掟上今日子の備忘録(3) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

掟上今日子の備忘録(3) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
あらすじ・内容
待望の新章「遺言少女編」スタート!! 冤罪体質の青年・隠館厄介。あらゆる災いが降りかかる彼に、今度は少女が降ってきた――!? 短編読み切り「掟上今日子の飛び降り死体」も収録!!

あらすじ・内容をもっと見る
176ページ
118登録

掟上今日子の備忘録 3巻はこんな本です

掟上今日子の備忘録 3巻の感想・レビュー(102)

それな ★★★☆☆ このエピソードはドラマで観た覚えがかすかにある
★14 - コメント(0) - 3月22日

[レンタル本]面白かった。原作を読んでいない部分だったので楽しく読めた。セーラー服今日子さん可愛かった。ビルから落ちることで人にぶつかって相手を殺せるかはタイミング的にも難しいと思うけれど、そこは中学生の考えることと思えばいいのだろうかな?
★3 - コメント(0) - 3月15日

ひとつ目の話はドラマでは、なかったような気がします。あとの方は見たけど、ちょっとそんな思考する子がいるんだと納得できてなかったからか、真相を忘れてました(^_^;)
★15 - コメント(0) - 1月16日

1〜3巻。眠ると記憶がリセットされる探偵。うーん、いろいろ設定がなぞ
★1 - コメント(0) - 2016年12月25日

レンタル。「落ちる」事件が2つ収録。新章「遺言少女編」スタートとありますが、この巻で完結してます。いろいろ極端な中学生に厄介だけでなく今日子さんや阜本先生も振り回されました。
★6 - コメント(0) - 2016年12月14日

ドラマもドラマで好きでしたが、漫画の今日子さんはまた魅力的で大好きです。可愛くてお茶目でミステリアスでリアリスト。女性としても人間的にも魅力的だと思います。たぶん、数日は暇さえあれば繰り返し読んでしまいそうです。原作も気になるけれど、まずは漫画から。事件の内容も好きです。その中で、中学生の話は、思春期の頃のなんとも表現しがたい気持ちが物語に出ていて、こういう時期もあるよなぁ、と。それが事件の動機になっているのも面白かったです。
★4 - コメント(0) - 2016年10月20日

掟上今日子が解く謎は、マウンドの上で死んでいた野球選手と、屋上から落ちた高校生のお話。いつもながら今日子の推理は意表をつく。
★16 - コメント(0) - 2016年10月14日

HK
原作の雰囲気を保ちつつなんだか無防備な今日子さんの魅力が引き出されている、良コミカライズ。
★2 - コメント(0) - 2016年10月14日

◆れんたる◆表紙、なんでセーラー??と思ったら。女子中学生怖くね?( ゚皿゚)焼却炉で服燃やすとか。。。掟上さんのセーラー姿は大変可愛かった。うんブレザーもいいよね。あんな自分でも見えないところに文字書けるのか|゚Д゚)))あの角度エロ。厄介だけが毎回ドキドキしたり振り回されるのがいい。でも今日子さんも好意はあるよねー。遺言少女の動機には驚いたけど、思春期には周りからどう見られるかってことがすべてを支配してしまう時期があるってことか。そこまでには至ったことがないけれど。
★5 - コメント(0) - 2016年10月14日

一日経つと全てを忘れてしまう今日子さん。独特の思考でめちゃくちゃ面白いですね。二作目の事件は解決でいいのかな?借り本
★5 - コメント(0) - 2016年9月23日

プロ野球選手の死の検証のお相手は美人の鬼庭警部。今日子さんの自由な言動にもそうそう乱される事はありません。クール!しかしマンホールか…。警備員達の行動は絶対違うだろ。次の厄介の巻き込まれた女子中学生の飛び降り事件。事件の内容よりも今日子さんのセーラー姿と「それな」に持っていかれた!あと内腿のあの位置、あの角度で文字が書けるのか⁉楽しく読了。
★23 - コメント(0) - 2016年9月22日

マウンドで転落死したプロ野球選手と厄介に向かって飛び降りた少女。どちらの事件も気持ちは分かるけど怖い。どう思うかは人それぞれだし構わないが行動に移してしまった時点で同情の余地はない。急に名前で呼んだってことは無意識下で親しみを覚えてるということかな?内股もそうじゃないと許さないでしょ。
★2 - コメント(0) - 2016年9月21日

Extraの話も個人的には結構「うわあ…」と思ってしまいました。善意や憧れで人の死亡場所を改ざんしてしまう人達の目が普通に怖かった…。言葉だけなら割と綺麗に聞こえるのに、絵にすると何だかそれだけでは済まないのが何とも言えない。 遺言少女に関しては、まあ、「それってそこまでの事なのか…」と思う動機でしたが、それこそ十人十色。何がその人の「理由」になり「動機」になるかなど、第三者では計れないものですし。自分を分析される事を頑なに嫌う少女、まあそこまでならいいにしても、他者に凄まじい迷惑かけてるので同情出来ない
★10 - コメント(0) - 2016年9月20日

刊行:2016/8(No.3-)【】ノベルスのコミカライズNo.3も予定外の早期刊行は人気の表れ?厄介は格好良すぎか(笑)
★2 - コメント(0) - 2016年9月2日

西尾維新の作品を浅見ようさんが楽しみながら書いている・・・・そんな気ししかしない。 この今日子さんには惚れてしまいますよね~
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

備忘録のタイトルを冠しておきながら何故原作1巻の付記パートを丸々無かった事にしたのだろうか…。あれがあるからこそ、それ以後の厄介の今日子さんとの関わりに以前とは違った趣が出てくるというのに。ひょっとしたら意図的にここでは語らないって手法なのかもしれませんが、「飛び降り死体」で肝心の、警部さんの今日子さんに対する視点の描写なんかも殆どカットされている辺り、どうも信頼できないと言いますか。テンポを重視するあまり大切な要素が疎かになっている気が…。ただ、遺言少女の真相が判明したシーンはゾクっときて良かったです。
★3 - コメント(1) - 2016年8月28日

内股の文字、ドラマよりきわどい(o^^o)
★4 - コメント(0) - 2016年8月27日

またしても、小説よりも先に読んでしまった…。それだけが後悔。内容は満足。
★3 - コメント(0) - 2016年8月26日

原作で読んだ時は、そこそこ「すごい所にメモ書いたな~」ぐらいにしか思っていなかった、今日子さんの内股のメモ。絵にされると本当にキワドイ位置に書いてあってドキドキしてしまいました…。さらに厄介に「騎士が姫にかしずくように」とポーズを要求し、肩に足をww 今日子さん、大胆すぎます!(本編の内容よりも、そっちばかりが印象に残ってしまいました…)
★9 - コメント(0) - 2016年8月26日

それな。ほんまそれ。内股の文字消してみたいもんだ。ひゃー。
★1 - コメント(0) - 2016年8月22日

マウンド転落死事件も遺言少女事件も苦しい真相だなあ。今日子さんが隠館のことを名前で呼ぶようになったのは記憶がリセットされたらまたチャラになるのだろうか。それとも継続なのだろうか。そもそもなぜ急に名前で呼ぶようになったのだろう。ところで「他に書き残しがないか調べて」とか、この意味深なやりとりは何なんだろう。前巻でも「裸を見せてもらおうかな」という台詞があったけどその後の様子は全く描かれず言及もされないし。普通に考えればただのその場限りの冗談なんだろうけど、この作品のことだから何か意味があるのかと疑ってしまう
★2 - コメント(0) - 2016年8月21日

書き残していたメモを消し忘れるというのは、つまり忘却することを忘れている、ということだ。ここには故意の忘却と無意の忘却、という区別が弁別されており、そして本人すら忘れることを忘れていた痕跡を、主人公である厄介は偶然にも発見してしまう。それは太ももの内側という、身体において常に隠れ気味でありながら強烈なフェティシズムを呼び起こす箇所であり、同時に性器との距離感から絶対的に他人からまなざされることに他の場所よりも羞恥を呼び起こす度合いが高い。そのため二人の距離感が少しづつ近づいているということも示されている。
★2 - コメント(0) - 2016年8月20日

ドラマをみて気になって買いだした漫画ですが、毎回面白くて好きです
★3 - コメント(0) - 2016年8月17日

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(6)

03/20:祐樹一依
01/15:汐祇
11/24:黒麦楸
08/20:やすべえ
08/17:hundari

読みたいと思ったみんな最新5件(9)

03/16:永織
01/19:suicdio
10/01:トミハチ
掟上今日子の備忘録 3巻の 評価:46 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)