虚構推理(4) (講談社コミックス月刊マガジン)

虚構推理(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
あらすじ・内容
「鋼人七瀬は虚構である」という合理的な虚構を構築するため、警察など、人からの情報だけでなく、“幽霊による証言”まで取り入れていく琴子。しかし、鋼人七瀬による殺人事件が起きてしまったことにより、まとめサイトは「鋼人七瀬は実在する」という流れが加速していってしまう――

あらすじ・内容をもっと見る
176ページ
449登録

虚構推理 4巻はこんな本です

虚構推理 4巻の感想・レビュー(411)

六花が(個人的)イメージと違ったビジュアルでちょっと意外でした。怖いよ。クライマックス?連載終わっちゃうのかな~。
- コメント(0) - 3月19日

鋼人七瀬編も終盤、六花の影も見えてきた。どうなるのか?
★3 - コメント(0) - 3月5日

ちょっとおもしろすぎてこれは
★1 - コメント(0) - 3月3日

シリアスなんだけど、笑える所もあって楽しい♪
★6 - コメント(0) - 2月27日

九郎の入院していたいとこ、立花の真実が明かされ、今回の事件の黒幕だと判明。虚構を虚構で覆すべく動き出した琴子たちですが、簡単なことではないですね…。同じ能力を持つ立花が相手な上、元々劣勢ですし…。琴子が組み上げた解決策と九郎の能力で、どのように解決していくのかが見物ですね。次巻が楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2月5日

3.0 とても面白いのだけれど、これ鋼人七瀬の話だけで終わっちゃうのかな。
- コメント(0) - 1月30日

黒幕登場。
- コメント(0) - 1月29日

個人的に、九郎くんの前では素の状態の琴子ちゃんがGOOD 立花さんも琴子ちゃんも家事をやらせたらヤバいんだろうなぁw 九郎くんも大変だ。 そして個人的に「九郎。この娘は良くないと思う」「同感です」の下りが好き。
★2 - コメント(0) - 1月3日

一応、この巻まで読んできたが、やはり想像していたようなミステリ?推理?ものではなかった。どちらかというと、妖怪人外バトル系。おひいさま以外のキャラにあまり魅力を感じないのだけど、おひいさまは本当に可愛い。今後も読むかは、保留。どちらかと言うとアニメ向けでは。
- コメント(0) - 1月1日

6巻で完結、なのかな。綱人を封じ込めて、さらに七瀬の死の真相まで、行くんですよね? 六花が最後にどうなるのかも気になってきた。
★29 - コメント(1) - 2016年12月29日

長い長いお膳立ての後で、いよいよお楽しみのパート。ミステリー小説をネタにこういうアプローチもあるのかと非常に感心しました。
★1 - コメント(0) - 2016年12月25日

再読。
- コメント(0) - 2016年12月21日

鋼人七瀬を生み出した人物もわかり、終わりが近づいてきた4巻。次巻から推理パートということで、どんな推理を繰り広げるのか楽しみ。
★7 - コメント(0) - 2016年12月20日

新キャラが出た以外はあまり話が進んでいないような巻。『鋼人七瀬』を創り出した犯人の意図も気にはなるが、次の事件も早く出して欲しい。
★1 - コメント(0) - 2016年12月7日

黒幕もわかり終わりが見えてきたかと思ったら、これからだと原作者。たしかに次の巻が虚構もバトルも最高に盛り上がりそう
★1 - コメント(0) - 2016年11月25日

レンタル/六花は何でこんな事をし始めたのか。なんだかんだ九郎と琴子の間には信頼があるんだなーと思った。巻末漫画が一番面白かったかも。
★2 - コメント(0) - 2016年11月25日

原作既読。九郎先輩の従姉妹である六花さんが登場。九郎くんの好みのタイプまじで似すぎである。次巻からは琴子と九郎先輩による虚構を現実にするための戦いが始まるのかー
★7 - コメント(0) - 2016年11月25日

次巻が楽しみ。原作も読みたい。
★5 - コメント(0) - 2016年11月23日

miu
犯人との本格的な対決を前に、少し話がゆっくりした感じ。今もセリフが多い気がしますが、次巻以降原作をどうコミカライズするか楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2016年11月23日

【○】いよいよ「虚構推理」の本領発揮、虚構法廷開幕、の前哨戦。5巻は怒涛の展開なんだろうなあ、と楽しみになります。その分ちょっと勢いは弱め。
- コメント(0) - 2016年11月9日

漫喫で読了
- コメント(0) - 2016年10月30日

まさかの犯人と動機が判明。これを見つけるのがこの物語なのかな、と思っていたけど…虚構推理ってそういうことだったのね!まさにこれからが本番。どんな戦いをするのか楽しみ。しかしふざけた感じが多い琴子の真剣な表情もいいですね〜
★3 - コメント(0) - 2016年10月30日

すごく面白かった!ここからが本番って感じだね。「虚構推理」というタイトルにも納得。岩永は可愛いし、本当メンタル強いな~。六花に気をつかわせたのは笑った。
- コメント(0) - 2016年10月27日

レンタル
★1 - コメント(0) - 2016年10月21日

虚構を構築していく進め方も面白いけどたまに入るコメディテイストの箇所も面白い。六花さんの部屋探しのやりとりや琴子ちゃんの合鍵ねらいなとことか。しかし琴子ちゃんはあの六花さんを焦らすとかやはり只者ではないな…。バースデーケーキのくだりはかわいい。琴子ちゃんは普段かわいいのに、決めるところはかっこいいんだよな…。本編の巻末あたりは作画も素晴らしい。オマケ漫画、策略家がいるなぁ。次巻も楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2016年10月12日

積ん読からようやく読めた。原作を読んでいたから展開は分かっていたけど、やはり絵になると分かりやすい。しかし、六花さんの登場が唐突すぎる。
★1 - コメント(0) - 2016年10月10日

今回もなかなか!流石推理シーンは見物だ。ただこの巻では大きく事が動かなかった気もする。次回にも期待!
★4 - コメント(0) - 2016年10月10日

購入。難しくて、よく分からないけど、続きが読みたいです。どうなるのかな?
★3 - コメント(0) - 2016年10月8日

ノンフィクション作家対決
★3 - コメント(0) - 2016年10月8日

早く続きが読みたい
★1 - コメント(0) - 2016年10月1日

ここに来て九郎と琴子がちゃんと恋人に見えてきた。 型に嵌らないけれども絆を感じられる距離感。
★5 - コメント(0) - 2016年9月30日

どうやって解決するのか‼すごく楽しみになってきました‼
★4 - コメント(0) - 2016年9月30日

積読消化。遂に起きてしまった亡霊の筈の鋼人七瀬による殺人。無関係の傷害事件として虚構で葬ろうとしていた、琴子達の思惑を大きく揺るがす事態に焦燥を隠せない紗季の前で、九郎の「困難の分割」を用いた言葉が琴子の明晰な頭脳を再起させる。琴子と九郎の二人だけが気付き真倉坂市を訪れた真の動機、事態の黒幕も登場し、鋼人七瀬事件は「真実を虚構で封殺する」と言う未知の事態、その本懐へと突き進んでいく。六花と琴子の「家事」をうっかり想像して躁鬱著しい九郎が面白いけど、苦労するから「九郎」なのかな((笑)以下コメ欄に余談)。
★20 - コメント(3) - 2016年9月24日

朱肉つけた時点で読めたよ、岩永かわいいなあ。あー、すごく盛り上がってきた、いよいよ推理パートか、楽しみ過ぎるうう。しかし、六花さんてダレ?ってなってしまった…。いまさら原作読み返すよか、次でる方がはやそう。刊行スピードはやくてありがたい。エスプリってみるとエスプレッソを連想しちゃうのは、字面で認識してんのかな。
★4 - コメント(0) - 2016年9月24日

難しい。。。ここまで肥大化した鋼人七瀬を虚構化出来るのかな?どのように解決するのか楽しみです
★5 - コメント(0) - 2016年9月23日

◆れんたる◆まだまだ鋼人七瀬にビクビクしながら読みます(´Д`;)夜1人では読めない。前巻ラストでついに死者、それも顔見知りである人物が殺されてしまうというところからのスタート。虚構推理、まさにここからが本番といったところなのかな。まったく先が読めない展開面白い!琴子ちゃんは相変わらずいいキャラで可愛いなぁ。六花さんというかなりの重要人物も姿をあらわして、うーんいいところでおしまい〜(*´﹃`*)
★7 - コメント(0) - 2016年9月23日

六花さんと言われて、誰?ってなったわ(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年9月19日

探偵役が事件の真相を暴くんじゃなく、もっともらしい虚偽をでっちあげて事実そのものを誘導するっていう、なんだか変わったスタイルのミステリ(&伝奇)って感じでおもしろかったです。西尾維新っぽい感じがした。
★5 - コメント(0) - 2016年9月19日

従姉妹の六花さんが容姿や性格が分かる形で登場しました!長かった。そして明かされる彼女の正体……。琴子の虚構を構築するまでのあのシーンが好きです。なんだかんだで九郎ともうまくやってるみたいで微笑ましい。さて、そろそろクライマックス!
★9 - コメント(0) - 2016年9月17日

「九郎 この子はよくないと思う」「同感です」「よくはないけど まずくはないかもしれないから」…シュールすぎる。
★11 - コメント(0) - 2016年9月13日

虚構推理 4巻の 評価:48 感想・レビュー:119
ログイン新規登録(無料)