アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)

アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)
あらすじ・内容
国が燃えている‥。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた‥‥。奈落へと落ちたアルスラーンの運命! 激動の英雄譚、開幕!!

あらすじ・内容をもっと見る
192ページ
3781登録

アルスラーン戦記 1巻の感想・レビュー(3291)

 序章。
★1 - コメント(0) - 3月19日

荒川先生の絵で戦記モノが読めるなんて最高です。先生の描く男性は筋骨隆々でかっこいいので、凄くお話に合ってると思います。アルスラーン王子の純粋さや優しさに癒されます。あんな化け物2人からよくもこんな子が生まれたなぁと思ったら、どうやら裏があるようですね…。
★3 - コメント(0) - 3月13日

Aya
【図書館】頼りなさそうな主人公・アルスラーン。だけど14歳ってまだ子どもじゃん。戦とか、国とか背負うものが大きすぎて、大丈夫かな?とお母さん目線でいろいろと心配しております(笑) アルスラーンの母親はそうではなさそうですが。これから広がっていくストーリーとアルスラーンの成長がとても楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2月12日

田中先生も荒川先生もどちらも好きなので、このタッグは嬉しかった!絶対面白いし、続きが気になるから、ある程度、巻数溜まってから一気に読みたいなぁ…と思っていたが、我慢できなかった。スッゴく面白かった!今後、荒川先生がどのように世界観を描いてくれるのか楽しみです!
★7 - コメント(0) - 2016年12月24日

なるほど、戦乱の世がはじまった感じですな。まだキャラクターに思い入れがそれほどでもないので、今後のエピソードに期待。
★5 - コメント(0) - 2016年12月20日

借り物。
- コメント(0) - 2016年12月17日

いやいやあ、面白いなぁ。絵がすっきりしているので見やすいし、テンポがいいから引き込まれる。原作も読んでみたい。
★7 - コメント(0) - 2016年12月14日

再読。思慮深く、戦いも基礎は出来ていることが描かれていて、さすがと思う
★9 - コメント(0) - 2016年12月3日

レンタル。戦記なので戦場は想像していたのだけど、さっと場面が移り変わり、バタバタ人が殺されていく。続きが気になる。アルスラーンが国をどうして行くのか。
★8 - コメント(0) - 2016年12月1日

友人に貸したのが返ってきて再読。登録してないが何度も読んでいてその度に展開が気になる。原作を買おうか迷い中。
★6 - コメント(0) - 2016年11月25日

田中芳樹先生の原作は未読です。古代ペルシャを連想させる時代背景ですね。固有名詞が多く、戦争作品なのでグロテスクな場面が多く見受けられるものの、話の展開方法が巧みであり、作中の世界に入り込みやすい作りになっています。戦争は武力だけでなく戦略も重要視しないと敗北の要因になってしまうという事を改めて伝えてくれる作品だと思います。アルスラーン殿下のこれからの成長に期待します。
★8 - コメント(0) - 2016年11月25日

思った以上に戦闘描写が残酷で、だからこそアルスラーンが立ち上がることに光を見出せます。
★1 - コメント(0) - 2016年11月19日

初陣の三年前、剣の稽古そして異国の子との出会い。初陣。敗戦。ナルサスの家を訪ねるところまで。アニメを見たときのドキドキ感を思い出した。アルスラーンはまだまだ頼りなく…街の子ども達にすら守らなきゃ!と思わせる存在。
★6 - コメント(0) - 2016年11月13日

裏切り、強さと弱さ、いろんな思惑が交差する感じ、面白い
★5 - コメント(0) - 2016年10月3日

国が燃えている‥。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた‥‥。奈落へと落ちたアルスラーンの運命! 激動の英雄譚、開幕!!
★17 - コメント(0) - 2016年9月25日

アニメで見たのが先で、後からのコミック。 登場人物もいきなり多いし、地名やら階級やら固有名詞がてんこ盛りなので、アニメのリズムだと煙に巻かれてしまう気がした。 その点、コミックスは自分のリズムで読めるからいいな。
★8 - コメント(0) - 2016年9月5日

劣勢に立たされたアルスラーンがどう生きていくのか……国同士の争い事や闇も描かれていて面白かったです!少数でも自分の信頼できる人がいると心強いですね。12歳で出会った少年もいづれ味方になるのか敵になるのか・・・続きが楽しみです。
★7 - コメント(0) - 2016年9月4日

アトロパテネの会戦。パルス王太子アルスラーン、万騎長ダリューン。国王アンドラゴラス三世、王妃タハミーネ、大将軍ヴァフリーズ。
★20 - コメント(0) - 2016年9月3日

再読。漫画1巻のストーリーは、アニメ1期の冒頭とほぼ一緒ですが、原作を読んだ後にもう一度漫画1巻を読むと、それぞれの媒体のアルスラーンのキャラクターの微妙な違いが見えて面白いです。 エトワールを冒頭に組み込んだ荒川さんはやっぱりすごい。 巻末に載っている田中さんと荒川さんの対談は、キャラクターの話も出てくるので、ネタバレがあるわけではありませんが、もう少し物語を読み進めてから振り返って読んだ方が面白いと思います。
- コメント(0) - 2016年8月30日

藤崎竜版の銀英伝が面白かったので、こちらも買ってしまった。原作未読の為新鮮な気持ちで楽しめました。まさに王道の英雄譚で、キャラクターが生き生きとしていていい!とてもわくわくしました。このわくわく感は久しぶりだなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月29日

お・・・おもしろい!!すごくおもしろい!! ので、一気読み開始です。 心優しいけど線の細い王子がどんな成長をとげるのか、王道中の王道の物語を楽しみたいです。
★9 - コメント(0) - 2016年8月21日

負ける気がする!(爆)
★7 - コメント(0) - 2016年8月17日

既刊まで一気読み。なんでこんなに面白いのか…。荒川先生の、登場人物の表情から喜怒哀楽がバリバリ伝わってくる描写がほんとに好きです。コマ割り、描線、キャラクターの言動。いっそわかりやすすぎるくらいのわかりやすさ。読んでて気持ちいいです。
★3 - コメント(0) - 2016年8月5日

sei
原作は未読。これからどういう展開になっていくのかが楽しみ。序盤から惹きこまれる。
★5 - コメント(0) - 2016年7月26日

再読
★4 - コメント(0) - 2016年7月21日

小説はむっかし読んでいたんだけど、ほとんど忘れているから新鮮な感じだわー
★6 - コメント(0) - 2016年7月21日

小説版は読んだことがありません。アニメ1期1話だけは見たけれど、そのときは「わけがわからない」と続きを見なかった…。そしてこのたび、我ながら謎のタイミングで遂にアルスラーンを読むことに。面白い…。何であのとき継続視聴しなかったの、当時の自分…。それにしても陛下、ちょっと融通が利かないにもほどがあるんじゃないですか…。
★5 - コメント(0) - 2016年7月19日

やっぱりおもしろいなぁ。アルスラーン。原作は第1部までしか読んでないので、この機会に読み直そうかな?私の1番好きなシーンが2巻に入っているので楽しみ!勿論、アニメも観ています。
★39 - コメント(0) - 2016年7月18日

息子の本棚から借用 奴の好きそうな物語だね なかなか面白い
★3 - コメント(0) - 2016年7月15日

アニメ第1期は観ていました。 コミックで読むとまた違う感じで良かった。 勇ましい剣士たちの残酷な戦いや裏切りの中で、アルスラーンの存在には癒されます。
★7 - コメント(0) - 2016年7月1日

アルスラーンの世間知らずっぷりと、咎めたりはしないけどそれを分かってはいるダリューンの反応がいい‥‥ というか王が殿下の身を案じてたよってダリューンの言葉に対するアルスラーンの表情‥を見たダリューンとか、敗残兵‥‥ってしょんぼりする殿下を見た時のダリューンとか!ダリューンが!いちいちとてもいいです!!保護者かな? 元が小説だからか若干文字多いけどさすが読みやすいなあ、原作未読なので続き気になる
★8 - コメント(0) - 2016年6月28日

やっと読めました!アルスラーン、バリバリ戦えるのかと勝手に思ってたら、こんな王子様なのか。でも、優しくて心も綺麗で…剣術ももっと磨いていけそう。アルスラーンの「突撃!」は私も早く聞きたいですね。成長するのを見ていくのが楽しみです。最後の対談でまさかのネタバレしてしまったけど、アルスラーンは王族の血をひいていない、普通の人なのか…このパターン新しい。戦いのシーンには迫力があり、時代背景や国や街も壮大です。荒川先生と田中先生のタッグは最強…!ナルサスはどんな人かな。私はダリューンが気になって仕方ないです><
★30 - コメント(0) - 2016年6月21日

田中先生の銀英伝が大好きで、荒川先生の沢山の漫画も大好きでこれはもう読むしかないでしょって事で(^ー^)ノ☆。壮大な物語だと1巻目は導入部。どうしても退屈になりがちだけど、さすがは荒川先生。色々なエピソードを加えつつ、各キャラの背景、複雑な国々の関係や宗教の特徴を魅力たっぷりに語ってくれてあり、既に面白い。強国の王子でありながら何故か父王にも母にも疎まれているアルスラーンが初陣で国や父、慈しんでくれた老臣など全てを失い、忠臣ダリューンただ1人と落ち延びるところから始まる。本当に面白くって次巻が楽しみ。
★17 - コメント(0) - 2016年6月20日

★★★★☆:さすが荒川さんの漫画なので、小難しい国や宗教の話も戦場の酷い描写もストーリーの一部としてきちんと自分の中に落ちてきます。アトロパテネでは負け戦フラグしか立ってなくて、心の準備はしてたものの火攻め怖すぎ。ダリューンが居なかったらこの話終わるーー‼︎クバートとシャプールもどうなったんだろ。この三人が気になる。早く2巻読もう。
★10 - コメント(0) - 2016年6月19日

アニメでハマり、原作小説も気になるところだけど、戦記物は国や人の名前を覚えるのが大変なので、荒川さんの漫画から。一話目の殿下とルシタニアのあの子の邂逅が印象的。生まれた国や宗教、身分が違えば、物の見え方まで違う。
★3 - コメント(0) - 2016年6月17日

田中芳樹原作作品のコミック化。強国パルスの王子として生まれながら、異教徒の侵攻によって国を失った若者の成長と活躍を描きます。いささか非現実的な戦闘力を誇る騎士も登場しますが、あまり気にし過ぎない方が楽しめそうです。どん底からストーリーが始まっているので、これから上昇していくであろう展開に期待。
★6 - コメント(0) - 2016年6月12日

14歳で戦火に巻き込まれていくアルスラーン王子。異教徒ルシタニアの罠にかかり敗北を喫する。カーラーンの裏切りの真意が気になる。 ダリューンの一騎当千ぶりがカッコ良かった。パルスはどうなってしまうのか。
★33 - コメント(0) - 2016年6月10日

ダリューンの一騎当千ぶり、格好いい。無双に手を出してみようかな。
★8 - コメント(0) - 2016年6月5日

mei
アニメから漫画を読んだクチですが、漫画の方が臨場感あって好きかな。
★6 - コメント(0) - 2016年6月5日

ちょっと気になってたのでぽっと買って読んだら4巻までまとめ買いしてました…。こわいわあ。
★2 - コメント(0) - 2016年5月22日

アルスラーン戦記 1巻の 評価:46 感想・レビュー:1018
ログイン新規登録(無料)