ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス)

ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス)
あらすじ・内容
黒猫のチトを連れて横浜から青森にやってきた木幡真琴15歳。ちょっと方向音痴な普通の女の子です。これから又いとこの圭や小夏の家で一緒に暮らします。青森の高校にも通いはじめ愉快な友達も出来ました。畑なんかも作って魔女の修行も順調です。

あらすじ・内容をもっと見る
160ページ
1318登録

ふらいんぐうぃっち 1巻はこんな本です

ふらいんぐうぃっち 1巻の感想・レビュー(1099)

このマッタリとした世界観が好きです。
★3 - コメント(0) - 3月17日

ほあー。ゆるい。とにかくゆるゆると
★1 - コメント(0) - 2月27日

ほのぼの、いなかとまじょ
★1 - コメント(0) - 2月15日

ほのぼの、いなかとまじょ
- コメント(0) - 2月15日

人間と魔女が共存する社会、舞台は弘前市、主人公・木幡 真琴(こわた まこと)、新米の魔女にして高校生。15歳になったら家を出るというしきたりに従い、親戚の倉本圭の家に居候をする。ほんわかのほほんという感じでストーリーは、ゆる~く進行する。
★5 - コメント(0) - 2月15日

魔女の宅急便(児童書版)の現代版日本的な感じかな
★2 - コメント(0) - 2月12日

【○】まじょたく、それと、よつばと。そんなかんじ。
★2 - コメント(0) - 2月12日

アニメを見て読みたいと思い読みました。次巻も読んでいきます。
★2 - コメント(0) - 2月11日

日常ものだけど主人公は魔女っていうのがまたいい。しかも戦闘とかじゃなくてのほほんとした修行生活。いいなぁ、こういうの。癒される。チトさん可愛い。ほうきで飛んだら股が痛くなるってすごくリアルで面白い(笑)
★3 - コメント(0) - 2月11日

Kindle無料版にて。主人公の天然さがなかなかに良かった。
★4 - コメント(0) - 2月7日

弘前が舞台で魔女というので購入。かわいらしい日常モノですが、リズムがわたしとは合わなかったかなぁ。パパさんのなまりはほぼわかって楽しかったです。
★3 - コメント(0) - 2月5日

電子書籍無料本。のんびりしてる。チトさん可愛いね。パパさんの訛りがきつくて全くわからない(笑)
★8 - コメント(0) - 2月4日

ゆるい!でも好き←
★3 - コメント(0) - 2月4日

設定がジブリの作品と似てるけど、ほんわかしていて優しい話だな。どころどころにツッコミ処もあって面白い。
★14 - コメント(0) - 2月3日

ei
青森の親戚のおうちに居候しつつ、魔女修行をする女の子真琴、そして黒猫のチトさん。2人と居候先の兄妹、そして周りの人たちのほのぼのとした空気がなんとも癖になる日常系魔女マンガ。優しい気持ちで、読後感もほっこり。魔女の世界の知識は、普通とちょっと違うものがあって、運び屋さんやほうきのはなしなどで触れられてみると楽しい。春の運び屋さんの話は特によかった。
★17 - コメント(0) - 1月31日

再読。
- コメント(0) - 1月13日

漫喫で読了
- コメント(0) - 1月6日

おすすめされたのでまず1巻。ほかの方の感想にあるように、よつばと!をおもわせるといえばそんなかんじ。でもほのぼのしてていいね。アニメもみてみたいところ。
★4 - コメント(0) - 2016年12月14日

kindleで無料だったので。アニメから入ったけど、マンガもあののんびり感満載でいい。続きも読みたくなるのんびり系のマンガ。
★4 - コメント(0) - 2016年12月5日

★8 - コメント(0) - 2016年12月4日

HK
1話の定番ながらあざやかな展開に感心。「魔女の宅急便」「魔法遣いに大切なこと」など〈魔女がいる日常〉の系譜のひとつであると同時に、「よつばと!」をはじめとした日常コミックでもある。
★4 - コメント(0) - 2016年12月4日

アニメから読み始めました。アニメよりもさっぱりしててたまにはこういうのもいいですね
★4 - コメント(0) - 2016年12月2日

アニメから。魔女のイメージはテンプレだが、日常をほのぼのと描いていて楽しく読めた。人外キャラが特に魅力的。
★14 - コメント(0) - 2016年11月30日

うーん…。全くつまらなくはないんだけど、抑揚が無さ過ぎてあまり楽しめなかった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月30日

後輩から1~2巻を借りた。木幡真琴15歳。高校入学に合わせ、黒猫チトと、横浜から弘前に越してきた。実は真琴は魔女で、「一人立ち(でも親戚宅に居候)」して一人前になるための修行なのだ。ちょっと不思議なことも起きるけれど、基本のほほんとした日常。野菜作りしたり、雉を追いかけたり、チトと散歩したり。倉本家の圭・千夏兄妹と、圭・真琴と同じクラスの石渡なお辺りがレギュラーかな。小学生の千夏ちゃん可愛い。カオナシみたいな春の運び屋さんの話が好き。来年もきっと来るよね。真琴姉、神出鬼没で大雑把、騒動起こして去る(笑)。
★4 - コメント(0) - 2016年11月30日

原作の真琴は圭に付いていこうとしてた! アニメが面白かったので原作を購入。という訳で感想というよりアニメとの比較がメインです。都会から田舎に魔女修行にやって来た木幡真琴。思い浮かぶのはやはい「魔女の宅急便」ですね。ほのぼのとした日常にちょっと不思議な事が巻き起こる。漫画の王道である「日常+非日常」が程よくブレンドされた作品です。>>続きはこちら http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/novel/2016/11/fw-com1.php
★2 - コメント(0) - 2016年11月29日

青森では春が来る前に学校が始まるのね
★1 - コメント(0) - 2016年11月29日

アニメが好きだったので原作読んでみた。絵柄があずまきよひこのいい意味でのフォロワーって感じで好き。
★6 - コメント(0) - 2016年11月29日

大学で東北地方来てから何度か青森行ってますが,大体こんな感じ(?)の良いとこです.
★4 - コメント(0) - 2016年11月29日

シュール。めちゃくちゃシュール。なんか面白い。
★1 - コメント(0) - 2016年11月28日

レンタ読み。ほのぼの魔女もの。ほっこり
- コメント(0) - 2016年11月26日

魔女要素無くても十分話になる気がする
★4 - コメント(0) - 2016年11月26日

表紙がいいなと思い、中古で購入。どこか抜けてる主人公が可愛い(笑) 独特な感じで進む、のほほんとした田舎が舞台のコメディ漫画、しかも新米魔女...自分的にはこの漫画の雰囲気とかお話とかツボでした。面白かったです! 背景とか素敵です。キャラとか、猫好きなのでチトさんにも癒されました。続きも買って読もうと思います♪
★5 - コメント(0) - 2016年11月24日

★★★ 『よつばと!』に似てるというので読んでみました。だって『よつばと!』新刊がなかなか出ないんだもん…。確かに似てる。6割くらいの劣化版という感じですが、魔女設定と東北という場所の選び方が良いので次の巻も読みますよー。
★7 - コメント(0) - 2016年11月17日

独特の間がよつばとに通じるものがあり、ドハマリする人は少なくないだろう。
- コメント(0) - 2016年11月16日

猫かわいいよ。
★1 - コメント(0) - 2016年11月11日

シュール。青森漫画は嬉しい。津軽弁少し違う。
★7 - コメント(0) - 2016年11月8日

こういうほのぼのした話はついつい集めてしまう。まったり読むことにします。 箒で初めて飛んだシーンの他キャラの唖然とした顔好きです。
★2 - コメント(0) - 2016年11月5日

再読。 先日、作中の舞台となっている弘前に行ってきたので、読み直してみました。 作中で描かれている場所を見て、ああ、ここ行ってきたなと。なにか感慨深いものがあります。 そして、マンドレイクやら春の運び屋さんやら。何度見てもユニークなキャラクターがたくさんいるなと感じられました。
★1 - コメント(0) - 2016年10月31日

一話の序盤とか、すごくあずまきよひこ的な間のとり方だなあと思った。ゆっくり優しく流れる時間、癒される〜。チトさんかわいい。
- コメント(0) - 2016年10月30日

ふらいんぐうぃっち 1巻の 評価:60 感想・レビュー:352
ログイン新規登録(無料)