ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)

ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)
320ページ
552登録

ピアノの森<完> 26巻はこんな本です

ピアノの森<完> 26巻の感想・レビュー(504)

久しぶりに一気に26巻読みました。とても良かった。爽やかで、感動的なラストもなかなか良かった。実は娘が使わなくなったピアノを数年前から再開し、今は時間を忘れるほどピアノ三昧の私。才能ある人は本当にいるし、そんな人にもなれないけれど、もし身近に居たらきっと応援するだろう。音楽は年齢や国を簡単に超越出来る唯一のものだと信じている。ショパンを生んだポーランド
★9 - コメント(0) - 3月18日

良かったです。
★1 - コメント(0) - 3月7日

その昔、この本が3巻まで出たところで私の成長が止まってしまい、今年、読み友さんのお陰で恩田さんの「蜜蜂と遠雷」を読む事ができ、これまたご近所さんのお陰でピアノの森を全巻読了できました。リハビリなんて簡単に人は云うけれど、どれだけ大変なことか。子供は日々成長していくが、老いた者には日々の老化が進むだけ。それを・・使えない手を、足を元のように少しでも戻すって・・辛くて心もくじけてしまいます。阿字野のリハビリも大変だったと思います。やっとカムバックリサイタル。阿字野とカイの・そしてセローの・・最高リサイタルが!
★50 - コメント(3) - 2月27日

森のピアノに「セカイイチノ」ピアノ、カイが夢に見て阿字野が夢にも思わなかった二人のピアノ…たくさんの壮大な世界がここにぎゅっっと詰まっているんだなぁ…と、本棚に並んだ26冊の「ピアノの森」を見ながらしみじみ思った。。
★7 - コメント(0) - 2月22日

恩田陸先生の本を読んで何だか読みたくなって全巻再読 何回読んで良いなぁ。カイとあじの先生の関係も回りの人達も暖かい色んな人達の読み手気になるところもきっちり描写していて…最後の2刊は泣いて目が腫れた。これから何が合っても変わらない人達の強さがみえて…でもその後の話も読んで見たぃなぁ~と思ってしまう
★2 - コメント(0) - 2月20日

やはり、このエンディングはすごい!
★3 - コメント(0) - 1月23日

カイと阿字野の互いを思いやりの集大成のラストに言葉では言えない感動をもらった。本当に手元に置きたい作品だなと・・・。
★2 - コメント(0) - 1月17日

気になって気になって気になりすぎて先に結末を見てしまった。すごくいいマンガに出会った感動した。ぜひたくさんの人に勧めたい。
★2 - コメント(0) - 1月9日

再読。 カイ、おめでとう。万感胸に迫る。何度読んでも、感激しちゃうんだよね。
★2 - コメント(0) - 2016年12月30日

追加してなかったけど読み終わりましたー!良かったねあじのせんせー。パンのあじのファンも凄いw
★7 - コメント(0) - 2016年12月4日

号泣。
★3 - コメント(0) - 2016年11月28日

いい漫画だった・・・
★4 - コメント(0) - 2016年11月27日

【再読】何度読んでもいい最終回!YouTubeで各曲を聴きながら読みました(*´∀`)
★12 - コメント(2) - 2016年11月23日

連載で読んだ時にも大泣きしたが、コミックスで読み直してまた泣いた。本当に素晴らしい物語の最終巻。師弟であり、父子とも言えるふたりの絆。この物語に出会えた幸運に感謝する。
★6 - コメント(0) - 2016年11月13日

阿字野の為じゃなく、海の為の阿字野復活。意外と安かった手術費用には笑った。それにしても最後のリサイタルは感動。私もその場に居たかった。
★37 - コメント(2) - 2016年11月8日

はーーー面白かったー。 前巻ほどの熱い感動はなかったけど、静かに、エピローグというか、阿字野先生の復活話で締めくくって、しみじみジーンとくる最終巻でした。 前巻でも思ったけど、ドンデン返しなどはなく、誰もが願う一番幸せなストーリーで、それでも物足りないことなく感動させられる、ってすごいなぁ、と。 もうちょっとカイと先生の演奏を見て(聴いて)いたかったけど。
★5 - コメント(0) - 2016年10月16日

ri
この漫画に出会えてよかった!最終回は思い出しただけでも涙。。。カイの先生を想う気持ち、先生のカイを想う気持ち。素敵な最終巻です!
★6 - コメント(0) - 2016年10月11日

25巻でカイが優勝して、ハッピーエンドかと思ったらなんとそれ以上の素晴らしいハッピーエンドでした。ああでも、これで全巻読み終えてしまって・・・。カイロスになりそうです。
★49 - コメント(0) - 2016年10月1日

まさかの、阿字野の手だった。カイの手だとばっかり思ってたから、びっくり!カイいい子。阿字野への想いに涙。そして、阿字野の完全復活!!!本当に本当によかった。
★6 - コメント(0) - 2016年9月24日

図書館で何気なく手に取って読み始めた漫画だったけれど、とうとう終わってしまった(T ^ T)。ショパンコンクールの結果も想定内だったけれど、みんなに取っていい結末でした。
★8 - コメント(0) - 2016年9月24日

友人に借りながらついに完読!この巻は厚くて、落ち着いて読める日まで待っていたら秋に・・・。でも涼しい中でじっくり読んでよかった~。あの心配事がそういうことだったとは!胸の熱くなるラスト♪ 全巻通してとても楽しみました^^
★30 - コメント(0) - 2016年9月19日

花田少年史が好きだったから。ただそれだけで読み始めたけど、よかった!音のない物語を読み物で表現する、それだけでも素晴らしい。けど、カイと阿字野はもちろん、れいちゃん、雨宮、誉子、ジャン、、登場人物達が生き生きとし、それぞれの思いをそれぞれの行動に表し、大団円に繋がる。26完完結は長いようで短く、これで完成されているとも思うもどかしさ。晩ご飯用意するのも忘れて一気読み。出会えてよかった。
★7 - コメント(0) - 2016年9月17日

ステキなラストでした❗の一言に尽きます。
★16 - コメント(0) - 2016年9月15日

面白くて一気に読破してしまった。 それぞれのキャラクターに色んな過去や悩みがあって、 ともすれば暗い話になってしまいそうだけれど、 それを必要以上に重く感じさせずに読ませてくれた。 カイと雨宮の葛藤と和解は本当に感動でした。
★6 - コメント(0) - 2016年8月22日

しまった、25巻読まないで見ちゃったよ。
★2 - コメント(0) - 2016年8月20日

これはとても素晴らしい作品で泣けます。最終巻も感動的で読み終わった後、森にいるような気分になりました♪
★5 - コメント(0) - 2016年8月3日

。・゜・(ノД`)・゜・。
★3 - コメント(0) - 2016年7月22日

感涙してしまった。ぶわっと。ホント、夢にも思わなかったラストだったよ。どちらにとってもかけがいのない存在だもんね。もう一度最初から読み返したいな
★5 - コメント(0) - 2016年7月16日

やっぱり泣いてしまった。いい最終巻でした。全部、ぜーんぶハッピーエンドに回収してあって、読後感がよかった。しかも25巻までカイの物語だと思って読んでたので、本当に描きたかったのはここまでだったのかと思うとまた1巻から読み返したくなった。長期連載お疲れ様でした。
★6 - コメント(0) - 2016年7月14日

やっぱ涙腺崩壊するわー24巻は限定CD付きやったからまだ開けてなーい、通常版買ってくっかキンドルにするか
★4 - コメント(0) - 2016年7月8日

阿字野の再生のお話。まさに大団円!よかった!
★28 - コメント(2) - 2016年6月30日

ああ、終わってしまった。パンがいい人でかっこいいなあ(好き)。レイちゃんとあじのって・・・ふふふ。さえちゃんも大人っぽくきれいになってた。本の中に入って聴衆になりたい!
★4 - コメント(0) - 2016年6月26日

1巻から26巻再読。読んでいて何度も涙が。 これからもまた何回も読み返すたびに感動して泣くんだろうなぁ・・・。
★5 - コメント(0) - 2016年6月26日

終盤はキャラクターが増えすぎて消化不良な部分もあったが、カイとアジノの物語をきちんと完結させてくれた見事なエンディングに鳥肌が立ちました。お疲れ様でした。素晴らしい作品です。
★5 - コメント(0) - 2016年6月26日

阿字野再起のための最終巻でした。全てが丸く収まり、皆んなが幸せになる結末。何もかも上手く行き過ぎ?ではあるけれど、このマンガに望まれた予定調和だと思います。18年間の長期連載は大変ですよね。完結するまで読めて良かったです。
★9 - コメント(0) - 2016年6月19日

本当に力量がないと、ご都合主義とか言われるだけだ。 でも、その結末にむかって「納得して涙がでる」ような 物語を描き切れた作者はすごい。 ハッピーエンドの力って、すごいと思う。
★12 - コメント(0) - 2016年6月11日

26巻が出てるのを知らなくて、今日、本屋で買ってきた。すごく良かった〜最終回にふさわしい大団円でした!みんなが幸せになれてよかった。 何年も追いかけてきてよかったな〜久々にスッキリしたいい最終回読んだ気がする ♪
★7 - コメント(0) - 2016年6月7日

すっごいいい最終巻でしたね! これなら待たされ続けた年月も苦にならない!願わくば、パン様がアジノの弟子になれたら と思いますが、それはこれからのパン様の努力次第ということか。雨宮もこれから花開いていけばいいですね。個性的なキャラが多かったので、キダ・タロー似の雨宮パパたちに会えなくなるのは寂しいかも。お疲れ様でした。
★8 - コメント(0) - 2016年6月4日

静かに感動がひろがってくる感じでした。涙が潤んでくる。カイ、アジノ先生の人柄が大好き。パンヤオもすごいいい役回りをしてて周りの人達をみていて温かい気持ちにもなれた。もっと哀しいかんじの結末を想像していたのでこんな結末でとてもうれしかった。
★6 - コメント(0) - 2016年5月31日

とうとう最終回になってしまいました。でも、心温まる最後でした。 よかったぁ・・・・ なぜか、私は阿字野先生は、田村正和さんが絵のモデルになっているように思えてしまいます。
★15 - コメント(2) - 2016年5月30日

ピアノの森<完> 26巻の 評価:100 感想・レビュー:243
ログイン新規登録(無料)