ウロボロス・レコード3 (ヒーロー文庫)

ウロボロス・レコード3 (ヒーロー文庫)
344ページ
108登録

ウロボロス・レコード3はこんな本です

ウロボロス・レコード3の感想・レビュー(74)

読了。エルフの里編なんだけど、Webの時から読むのが辛くて一回しか読んでないというエルフ編。最後の結末は、ホントに個人的に胸糞悪くて避けてたんだが、そうもいってられないので読んでみた。面白くないとかじゃなく個人的には受け付けないだけなので話自体は面白いんだよな…四巻では、王都編なので楽しみ。
★2 - コメント(0) - 3月22日

エルフの里への襲撃、牧場化。凄まじいのは、蹂躙される側のエルフには相当のページ数を裂いて、それぞれの人生や心情を描写されているのに対し、蹂躙する側のドライには、それが一切ない事。既に彼女には、同族に対して何ら思うところがないのだ。かつてのドライを知っているドゥーエのみが、その悲劇性を理解してしまうのが、もの悲しい。おすすめ。
★1 - コメント(0) - 1月20日

やっぱり面白い。やってることはえげつないんだけどねぇ( ̄▽ ̄;)ついに政治的なことにも手を加えなくてはならないところまできましたね。そりぁ辺境とはいえ領主様ですもんね。お兄ちゃんも諦めないね。不老不死の研究もどこまでつめられるのか。4巻はお兄ちゃんの結婚式で久々王都訪問かな?どんな策がめぐらされているのやら(-_-;)
★6 - コメント(0) - 1月19日

エルフ大好きだからエルフ娘も仲間になってほしかったけど、ああいう形になっちゃったか。 しかし、洗の――教育されたのに不満を持ったり、褒められたいとかっていう感情が残ってるのは想定内なのか、それとも今後の伏線なのかが凄い気になる。
★1 - コメント(0) - 1月15日

トゥリウス出番少なくてちょっと残念な回。トゥリウスの一人称がすごく好きなので、物足りなさを感じつつも次巻への期待が高まる巻でした。 新しい仲間が増え、その仲間が如何に凄いのか、またエルフによって齎さられる不死への一歩についてのヒントはあるかの話で、エルフの少女が新たに仲間になるのかと思っていたのでそうじゃなかったことにちょっと驚きつつ、対貴族への問題をどうしていくかに変わって終わりました。次の話がすごく楽しみですね!
- コメント(0) - 2016年11月9日

エルフの里なんて無かった。いいね?あっはい。
- コメント(0) - 2016年10月26日

エルフは往々にしてヒロインか協力者ポジだからと油断してると危険ですねぇ・・・
- コメント(0) - 2016年10月8日

完全に主人公側が悪役。救いがなくてどうなんだろうと思いつつ、結末が気になって読んでしまうシリーズ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月16日

やってる行為は普段と変わらないけどトゥリウス視点が少ないためどうにも、薄い印象を受けました。それにしても今回は特にえげつない展開だったなぁ。夢も希望もあったもんじゃない(最初からなかったけど)。新しいオーパスシリーズのフェムのキャラクターが個人的に好み。ゴーレムいいよねゴーレム(見た目完全にF型アンドロイド)。
★18 - コメント(0) - 2016年8月14日

相変わらずの外道っぷり…ではありますが、今回は別視点メインなのでその印象は薄め。やってることはやってるし、救いがない展開だから今まで以上に人を選ぶ作品に仕上がっているように思います。それでも読ませる作者の技量には脱帽
★2 - コメント(0) - 2016年8月6日

一人のエルフの娘の軽はずみな、けれど些細であったはずの掟破りから、彼女の集落が滅亡し、自身の誇りはおろかその純潔、精神まで穢され壊されるという展開の落とし方は見事に悪辣で、ぐいぐいと読んでしまった。4巻ではとうとう主人公が政争の舞台に立つらしく、物語が動くことに期待しつつも、変に風呂敷を広げすぎないかとハラハラもしている。
★12 - コメント(0) - 2016年7月24日

今回主人公の出番自体は少なかったな。トゥリウスの勢力が完全に魔王と化してる。洗脳の恐ろしさを改めて実感させられた巻だったと思う。面白かった。
★4 - コメント(0) - 2016年7月15日

読了!前巻まで帯に書いてあった「ダークヒーロー」が消えて今回からは「ピカレスクファンタジー」に変わっていましたね。この三巻を見たら流石にもうヒーローとは言えないですよね(笑)。めちゃくちゃ胸くそが悪くなる展開ばかりなのに、さらっと読めてしまうのは、どこかコミカルな面があるからなのと、作者さんの技量が高いからなんでしょうね。堕ちに堕ちた主人公がどうなっていくのか次回も楽しみです!
★13 - コメント(1) - 2016年7月11日

一人のエルフっ娘の心が完全に壊れた巻である(絶望)。最初の挿絵からすごい邪悪な良い笑顔してるなぁ…と読むのが怖かったです。改めて振り返ってみても、どこにも救いがない最高にエゲツない話だったよ。どこの魔王の軍勢かっていうエルフの集落に訪れる最悪。先にエルフたち視点の話を描いてからの構成に、ドライの登場とかもう駄目だぁ…おしまいだぁ…感が尽きなかった。前巻でオリハルコンをだし、今巻ではホムンクルスですよ。錬金術的な面でも全く自重してなくて、次の政争ではどこまでやってしまうのか、その外道手腕に期待が高まる。
★7 - コメント(0) - 2016年7月9日

微妙。やっぱり主人公が出ないとこの話には狂気が足りない。250P弱までエルフのエピソードで、勇猛果敢な狩人の少女バーチェが信じたドライに裏切られ、仲間内からも非難の視線を浴び、果てには想い人に無理矢理…な感じで心が壊れていく描写は中々よかった。トゥリウスが出てくる後半からはいい感じに倫理観が壊れていて面白い。最後は領地などの政治的な問題が絡んできて、いけすかないおっさんがあれこれ策謀を巡らせてきそう。それを次巻でトゥリウスはどのような下衆な手段で向かえ撃つのだろうかに期待。次巻はもうちょっと主人公に出番を
★10 - コメント(0) - 2016年7月7日

基本主人公が出ない番外編みたいな話はあまり好きではないけれど。今回は特に抵抗なく読めた。ほかのラノベと違いこの作品には『オレツエー』を求めていないからかな。普段ふざけた態度だけど戦ったらちゃんと強いキャラ(オーパス04)ってなんかかっこいいな。
★2 - コメント(0) - 2016年7月7日

今回も面白かった!トゥリウスと愉快な仲間達がエルフの村を急襲して大暴れな3巻。ある意味今までで一番えげつなくて容赦ないお話だったかも。たった一つ罪を犯してしまったがためにすべてを失い壊れてしまったバーチェの姿が悲惨すぎる。見つかったのがドライの時点で詰んでたんや。徹底的に村を凌辱しまくった本人たちはめちゃくちゃ楽しそうな職場ライフを送ってるのがまたなんとも…。職場で少し浮いてるドゥーエちゃんかわいいです。次回は政治の話なのか?トゥリウス達がどんなえげつない手を使っていくのかワクワクします。続きが楽しみ。
★10 - コメント(0) - 2016年7月6日

まさか冒頭の笑顔(挿絵が流石)の後、3分の2過ぎても主人公が出ないとは。エルフの美少女の狩人としての誇り高さが描かれるほど「いやでもこの後酷い目にあっちゃうんでしょ?」とソワソワ。結果的に想像の斜め上をいく悲惨な末路でさすがこのシリーズだと戦慄した。エルフ襲撃戦の主人公サイドの完全無欠の悪役っぷりはもはや変な陶酔感さえある。ダンジョン作りも順調だし、これもう魔王爆誕がゴールなんじゃないかと思ってしまう。とりあえずまずは王都で古狸戦からかな?次巻も期待!
★13 - コメント(0) - 2016年7月4日

今回は中盤くらいまでがエルフの少女バーチェ視点で、トゥリオス側はほぼ描かれないという作り。その分軽さが抜けて今まで以上に狂気が際立つ。アクションが多かった前半とガラリと終盤は絡み合う貴族たちの思惑。次の展開が楽しみ。
★6 - コメント(0) - 2016年7月3日

エルフの集落を襲った悲劇を率先して引き起こしたのが主人公とは思えない悪の所業の連続。それでいて本命の錬金術の研究目標である不老不死の秘訣に迫るシーンがチラホラ見えてきて、これからのストーリーが気になってくる。内政のほうも水面下で動きがあるようで、この先のトゥリウスの周囲がどうなるのか楽しみ。
★7 - コメント(0) - 2016年7月3日

最初のモノクロ挿絵のトゥリウス最高にゲス顔で最高〜今巻はエルフ村編と4巻への布石。続き楽しみ!
★2 - コメント(0) - 2016年7月3日

前半はトゥリウスが出てこず、エルフの隠れ里に住む少女、バーチェがメインに語られているが相変わらず内容が容赦ないしエグイな。それでもなぜか引き込まれる中毒性がヤバイ。チャーガが自分のした事を身をもって味わうのは何とも居たたまれないわ。後半からは政争に動き始めるトゥリウスの話。次巻は動き出したライアスと侯爵の策にトゥリウス達はどのような手段で返り討ちにするのかが見ものだわ。
★14 - コメント(0) - 2016年7月2日

★★★★★最高にえげつないが、それでもページを捲る手が止まらない魔性をもった作品。前半はトゥリウスが出てこないにも関わらず容赦のない展開でゾクゾクした。男勝りな白エルフの少女が犯した、たったひとつのミスから連鎖的に里が破滅する。その過程を丁寧に描いているからこそ、ここまで面白かったのだと思う。たった独り、好きだった少女を想いながら長い生を全うせざるを得ないチャーガとか、後味が悪すぎて凄くいい。後半は、いよいよ政争にのりだしたトゥリウスが描かれており、この溜めが次巻でどう炸裂するかが楽しみだ。
★17 - コメント(0) - 2016年7月2日

前半主人公出番なしで、エルフの里襲撃の話・・・新配下もいるよ。 (´・ω・`)しかし、エゲツない
★4 - コメント(0) - 2016年7月1日

web版既読。永遠の命を求める錬金術師の姿を描いたダークファンタジーの3冊目。ドライが見つけたエルフの里を襲撃し、エルフを使った人体実験を始める話。相変わらずエゲツない。バーチェの変わり果てた姿、そして騒動の顛末は余りにも情け容赦無さすぎる外道展開なのに、何故か引き込まれてしまうからこの作品はタチが悪いんだよなぁ。純粋なまでに悪を貫き通してるからこそ出せる魅力なんだろうか。ドゥーエがいる事でより遣る瀬無い感じが出てて、そこがまたたまらんのです。次巻は政争編になるし、楽しみに待ってます。
★36 - コメント(0) - 2016年6月30日

決してわたしの好みな作風ではないのに、毎回発売日に買ってしまう謎の魅力があるシリーズ…。相変わらず容赦ない展開であっという間に読了。今回はエルフのバーチェが中心で、トゥリスたちの出番が少なめで少し物足りないような気もしました。次巻は政治面がメインなのかな?次も楽しみです。
★9 - コメント(0) - 2016年6月30日

エルフの隠れ里の掟を破り単身で狩りで深追いして陥った危機を謎のダークエルフのドライに救われた少女バーチェ。それをきっかけに彼女を取り巻く環境が一変してゆく第三弾。エルフの隠れ里を突如襲う凶悪な魔物や謎の襲撃者たちとその真意。偶然の出会いが自らや仲間たちの運命まで変えてしまう情け容赦のない展開でしたが、トゥリウスが与えた一見平穏に見える日常の中で、以前反発していたはずの言葉が強烈な皮肉として跳ね返ってくる結末はあまりにもほろ苦かったです。とてもダークなのに今回もぐいぐい読ませる謎の面白さで次巻も楽しみです。
★29 - コメント(0) - 2016年6月28日

今読んでいるみんな最新5件(4)

01/18:月狐[]
12/16:ピアート
07/02:アウル
07/01:しずく

積読中のみんな最新5件(20)

03/24:彼方
02/20:木曜の男
01/07:よし
01/02:FUU
12/28:坂東太郎

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

09/22:SBC
07/11:ゆー
07/02:すい
ウロボロス・レコード3の 評価:73 感想・レビュー:27
ログイン新規登録(無料)