• 宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで

宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス)

宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後までの感想・レビュー(14)

3月20日:furu shin
Twitterで知って購入。わからーん! 素養が無さすぎて、毎日少しずつしか読めなかった。読んでもわからない。けれどいくつかわかることも。宇宙がいつか縮小するとか超ひも理論とか、知っていたことが実は全く違うかもしれなかったり。宇宙の拡大はエネルギーの拡散であり、星間物質の拡散。生命が今の人類程度まで進化するのに同じ時間がかかるのだとすれば、別の銀河で知的生命体がいたとして、星や銀河、宇宙の終わりまでに出会うことが可能なのか。宇宙の壮大さは、長い長い黄昏の時間でもあると知った。
★1 - コメント(0) - 3月17日

Twitterで知った一冊。宇宙はやがて、星が燃え尽きて暗く冷たくなっていくんだろう、と大まかに思ってはいたけれど、その具体的な過程は想像以上だった。科学的に説明されながら時間を追った末には、私には思いつくことさえできないような虚無が、具体的だと思えるほど脳裏に描き出された。
★3 - コメント(0) - 3月15日

どうやら「終わり」はあるらしい。
★3 - コメント(0) - 3月15日

永遠に宇宙は続くのかそれともいつか終わるのか?とても面白いです。長い宇宙の歴史の中でつかの間の凝集と拡散のせめぎ合いにより我々は生きている。
★4 - コメント(0) - 3月14日

現在の物理学や天文学の知見から宇宙の誕生から物質が消え巨大ブラックホールも消滅する静寂の宇宙までを俯瞰する。生命が存在できるのはその中の一瞬の数百億年に過ぎないだろうという。宇宙には謎が多く、ビッグバン以前のマザーユニバース、ダークマターなど、わかっていないことも多い。今後、宇宙に関する知見が変われば、この本のシナリオも変わるかもしれない。
★6 - コメント(0) - 3月14日

宇宙に関して途方も無い世界観を感じた。ついつい我々人間中心にみてしまうが、宇宙規模で考えると本当にちっぽけな存在だなと思った。マザーアースも知りたいが、宇宙の最後はどうなっているのか興味が湧いた。
★314 - コメント(0) - 3月12日

ビッグバン時点でマザーユニバースに関する歴史は永遠に失われてしまったらしい。もはや知りようのないこともこの世にはあることを再認識。スケールの大きな話でおもしろい。
★2 - コメント(0) - 3月9日

ビッグバンから138億年の現在までの宇宙についての書籍は何冊も読みましたが、宇宙の終焉、10^100年後の「ビッグウィンパー」までの予想は初めてでした。かなり難解で理解できない部分が多かったですが、宇宙全体の空間・時間的スケールからすると、138億年はまだほんの始まりであり、この刹那的な期間に生存している人類が奇跡という事実を再認識。
★15 - コメント(0) - 3月9日

3月7日:プリン
めっちゃおもしろい
★4 - コメント(0) - 3月4日

3月3日:8810
2月17日:素数
2月17日:素数

今読んでいるみんな最新5件(8)

03/20:コボル
03/17:kaorin
03/08:vaudou
03/07:rin
03/05:あお

積読中のみんな最新5件(7)

03/17:
03/15:pulpo8
03/10:shikiru
03/08:Cota

読みたいと思ったみんな最新5件(51)

03/20:Tanaka Tetsu
03/18:ふじこ
03/18:亀太郎
03/18:せいじ
宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後までの 評価:100 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)