紅 ~醜悪祭~新装版 (ダッシュエックス文庫)

紅 ~醜悪祭~新装版 (ダッシュエックス文庫)
342ページ
102登録

紅 ~醜悪祭~新装版はこんな本です

紅 ~醜悪祭~新装版の感想・レビュー(76)

読後の抜け切らないモヤモヤのために読んだと言っても過言ではない
- コメント(0) - 1月23日

110ページ辺りでようやくあらすじのエピソードに触れて、130ページ辺りからようやく本編に移ると言った感じ。全体の4分3程が日常で占められている印象です。ですがミステリ調で話が進んだこと、醜悪際の名に恥じぬ本編の真相で2巻よりも楽しめました。星噛絶奈のキャラクターも悪くないですね。ただもう少し巻きで進めて欲しいな。
- コメント(0) - 2016年3月1日

【2015-029】せけんはそろそろくりすます。はーれむのだれとすごすかなやんでいたところにしごとのいらいであわただしく。しごとちゅうにであったゼナはうらじゅうさんけのほしがみでひとりぼっちがーる。真苦労はかのじょのさみしさをうめるべくばーでのんでたら「わたし、つぎのきかいってきらいなの」といってはーれむにはいろうとしておいかけっこ。おたがいのいじをかけてのしょうぶちゅうに、いぎりすにいるはずの無羅沙鬼がやってきて…!?(しんそうばんよりばっすい)
- コメント(1) - 2015年9月15日

旧版を呼んでから早7年。真九郎と同い年だったわたしはもうとっくに働いていて。社会の理不尽さに汗と涙を流している。ライトノベルは軽くて好きだけれど、軽すぎてどうしても熱中できない。だから今でも持っているラノベは、紅のようにKindleでわざわざ買い直したラノベは、本当に面白いのだ。当時あれだけ読みたかった後日譚が読めてよかった。上下巻を買ってあまりのそのひどい(まあそれはもういいのですが)まあそんな感じで全巻売却してしまったあのときの気持ちも晴れた。あえて言ってしまえば、絶奈との戦いはもっと読みたかった。
★5 - コメント(0) - 2015年8月20日

真九郎の元に届いたのは紅香が殺されたという情報。 少女から依頼された仕事と紅香の真相。 世界の闇を色濃く感じる一冊。 前回のは上下巻別れてたからどのくらい内容が薄くなったのか比べたいなあ 相変わらずスイッチ入ると真九郎はチート並に強いなあ
- コメント(0) - 2015年7月17日

★★★☆ 真九郎と紫の関係性の事実上の確立が裏目に出た巻かなあと。身も蓋もなく言ってしまえマンネリである。ところで今現在『歪姫』を読んでいる最中だが、本来この話は「繋ぎ」にする予定だったのではないだろうか。要するに単純なバトル回。真九郎と紫の関係性もこれといった変化はなし。曲がりなりにも大きな依頼を成し遂げたことは成長ではあるが、しかしそもそも『紅』はこういうのを楽しむ話だったか? とも思ってしまう。成長はしていてもなんとも無難過ぎる。成長も卑屈中途半端な辺りもまた「繋ぎ」の回だな、といった感じですかね。
★7 - コメント(0) - 2015年5月31日

もう少し絶奈との戦いを見たかったけど、内容は非常に満足でした。
★5 - コメント(0) - 2015年4月15日

紫ちゃんがいないと実力が出せない真九郎くん。しかし紫ちゃんなら納得が出来る
- コメント(0) - 2015年3月16日

真九郎にとって紫は、生きるための一つの答えであり、夢や望みであり、そして起爆剤である!!!紫と一緒なら本当にうまくいく真九郎^^でしたwww
★9 - コメント(0) - 2015年2月24日

もう素直に嬉しい紅の再開。新刊を読む前に醜悪祭を読まねばということでこの巻から購入。エピローグがついただけとはいえ、あの旧版の尻切れトンボぶりから考えればこれでも十分。とにかく復活が嬉しいので次の新作も早く読みたいと思います
★2 - コメント(0) - 2015年2月16日

うわー、勿体ねぇ!すんげぇ面白いところで終わってしまってる!最高に盛り上がった瞬間にぶった切って、戦闘描写が丸っきり抜け落ちちゃってる。これは致命的だな。なるほど、読者が離れたのも納得せざるを得ないかも。最後、救いがあるのはいいが、あまりにご都合主義で苦笑い。だったら、胸糞悪い締めでもよかったんじゃないかな、って。まぁ、今後に期待ということで。
★14 - コメント(0) - 2015年2月12日

歪空と同時購入。せっかく醜悪祭が一冊になってるってことで再読したが、やはり、これはちょっとなと言う感を改めた、と言うか。いや、まぁ好きなんだけど。真九郎の紫ブーストが掛かって、ギアを上げていく感じとかねやはりカタルシスを覚えるのだけど、だからこそ、尻切れトンボ感が歯がゆいというかね。
★2 - コメント(0) - 2015年2月2日

紫かわいいよ紫。孤人要塞さんの胸は果たして本物なのだろうか。
★1 - コメント(0) - 2015年1月30日

旧版を読んでいないから何とも言えないけど、追加されたのは最後の後日譚だけっぽいのかな?せっかくの絶奈とのバトルの描写はほぼなかったのが残念。
★10 - コメント(2) - 2015年1月27日

新装版は醜悪祭と歪空買いました。 何年ぶりだ?と懐かしく思いながら読みました。後日談はみたことなかったのでここで読めて良かったです。漫画で先に全部読んじゃったけどね(笑) 片山先生が復活してくれたことがとても嬉しい。「ライトノベル」の分野でここまで自然に読める本は最近特になかなかないので。文章に癖がなくとても好みなのです。……感想になってないな。まぁ、昔読んだのでここではいいか(笑) 歪空も期待して読みます。
★2 - コメント(0) - 2015年1月19日

新刊の前に、こっちのラストを確かめないと!と思って購入読了。でも予想外にあっさりしてたなぁ…久しぶりに本編読めて面白かったしまあいっか。
★1 - コメント(0) - 2015年1月15日

流石にラストが修正されてるだろう…という淡い期待を込めて買った。開けてみたら10ページ弱のエピローグが追加されてるだけだったけど、ちゃんと終わらせただけいいかなあ?
★1 - コメント(0) - 2015年1月14日

新装版の購入はこの巻から。旧版の醜悪祭の上下巻+αな新装版。旧版が尻切れで消化不良だったので、この奇跡の続刊は素直に嬉しい。裏十三家の『星噛』にして悪宇商会のトップである『星噛絶奈』は色々な意味で凄まじいキャラ。社員の息抜きのために人を殺して、それを餌に『復讐者』を作り上げるって・・・このシリーズらしいけど、ぶっ飛んだ巨悪っぷり。それでいてサッパリしてる良キャラ。他の裏十三家とのバトルは初だが、規格外の強さ。燃料(紫)が入るとそれに対抗できちゃう真九郎も相当だけどw最後は取って付けた感はあるが面白かった。
★7 - コメント(0) - 2015年1月10日

少女エネルギーでパワーアップする真九郎、わかりやすくて好き。こりゃ依存するのも時間の問題だな。裏十三家より星噛の登場。裏十三家はどこも化け物やな。最後の殴り合いがしょっ引かれたこと以外は良かった。崩月、斬島、星噛、円堂(名前だけ)と裏十三家ももう四つ出たのか。ってことは残り二、三家しかないのか。ちょっと勿体ない。
★9 - コメント(0) - 2015年1月5日

旧版では一悶着あったようだけれど、そこまでの違和感はなかった。確かに決戦が尻切れとんぼ過ぎるものの、まあ結局はただの殴り合いだろうしなぁという。全体の流れとしては真九郎が悩みつつも強敵に立ち向かい、ピンチに陥りながらも紫の力で大逆転、といういつものパターン。マンネリではあるけれど、それが気に入っているので問題はなし。どんどん紫の深みに嵌って行く真九郎を見るのが楽しい。むしろ一悶着の弊害は今回物語のスターターだったにも関わらず、登場すらしなかった紅香か。彼女も出るという同著者の作品も読んでみたくなった。
★5 - コメント(0) - 2015年1月3日

Ryo
読了。
★1 - コメント(0) - 2015年1月2日

二度目の絶奈との対戦が淡泊すぎる。
★4 - コメント(0) - 2014年12月31日

裏十三家は化け物揃いだな。最後のバトルシーン全カットは勿体無かったけど今回も熱い。強すぎる敵、星噛絶奈に案の定ボコボコにされるも、紫の登場で奮起し逆転、という流れが爽快で、起爆剤とはうまいこと言ったものだなぁ、と。
★14 - コメント(0) - 2014年12月31日

新装版になって上下巻がまとまっていたからか、そこまで酷いとは思わなかった。それでも、格上である星噛絶奈との決戦は詳しく描写し、結末には説得力を持たせて欲しかった。
★2 - コメント(0) - 2014年12月30日

久々だったのでやはり再読のため購入wさすがに3巻目,醜悪祭は新装版も2冊にして売らないかw1冊で普通のボリュームで新装w悪宇商会最高顧問,星噛絶奈回。《孤人要塞》最強の盾に挑む真九郎。超気分屋でありながらもやはりどこか狂ってる絶奈に最初は手も足も出ないけど、やはり紫パワーは凄いなw今回は紅香が消えたのが殆どの原因なので、紅香が後をつければいいじゃないとは思ったけど、真九郎が1人の揉め事処理屋としてうまく行き始めたのが良かったねwファンブック記載だった結末も描かれ、完璧版として出てくれてw
★15 - コメント(2) - 2014年12月21日

かつて上巻を読んでから、下巻を買ってなかったため購入。久々過ぎて最初は内容を上手く追えなかったが、徐々にこんな話だったと慣れてきた。当時では新鮮だった残虐な事件や描写。「悪」そのものと言える強大な敵。敵に比べれば非力ながらも、幼女の支えで立ち上がる。やっぱり面白い。
★8 - コメント(0) - 2014年12月21日

積読中のみんな最新5件(15)

01/23:いもり
02/08:シータ
04/18:志波直人
03/04:橘カレラ

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

03/22:七篠
02/08:桜香
01/02:roppy
12/27:雪花
紅 ~醜悪祭~新装版の 評価:71 感想・レビュー:27
ログイン新規登録(無料)