きのう何食べた?(9) (モーニング KC)

きのう何食べた?(9) (モーニング KC)
160ページ
3058登録

きのう何食べた? 9巻の感想・レビュー(2722)

いきなりスーパーが潰れる話。主婦としては、一大事。そんなことも描かれていて、凄く身近感!カルボナーラのタブチ君、それはダメだわ。
★7 - コメント(0) - 3月24日

愛想が良くなっちゃったスーパーのおばちゃんが好き❤︎笑
★2 - コメント(0) - 3月14日

シロさん50歳!!50歳まで老眼出なかったのかうらやましーなー!今日TwitterでGRANRODEOの人が50歳の誕生日と知りびっくりしたんですが、まさかシロさんまで!ダブル50歳にびっくり!お正月の話が身にしみた…。わたくし、天涯孤独の身なのでだいたい正月はひとりなんですが、まあ通常営業なんですよ。しかし、周囲からはひとりで大丈夫?かわいそう…な空気があって辟易していたど、シロさん50歳のおかげで正月一緒に過ごすことが尊い年代の決意なんや…とジーンときた。ゲイの正月問題は独り身の正月問題より深いな。
★4 - コメント(0) - 2月24日

読んでいたのに登録忘れ。これは巻末のじゃがいものパンケーキが非常に簡単に出来て美味しかったので記憶にある。シロさんがお正月をケンジと過ごすことにした時の言葉がいいなー。お正月は大切な人と過ごすって大事な事なんだと感じさせる一言。
★9 - コメント(0) - 2月3日

本編の料理もいいのですが、最後のおまけの朝食、かなりキケンです。
★3 - コメント(0) - 1月25日

中年ゲイカップルが食べる美味い晩ご飯。今回も美味そうでした。ローストビーフが家で作れたら幸せだろうな〜。それにしても、50になるといろいろあるのね。
★15 - コメント(0) - 1月6日

メニュー覚え書#グラタン*じゃがいもは牛乳から煮る。#アクアパッツァ*白ワイン150.オリーブ油.120.水300。#ローストビーフ*しょうゆ180.酒200水200.ニンニクスライス#沈黙は金、後は周囲が勝手に想像してくれる。#スパイは嘘を言うときにわずかに本当のことを混ぜるという。
★1 - コメント(0) - 1月5日

時間がきっちりと進んでいくから歳を取っていくのが安心感もあり不安もあり…。ジャガイモのグラタン、牛乳から作るのが目からうろこ。作ってみたら凄く簡単だったし美味しかった。
★3 - コメント(0) - 2016年12月31日

シロさんの愛情が見える。
★3 - コメント(0) - 2016年12月22日

筧史朗(50)…矢吹賢二(48)? このまま話が進んでいくと普通にシロさんのご両親のお葬式がストーリーに組み込まれていきそう…。終活って何歳くらいから始めるものなのかしら。スパニッシュオムレツはたまごいくつだろう。
★2 - コメント(0) - 2016年12月17日

老眼鏡といい、親の癌といい、身につまされる話でした。
★4 - コメント(0) - 2016年12月3日

シロさんの住んでる所、事故物件だったんですねー。。 鶏手羽先のにんにく酢じょうゆ煮とじゃがいものグラタンが食べたくなります
★17 - コメント(0) - 2016年11月22日

鶏手羽元の酢じょうゆ煮、作ってみました。甘酸っぱいこってり味。美味しかったし、材料を鍋に入れたら時々面倒見るくらいなので、簡単。キャベツぶとんに乗っければ野菜も取れるし、ご飯にぴったりで幸せ!
★5 - コメント(0) - 2016年10月18日

借り物。基本白バックで味気ないのに読み応え抜群なのは力量だよなあ。背景は味気ないですが、料理のイラストは美味しんぼくらい上手。今も昔も理屈っぽくて大好きです。
★10 - コメント(0) - 2016年10月17日

本書は、ゲイのカップル、シロちゃんとケンジのほんわかした日常と、美中年弁護士シロちゃんが毎日作る料理の紹介がメインテーマのマンガの第9巻です。 7巻の両親にケンジを紹介、8巻の初お泊まり旅行と大イベントが続き、今回は静かな日常に戻った感じの9巻でした。でも、シロちゃんの決意が重いです。ちょっと大げさな気もしますが、きちんと言葉にして伝えないと伝わらないのでしょう。最初のころは食べマンガだと思っていましたが、いつの間にか主人公二人の日常に感情移入して、今ではストーリーの方を夢中で追って読んでしまいます。
★22 - コメント(0) - 2016年10月15日

ローストビーフ作ってみた…。うまかった…! 次回はもっといい肉で作ってみよう。
★6 - コメント(0) - 2016年9月22日

面白かった!スーパー閉店にショック受ける話と、小日向さん家の冷蔵庫が故障したお話、あと2人が住む物件に関するアレコレの話が特に好き。困った時の佳代子さん頼もしい…。難易度の高そうなローストビーフとアクアパッツァをささっと簡単に作って颯爽と立ち去る姿が格好良かったです。高級バターでお互いに幸せになってて良かった(笑)シロさんがケンジに自分の思いを伝える所はうるっときました。それにしてもシロさん50歳か…。1巻の時に比べると性格本当に丸くなったなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月22日

店がリニューアルして愛想よくなっちゃったオバチャンの話、同じ経験あるあるなのでめちゃおかしかった。佳代子さんのローストビーフ、作ってみたい!
★4 - コメント(0) - 2016年8月21日

シロさん、もう50歳なのか…そりゃ老眼鏡も必要になりますね。高齢になる親の病気や介護など現実的な問題に触れるのがこの漫画の良いところだと思う。ケンジを呼ばないのならば正月実家には帰らない、って悩んだと思うけどシロさん良い決断をしたと思う。寄り添って来て、これからも寄り添っていくパートナーだもの。佳代子さんの料理のレパートリーの広さにはただただ脱帽。しかも手間をかけないところが忙しい主婦の知恵って感じが伝わって来る。シロさん、その内御節も全部作ってしまうんじゃなかろうか。
★7 - コメント(0) - 2016年7月31日

FK
カルボナーラうまそう
★2 - コメント(0) - 2016年6月26日

シローさん、ふ、老けたなあ!と思うコマがちらほら。なんて思ってたら誕生日ネタの話もあって、そうね、やはり老けたのね。。。じゃがいものグラタンとか手羽元の酢煮とか、いつもにも増して簡単で美味しそうで作りたくなるラインナップ( ´ ▽ ` ) お正月のエピソード、ケンジに気持ちを語るシローさんの言葉には思わず涙。それにしても親の病気はこたえるね。事故物件、コワーイよー。
★10 - コメント(0) - 2016年6月7日

タブチくんのカルボナーラがとっても美味しそう。出来るんなら普段も作ってって思うよね……。50歳を迎えたシロさんに届いたサプライズのお花に思わず声出して笑ってしまった。老眼鏡似合ってるよ、美中年!
★2 - コメント(0) - 2016年5月31日

タブチ君の性格、ほんに好きだわー。カルボナーラが実に美味そう!
★6 - コメント(0) - 2016年5月22日

年を重ねていく様子がとてもリアル。いつまで、このまま穏やかに二人で過ごしていくのかな。
★5 - コメント(0) - 2016年5月21日

この巻のカルボナーラいつ見ても食べたい
★1 - コメント(0) - 2016年5月15日

ずっと思ってるんだけど、この人たち食べ過ぎじゃない?しかも晩御飯…。シロさんジム行ってるとしても毎日じゃないしケンジなんて運動してなさそうだし。それであんなに食べて太らないの凄いなぁ。自分が粗食だから総感じるだけ?普通なの?
★1 - コメント(0) - 2016年5月10日

小日向んちの冷蔵庫事件!一時的にシロさんのとこへ避難(笑)佳代子さんの手料理も食べたくなったよ、、、シロさんのおうちって曰く付きだったのか(苦笑)二人のお正月。「大切な人と正月を過ごしたい」タブチくん…!夜花見もいいねぇ!二人の人生はまだまだ続く。《涼もう、作ろう、食べよう。》
★3 - コメント(0) - 2016年4月26日

シロさん、ほんと丸くなったなあ。「俺にとって一番大切な人と正月を過ごしたい」って言うときの表情がやさしい。いま1巻とか読んだら、あまりの変わりように驚いてしまいそう。もう花見なんて普通になったのかあ。シロさんの老眼鏡をカッコいいカッコいいと顔赤くして褒め称えるケンジよ、笑。筧氏も、もう50かあ。ジルベールの意地の悪さ、笑。相変わらず作りたいし食べたい料理ばっかりだあ。
★14 - コメント(0) - 2016年4月3日

老眼鏡を受け入れること、実家の両親の老化を受け入れること、ケンジが最後のパートナーであろうと受け入れること・・・すべて同根な気がします。最近、シロさんが落ち着きすぎていて物足りない気持ちにもなりますが、それでも毎日が大過なく過ぎていくのが、やっぱり一番大切なのだなと思わされます。
★5 - コメント(0) - 2016年3月21日

料理もそれぞれ旨そうで魅力的だったけど、料理以外のエピソードも楽しめた。近所の行き付けのスーパーニュータカラヤの閉店。そのかわりの別のスーパーが開店したけど、価格競争に影響がないようで。レジのおばさんがちゃっかりと。シロさんの部屋は曰く付きだったり、老眼鏡も必要な年齢とは(*_*)シロさんの実家の事情でケンジの世話とどう両立するのでしょうか?料理では鮭のムニエルとブリの鍋照り焼きが同じように見えるのですが?
★10 - コメント(0) - 2016年3月8日

シロさんの行きつけのスーパーが閉店‼レジのオバチャンの笑顔が怖い(^^;)小日向さんちの冷蔵庫がお陀仏事件で助っ人佳代子さんさすが!2人のお住まいが事故物件とは;弁護士の付き合いも大変だ;タブチくんと料理不得意の彼女、言い分がよく分かる;お正月を共に過ごすようになった2人、老眼鏡に親の病気に…50歳かぁ‥。ポテトのハムチーズパンケーキで朝ご飯美味しそう!
★31 - コメント(0) - 2016年2月25日

シロさん、ご、ごじう!?神憑ったイケてる中年だな…おまけのレシピ、ポテトのハムチーズパンケーキ作ろうかな。
★9 - コメント(0) - 2016年2月20日

7巻探す前に9巻も読了。贔屓にしてるスーパーなくなると痛いよね…。小日向さんとこのジルベールが相変わらずで(苦笑)それにしても良いもん食べてるんだなぁ。◆シロさん家の家賃の秘密に迫ってヒンヤリした(-_-;)白菜とベーコンのスープ美味しそう♪◆タブチくんは何気にレシピがあれば料理出来るオトコってヤツだね?◆老眼鏡?筧さんのお歳にビックリ!肉団子食べたいーー!![152ページ]
★9 - コメント(0) - 2016年2月11日

老眼鏡をかけたシロさんが素敵。50歳かあ。斬新な設定だよなと改めて感心する。ガンだという母親に肉団子の作り方を聞くシロさん。母親が作ってくれた料理の味って、忘れたくないものだよね。そこに戻りたいときがあるから。わたしにとっての母親のそんな料理は、モツの煮込みとイカの塩辛。どちらも夫がその味を引き継いでいる。私は何故か再現できない。50過ぎても、親との関係はいろいろあるよね、シロさん。
★42 - コメント(0) - 2016年2月5日

ここでシロさん50歳になるんだー!着実に年を重ねてて、親との関係も変わってきてて、ホントにシロさんもケンジも、今一緒の時代に生きてるような気がする(^^)
★8 - コメント(0) - 2016年1月31日

シロさん五十歳か、地味に巻を追うごとに歳とってたのね、そういえば。今回の料理もどれも美味しそう♪
★4 - コメント(0) - 2016年1月29日

50歳で筧さん老眼鏡なんて、遅い方じゃないですか?レジの「おばさん」なんだ。「お姉さん」ではないのか。そこが筧さんらしいけど。
★14 - コメント(0) - 2016年1月29日

時間がちゃんと流れてシロさん50歳&老眼。1巻時点で43歳だったので大体1冊で1年弱時間が進んでいる計算かな。周囲もいろいろ変わりつつ、何も変わらない生活という感じ。料理はアクアパッツァ食いたくなった
★6 - コメント(0) - 2016年1月27日

毎食キチンと何品も作るシロさんソンケー。
★1 - コメント(0) - 2016年1月27日

シロさん50歳になったのね。そして老眼鏡…前巻で年取ったなぁ~と思うはずよね(..;)今回一番好きだったお話はお正月のお話。ぷっくりつやつやな黒豆!大好き♪お節は家族が好まないし、年末年始バタバタしてるのでほぼ作らないけど黒豆は上手に炊いてみたいな~あと小豆も!ちょっとチャレンジしてみようか★2人の住むマンションが事故物件とは?!びっくり(笑)最後のお花見もいーな。歳とったの再確認しちゃったけどね(笑)
★24 - コメント(0) - 2016年1月24日

きのう何食べた? 9巻の 評価:38 感想・レビュー:954
ログイン新規登録(無料)