コウノドリ(12) (モーニング KC)

コウノドリ(12) (モーニング KC)
あらすじ・内容
【妊娠高血圧症】…妊娠中は赤ちゃんに血液を送るために母体の血液量がおよそ1.5倍に増え、血圧が高くなる。血圧が高いと合併症を起こしやすいため、高血圧の人や肥満気味の人は注意が必要。そのほかシリーズ【アレルギー】【転科】を収録。

あらすじ・内容をもっと見る
208ページ
566登録

コウノドリ 12巻はこんな本です

コウノドリ 12巻の感想・レビュー(528)

下屋先生、、涙
★2 - コメント(0) - 2月1日

☆☆☆☆☆
- コメント(0) - 1月27日

11巻と続けて一気読みしました。赤ちゃんが元気で産まれてくるって本当に当たり前のことじゃなくて。だから感動もあるし辛いこともある。わたしはまだ母親でもないし結婚すらしていないけど、元気な家庭を築くことができれば、とっても幸せ者なんだなあと思う。
★1 - コメント(0) - 1月8日

【TSUTAYAレンタル】
- コメント(0) - 2016年12月14日

再読 頑張れ下屋!
- コメント(0) - 2016年12月10日

妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、妊娠中はただ食べていればいい、というものではないんだな。勉強になった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月9日

下屋先生、ガンバレ!!!借り本
★2 - コメント(0) - 2016年10月26日

koi
下屋が当直バイト先で仲良くなった妊婦が、急変により母子ともに死亡という最悪の結果に。状況が緊迫する中どこかで助かると信じていたけど、起こりうる残酷な現実を描くのがこの漫画の良いところ。これが下屋の転機になってまさか救命への転科になるとは思わなかったけど、腹を括って自分なりの乗り越え方に挑む下屋は応援したくなるし、「自慢の部下だから乗り越えて帰ってこい」と笑顔で送り出す鴻鳥の器も素晴らしい。ゴローの初執刀時のトラブルに、第一執刀の四宮が逃げずに向き合わせたのも良かった。ここの産科はカッコいい人達ばかりだな。
★6 - コメント(0) - 2016年10月2日

もしかしても見逃さないというのは難しいこと。 産科が訴訟を抱えやすいのも仕方ないのかもしれない。 妊婦&赤ちゃんが死ぬパターンが多くてツライけど、 妊娠はそれだけリスクが高い。だからこそ 周りの支えが絶対必要だ。
★2 - コメント(0) - 2016年9月30日

★★★☆☆
★1 - コメント(0) - 2016年9月29日

☆☆☆☆
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

 知人から借りた本。下屋先生が転科。
- コメント(0) - 2016年9月8日

再読
- コメント(0) - 2016年8月27日

レンタル。下屋先生には辛い巻だったのか。本誌で先に読んではいたけど、単行本でまとめて読むと改めてズシンとくるなぁ。でもきっと下屋先生の決断は、自身を成長させるはず!今度は一回りもふた回りも頼もしくなった下屋先生に会えるよね!辛くてもしっかり向き合って前に進もうとしている下屋先生に、わたしも喝を入れられた感じ。頑張らなきゃな。
★2 - コメント(0) - 2016年8月20日

【ゲオレンタル】下屋が救命に移るとか急な展開すぎて(∩´﹏`∩) まだまだたくさんお話があるからドラマのコウノドリ2をやってほしいな!!
★2 - コメント(0) - 2016年8月19日

☆ 産科医の鴻鳥たちが赤ちゃんとお母さんを救うために奮闘する医療マンガ。妊娠中に『二人分食べないと』という考えで太ってしまい、血圧とリスクを高めてしまう「妊娠高血圧症」では、誰にでも起こりうる危険性が描かれます。また、研修医の赤西が初めて執刀した帝王切開でのハプニングを描く「アレルギー」はかなりの恐怖です。そして、ある医師がそれまで自分が所属していた科から別の科へ移籍する姿を描く「転科」はドラマティックでした。やはり惹き込まれる作品です。
★21 - コメント(0) - 2016年8月15日

「妊娠・出産の主役は母親なんだよ」 「頑張ります下屋先生 ゴールは必ずありますもんね」 「助かるかじゃねぇだろ…… 助けるんだよ!」 「彼女……私と同じなんです…… まだ28歳なんですよ……」 「乗り越えて帰ってこい」 「お前は僕の自慢の部下だから」 「私は絶対2人を越えますから!!」
- コメント(0) - 2016年7月30日

妊娠高血圧症の話、アレルギー(ゴロー先生再び)の話、下屋先生の転科の話。転科の話が一番好きです。
- コメント(0) - 2016年7月17日

下屋が転機です。不穏過ぎましたもんな、妊婦さんとか、いんちょうとのやりとりが。なんか、二人を越えます!って叫ぶのはドラマっぽい演出で違和感ありました(^_^;)太りすぎ注意の妊婦さんにはイラっとしたけど、私も妊娠したらそうなりそう…
- コメント(0) - 2016年7月12日

FK
妊娠高血圧症
★1 - コメント(0) - 2016年6月25日

爽やかな終わり方をした12巻。下屋先生とゴローくんの成長が眩しかったです。
- コメント(0) - 2016年6月18日

借り本
★1 - コメント(0) - 2016年6月13日

しのりんに脅されながら執刀するゴロー先生。下屋先生を突き放す時もそうだけど、言葉こそ足りないけど、しのりんは色んな意味で優秀だと思います。彼の優しさと厳しさが際立つ巻でした。最後まで諦めない、周りが「もう…」と言っても何とかしたい加瀬先生と今橋先生も素敵でした。救命の部長も嫌なヤツかと思いきや仕事にシビアなだけなんですね。最初の章、二人分食べるとか、そんな時代遅れすぎる事を言い訳にしてる人が未だいるんだ、と驚き。その結果の高血圧症なのに、私だけが悪い訳じゃない、と安堵するようなセリフは全くいただけません。
★40 - コメント(0) - 2016年6月1日

本当にいろんなケースがあることに驚く。
★6 - コメント(0) - 2016年5月26日

レンタル
- コメント(0) - 2016年5月18日

下屋先生が異動しましたね…医者も人間だからその人その人で精神的に凹む場合もあるよなぁ…頑張ってほしいですね。
★5 - コメント(0) - 2016年5月10日

こういうことが、稀だが起こるということをもっと知られるべきだと思う。
★9 - コメント(0) - 2016年5月1日

1巻から12巻まで一気読み。だんだん絵が巧くなっていく。下屋先生の決意、かっこいい。
- コメント(0) - 2016年4月29日

レンタル。妊娠して太りすぎた妻を気遣う夫。食欲に抗えない気持ちもわかる。下屋先生は救命に転科。妊娠、出産、育児、医者の存在など考えさせられる作品。
★8 - コメント(0) - 2016年4月26日

1巻から12巻までレンタルでまとめ読み。ほどよくドラマチック、ほどよくリアル感あり、キャラもいいし、楽しかった。13巻からは買おう。
★8 - コメント(2) - 2016年4月23日

【丸図書】
- コメント(0) - 2016年4月22日

妊娠高血圧症に糖尿病。妊娠は命がけだ!
- コメント(0) - 2016年4月3日

高血圧症とか、よく聞くけどドクター目線で説明されるとリアルに怖いなぁ(^o^;)知識や自覚が薄いと「コレくらい良いよね」って自分に対して甘くなるから、他人事とは思えない…まぁ、もう産む予定ないけどね(笑)
★17 - コメント(0) - 2016年3月30日

tae
やっぱり妊娠・出産は一筋縄ではいきませんね。今回の神谷さんの回はショックでした…。考えさせられます。
★5 - コメント(0) - 2016年3月26日

同じ名前、同じ年齢、生まれてくる予定の子供の名前が尊敬する上司の名前、、、 こんなに偶然が重なってしまったら、もう必然の出会いですよね。 そりゃ、思い入れもあります。自分が追求しなかった責任も感じます。 それを逃げ出さず、ただ立ち向かうのではなくてパワーアップしにいきたい、なんてかっこいい。 すっげーたくましいドクターになって帰ってくるんだろうなぁ
★1 - コメント(0) - 2016年3月22日

may
久しぶりに漫画をよんだ。予想外にうるっときたり、くくっと笑えたり。ドラマも見ればよかったか。
★1 - コメント(0) - 2016年3月2日

自分自身が初めての高齢出産を体験中で、他人事とは思えない。一時は入院もしたし、妊娠は一歩先が見えない。幸いにも肥満にならず、妊娠高血圧症にも妊娠糖尿病にもかからず臨月を迎え、あと少しで予定日だが、妊娠は1回1回異なり、リスクも異なる。そういった理解が進むことを心から望む。主要人物の一人である下屋先生が転科し、自身のスキルアップを図ろうと決意するが、応援したい。一回り大きくなって、また産科に戻ってきてほしい。
★5 - コメント(0) - 2016年2月29日

妊娠中の高血圧は怖いと聞いていましたが、理由がよくわかりました。妊娠中の肥満も。産後クライシスの話題も、下手な作家が書いたらすごく嫌味でグロテスクな内容になりそうなのに、さらっと後味が良くて読みやすかったです。画風は、ウシジマくんに迫るようなリアリティがあるのに、漫画家として実力のある作家さんなんだろうなと思います。自分の健康についても考えることのできた巻でした。
★3 - コメント(0) - 2016年2月26日

☆☆☆
- コメント(0) - 2016年2月25日

妊娠高血圧症。アレルギー。アナフィラキシーショック。甲状腺グリーゼ。出産は命がけ。医者って過酷な仕事だ。心肺停止のことをアレストというのか。
★21 - コメント(0) - 2016年2月24日

コウノドリ 12巻の 評価:44 感想・レビュー:149
ログイン新規登録(無料)