波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)
あらすじ・内容
『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る! 2016年「このマンガがすごい!」オトコ編6位作品の最新刊。自身の冠番組の第3回放送を迎えた鼓田ミナレの弁舌がド深夜の北海道に響き渡った! 自分を裏切った元カレを埋蔵するという前代未聞の難企画を乗り切ったミナレだが、間髪入れず新たな火種が発生。局に投稿されたFAXをもとに同じアパートに住む男性・沖進次の自宅を訪れると、天井裏から腐敗した肉塊を発見し……!?

あらすじ・内容をもっと見る
176ページ
619登録

波よ聞いてくれ 3巻はこんな本です

波よ聞いてくれ 3巻はこんな本です

波よ聞いてくれ 3巻の感想・レビュー(542)

どシリアスな展開で迎えた22話「私は哭きたい」・・・私は笑ったよ。ほんとに。
★2 - コメント(0) - 2月18日

冴え渡る小ネタが楽しいです。まさかのサスペンス展開かと思いきや、予想以上のオチがついていて笑いました。瑞穂ちゃんの高校時代のエピソードが良かったです。
★4 - コメント(0) - 2月18日

いやホント沙村広明最高だなマンガである。小ネタ力が強い。
★2 - コメント(0) - 2月18日

なんか怪しいけど、でもよく思い出してみると、大迷惑な酔っぱらいを家まで何度も送り届けてくれてた人だよ?と、私のプロファイリング(概ねヘッポコ)が一致しないよなーと思ってたけど、まさかのオチに爆笑。伏線、あったあったそういえば!ほんとに沖さん、気の毒すぎます。
★17 - コメント(0) - 2月15日

北海道人こわッ!!
★15 - コメント(0) - 2月14日

ついに ホラーの世界に突入か?ラジオドラマって 個人的に好きなんだよなー、想像力働かせて世界が広く深くなってく感じ。 それを作ってる裏側を知れるって意味で 実に興味深い。 この先どうなっていくんだか 楽しみだ。
★2 - コメント(0) - 2月13日

なんだこの漫画は。はい、無軌道オカルトカレーラジオ漫画です(あとがきより)。ガラス瓶に閉じ込めた「あんみつ」を外からクルンクルン廻して、カラフルな寒天やみつ豆が上を下へとわちゃわちゃするさまを楽しむような。ときどき、もっちりとした白玉だんごや餡のかたまりが行き交い、だんごかと思ったら白子ポン酢だったり。解説になってねーなこれ。闇鍋。不穏。諧謔。入れ子構造。重箱の隅つつき。安定の品質で次巻も楽しみです。
★8 - コメント(0) - 2月11日

登録漏れ。どうしてもオカルトテイストになってしまう ミナレさんのラジオww ついに殺人事件にまで巻き込まれたか?とドキドキしたけど アララ…な展開。 ラジオ業界の厳しさを知りつつ、その世界に飛び込んだ 瑞穂ちゃんイイね!
★7 - コメント(0) - 2月10日

TSUTAYAレンタル
- コメント(0) - 2月6日

今回も笑いながら読んだ。この作品ほんと大好きだわ。焼き鳥の下りはこれ収録だったのね。
★5 - コメント(0) - 2月5日

この熱量よ…。素晴らしい。
★6 - コメント(0) - 2月4日

★★★★☆ いやぁ、こいつぁおもしれぇやwww さすが、このマンガがすごい に選ばれるだけの事はある。 瑞穂ちゃん、かわええのお。
★1 - コメント(0) - 2月3日

レンタル。激しい。とにかく激しい。天井の死体事件が衝撃かと思ったら結局笑った。彼女は誰なんだ。ラジオ面白い。
★13 - コメント(0) - 2月2日

積読消化。前巻より継続の殺害し埋葬した筈の地の底より蘇った元カレ・光雄(※と言う設定)との対峙のラジオドラマ収録の顛末から、久々に戻った自宅マンションの真下の住人・沖からのリスナーとしての依頼で臨む心霊現象の意外過ぎる真相を経て、人気女性DJ・茅代との深夜の対話まで。「口噛み酒」に「焼き鳥の食べ方」とか、昨年話題のキーワードが自然(と言うか多分偶然)に重なったりとか、沙村センセイ本当に「持ってる」なぁ(笑)。転がる石の様に出たとこ任せのミナレの人生の乱高下が激し過ぎてもう笑うしかない(以下コメ欄に余談)。
★18 - コメント(5) - 2月1日

友達に貸し出す前に再読。ミナレさんの「ダメ人間の集う人生リハビリ番組」ぜひ聴きたい。しかし沖さんて寛大だよね。
★3 - コメント(0) - 1月29日

波よ聞いてくれ 第3巻、読了。なんというか、読んでるときの感想が、いやいやいや→え、まじっすか→いやいやいや→はー、焼き鳥食いてえ、ってのはどうなんだ自分。ちなみに、焼き鳥は串をかぶりつきたい派だけど、飲み会で人数分ない場合は致し方なく串から外す。セット物は人数分ください……
★3 - コメント(0) - 1月28日

レンタル。打てば響くようなミナレの切り返しが、相変わらず楽しい。今回は心霊事件のオチが最初からわかってしまったことと、前巻までの勢いがなかったことで、少し大人しめな印象。ぶっ飛んだ内容が展開されるのを期待します。
★30 - コメント(0) - 1月27日

頭の回転のはやい主人公のボケに、周りの人がこれまた回転はやく突っ込むという、そのやりとりが続くマンガ。
★9 - コメント(0) - 1月25日

ミナレさん、おもろい。好き。
★2 - コメント(0) - 1月23日

ミナレ節炸裂中。最近通勤中にラジオを聞くようになった。
★10 - コメント(0) - 1月23日

最初ほどの波はないけど面白いです。ラジオもたまには聞いてみようか。
★3 - コメント(0) - 1月23日

この際だから明言しておきますが、「義を見てせざるは勇無きなり」は「男気見せたるで~」って意味ではありません。「他人の金で焼肉食べたい」です。本当です。この語は出典では「その鬼に有らざるを祭るは諂いなり」と対句になってるのですが、要するに葬式業者である著者は「葬式しよう」と言いたいわけです。で、その葬式が何かといえば古代らしく焼肉パーティ。これが義です。詳しくは白川先生に聞いて下さい。勇はおそらく著者自身の稀にみるガタイのことでしょう。つまり本義は「他人の金で焼き肉食ったから俺はこんなに力持ちなんだぜ」です
★5 - コメント(0) - 1月19日

レンタル/勢いが弱まることなく3巻も面白すぎる!ミナレが相変わらずクソみたいな性格だけど突飛押しもない思考と発言がたまらない。スウェーデン縛りの神様にも笑った。今回メインになった沖さんの話。真相に辿り着くまでのサスペンス的な展開に読んでてゾクゾクした。天井に突入したシーンで「これホントにダメなやつじゃん…」とか思いつつ、そこからのオチが最高に笑える。結局事の発端はミナレにあったけど、あの天井裏の空間に入っていった彼女の度胸はとんでもないと思う。普通だったら発狂しそう。ミズホは幸せになってくれ…。
★3 - コメント(0) - 1月19日

何が好きかって、この笑いのセンスと強い女の子!
★12 - コメント(0) - 1月18日

★★★★★ あーやっぱり面白い!賞とか取るのはまだ先でしょうか?世間の過小評価に驚きを禁じえません。『チルドレン』シリーズ(伊坂幸太郎)の陣内さんを女にしたようなはた迷惑な存在のミナレ。ノリとハッタリだけで生きているけど情は深い良い女。特に同居人瑞穂ちゃんに向ける愛情にはちょっとグッときます。傍にいたら困るけど大好きです(遠くで見てる分には)。今回の彼女のラジオ電波にはオカルトしか乗っていないけれど、そのままの路線で固まるわけがありません。脇キャラの個性も含めて本当に楽しみな漫画です。さっすが沙村さん!
★17 - コメント(0) - 1月16日

あー、ひどい。(ほめてます。)スラブ系美女の死体と思われた肉塊は案の定ミナレの凡ミスによる人災で、お札部屋の男は気の毒であった。「札幌市民をランダムに10人ずつ捧げる」「後家くつした」等の小ネタも健在。よくこんな学生の徹夜明けみたいなテンションが続くものだと感心しています。
★6 - コメント(0) - 1月16日

ほんとうにひどいな・・・(笑)階下の人の人生狂わされぶりがすごい。
★4 - コメント(0) - 1月15日

ミナレのことは憎めない!
★1 - コメント(0) - 1月13日

何だか思いもよらない方向へ、と思っていたらわりとしょうもない落ちが。安心した。何でもできそうな、どこへも行けそうな今くらいの巻が一番面白いのかもなあ。
★2 - コメント(0) - 1月13日

マトンw
★2 - コメント(0) - 1月10日

続きが楽しみすぎて逆に積みすぎてしまいました。茅代さんの出番ほんのちょっとなのにホォーっとなった。しゃべり口ほんと登場人物みんな魅力的だよなぁ。
★5 - コメント(0) - 1月10日

jun
まさかのオカルト!?サスペンス!?かと思えば壮大な肩すかし。次々と変わるネタが疾走感で押され、益々のめり込んでいきます。部屋から死臭がする(元はと言えば中原君のこの台詞から勘違いが)からの現実の方がよっぽど奇々怪々のオチまで全開です。なにげにニアミス口噛酒やネットで話題の焼鳥の串、いつ外す?、ラジオ事情に詳しくなれる箇所、など語り尽くせない程のネタが散らばっています。バランスが絶妙なネタと設定をノリと勢いと愛嬌でぶっ放して安定した面白さ、楽しさがある。城華さんの家事情やvs茅代さんの予感など次巻も楽しみ。
★2 - コメント(0) - 1月8日

殊能将之の「黒い仏」かよ。
★2 - コメント(0) - 1月8日

「殺意が沸く食い方三種類」全てに納得。ミナレさんとは気が合いそう。
★26 - コメント(0) - 1月7日

バトルがない代わりの似非オカルトグロなのだろうか?どんどん面白くなってくる。
★2 - コメント(0) - 1月6日

相変わらず面白いし、瑞穂ちゃんはますます可愛い。それはそうと、巻末の紹介コミックはネタだと思っていたが、事実のようだ。ある意味すごい作家だ。
★1 - コメント(0) - 1月5日

ミナレさん、最高。やらかしすぎ(笑)それにしても、瑞穂ちゃん、久連子さん、城華さん、茅代さんたち脇の人たちがそれぞれいろいろ抱えてそうで、それが恐ろしくも楽しみです。
★11 - コメント(0) - 1月5日

巻頭つらくて、読み終わるのに時間がかかったけど、日常部分のガンガン飛ばすミナレちゃん最高、マトン……
★2 - コメント(0) - 1月4日

相変わらずの謎の面白さ。マトンが、マトンが!
★14 - コメント(0) - 1月3日

この巻もめちゃくちゃ面白かったぁぁぁぁぁ!ミナレさん、最高(≧∇≦)。借り本
★5 - コメント(0) - 1月3日

波よ聞いてくれ 3巻の 評価:70 感想・レビュー:182
ログイン新規登録(無料)