(0) - 2016年11月7日

つむぎちゃんの「タバコよりわたしの方が好きなんでしょう」には、やられてしまった。でもそうやって、好きなものから遠ざかっていくんだろうし、大人になるとはそういうことなのかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2016年11月5日

1巻の風邪話から気になっていたパン粥とても美味しそう・・・・今度作ろうかな。そしてその話のつむぎちゃんも小鳥ちゃんもめっちゃ可愛かったー!つむぎちゃん「ノンプロブレム」って何処で覚えるんだよーwwおうちカレーの話は涙が止まらなくてもう大変でした。「そんな時間に住宅街のど真ん中で泣いたら近所迷惑だろうなー」とかズレた事でも思って気を紛らわさないともうずっと涙腺ゆるみっぱなしで・・・wwアジの話でも大冒険でもこうして少しずつ成長する姿はとても眩しかったです。
★9 - コメント(0) - 2016年10月24日

友人の本。 いま注目を集める食卓ドラマ。妻を亡くした高校教師・犬塚は、単身で娘・つむぎの子育てに奮闘中。料理が苦手な彼だが、ひょんなことから教え子の小鳥と一緒にご飯を作って娘と3人で食べることに。3巻では、亡き妻の「犬塚家のおうちカレー」を再現したり、上級テクニック・魚の3枚おろしにチャレンジしたり…。悲しみも喜びも、ぜんぶ食卓にある。あったかホームドラマ第3巻。
★14 - コメント(0) - 2016年10月23日

レーズン入りのおうちカレー美味しそうでした。お母さんがいないけど、お母さんの料理は食べられる・・・家庭の味ってなんだなぁと思いました。
★3 - コメント(0) - 2016年10月23日

悲しみがじんわりじゃなくなった.直撃だ.すべてがドラマチックには進まないよね.ドラマみたいな偶然でも,ほんと,ゆっくりしか動かない.アニメのエピソードはここでおしまいかな?次の巻からはゆっくり買おうっと.
★1 - コメント(0) - 2016年10月5日

つむぎちゃんが成長していく。包丁を使い、看病を知り、魚のいのちを知り。でも実は先生も小鳥も成長している。子供には教えられることばかり。さぁ、料理をしよう。甘いパンがゆ。これは簡単。アジのなめろう、さんが焼き、あら汁。アジだけでフルコースだ!
★30 - コメント(0) - 2016年10月3日

つむぎ、小鳥、先生、3人の気持ちは、もはやゆるぎないものになってきているようですね。ごはん会、続けられて、よかったですね。
★5 - コメント(0) - 2016年10月1日

レンタルにて。料理の描写にはそれほど惹かれませんが、物語の雰囲気は好きです。
★3 - コメント(0) - 2016年9月30日

今回は、亡くなったお母さんを想うつむぎの気持ちが描かれていて良かったです。ことりちゃんとどんどん親密度が上がっていきもう家族のような感じがします。お父さんも魚を3枚におろせたりしてどんどん料理のうでが上がってるのが良いね
★9 - コメント(0) - 2016年9月26日

nin
レンタル。2巻と一緒に借りた。徐々に親密度が増してるとは思うんだけど、やっぱりパンチ不足を感じる。あとどこで読んだら良いのかもという部分。料理なのか、ほのぼのなのか、恋心なのか……と、全部が深くない。その分さらっと読める。でも繰り返し読むものでないという。
★1 - コメント(0) - 2016年9月25日

拝借本。おうちカレーのお話からアジのお話にかけて、お母さんを亡くしたつむぎの淋しさがぶわーっと伝わってきて、普段どんなに明るく見える子でもどこかで我慢をしているのだなぁと胸が痛む。そこをおとさんと乗り越えてゆこうとするつむぎちゃん、凄いね。そして子供ときちんと向き合って、料理という苦手を克服しようと努力するおとさんも素敵。人の身体は口から摂る物だけで出来ている事を考えると、食べることは身近だけれど徒や疎かにしてはならないもの。そんなメッセージが柔らかい表現で伝わってくる。
★31 - コメント(1) - 2016年9月25日

おうちカレーはママの手作りだからこそ、というのが大きいと思いました。アジのなめろうとさんが焼きが超超おいしそうでした。つむぎも元気になって何より。冷やし中華は、あれだけ野菜盛りだくさん+手作りゴマだれだと、一皿ペロッといけちゃいますね!先生が今までのレシピメモを見ながらお弁当を作っている場面が、子供だけでなく、親も共に成長している感じがして良かったです。次回はついに小鳥ちゃんも包丁を握るのか・・・。
★3 - コメント(0) - 2016年9月22日

犬塚家のおうちカレーは美味しそう。でも、ママの事を思い出して涙が出たつむぎちゃんを見て切なくなりました。魚捌けるなんて凄いです!最初の頃と比べると料理スキルが上がってきてます。お父さんが体調崩して一人で出掛けたつむぎちゃん。よく頑張ったなぁ♪あと、つむぎちゃん包丁デビューしたのは少し驚きでした。もう少し後かと思ったので。つむぎちゃんも少しずつ成長してます♡
★32 - コメント(0) - 2016年9月16日

とうとう魚まで捌きやがった……((((;;OдO;lll))))
★5 - コメント(0) - 2016年9月13日

パン粥なんて離乳食で作って以来だったから大人が食べても美味しそうにできるんだなぁと感心。ベーコンと玉ねぎ入れて、黒胡椒ガリガリ・・・うん!美味しそうかも!憶えておこう♪きなことかはちみつ入れての甘いパターンも美味しいらしい。ママ特製のドライカレーもよかったな♪今回はお魚も捌いていて、おとさんの料理の腕もめきめきと上達中。小鳥ちゃんの淡い恋の行方は気になる所。
★26 - コメント(0) - 2016年9月9日

ママを思い出して、しんみりしたり一人のお出かけしたり、つむぎちゃん成長著しい! そして、ことりちゃんの学校でのぼっち具合も解消されてきたかな…?ことりちゃんも成長している。
★6 - コメント(0) - 2016年9月4日

美味しい記憶、楽しい記憶。頭と舌が覚えてる味。嬉しいけれど寂しい。作ってくれた人の記憶もセットだから美味しい分、また悲しい。つむぎちゃんの小さな胸の中にある大きな悲しみ、少しづつ出せるようになって良かった。苦しいけど、愛してくれるおとさんがいるからね。安心して甘えていいんだよ、つむぎちゃんは。小鳥ちゃんの恋心が大きくなってきて、それはそれでまた苦しい。でもこの距離感を失わないよう、楽しいご飯会は続いて欲しい。
★8 - コメント(0) - 2016年9月3日

つむぎの一人お出掛けといい、おうちカレーといい、どんだけ泣かせれば気がすむんだー(;´Д`)つむぎの成長が素晴らしいじゃないか。
★4 - コメント(0) - 2016年8月31日

たまにあるお母さんへの思いが涙を誘う。つむぎの成長をどんどん感じる。レシピがどんどん材料が増えててとてもじゃないけど作れる気がしないw
★4 - コメント(0) - 2016年8月29日

親子関係がじんわりしてていい。恋愛要素はあんまりないといいなー、なんて。三枚下ろしできるようになりたい。
★5 - コメント(0) - 2016年8月29日

家の味。 いつでも食べられるって思ってるのって、とっても幸せな事なんだ。 家の味があるって事も。 毎日の食卓は小さな奇跡の集まり。 気づくころには遅かったりもするんだけど。 なんだか郷愁にもにた、[うちのおうちカレー]
★5 - コメント(0) - 2016年8月29日

ことりちゃんかわいい!それはともかく、二人の料理スキルは確実に上がって行ってるようですね。おとさんを気遣うつむぎ、いじらしすぎる!こんなん泣いてまうやろ!カレー…つむぎにとっては本当に特別なものだったんですね。こんなあたりも切なくて…もうこの三人を全部抱きしめたくなりますね。ところで…ことりちゃんの水着姿はおあずけですかそうですか…
★47 - コメント(0) - 2016年8月20日

母親の作ったお家カレーって幾つになっても記憶に残るし外で食べるカレーとはやっぱり違いますよね。食べたくなってきた。
★29 - コメント(0) - 2016年8月15日

電子書籍にて
- コメント(0) - 2016年8月13日

(購入)読み返すと隅々になんかじわっとする話が多い気がしてきました。 お母さんの味を覚えていてそれを再現できてよかった。
★7 - コメント(0) - 2016年8月11日

レーズン入りカレーって初めて聞いた。レーズンだめなわたしは絶対無理だ。今巻泣いたのはつむぎのおつかいシーン…。
★4 - コメント(0) - 2016年8月11日

甘々と稲妻 3巻の 評価:60 感想・レビュー:571
ログイン新規登録(無料)